【一口馬主】関東と関西

僕は東サラとシルクで5年ほど一口をやっていますが、これまで関東馬4頭、関西馬5頭に出資してきましただいたい半々。でも最近は関東馬に出資してる感が自分では強いですここ3年連続出資してるからかもしれません。しかし、関東在住の自分にとっては、なんといってもすぐに現地観戦できるから、しているからだと思いますレッドオーディンからレッドラウディー、そしてブライトエンブレムとすでにデビューしている4頭中3頭は府中に中山に、と観に行ってますね
元々僕は関西の人間ですので、関西馬に重きを置いて出資馬選びをしていました。阪神は嫌いですが(笑)根底にあるのはやはり関西人の心。それは何なのかと言えば、「関東に対する反骨心」だと思います西高東低と言われる今では、いきなり関西馬がデビューすることも多くなったので、そんな雰囲気もないのかもしれませんが、昔はそういう感じたっぷりだったと思いますそれは芸人に関しても同じことが言えます。関西芸人は関西ローカルの番組で売れて、晴れて関東に進出。そして、全国区の番組でもう一度売れないといけません。なので、関東の芸人とは肝の座り方や根性が違いますねとはいえ、関東芸人にも確実におもろいのはいるわけで、それと同じように馬も関東にも「これは!」と思える仔がいるわけです
一口の世界でも「西高東低」が続いており、余るのはいつも関東馬。関東馬にこだわるわけではありませんが、実績や軍資金でハンデを負う弱小一口馬主としては、できるだけ関東馬でいい馬、そしていい厩舎を見つけて、今年も出資できればいいなぁと、これから始まる募集時期を前にして、思うこのごろです

140628brightemblem.jpg
とはいえ、関西馬でいい馬がいたら出資したい(笑)。でもそれは確実に人気なんだよな~
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment