【シルク】様子見候補も…先行で満口?

前々回のエントリで、すでに出資候補はほぼ確定と言いましたが、当然のように興味はあるけど、先行で行かずに済むならば、そのほうが良いに越したことはないですよね今回はそのつもりでいたけど、ひょっとして先行で埋まってしまうかも…というお悩みシリーズ第2弾です!
この馬は血統でまず気になり、その後厩舎も良く価格も手ごろだったので、カタログで馬体&動画チェックでもそんなに変なところはなかった「よし、様子見して成長次第でGOだ」と思ってたら、先日の検討会でなんとランクインそう、ペンカナプリンセス13です



まさかという感じでしたが、よく考えるとワールドインパクトの下ですから、ワーパクの出資者はチェックするでしょうし、厩舎的にも問題ありませんからねただ、嫌われるとしたらネオ牝馬という点に尽きると思います
ただ、僕は他の人ほどネオ牝馬に対するアレルギーはなく、むしろ最近は活躍馬が増えてるように感じてるので、チェックしていきたい1頭なんですよね~
あとは安田厩舎は短距離志向が強いので、いくら牝馬とはいえ、「この馬も短距離か?」という疑問が残るので、そこでミスマッチにならないかという不安はありますねそっちに行かず、ダート馬にしてもらえるとありがたいです
その前に先行で埋まってしまっては元も子もないので、そこで行くかどうか?最終的な票読みを経て、結論を出したいと思います
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment