【シルク】今頃気づいたんかい!

進展のレースぶりに進展のない調教師のレース後のコメント、コンフェッシオンです

コンフェッシオン
 4/11(土)阪神1R 3歳未勝利(牝)[D1,800m・16頭]15着[12人気]

まずまずのスタートから先団の直後に付けましたが、1コーナーで前に入られ道中は10番手あたりを追走、3コーナー過ぎで前が詰まって後方まで下がり、直線では内から前を窺ったものの巻き返せず、後方に敗れています。

幸英明騎手「特に乗り難しい所もなかったですし、流れが速くなるまではいい感じに追走することが出来ました。前日の雨の影響で脚抜きのいい馬場だったこともあって、前が止まらない展開になってしまったのが痛かったですね。最後まで諦めず頑張ってくれていたので、パサパサの馬場ならもっと競馬しやすかったと思います」

中竹和也調教師「気難しい所は出さなかったようですが、脚が溜まっていた割に終いは案外でしたね。前も止まらない馬場でしたし、もう少し時計の掛かるパサパサの馬場の方が良いのかもしれません。同じ条件を使っても繰り返してしまう可能性があるので、次走は距離を短くするなり工夫をしないといけませんね。節を空けるために一旦ノーザンファームしがらきに放牧に出す予定です」


この馬、ダートに路線変更してから、ずっと1800を使ってきてるんですが、すべて道悪なんですよね元々スピードがないので、乾いた馬場のほうがいいのは明白ですが、ここまで重馬場ばかりだと運にも見放されてる感じはあります
ただ、調教師の今さら距離短縮のコメントには「今頃気づいたんかい!」とツッコみのひとつも入れたくなる、あきれたコメントですね牧場から帰ってきて、厩舎でロクに調教もせず、レースに使って、どういう状態は見る間もなく、また放牧。それでこの馬の何がわかるって言うんでしょうかね?
まぁ、次戻ってきたとき、どんなジャッジをしてくれるのか楽しみにしましょう

150411confession.jpg
本人のやる気を出させることが一番肝心なんですよね~
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment