【シルク】一足早い夏休みで、秋に向けて充電。

新馬戦から2日。未だ興奮から覚めませんが、ブライトエンブレムのレース後のコメントです

ブライトエンブレム
 6/28(土)東京5R メイクデビュー東京 2歳新馬[芝1,600m・16頭]優勝[3人気]

スタートで出遅れたこともあり、道中は後方5番手あたりを追走、残り600m付近から差を詰めに掛かり、直線で大外に持ち出して前を窺うと、上がり最速の脚を繰り出して豪快に他馬をまとめて差し切り、デビュー戦を鮮烈な勝利で飾っています。

田辺裕信騎手「調教に跨った感触では初戦からはどうかな?と思いましたが、やっぱり素質が高いですね。調教ではハミにもたれる感じはあったのですが、レースでは気にならないレベルでした。スタートは、雨で濡れていたので、水滴を払い落とす為に身震いしている時に切られたもので、特に問題はありませんし、出遅れたのは誤算でしたが、却って一頭になったことで自分のリズムで走ることができました。大外を回して強い勝ち方に見えますが、直線で馬場の良い所をスムーズに運べたのが良かったのだと思います。でも能力があるのは確かですし、これからどんな風に成長してくれるのか楽しみです」

小島茂之調教師「この時期の2歳戦ということを考えればまずますの状態でしたし、競馬場に来ても精神的に問題なかったですね。スタートで遅れてしまったので腹を括って見ていましたが、大外から前に並びかけてくれた時には久しぶりに自分の心臓の鼓動が聞こえましたよ。ジョッキーもうまく馬場のいいところを走らせてくれました。しばらくは使うレースがないですし、この後はいったんノーザンファーム早来へ放牧に出して、あちらでの体調を見ながら次走を考えたいと思います


まず、田辺くんは厳しいな(笑)確かに出遅れたことで掛かることもなく、マイペースで行けたことが良かったのかもしれませんね何度もレースを観てますが(笑)、かなり序盤から縦長になって、この馬は12番手で4角まで他馬に絡まれることなく、上がっていくことができましたからね直線も大外で、馬場の良いところを通れたことがあの伸びにつながったのでしょうただ、やはり距離ロスはだいぶあったと思うし、2着馬は内々で脚を溜めていましたから、あの大外からの差し切りは価値のあるものだったと思います。というか出資者としては思いたい(笑)今は喜びに浸っていたい(笑)
とりあえず、この後は早来まで放牧に出るようですし、体調次第で札幌2歳Sの可能性もあるのかな?5月9日に入厩して以来、皮膚病が出たり、脚がモヤっとしたりといろいろありましたので、ここはご褒美に一足早い夏休みを満喫してほしいと思いますそして、秋には一回り成長してもどってきてくれることを願っています

140628brightemblem.jpg
Gallopでは★6つ!噂のディープ産駒、ティルナノーグは★5つでした。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment