【シルク】まさか続戦…?

改めましてタイムレスメロディの結果、陣営のコメントです

タイムレスメロディ
 1/30(土)京都5R 3歳未勝利(混)[芝1,600m・16頭]13着[5人気]

まずまずのスタートから先団に付け、道中は外目6番手あたりを追走、そのまま好位キープで4コーナーを回りましたが、直線に入って追い出してから伸びを欠き、徐々に後退して中団で流れ込んでいます。

ルメール騎手「一度競馬を経験したことで行きっぷりが良くなって、スッと流れに乗ることが出来ました。勝負処までは理想通りの形で競馬をすることが出来たので、これならチャンスはあると思っていたのですが、4角あたりから馬場を気にして反応が悪くなってしまい、直線では手応えが無くなってしまいました。非力な馬だけに今回の様な重馬場は相当堪えたようですし、出来るだけ良い馬場で走らせてあげたかったですね」

高野友和調教師「体は何とか400kg台を維持してくれたので、状態面に関しては良い状態で競馬に臨めたと思います。勝負処までは一度競馬を経験したことで、良い位置で競馬をすることが出来ましたし、上積みはあったと思いますが、重馬場が相当堪えたようですね。状態に関してはしっかり調教を積んで初戦より仕上がっていたと思いますが、今回に限っては馬場が全てで決して力負けではないと思っています。トレセンに戻って状態を確認して次走について検討したいと思います」


二人とも共通して言ってるのは、小柄ゆえやはり重馬場が堪えたのだろうということそれは週末の天気を知った時からずっと懸念材料でしたできれば1週ずらしてくれないかなぁと僕自身思ってたほど。当日の天気は大丈夫でしたが、前日までに降った雨のせいで相当悪かったように思います日曜の途中まで重馬場のままでしたからね。土曜のレースならなおさら。そんな中-10キロで出走馬中最小。このレースは混合戦でしたが、牝馬が10頭出走と多く、ワンツーを決めたのも牝馬でした。彼女らは牝馬でも460以上ある馬格のある馬たちでしたそれだけが敗因ではないと思いますが、非力な現状、これはつらかったですね
こんな状況で頑張ったので、有無を言わせず高野師は放牧と言うと思ってましたところがなんとも含みのあるコメント!続戦もありそうな雰囲気ぷんぷんですもしトレセンで調整していくなら、どのみち優先権もないので、充分間隔を空けて最低馬体が420を超えるぐらいになるまでは使わないでほしいですね馬優先で行ってもらいたい。まぁこんなこと言いながら、結果放牧になる可能性は高そうですけどね(笑)。水曜日のコメントを待ちたいと思います

160130timelessmelody-2.jpg
ずばり4/2の阪神芝1800(牝)はどうでしょう?2か月の間隔を空けて
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment