【シルク】2015募集馬の気になる分析

今日から2015年度の募集馬のカタログ請求が始まりましたが、価格と厩舎が発表になってから10日あまり。我々会員としては、早くカタログを発送してほしいですよねー
今年のリストを見て第一印象で気になったのは
・1月生まれが多い
・母高齢が多い

この2点でした。なので、ちょっと調べてグラフにしてみました。その結果、生まれ月の印象は当たっていて、母年齢はそうでもなかったです(笑)。これがそのグラフ。

2015シルク募集馬分析

ではなぜ母年齢が高い!と思ったのか?それは有名な母が高齢だからです以下、ざっと挙げてみます自身が重賞馬、または産駒が重賞馬のいずれかが対象です

11.ゴールドティアラ 18歳
23.ブロードアピール 20歳
33.スペリオルパール 16歳
40.スーパーバレリーナ 20歳
44.フサイチエアデール 18歳
51.マストビーラヴド 21歳
57.アビ 19歳


パッと挙げただけでもこれだけいます。ここで言う高齢は13歳以上です。要するに目玉の一つとして有名な母馬を募集ラインナップに加えることで客寄せになる。しかし、高齢というデメリットもあるという。もちろん、若くて実績のある母もいますので、一次の人気はそちらに集中することが予想されます
ちなみに一番のヤンママは(笑)4歳のアフリカンピアノヒストリックレディの2頭。逆に一番の熟女はマストビーラヴドの21歳です(笑)
一方、生まれ月は印象通り、1月生まれが多いですね特に高額馬に多く見受けられます。僕がPOGをやり始めたころから言われていた格言「1月生まれは獲るな」。これは一口界においても通用する格言だと思ってます。以下に牡馬4000万、牝馬3000万以上を高額馬とし、1月生まれをピックアップしてみます。

3.スカイディーバ 1/24生
5.リップスポイズン 1/16生
32.ミュージカルロマンス 1/23生
33.スペリオルパール 1/13生
35.ヒカルアマランサス 1/29生
41.ライフフォーセール 1/23生
63.イルーシヴウェーヴ 1/26生


先日挙げた高額馬15頭(牡7頭、牝8頭)の内、なんと半数近くが1月生まれ!一番早生まれはスペリオルパール。ちなみに一番遅生まれは5/23生のワンダーレディアンエルですこの時期の4か月差は大きいでしょう。カタログで1月生まれのほうがよく見えることが充分あり得ますので、その点はしっかり頭に叩き込んで、見ていかないといけませんね。逆に5月生まれは全然気にしません。ナリタブライアン、オルフェーヴルの2頭の三冠馬は5月生まれですしね
いずれにせよ、早くカタログが見たい。あと、3週間。あ~待ちきれません

150724brightemblem.jpg
ブライトエンブレムは4月6日生!
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment