FC2ブログ

【シルク】やはり駅前留学ならぬ栗東留学

長かったシルバーウィークも終わりですねまさかこの時期にこんなロンバケがあると思ってなかったので、GWより長く感じましたね
競馬のない時は募集馬のことを考えてましたが、だいたい出資馬については固まりました初志貫徹ということになるでしょう。あとは明日の中間と検討会時に発表される最終を見て、気になってる馬で満口になりそうな馬に行く可能性はあります

さて、セントライト記念は悪夢のスローに泣いたブライトエンブレムのレース後の様子はどうでしょう…?

ブライトエンブレム
 9/21(月)中山11R セントライト記念 GⅡ[芝2,200m・15頭]10着[2人気]

まずまずのスタートから、控えて道中は後方2番手を追走、残り1000m付近から外を回って進出し、4コーナーでは先団の直後に迫りましたが、直線で追われてからなかなか順位を上げられず、差のない中団で流れ込んでいます。

田辺裕信騎手「休み明けが影響したのでしょうね。それに思ったよりもペースが緩くなってしまい、ブライトエンブレムには合わないレース展開になってしまいました。3コーナーから馬群の外に出して前を捉えに行ったのですが、4コーナーで手応えが一杯になってしまい、最後も伸び切れませんでした。皐月賞の時のように内枠だったらまた違った形で進めないといけなかったのでしょうが、今日は外枠でしたし、先のことを考えるとその場凌ぎの形のレースはしたくなかったので、いつも通りの形でレースを運びました。いつもだともっと楽に捲り切れるはずですし、直線で一旦交わした馬に再度交わされてしまい、内容的には良いレースだったとは言えないものの、久々だったのが響いたのだと思いますし、叩いた次に期待したいですね」

小島茂之調教師「強気の競馬をした分、最後伸び切れませんでしたね。3コーナーからずっと外を回っていたので、脚を溜めるところがなかったです。入着狙いのレースで良ければ、自分から動かずもっと後ろから運べたでしょうし、そうすれば馬の後ろに入れられて脚を溜められたのでしょうが、ずっと外々を回っていましたからね。でも背中の感触は悪くなかったようですし、これで一叩き出来たので次は変わってくると思います。まずは厩舎に戻ってよく状態を確認します」

ブライトエンブレム[父 ネオユニヴァース : 母 ブラックエンブレム]
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:軽めの調整
次走予定:10月25日の京都・菊花賞

小島茂之調教師「着順は10着ですが、着差は0.4秒とそんなに負けてはいないですし、それほど悲観することはないと思います。もう少し脚を溜めれば、もう少し着順は良かったかもしれませんが、今更言ってもしょうがないことですし、菊花賞に向けて気持ちを切り替えたいと思います。輸送に弱いので、どこかのタイミングで栗東に移動し、向こうで調整するつもりです」


特に状態については触れられてませんが、今のところは何ともないんでしょうねしかし、小島先生も田辺Jも負けはしましたが、特に悲観的になってはおらず、ペースが向かなかったからしょうがないという感じですどうしても権利が必要という立場ではなかったし、着を拾いに行くという競馬ではなかったので、次は改めてリベンジを期待したいと思います!
そして、やはり輸送を考慮して、栗東留学することになりそうですコース的には今回のほうが合ってたのでしょうけど、母も秋初戦惨敗→秋華賞でVという過程を踏んでますので、この馬にも同じような軌跡を歩んでほしいです!実は淀の下りが向いてたという奇跡を起こしてくれることを今は願ってます!

150921brightemblem.jpg
田辺Jにも事前に京都に遠征してもらいたい(笑)
スポンサーサイト



0 Comments

Post a comment