【シルク】ダート向き?芝向き?

ダート挑戦も中途半端な結果に終わったブライトエンブレムです

ブライトエンブレム
 14(土)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。

ブライトエンブレム
在厩場所:美浦トレセン/近日中に北海道・ノーザンファーム早来に放牧予定
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定

小島茂之調教師「競馬の後も特に異常はありません。決して悪くない雰囲気での凡走。鞍上はダートも不向きではないとコメントしてくれましたが、流れを変えるためにも放牧して体調を整えた方が良いでしょう。とにかく昨年の春頃のような状態に戻さないことには、芝でもダートでも結果は求められないので、この後は目標を決めずに馬の状態に合わせて調整してもらいます。牧場が『これはもう自信を持って送り出せる』という状態になるまで、待ちたいと思います」

ブライトエンブレム
 5/8(日)東京10R ブリリアントS オープン(国)[D2,100m・15頭]7着[4人気]

行き脚が一息で中団の後方からになり、道中は12番手あたりを追走、3コーナー過ぎから徐々に進出し、直線では大外から前を窺いましたが、ジワジワとした伸びで上位争いには加われず、7着でゴールしています。

ルメール騎手「ゲートの中でハミにモタれるような感じになって、それを修正しながらだったので、スタートはあまり良くありませんでした。初めてのダートでしたが、砂を被っても大丈夫でしたし、特に問題なかったです。ただ最後の直線で追い出してもワンペースで速い脚を使えませんでした。芝かダートで比べたら、ダートの方がいいかもしれません」

小島茂之調教師「最近はゲート中でハミにグーッとモタれる仕草を見せるようになっていて、ジョッキーもそれを気にするところがあり、あまり良いスタートを切れませんでしたね。走り自体は砂を被っても大丈夫でしたし、初めてのダートでも対応はできていたと思います。ルメール騎手はダートの方がいいかもしれないと言っていましたが、芝での走りと比較するとやっぱり芝の方が見ていて合っているようには思いましたね。適性が全くない訳ではないのでしょうが、最後も伸びてきそうだったのに、思ったより脚を使えていませんでしたからね。結果が出なかったのは残念ですが、馬の状態としては前走と比べても毛艶は良くなっていますし、パドックでも活気のある動きを見せていて、いい方に向いてはきています。ただ良かったころと比べると、一回り迫力が足りないと言うか、もう一段階上げていけるように思いますので、ここは無理せず成長を促すために、一旦北海道に戻すことを考えたいと思います。厩舎に戻って馬の状態をチェックしてから、段取りを組んでいきます」


レース後のコメントが調教師とジョッキーで対照的でしたルメールはダート向き、小島師は芝向きと言っていますGCのパドック解説では芝向きと言われてましたね結局、北海道まで戻して立て直すことになりました恐らく夏の北海道で復帰して、準OPを勝ち上がり、また秋の重賞戦線への復帰を目論んでるんでしょうとりあえず、天栄に出たので、しばらくしたら早来に戻って一足早い夏休みで首をはじめ、体調を万全にしてもらいたいと思います

160508brightemblem.jpg
次は田辺Jとのコンビ復活を希望します!
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment