【シルク】ソワソワはしがらき→北海道へ変更

ドロドロ馬場でのレース後の様子はどうでしょう?ローブデソワです

ローブデソワ
14日(土)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧予定でしたが、このあとは北海道・ノーザンファーム早来で調整することになり、今週の移動は取り止めて、来週移動することになりました。
ローブデソワ[父 スペシャルウィーク : 母 ベルベットローブ]

在厩場所:栗東トレセン
調教内容:
次走予定:未定

今野貞一調教師「体重は10㎏減っていましたが、飼い葉をしっかり食べてのことだったので、特に問題はなかったと思います。パドックは落ち着いていましたし、返し馬も掛かりそうなくらいで、状態は良かったと思います。ただ、レースになると水溜りを気にしたりと、ハミを取らずに終始フワフワして走っていていました。砂をかぶらない外目で、勝った馬を見ながら、良いポジションでレースを進められたのですが、最後はバタバタになってしまいました。精神的に若い面が出てしまったのだと思います。でも、力を出し切っての結果ではないと思うし、今回のレースでこの馬の課題も色々見えてきたと思います。ここまでコンスタントに使ってきましたし、疲れも溜まって来ていると思うので、ここで1度放牧に出そうと思います。14日にノーザンファームしがらきに放牧に出します」

6/11(水)川崎10R 関東オークス 交流JpnⅡ[D2,100m・12頭]9着[4人気]

気合いを付けて先行し、道中は外目3・4番手を追走、2週目向正面から押して前を窺ったものの、3コーナー過ぎから徐々に離されてしまい、直線でも巻き返せないまま後方に敗れています。

浜中俊騎手「返し馬では行きっぷりが良く、以前レースで騎乗した時のような感じで、しっかりとハミを取って走っていて、良い感触でレースに向かいました。でも、レースでは水溜りを見たり、周りを気にしたりで、集中して走らなくて、ハミも取ってくれませんでした。3,4コーナーで外から他馬に並ばれると、もうそこで手応えがなくなってしまい、最後はなだれ込む形になってしまいました。以前は掛かって行くような前向きさがあったのですが、今回は見られませんでした。この距離も長かったと思います。馬がズルを覚えてしまっているのか、周りの環境の変化に戸惑ったのか分かりませんが、物見をしたりして若さが出たレースだったと思います」


いろいろと大変な中でのレースでしたからねもう少し図太い仔かと思ってましたが、やはりまだ3歳牝馬ですしがらきの予定が北海道に変更になったのはなぜだかわかりませんが、これで夏の間の復帰はなくなったと言っていいでしょう願わくば、もう一度中京で見たかったですが、ここはゆっくり休んで、もう一回り大きくなって帰ってきてほしいと思います

140614cofession-debut_1.jpg
秋には古馬との対戦が待ってますから、成長した姿を見せてほしいですね
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment