【シルク】クラシックの切符を確実に

帰ってきた愛馬第2弾、ブライトエンブレムです

ブライトエンブレム
 助 手 12南坂良 59.7- 44.7- 29.3- 14.3 馬なり余力

ブライトエンブレム[父 ネオユニヴァース : 母 ブラックエンブレム]
在厩場所:10日に美浦トレセンに帰厩
調教内容:南Dコースでキャンター・ゲート練習
次走予定:3月8日の中山・弥生賞(GⅡ)〔田辺〕

調教師「こちらに到着後は輸送の疲れで硬さがありますが、いつものことなので問題ありません。今日は初日なので、運動代わりにゲート練習に行く馬と一緒に駐立だけ練習に行きました。相変わらず少しソワソワするけど問題ない程度です。今年は皐月賞に出走可能な収得賞金のボーダーラインが上がっているという話を聞くので、こちらも過信せずトライアルから緊張感を持って挑みたいと思います」

ブライトエンブレム
 10日(火)に美浦トレセンへ帰厩しています。


こちらも3月8日の弥生賞に出走予定ですので、ローブデソワがポラリスSに出てくれば、愛馬同日出走ということになります12月に3週連続、1月に2日連続というのはありましたが、今度は1日2頭出し、しかも東西で連続して出走ということで、その日は祭りですね考えただけで今からドキドキしてきますね~
しかし、小島調教師のコメントにもあるように今年は2-3歳戦の特別レースが増えたせいで、ボーダーがかなり上がりそうです現在、収得賞金1900万あるブライトも安閑としてられませんまずは次の弥生賞に向けて、しっかり調子を上げていってほしいですね

140906brightemblem-3.jpg
もう一度こんな風景を夢見て…
スポンサーサイト

2 Comments

一口馬主  

ポラリスSはメインではありません
準メインです、悪しからず

2015/02/12 (Thu) 22:23 | REPLY |   

レプティリア  

一口馬主さん

こんばんは^^

失礼しました<(_ _)>
ありがとうございます、修正しました。

2015/02/12 (Thu) 22:54 | REPLY |   

Post a comment