fc2ブログ
2024年02月 - The favorites in my life
01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. // 03

【シルク3歳】坂路入り再開! 

今日で2月も終わり。競馬界にとって、別れの季節ですが、今年はなんか特に引退したジョッキーが多かったように思います調教師転身の秋山騎手はわかりますが、それ以外にもたくさん辞めていく騎手が多くて、やはり厳しい世界だなぁと思いました。騎乗依頼がないと続けられない世界ですからネ。
調教師に関しては、特例で今週いっぱいで引退のようです。今年はなんといっても安田隆行調教師。騎手としてトウカイテイオーで名を馳せ、調教師となってからは1000勝近く挙げられて、リーディングトレーナーとなったこともありました。
個人的にはダイアトニッククラシックステップでお世話になり、出資する前から思ってましたが、クラブ馬、個人馬分け隔てなく扱ってくださるイメージそのままでしたそれでいて数も結構使ってくださるので、非常に一口ライフを楽しめる厩舎だっただけに引退は残念ですが、定年ですから仕方ありません
これは自分の持論ですが、調教師は「騎手上がりでないか、騎手上がりなら騎手時代それほど大活躍していないほうが良い」と思っていますそれは人の苦労がわかるから。だから安田先生はジョッキーも何人か預かって育てましたよね。川田騎手や斎藤新騎手など。それに息子さんは上が調教助手を、下は調教師になられたわけですから人を育てることにも尽力されましたね。ご本人はそんなたいそうに考えてらっしゃらないかもしれませんが、すごい大変なことだと思います。そういう意味で福永調教師には注目してるのですが、弱者の気持ちがわかるかは大事なことだと思います。
そんなわけで安田先生にはお世話になりました。先週も阪急杯とサウジで1351スプリントがあったこともあり、一昨年末の阪神C時にダイアトニックに種牡馬オファーがなかったら、どうしてたか聞いてみたい気持ちです
ご本人が走るわけじゃないですが(笑)、今週末の雄姿をしっかり見届けたいと思います。長い間お疲れ様でした

221224diatonic_win10.jpg
重賞59勝中29勝はカナロア自身とカナロア産駒だったという「カナロアマイスター」


さて、シルク唯一の3歳、ベリークの近況です!

2024.02.23 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファーム空港
担当者「先日の定期的なレントゲン検査の後、獣医師より騎乗運動再開の許可がおりましたので、今週から坂路コースにも入れています。今週の登坂回数は2回で、1回目にハロン18秒で登坂したところ感触は悪くなかったので、2回目はハロン17秒を行いました。運動量が増えた影響か体重が落ちてきましたし、この調子で進めていきたいところです。馬体重は482kgです」

2024.02.16 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファーム空港
担当者「この中間は週4回トレッドミルでキャンターを行っています。その内、週3回は先週よりも少しペースを上げましたが、若干動きの重たさは感じられるものの、捌きの硬さは気になりません。あとはもう少し体が絞れてくると良いですね。馬体重は492kgです」

2024.02.09 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファーム空港
担当者「この中間も週3回トレッドミルでキャンターを行っています。ペースを上げていないこともあり、歩様は先週と変わらず安定していますね。乗っていないため毛艶はひと息ではあるものの、体調はここまで問題なく進められています。馬体重は486kgです」

2024.02.02 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファーム空港
担当者「先週と同様に週3回トレッドミルでキャンターを行っていますが、少しペースを上げました。難なく対応することが出来ており、患部の状態にも良い意味で変化はありません。また、腹回りを中心に体の緩さも解消してきていますので、この調子で進めていきたいところです。馬体重は486kgです」


ずっとトレッドミルでキャンターを続けてきましたが、ここに来てついに坂路入りの許可が下りました!ここから本格的に調教を積み重ねていって、いつごろ復帰できるか?春競馬の内に戻ってこれたら最高ですが、あまり時間は残されてませんから、なるべく早く戻ってきてくれるに越したことはないですね
そして、一方で気になるのは種牡馬シュヴァルグランの評価。同じハーツ産駒のスワーヴリチャードとは対照的に中央馬48頭デビューで、わずか2頭しか勝ち上がってませんまぁ年明けてから止まってますから、単に母系の差による成長度の違いと捉えるなら、今後に望みがないわけではありませんが、時間が限られてるので、とりあえず勝ち上がってほしいところ
もしかして、洋芝の2600とかが合うのかなぁ。まずは帰厩の目途が早く立つことを願っています

240221beleek.jpg
この休養が成長を促してますように!



スポンサーサイト



[edit]

【2023キャロット募集馬】長かった…馬名決定! 

ついに2023年度キャロット募集馬の名前が決定しました!
今回は昨年の失態を重んじてか、馬名募集開始は1ヶ月早かったにもかかわらず、発表は例年並みということで、1ヶ月長く待たされたので、会員の飢餓感が強かったように思います(笑)。とはいえ、クラブ側は当初から「発表は2月下旬」と発表していたので、問題はなかったのですが。
本来なら各馬の更新に合わせてアップできれば良かったのですが、昨日全馬終えたので、単独記事として取り上げたいと思います
※これから書くことは個人的に感じたことですので、気分を害されたらごめんなさい。名付け親の方は特に申し訳ない。自分が感じたことを素直に書いていますので、ご容赦ください

【ビートマッチ22】→バズアップビート
Buzz up Beat…人々の鼓動を震わせるような活躍を期待して。母名より連想
240131beatmatch22.jpg

はい、最優先のこの馬はバズアップビートに決まりましたまぁ「ビート」も「マッチ」もどちらもキーワードとなりやすい単語だったので、いろいろ考えられたと思います。自分はこのブログでもこの馬の記事のタイトルにした「リヴェンジマッチ」で最初応募しようと思ってましたが、これ自体和製英語だとわかったので、最後のほうで変えました。「リヴェンジマッチ」自体はシルベスタースタローンの映画であるのですが、原題ではなく邦題がそうだったのでね。あとはリヴェンジ自体、松坂大輔が広めたようなもので、本来の意味とずれる部分もあったのも引っ掛かりました。
結局、変えたほうはビートもマッチもつかない言葉だったのですが、これも元々考えていたのを少しいじって申し込みました。また使う可能性もあるので明かしませんが、祖母や曾祖母からの連想と言えるもので、ちょっと捻っていたため、結構自信あったんだけどなぁ
バズアップビートは良いと思いますが、個人的にはどうしても後ろ半分のアップビートに目が行ってしまいます(笑)特に好きなわけではなかったのですが、バンドブームど真ん中世代なので(笑)

【ミスティークⅡ22】→ミスティカルボンド
Mystical Bond…神秘的な絆。父名、母名より連想
240131mysthicⅡ22

こちらは今年の4頭の中で一番難しかったミスティーク自体がドイツ語で神秘的という意味ですが、ドイツ牝系ということで「M」を継いでいったほうがいいかとも思いましたが、3代母からしかMラインが繋がってないので、こだわらなくてもいいか、と最後の最後に応募しました。自分の送った名前はMから始まらないけど、響きは似ていて惜しい(笑)。ボンドはつけてませんが。そう、ホントは父のキズナを生かしたいところではありますが、なかなか難しいですね。自分がキャロ初年度で出資したタイズオブハートはキズナの名を上手く使った名前だったと思いますが、それ以降すでにたくさん絆関連馬名は出てきたので、躊躇しましたねこの馬に関しては自分の中でこうでないと…とか縛りを取っ払って考えれば良かったかな、と思いました。

【コンダクトレス22】→コンアフェット
Con Affetto(伊語)…愛情を込めて(音楽用語)。母名より連想
240131conductress22.jpg

これは意外とスコーンと思いついたというか、父からも母からの連想もできたので、迷わず応募できましたそれだけに「コン」から始まる名前になったか、とちょっと意外な思いをしました。でも、指揮者から来る音楽用語だったので、納得です。すぐ決めてしまったので、自分には思いつかない言葉でしたでも、今年というかここ数年、キャロの名前って意味だけで由来が省略されていることが多いように思いませんか?ここって結構重要だと思うのですが、どうなんでしょう?

【エールデュレーヴ22】→アーラグラシア
Ala Gracia(西語)…翼(西)+優雅さ(西)
240131ailedureve22.jpg

これはこの一族の定冠詞のようになっている「レーヴ」が付く名前になると思って、自分もレーヴ絡みの名前にしましたが、外してきましたね。とはいえ、個人的には違う名前にしようと思ってたら、意外にも上手くハマる名前が思いついたので、こちらも早めに応募しました感じでした。よほどレーヴ関連の名前が多くてうんざりしましたかね。でも、この馬も由来がなく、父からの連想で「優雅さ」というのはちょっと無理があるかな、と思います(笑)単なるイメージに過ぎないし、説得力に欠けます。単語をつなげただけなので、それなら「女王の翼」とかちゃんとした言葉になっていてほしかったな、と。個人的には一番腑に落ちませんでした

【まとめ】
そんなわけで、ホント好き勝手に書いてごめんなさい名付け親の方、すいませんこれは応募した方ではなくて、選ぶほうの問題です。年々キャロの馬名選びにレベルが下がってきてる気がします。ネットでは担当者が変わったのではないか?とささやかれてますが、どうなんでしょう?実際、本文でも書きましたように「由来」の省略されている馬が多くて、単なる「父、母からの由来」だけだと安直なネーミングが増えてしまいます。バズアップビートのように「~を期待して」とか「~を願って」とかそういうものがあってこそ。母からの連想は年に1頭ですから、最も妥当な名づけだと思いますから、それは当然ですが、そこを省略して単なる意味と連想だけじゃ情緒というか、味気ないものになってしまいますよね。面倒なら会員で選びますから、言ってください(笑)。またアンケートがあれば書きたいところです。

ここからは個人的に「なるほど!」と思った名前を挙げたいと思います

【意味がいいなと思った名前】
ピースエンブレム22ウィッシュツリー(Wish Tree)…願いを叶える木。母名より連想
これは自分がエールデュレーヴに送った名前に近いです。母が「平和の象徴」からの「願いを叶える木」は良い流れだと思います。
ボールドアテンプト22ステイクオール(Stake All)…乾坤一擲。全てを賭ける。母名より連想。
これも母の「果敢な試み」からの連想がスムーズです。四文字熟語を英語とかで表現すると長くなりがちなんですが、これは上手く行った例でしょう。

【名前の響きが良い馬】
ビットレート22トータルクラリティ(Total Clarity)…完全な鮮明さ。ビットレートを上げて得られる高画質。母名より連想
これは連想の流れも良いですが、音の響きが良いですね。「クラリティ」という言葉を使って馬名申し込んだことがあります(笑)

【発想がオシャレな名前】
シェイリーンⅡ22セラトーン(Celatone)…木星の衛星の観測装置。Galileoのクロスを持つ本馬より連想
これはなかなか思いつかないでしょうね。「目のつけどころがシャープだね」という感じ。母からの連想がしづらかったのかもしれませんね。

こんなところでしょうか。全部英語になりました。やはり馴染みのある言葉のほうがストレートに伝わってくる率は高いでしょう。まだまだ馴染みがないですが、徐々に覚えていきたいと思います




[edit]

【キャロット2歳】馬体が増えない! 

ここのところ、ミッシェル絡みで吉川晃司の動画をよく観ている最中、心配なニュースが入ってきました

吉川晃司 外傷性白内障で両目手術しシンバルキック封印危機 人工レンズ移植で激しい運動ストップに

白内障はわかりますが、外傷性って何?と思って記事を見てみると、パンチを食らうボクサーなどに多いようですが、いくら昔からやんちゃをしてきた吉川さんといえど、そこまで殴られることはなかったでしょうし、本人も「わからない」と言っている模様。
昨年9月の武道館ライヴでの映像を見ると、終始右目が開いていない状況だったことから、その異変に気づいたとありますが、その時本人は左目が見えてるから両方見えてると思ってたのでしょうか?
自身が出演した「チームバチスタ」の監修医から紹介された名医に診てもらい、今年1月にようやく両目に人工レンズを入れる手術を受けたとのこと。でも症状のあった右目より左目の方が深刻で、レンズを支える筋力がいくつか損傷していることから、激しい動きをすると、レンズが目の奥に行ってしまう可能性があるそうで。えー恐ろしい
そうなると、日本で数人しか手術をできる人はいないという難しい事態になってしまうことから、激しい運動は控えるように強く言われているそうです今年はデビュー40周年のツアーが予定されているそうですが、名物のシンバルキックはできなさそうです
でもライヴ自体はできそうなので何よりです。自分も観に行ってみようかな、なんて思ってます。そう、youtubeを見ていて思い出したのですが、「BOY'S LIFE」という曲を改めて聴いて「良いな~」と思ってしまいました


紙飛行機が舞う中、最後のリフレインがジワジワ来ます。ラストにシンバルキックあります


さて、キャロットの馬名も決まったようですが、とりあえずそれは置いといて2歳馬最後はエールデュレーヴ22の近況です!

【馬体重:402キロ】現在は週3日、900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンター2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。普段からピリピリした雰囲気がある馬ではありますが、調教に支障をきたすほどのレベルではありません。血統的に距離はあった方が良いタイプと思えるだけに、レースに行ってうまくコントロールができるように意識しながら進めていきたいところです

近況自体は毎回悪くないのですが、なんせ一番懸念の馬体重が増えてこないやはりウインドインハーヘアのクロスの弊害でしょうか先日、レイデオロ牝馬が初勝利を挙げましたし、牡馬も特別戦を勝ちましたので、徐々にではありますが、レイデオロも存在感を示しつつありますから、2年目産駒はさらに頑張ってほしいところ。
牝馬初勝利となったサツキノジョウもインハークロスはないものの、438キロと小柄ですからそれでも走れるということを示してくれると勇気づけられます
距離は長い方が良いと言われているのはインハークロスの利点でもあるでしょうし、とりあえず、そのくらいまで増えることを願っています

240131ailedureve22.jpg
せめて、あと30キロ増えてくれたら




[edit]

【キャロット2歳】早期移動も見込めるか? 

今週はずっと雨でしたが、昨日は久々に気温も上がり、良い天気でした出先からの帰り、17時ごろでしたが、電車から降りて家への道すがら、日が高かったので思わず「あかる!」と言ってしまいました(笑)
今日はまた5℃と極寒ですが、冬至から2か月経ってだいぶ日は伸びており、春はもうそこまで来ていることを実感しました
来週からはクラシックのTRも始まりますし、来週からしばらく出資馬の出走はなさそうですし、春を感じながら純粋に楽しみたいと思います


さて、キャロットの2歳馬、3頭目はもっとも進むこの馬、コンダクトレス22の近況です!

24/2/15  NF早来
【馬体重:448キロ】現在は週3日、坂路でハロン15~17秒のキャンターと周回コースでのキャンター1800mの調整を行い、それ以外の日は周回コースでのキャンターのみかウォーキングマシン調整を取り入れています。調教を進める中で首に若干の硬さを見せることはあるものの、身のこなしや脚捌きに影響を及ぼすことはなく、むしろ以前よりも軽さが出て、良く見せるようになってきました調教が進んでいる組に属することができており、このまま坂路での15-15の開始に備えていきたいです


コメントにもあるように調教が進んだ組にいるとのことで、ルーラー産駒ながら早期の移動の可能性もあるかもしれませんちょっと首に硬さがあるものの、素軽さが出てきた点は良い傾向と言えるでしょうこの調子で何事もなく、調教が進んでいくことを願うのみです
そういえば、キャロットの2歳もこうして母名+22と呼ぶのも今回で終わりになるかと思いますが、自分の出資馬ではこの馬が一番進んだ組にいますから、これから行われるPOG本の撮影会にも、もしかしたら登場するかもしれません
もうそういう季節が近づいてきましたね。あと2か月もすれば発売になってGWを迎えます。楽しみだなぁ

240131conductress22.jpg
今は冬毛が出てますが、これから変わってくるでしょう




[edit]

【キャロット2歳】キレを身上に 

今日のパステルツェは連闘という積極策が完全に裏目。何度か出資しては取り下げでようやくたどり着いた清水久厩舎でしたが、いきなりその「らしさ」に遭遇したものの、ほろ苦い結果となってしまいました
入厩からゲート試験を挟んで、ずっと2か月間在厩でしたから、ここで放牧でしょうけど、そうなるとここから夏競馬まで戻ってこなそうで怖いです
中1週でも良かったと思いますし、小倉にこだわらなくても、逆にこのくらいの距離なら中央場所のほうが頭数も少なく出られたかもしれない。おそらく長く厩舎にいたから、早く馬房を空けたかったのかもしれませんが、ちょっと残念なオペレーションでした
いきなり決まったから騎手も急遽でしたし、もう少し鞍上を選んでほしかったので、優先権がある間はそれも込みでローテを決めてほしかったです
これで2か月経過して、毎週出走こそあるものの、未だに未勝利…。早く初日を出したいと思いますが、来週は今度こそ出走なしだと思います


さて、飛びましたがキャロットの2歳馬、次はミスティックⅡ22の近況です!

24/2/15  NF空港
【馬体重:437キロ】現在は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は900m屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター2本登坂しています。これまでは全体的に幼さが目立っていましたが、ここ最近は上背が伸びてくるなど、徐々に成長の兆しが見られるようになってきました。調教時の動きから一瞬のキレを武器とする競走馬になりそうな印象を受けるので、今後はその良い部分に磨きをかけていきたいところです。


皮膚病などで少々遅れていましたが、ここにきて成長が見られるとのことで、徐々に馬体も増えていってほしいところそして、今回は「キレを身上とするタイプになりそう」とのコメントをいただきまして、これは牝馬としては楽しみがふくらみますねキズナ牝馬ですから、当然芝のマイル以上で見たいとの願望はありますからこの馬に関しては母系もドイツ血統で、Monsunにサドラー持ちですからスタミナやパワーがある可能性も感じてますし、加えて前回も書きましたが、Storm Birdのクロスも持ってるので、スピードの強化もできてると思いますスタミナに裏打ちされたスピードを持ってキレを引き出せたら最高ですが(笑)
どちらか体現されてるのか?デビューまで多少時間は掛かるかもしれませんが、その成長を楽しみにしています!

240215mystiqueⅡ22
相変わらず、オシャレさんです




[edit]

【キャロット3歳】まさかの続戦!まさかの連闘! 

米津玄師の「Lemon」が主題歌だったTBSのドラマ「アンナチュラル」。当時は観てなかったのですが、youtubeで「Lemon」に合わせた「アンナチュラル」の映像を見て興味を持ったため、Amazonプライムで1話だけ観てみました。
驚いたことに、コロナを予知させるようなストーリーで、コロナ後に作られたのかと見まがうほど調べてみたら、当時話題になっていたようです

新型コロナウイルスを予言? 石原さとみ主演「アンナチュラル」を今観るべき理由

コロナという言葉は固有名詞かと思ってたのですが、そういう呼吸器系の感染症に使われる名前だったのですねドラマでは、まさに「名もなき毒」ということで、この原因の特定をする…という展開になっていきます。これが放送されたのが2018年でしたから、コロナ1年ちょっと前。すごい予言する内容を知らずに見た自分は、ホントにあとから制作されたやつかな?と疑ってしまいました(笑)
5類になってほとんど報道されなくなりましたが、まだコロナが終息したわけではありません。咳をするくせにマスクも何もしないやつとかが近くにいると腹が立って仕方ないです。こういうことを気にしなくて良い時代が戻ってきてほしいと思います


さて、まさかの連闘することになったパステルツェの近況です!

24/2/22  小倉競馬場
24日の小倉競馬(3歳未勝利・芝2000m)に斎藤騎手で出走いたします。

24/2/21  小倉競馬場
21日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は申し訳ありませんでした。1頭だけ未出走という立場ではありましたが、既走馬を相手に僅差の4着と、初戦としてはいい内容のレースをしてくれました。芝の中距離くらいが合うなと思っていましたが、これなら次の走りも楽しみですから、今度はさらに前進をを期待したいですね。レース後はそのまま小倉競馬場へ滞在させていますが、今のところ特に目立った疲労などはないという報告を受けています。動かした感触と、想定次第では連闘で今週使っていくことも考えています」(清水久師)24日の小倉競馬(3歳未勝利・芝2000m)もしくは25日の小倉競馬(3歳未勝利・芝1800m)に出走を予定しています。

24/2/17  清水久厩舎
17日の小倉競馬では五分のスタートから出たなりで中団を追走。道中はラチ沿いを進み、勝負どころからスッとポジションを上げると、4コーナーでも内に進路を取って直線はしっかり脚を使ったが4着。「道中はちょっと右に張り気味に走っていたので、それならばラチを頼って走らせようと思い内に入って進めました。4コーナーでは内が開きそうだったのでそのまま最内を狙ったのですが、結果的にワンテンポ待つ形になり追い出しが遅れてしまいました。申し訳ありません。それでも初出走で荒れた馬場を苦にせずこの走りができたのは収穫です。今日はベストの結果を出すことができず申し訳なく思いますが、落ち着きがあり、それでいてレースは真面目に走ってくれて、次に繋がるレースはできたと思います」(北村友騎手)既走馬相手のデビュー戦とあって不安も大きい一戦でしたが、道中もスムーズに追走し直線しぶとく脚を使って次に繋がるレースはしてくれました。この後については、小倉に滞在して次走を目指すことも検討しています


今年に入ってずっと出資馬の出走が続いてましたが、「今週で途切れるなぁ」と思っていた矢先決まったパステルツェの連闘
デビュー戦は芝の新馬戦に間に合わなかったため、1頭だけ未出走の身で未勝利戦に向かいました。陣営が言っていたように、芝の中距離というのは我々出資者の思いと同じでしたから、まったく自然でしたし、あとは経験値の差だけ。能力は全兄で証明されていますし、どこまでやれるかと思って観ていました
ゲートこそ普通に出たものの、横の馬と接触したため、後ろを追走することに。北村友騎手によれば「右に張っていた」ということで、荒れていましたが、ラチ沿いを走らせることにしたそうです。全体的に内を開けて走っていたこともあり、向こう正面で楽に馬群を押し上げることができました
そのまま上がっていき、4角では2番手で「ここで外に持ち出せれば」と思っていたら、勝ち馬と前にいた馬に蓋をされてしまったことで、内に切り替えて伸びてきます。一瞬先頭に立ちかけましたが、外から2、3着馬が併せて伸びてきたため、惜しくも4着
それでも0秒2差でしたから、内外の馬場差だったと思いますし、次が楽しみになる結果となりました。レース後すぐに続戦の可能性を示唆されましたが、中1週だと思ってましたので、水曜の更新で「連闘」の文字を見て、驚きましたと同時に清水久厩舎の恐ろしさ(誉め言葉)を実感しました
ここで「勝てれば神、負ければ鬼」という策になるでしょうねノーザンに飼い慣らされてしまった我々出資者からすると、心配が先に立ちますが、無闇に連闘をするわけではないと思いますし、それなりの勝算があってのことだと思いますので、なんとか結果を出してほしいところ先週より緊張すること間違いなしでしょう
今週は全国的にずっと雨で小倉も例外ではありません。明日は晴れますが、23日正午現在、芝は「不良」となっていますし、今は雨が降っていないようですが、良くて「重」まででしょうから、道悪適性が問われることになります先週の荒馬場はこなしましたが、道悪はどうでしょうね?
枠も2枠4番に入りましたし、それをこなせれば、逆に有利なところに入ったと言えますが、なんとか踏ん張ってほしいと願うのみですね鞍上はこのコースでの勝利がない斎藤新騎手。ここがポイントになりそうです能力で彼を導くぐらいの走りを見せてくれることを期待しています!

240217pastelze.jpg
レースではメンコを外してましたね

240214pastelze.jpg
馬房で一心不乱にニンジンを食べるパステルツェ。かわいいですね




[edit]

【キャロット2歳】ドッシリとしてきた 

今日は2月22日。そう、愛猫家にとってはたまらないニャンコの日です
我が家にも2匹の猫がおりまして、今のところはピー助もチロも元気ですが、ピーは12歳、チロに至っては今年20歳を迎えましたので、いつ何時どうなってもいい覚悟はできてるつもりです
猫の平均寿命は2022年調べで15.62歳だそうですから、チロは優にそれを超えています。人間でいえば96歳ぐらいに相当しますから、いかに長寿かわかるかと思います
そんなチロが家に来たのは2019年。その時すでに15歳でした。それまで猫がたくさんいるお家で飼われていたのですが、一番最初に飼い始めた長女だったにもかかわらず、次から次へと入ってくる後輩たちの中に入って、なかなか構ってもらえず家出してしまったこともあったそう。だから人間や猫に対しては物怖じしませんが、寂しがりで愛情を求めて、ウチに来てからは貪欲に自分の欲求をぶつけてきます(笑)それがブログでもよく言う、「明け方に起こされたり」というところです。「ごはんくれー」だったり「マッサージしろー」だったり。これがそういう時の写真

Screenshot_20240222_084431.jpg
この時はマッサージしろ、ですね

ピー助は生まれて2か月ほどでウチに来て、ずっといますから当然我が家がマイホームと思ってるでしょうし、いわゆるボンボンな性格です。わがままというわけではないですが、待っていれば人間がなんでもしてくれると思ってます(笑)
チロとは逆に自分と嫁のことしか人間は知らないので、それ以外の人が家に入ってきたりすると、そそくさとどっかに隠れてしまいます(笑)生まれて間もないころに尿路結石を患ってからは大した病気もなく、元気に過ごしてますが、チロが来てから柔らかごはんを食べるようになってから、明らかに太りました(笑)。チロがグルメでえり好みするのですが、それを雑食のピー助がすぐに待ってました!とばかりに食べに来るので、今は6キロ弱あると思います
怖がりなくせに好奇心旺盛で、何にでも顔を出したがります。これなんか典型的。

pea-suke.jpg
シェーバーを充電する音が気になって仕方ない様子

そんな2匹とも今年も元気にニャンコの日を迎えたわけですが、ともにシニア猫ですから、いつまでも元気に過ごしてほしいと思いますし、そのために僕らも頑張りたいと思います!

20200909_205341.jpg
20220418_124803.jpg
いつまでも元気でいてね


さて、キャロットの2歳馬は間もなく馬名が決まるところ、この馬はどうなるでしょう?ビートマッチ22の近況です!

24/2/15  NF空港
【馬体重:487キロ】現在は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週3日は900m屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター2本登坂しています。乗り込むごとに気配は上向いており、この時期にしては毛ヅヤも良好な状態を維持できています。ドッシリとして、見た目にも安定感が増してきた点は好印象で、今後もさらなる上積みを求めて乗り進めていこうと思います。


現在も変わらず、ペースを上げずに15-17秒を繰り返して、基礎体力をじっくり鍛えている印象です。ここ最近エピファネイア産駒が盛り返してきていて、先週も重賞を勝ってましたが、今年すでに重賞5勝とか!?各牧場とも早枯れしない育成方法を見つけつつあるようです
そんな中で、今回は「ドッシリとして」とコメントしてもらいましたし、テンションが上がることを常に気に掛けて育成してくれている成果が出てきているのかもしれません最新の動画でも17-15秒で駆け上がっており、絶妙なペースで乗られてます出そうと思えば出せるけど、しっかりコントロールしてる、そんな感じに見えました
2022年産まれは最も勢いのあった時に種付をされた世代のエピファネイア産駒たち。その中の1頭として、他の馬たちに負けないように頑張っていってほしいと思います

240131beatmatch22.jpg
馬体重も増えすぎず、減りすぎずちょうどいい感じ!




[edit]

【シルク】復活の道はあるのか? 

昨日に続き、Gallopからのネタをもう1本。
フェブラリーSを11番人気で制したペプチドナイル。個人的に「ペプチド」の冠でいえばペプチドアマゾンが思い浮かびますが、この冠のオーナーは沼川一彦氏。約半世紀の馬主歴にして、初重賞が初G1制覇だったというなかなかドラスティックな今回のレースでした
おそらく今回も人気薄でしたし、重賞を勝ったことのない馬でしたから、オーナーも「期待に胸を昂らせて」ということもなかったと思います。それだけにゴールした瞬間は足の震えが止まらなかったと言います。その気持ちはよくわかりますよね。これだけ長い間、競走馬を持ってきて、初めての重賞。ましてやそれがG1だったわけですから
最近は一口が普及して、ウマ娘の影響もあり、バブルみたいになって誰しも「馬主気分」を味わえるようになりました。勝利はもちろん、重賞やG1を勝つことが当たり前みたいに思う風潮があるように見受けられ、ちょっと勝てなかったりすると、馬や騎手に対する罵詈雑言が飛び交うネットの掲示板には辟易します。
角居元調教師をはじめ、競走馬を引退したサラブレッドのセカンドライフを支える活動も出てきたように、競走馬の大半はG1はひとつも勝てずに引退していくわけです。その中で、ライトな感覚になりがちですが、馬を持つ、ということは手間も時間もお金もかかるということだと改めて感じました。無事に出走すること、ひとつ勝つこと、現役を全うして終えること、このことを忘れずにこれからどれだけ続けられるかわかりませんが、やっていきたいと思います

171120blackbago.jpg
ブラックバゴも引退馬支援に支えられて第二の馬生を歩み始めました!


さて、今回の放牧は長くなりそうな雰囲気、テキサスフィズの近況です!

2024.02.16 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファームしがらき
調教主任「この中間は坂路コースで終いハロン15秒まで脚を伸ばしています。これぐらいなら余裕を持って駆け上がることが出来ていますし、最後まで集中して走ることが出来ています。ここまで嫌気が差すこともないですから、今の雰囲気を維持しながら更なるペースアップに備えていきたいと思います。馬体重は493kgです」

2024.02.09 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファームしがらき
調教主任「この中間は週3回の内の1回は坂路コースを16-16ペースで登坂しています。これぐらいなら最後まで軽快に走ることが出来ていますし、気難しいところは見せていないですよ。次走まで少し間隔を空けるということなので、もう暫くの間は無理をしない程度に進めていきたいと思います。馬体重は489kgです」

2024.02.02 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファームしがらき
調教主任「この中間も同様のメニューで乗り込みを進めています。今のペースなら集中力を欠くこともないですし、前向きに取り組むことが出来ています。飼い葉をよく食べて馬体はふっくらしてきましたし、気持ちにもゆとりがあるので、今の雰囲気を維持しながら進めていきたいと思います。馬体重は484kgです」


前走後、放牧に出てひと月半ほど経過しましたが、まだ戻ってくる気配はありません一部では次は新潟千直を目指すのではないか?と言われていますし、ひょっとしたら春の新潟開催まで待機する予定なのかもしれませんねここまで短距離中距離芝ダートと、いろいろと試行錯誤してきましたが、個人的には馬自身に気持ちの面で走る方向に向いていないのであれば、引退でも良いのかなと思っていますあとは小林調教師がどこまで気持ちをもって接してくださるかに掛かっているような感じです
3歳時はあれだけ良いパフォーマンスをしてくれていましたから、もう一度復活してほしいという思いはありますが、牝馬ですし、その先もありますからね。とりあえず今は放牧から無事に戻ってくるのを待ちたいと思います

240107texasfizz.jpg
確かに気が強そうな目になってる!




[edit]

【キャロット】次こそ差し切れ 

暑い!暑すぎる今日は東京で23℃だったそうですが、群馬の伊勢崎では25℃を超えて夏日を記録したとかまだ2月20日ですよ?3か月は先取りした気温でしたが、明日は一転真冬の寒さに逆戻りだそうで最高気温14℃は真夜中のもので、日中は9℃の予想。今日の1/3ほど上げといて落とされるのが一番キツイドッキリみたいです(笑)マジで、体調を崩しやすいと思うので、お身体だけはどうぞ大事に…

さて、武豊。言わずとしれた日本競馬界の至宝。ここ数年はレジェンドと称され、往年のようなバンバン勝ちまくる姿は見られなくなりましたが、むしろ当時より今の方がアンチが減って、みんなに愛されている感すらありますやはりなんだかんだで、現代競馬をずっと見てきた人たちからすれば憧れの存在に変わりありません象徴的なのはドウデュースの松島オーナーでしょうけど、今週のGallopに象徴的なエピソードがありました
間もなく定年を迎えられる小桧山悟調教師の連載があるのですが、鈴木慎太郎調教師がオーナーから「どうしても武豊騎手に乗ってほしい」と依頼を受け、ダメ元でエージェントに電話したところ、OKがもらえたという話。そして、乗ってもらうだけでなくキッチリ勝ったのですから、千両役者でしょうレディアスという馬ですが、6番人気でしたから「騎手のおかげ!」と思いたくなるでしょう。でもオーナーは自信があったのかもしれません
そして、驚いたのは陣営スタッフも同じ。騎乗依頼を受けてもらえた時点で厩舎スタッフは「お~」と歓喜をあげたそうですから、その勝利の興奮は容易に想像できます
それは我々一口会員にとっても、ひとつの目標になったりします「重賞を勝つ」「G1を勝つ」「口取りをする」「出資馬の命名者になる」などいろいろ目標はあると思いますが、「武豊で勝つ」ということを掲げる人もいるのではないでしょうか
自分は意外と乗ってもらう機会は多くあったのですが、勝ったのはダイアトニックの函館SSのみでも贅沢ですね。唯一の勝利が重賞ですから。惜しむらくはコロナ禍真っ只中で、口取りがなかったことあっても函館なので行っていたかはわかりませんが、「1番人気の馬で武豊」なら正直悩んだと思いますまぁ自分の抽選運なら当たらないと思いますが(笑)とりあえず、今後「武豊で勝利」は達成していますから、「武豊と口取り」を目標にしたいと思います(笑)

200621diaonic.jpg


そして、一度使っては放牧の繰り返しが続いてますが、好調ならば現級突破は可能だと思うリゴレットの近況です!

24/2/20  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「乗り出した後も反動はなく、この中間も順調に調整を進めることができています。坂路では15-15も取り入れており、日によって終いをさらに伸ばす調教も取り入れています。硬さが出ないようしっかりケアもしつつ、厩舎サイドとも日程を相談しながら進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

24/2/13  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間から周回コースと坂路で乗り出しています。坂路ではハロン15秒ペースも交えながら調教を行っています。動かした感じも特に悪くなく、この馬としては硬さも許容範囲ですね。このまま緩めないよう気をつけながら進めていきます」(NFしがらき担当者)

24/2/6  NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週こちらへ到着しており、馬体に異常がないことを確認して現在はトレッドミルによる調整を行っています。今のところそこまで硬さも感じられないので、近いうちに跨ってみるつもりです。動かした感じを見ながら厩舎サイドとも相談していきます」(NFしがらき担当者)

24/1/31  NFしがらき
31日にNFしがらきへ放牧に出ました。「先週の競馬は申し訳ありませんでした。直線は伸びそうで伸び切れませんでしたが、ジョッキーが上手に乗ってこの馬の良さを出してくれたと思います。レース後は馬体に異常がないことを確認し、いったんリフレッシュ放牧に出させていただきました。どのくらいで戻すか、牧場での状態を見ながらまた相談していきます」(羽月師)

24/1/27  羽月厩舎
27日の京都競馬では五分のスタートから出たなりで後方を追走。じっくり脚を溜めて直線は外に持ち出すとジワジワ伸びて6着。「馬群の中で非常にいい手応えで進められたので、直線で外に持ち出したところちょっとフワッとしちゃったんですよね…。どうも囲まれている方が集中するタイプのようなので、結果的には馬群に突っ込んでいく方が良かったように思います。脚の使いどころは難しいですが、いい切れはあります。うまくいかず申し訳ありません」(和田竜騎手)「今日はジョッキーがうまく乗ってくれましたが、やはり脚はもっていますね。ジョッキーも言っていたように脚の使いどころは難しいタイプのようで、馬群で集中させながら終いの脚を引き出すのがいいようです。惜しくも6着と優先出走権を確保できなかったので一度放牧に出す予定ですが、こういう気性ですし、リフレッシュを挟みつつというのもいいと思います」(羽月師)直線一瞬の伸び脚は際立っていましたし、それだけに最後フワッとしたというのは少しもったいなかったですが、近走の内容からすると非常に見どころのある走りだったと思います。乗り難しいところはありますが、ジョッキーもうまく乗ってくれましたし、これをきっかけに次走はさらに上を目指してもらいたいところです。


前走は追い込んでもう少しで掲示板、しかも先行馬は一団となっていましたから、掲示板の可能性もあったぐらいきわどい勝負でしたなんせ2着以下「クビ、ハナ、クビ、クビ、クビ」でしたからね(笑)初騎乗となった和田竜騎手は上手く乗ってくれましたが、惜しくもハマらなかった感じですあそこで5着なら続戦だったかもしれませんね。外を回すより馬群に突っ込んだほうが集中するとのことで、次走はそのあたりも気にしながら、そのまま和田騎手が乗ってくれたらと思います
まだしがらきですが、順調そうでそれほど長い放牧にはならなそう。阪神と中京どちらでも1400はありますから、狙いを定めて戻ってきてもらえればと思います

240127rigoletto.jpg
一番得意なのは京都かもしれませんけどね




[edit]

【キャロット3歳】メニュー変わらず今はじっくり 

今日は暖かかったですね上着がいらないぐらいでした。どうしてもこの時期はまだ「えい!」と着ずに出ることはできませんが、今日はホントに暑く感じるぐらいでしたからね
これがこのまま続くのであれば、それでいいのですが、今週は半ばからこの冬としては初の長雨になりそうな予報が出ており、気温も下がるようでいわゆる寒の戻りというやつですが、まだ2月ですから今が季節外れの暖かさなだけで3月ならそう言ってもよいと思いますが
でも、こうして季節は進んでいくので、この気候に振り回されて体調を崩さないように気をつけていきたいですね


さて、変わらず空港でケガを癒しつつ、トレーニングに励むセントメモリーズの近況です!

24/2/15  NF空港
この中間はトレッドミルでのキャンター、もしくはウォーキングマシンでの調整を行っています。「この中間もトレッドミルでのキャンターペースを中心とした内容で体を動かすようにしています。しばらくは現状の内容で動かしていき、しっかり体力を構築していきたいと思います。馬体重は506キロです」(空港担当者)

24/2/6  NF空港
この中間はトレッドミルでのキャンター、もしくはウォーキングマシンでの調整を行っています。「トレッドミルでのダク調整では良くも悪くも変化を見せることはありませんでしたので、この中間からキャンターペースへ移行しています。引き続き、よく確認していきながらメニューを進めていきたいところです」(空港担当者)

24/1/31  NF空港
この中間はトレッドミルでのダク調整、もしくはウォーキングマシンでの調整を行っています。「この中間に定期のチェックを行い、次のステップへ進めていくことになりました。この中間はトレッドミルでのダク調整がメインになるので、体を慣らしながらペースを上げていきたいと思います。馬体重は502キロです」(空港担当者)


この中間からキャンターベースでの調整になりましたが、まだまだこれからであまり大きな変化はありません今は我慢の時ということで、もう少し暖かくなっての前進に期待したいところです
すでに勝ち上がっている余裕もありますし、エピファネイア産駒ということで詰め込んで早枯れしてしまうのも避けたいところなので、これを良い休養として成長期間にしてもらいたいと思います!

240206scentmemories.jpg
というわけで、ここ3か月写真もほぼ一緒!




[edit]

【ロード】長期休養明けがどう出るか? 

一昨日、シルクのキャンセル募集が発表になりました

2023年度募集馬(現2歳馬)再募集のご案内(~2/21(水)AM10時受付終了)
2024.02.15

すでに満口となっている2023年度募集馬(現2歳馬)のうち、何らかのご事情により退会された会員様のご出資分について、再募集を行わせていただきます。以下の要項をよくお読みいただきご希望の会員様はお申込みください。

◆お申込み受付期間◆
2024年2月16日(金)AM10:00~2024年2月21日(水)AM10:00
※先着順ではございません。

◆お申込み方法◆
「再募集出資申込」メニューから受付画面へお進みいただき、必要事項を入力の上、ページ下部にあります「入力内容の確認へ進む」ボタンを押して確認画面へお進みください。確認画面で「ポイント利用」「申込内容」「会員規約」に同意・承諾いただき、「この内容で申し込む」ボタンを押してください。お申込みが完了いたします。お申込みが完了してからの「募集馬」の変更は出来ませんのでご注意ください。

◆申込数の制限◆
お一人様一頭のみ、1口限定とさせていただきます

◆受付口数を超えた場合◆
抽選にて出資者を決定させていただきます。過去の出資実績は考慮いたしません。

◆ポイントのご使用について◆
ポイントをご使用になる場合は「すべてのポイントを利用する」を選択してください。
※使用ポイント数を指定することはできません。現在使用できるポイント全てを充当します。

◆お支払方法について◆
一括でお支払いいただきます。一括支払による割引は適用されません。

◆競走馬出資金等のお支払いについて◆
2024年3月27日(水)に口座振替させていただきます。

【結果の発表】
抽選の結果はマイページに反映すると同時にメンバーインフォメーションでご案内いたします。


■━━━━━━━■
  ご注意
■━━━━━━━■
①お電話、出資申込書の郵送、ホームページのお問い合わせフォーム等からのお申込みは出来ません。
②新規会員の募集は行いませんので、どなたでも閲覧可能なSNS等での情報共有はお控えください。
③お申込み馬につきましては、マイページの「出資申込状況」でご確認いただけます。


◆再募集馬一覧(募集番号 募集馬名(競走馬名) 募集口数)◆
01.アーモンドアイの22(アロンズロッド) 1
04.アピールⅡの22(メジャーアピール) 8
05.ブラックエンブレムの22(ダブルイーグル) 5
06.ファイナルディシジョンの22(ユーディキウム) 2
07.チリーシルバーの22(チリーゴールド) 6
08.ラストプリマドンナの22(クオレプリマドンナ) 3
09.クードラパンの22(バレドラパン) 2
10.アイムユアドリームの22(レオネッサ) 2
13.エノラの22(エネルジコ) 2
19.ムーンライトナイトの22(スターライトナイト) 5
20.ジーナスイートの22(スイートグルーヴ) 3
22.プロミストリープの22(プロミストジーン) 6
23.ヴィクトリアピースの22(ヴィクトワールバゴ) 3
24.ウィクトーリアの22(ウィクトルウェルス) 1
25.スナッチマインドの22(パワースナッチ) 3
26.アルジャンテの22(ブリックダルジャン) 1
31.プリズマティコの22(トリクロマティック) 2
32.トスアップの22(アップリンク) 8
34.エレガントクルーズの22(スノークルーズ) 2
38.バラダセールの22(バラダレイナ) 1
40.アンセランの22(アンソレイユ) 9
41.アグレアーブルの22(ベルアーブル) 2
44.サラキアの22(サンタンドレア) 1
46.タイタンクイーンの22(オーケアニス) 1
47.キューティゴールドの22(チェルビアット) 2
49.イルーシヴグレイスの22(エリセイラ) 5
50.ピクシーホロウの22(パクシー) 1
55.ディライトプロミスの22(エターナルプロミス) 1
56.シャクンタラーの22(アニラ) 1
59.メリーウィドウの22(ヴィリアリート) 1
63.アドマイヤアローの22(アローオブライト) 4
64.モアナの22(アラモアナ) 2
65.プチノワールの22(カーボナード) 2
66.ジャポニカーラの22(ブリリアントカーラ) 6
70.パールデューの22(テットドール) 4
71.モアザンセイクリッドの22(レイナサグラーダ) 4
72.サダムグランジュテの22(ブルックリンダンス) 1
73.ルシルクの22(シルクディヴェール) 2
75.クローバーリーフの22(アイルランズコール) 3
76.ソーディヴァインの22(インターアーバン) 3



やはりキャロ同様、人気のある馬や順調そうな馬はここには出てきませんね
自分もインヘリットデール22がいたら…と思いましたが、いませんでした…いませんでした…いませんでした(笑)
それ以外でもし行くなら2頭ほど考えてますが、まぁ無理せずここは切り替えて追加募集に期待か、ロードに追加するかを検討しましょうか。

さて、パステルツェに続いて出走。こちらは久々、ロードオルデンの近況です!

2024.02.15
ロードオルデンは、2月17日(土)京都12R・4歳上2勝クラス・混合・ダート1400mに松山騎手58kgで出走します。2月14日(水)栗東・坂路コースで調教時計を記録しています。発走は16時10分です。
・辻野調教師 「着実に本来の姿へ近付いている印象。2月14日(水)は坂路で微調整程度のタイムを出し、反応を確かめるとビュッと伸びています。約9ヶ月振りの実戦で強気には構えられませんが、何とか掲示板は確保したいところ。蹄を含めた脚元の状態も大丈夫です

2024.02.14
ロードオルデンは、2月17日(土)京都・4歳上2勝クラス・混合・ダート1400mに松山騎手58kgで予定しています。同レースはフルゲート16頭。現段階では優先順位7番目、同順位1頭で出走可能です。2月14日(水)栗東・坂路コースで調教時計を記録しています。
※厩舎関係者の談話は2月15日(木)にお伝えします。
≪調教時計≫
2024 2 10 助 手 栗東坂 良 1回 61.3 44.5 29.0 14.3 馬ナリ余力
2024 2 11 助 手 栗東坂 良 1回 58.9 42.9 28.0 13.8 馬ナリ余力
2024 2 14 助 手 栗東坂 良 1回 54.3 38.8 25.0 12.0 末強め追う

2024.02.08
ロードオルデンは、2月7日(水)栗東・Cウッドチップコースで調教時計を記録しています。2月17日(土)京都・4歳上2勝クラス・混合・ダート1400mに松山騎手で予定しています。
2024.02.07
ロードオルデンは、2月7日(水)栗東・Cウッドチップコースで調教時計を記録しています。2月17日(土)京都・4歳上2勝クラス・混合・ダート1400mに予定しています。
・辻野調教師 「馬っ気を出すなど、元気な頃に見せていた仕草を覗かせるように。2月7日(水)はウッドコースで追い切りを掛け、5ハロン69秒0、ラスト12秒4の記録を残しています。随分と気持ちが乗って来た一方、トモの感じはもう一つ。その点は使いながらでしょう
≪調教時計≫
2024 2 4 助 手 栗東坂 良 1回 59.4 42.8 27.6 13.7 馬ナリ余力
2024 2 7 助 手 栗東CW 重 85.7 69.0 53.5 38.0 12.4 (8) 馬ナリ余力 ユアフラッシュ(古馬1勝)稍一杯の内0.9秒追走0.2秒先着

2024.01.31
ロードオルデンは、1月31日(水)栗東・坂路コースで調教時計を記録しています。2月17日(土)京都・4歳上2勝クラス・混合・ダート1400mに予定しています。
・辻野調教師 「この中間も順調に運んでおり、1月31日(水)は坂路で追走するパターン。トータル53秒4、終い12秒0の時計を出しました。本数を重ねるに連れて着実に良化を遂げ、ようやく以前の走りへ近付いた感じ。京都の番組に照準を合わせ、鞍上をピックアップします」
≪調教時計≫
2024 1 28 助 手 栗東坂 良 1回 55.1 40.2 26.2 13.0 馬ナリ余力
2024 1 31 助 手 栗東坂 良 1回 53.4 38.5 24.9 12.0 強めに追う ヒビキ(古馬2勝)一杯を0.8秒追走0.2秒遅れ


去年は放牧明けでさぁ復帰というところで、蟻洞が発覚し、休養に入りましたから、結局3走しかできませんでした今年はこのまま順調に1年間駆け抜けてほしいと思いますとりあえず、今回は9か月ぶりの長期休養明けですから、叩いてから…という雰囲気もありますが、それなりに次につながる競馬を見せてもらいたいところです9本も追い切りを重ねてここにたどり着きましたが、調教を何本やるより一度の実戦が大事。最後ひと伸びを欠く…とかいろいろ想像できますが、その中でも「おっ!」と思わせる脚を一瞬でも見せて、希望を抱ける競馬をしてくれることを期待しています!
去年も今ごろ2勝目を挙げましたし、この時期は得意なのかもしれませんので、鞍上松山騎手の手綱さばきにも期待したいと思います

230225-1927N1 (1)
あの時も松山騎手だった…今回もお願いします!




[edit]

【キャロット3歳】既走馬相手のデビューで 

昨日は暖かく東京では最高気温が20℃を超えました。2月に20℃超えするのは8年ぶりだそうです風が強かったですが、これは南風だったので春一番ということになりましたしかし、一転今日は朝から北風ピープーで昨日以上に強い風で、ちょっと油断すると体が持ってかれそうになるぐらいで危険な感じでした。何か飛んできたらどうしよう?と思いました
でも、やはり今年は暖かい冬だと思いますが、それでも春がそこまで来てるかと思うと気持ちも上がってきますね


さて、3歳馬最後のデビューは残念ながら新馬戦ではありませんが、最も期待の1頭、パステルツェの近況です!

24/2/15  清水久厩舎
17日の小倉競馬(3歳未勝利・牝馬限定・芝2000m)に北村友騎手で出走いたします。

24/2/14  清水久厩舎
14日は栗東坂路で追い切りました(56秒1-40秒8-26秒2-12秒7)。「今週の小倉に芝中距離戦がいくつかあるので、そのいずれかへ向かうつもりで今朝坂路で追い切りました。併せ馬で後ろの馬が来たらしっかり反応していましたし、余裕ある手応えで動くことができていましたね。テンションもこちらが思っていたより上がらず、中間のゲート確認でも寄り、駐立ともに問題ありません。この感じなら輸送もこなしてくれそうですから、初戦でどんな走りを見せてくれるか楽しみにしたいです。どの番組にするかは想定などを見て最終的に判断することになると思いますが、土曜日なら北村友騎手、日曜日なら幸騎手で調整していると聞いています」(山田助手)17日の小倉競馬(3歳未勝利・牝馬限定・芝2000m)もしくは18日の小倉競馬(3歳未勝利・芝2000m)、同日の小倉競馬(3歳未勝利・芝1800m)に出走を予定しています。

24/2/14(水)
助手 栗東坂・良 56.1 - 40.8 - 26.2 - 12.7
ドルフィンスクエア(三未勝)馬ナリに1.0秒先行アタマ先着 馬ナリ余力(-)
24/2/10(土)
助手 栗東CW・良 86.6 - 70.3 - 54.8 - 38.9 - 11.9
オーバーザドリーム(古馬1勝)馬ナリの内0.6秒追走0.1秒遅れ 馬ナリ余力(6)

24/2/8  清水久厩舎
7日は栗東CWコースで追い切りました。8日は軽めの調整を行いました。「先週末にコースで楽に動けていてそのままダメージもなかったので、水曜日に少し強めの追い切りを行っています。全体が81秒3、ラスト1ハロン12秒3という計測で、最後まで止まってはいないものの、併走相手の方が手応えは良く、まだ切れるというような感じではありませんでした。ただ、後半で馬場の荒れた時間帯だったこともありますし、やればもっと時計は詰まりそうな印象を受けました。トモをしっかり使えてフォームも安定しており、そろそろメドを立てられそうです」(山田助手)

24/2/7(水)
助手 栗東CW・重 81.3 - 66.8 - 52.5 - 38.2 - 12.3
ベイステート(三未勝)馬ナリの外0.2秒先行0.1秒遅れ 強め余力(9)
24/2/3(土)
助手 栗東CW・良 69.9 - 53.9 - 38.1 - 11.8
コントディヴェール(古馬1勝)馬ナリの内1.2秒先行同入 馬ナリ余力(6)

24/1/31  清水久厩舎
31日は栗東坂路で追い切りました(53秒6-38秒4-24秒6-12秒1)。「今朝は坂路で追い切りました。そろそろコース追いを取り入れる予定なので、そこに向けて今日は終いは軽くステッキを入れて、少し負荷を上げてみることにしました。まだ走り切れていない感じはするものの、それでも手応えが一杯というわけではありませんし、ここからまた良くなってきてくれそうですね。負荷をかけたことでテンションが上がる可能性もあるので、そのあたりにも気を配りながら調整を進めていきます。おそらくデビューに向けてこのまま調整を続けていくことになりそうです」(山田助手)

24/1/31(水)
助手 栗東坂・良 53.6 - 38.4 - 24.6 - 12.1
ルーフ(古馬2勝)馬ナリに0.9秒先行0.2秒遅れ 末強め追う(-)
24/1/28(日)
助手 栗東坂・良 55.6 - 39.9 - 26.0 - 12.7
ドルフィンスクエア(三未勝)馬ナリを1.6秒追走0.2秒先着 馬ナリ余力(-)



メールドグラースの全妹になります。本来であれば、夏頃に移動する予定でしたが、直前にアクシデントがあり、ここまで延びてしまいました元々晩成だとは思ってたので早くないとは思ってましたし、そこまで焦りはなかったですが、やはり新馬戦のあるうちに見たかったとは思いますまだ新馬戦は今週までありますが、すべてダートなので未勝利戦デビューが濃厚だと思ってました。まぁこればっかりは馬次第なので仕方ありません
しかし、来週かと思ってたので、いきなり今週に決まってびっくり。今週はロードオルデンだけだと思ってましたからね入厩後、放牧を挟まずここまで8本の追い切りを消化しましたから、結果はどうあれ、小倉で17頭立てで楽な条件ではありませんが、ここは全力で頑張ってもらいたいところ
自分の中では上にも出てきたインヘリットデールと被るところがあって、彼女も3月の未勝利戦デビュー。16頭立てにもかかわらず、いきなり2着に好走。この馬もルーラー×サンデーで母系がしっかりしてるので、いきなりから走れないか?と秘かに期待していますただ、デールは阪神で川田騎手だったのに対し、こちらは小倉で北村友騎手ですから、ここが大きな違いと言えます逆に言えば、ここで好走できたら本物かもしれませんので、祈るような気持ちで応援したいと思います

231219pastelze.jpg
希望通りの2000で、まず無事に、そして掲示板を目指してほしいと思います




[edit]

【ロード3歳】身の丈に合ったレースを 

昨年チバユウスケが亡くなったため、自分の中のミッシェルが再燃してますが、チバが逝く14年前にギターのアベフトシは42歳の若さで星になってしまいましたちょうどこのブログを始めるちょっと前でしょうか。
ミッシェル解散後、KOOLOGIなどいくつかバンドをやっていたようですが、後年は地元・広島に帰り、ペンキ屋をやっていたそうで。そんな中、同郷の吉川晃司に誘われ、ライブのギターを務めることになりました。
ここに至る過程で、酒を飲みながら吉川に誘われたアベでしたが、酔っていたからか「吉川晃司というのはアイドルだろ?」と言ったそうで。それに怒った吉川とケンカになり、一度は破談になりかけたそう。しかし、翌日にシラフになってアベが謝ったことで、改めてタッグを組んでライブに参加したとのことです



その気持ちわかります(笑)自分もCOMPLEXが結成されるまで「吉川晃司はアイドル」との認識が強かった。というか多くの人が芸能人だと思ってたはずです。ライブハウスで洋楽を嗜み、ロック畑を歩んできたアベからすればチャラチャラしたイメージがあっても不思議はありません。
自分にとっては、最初に音楽に触れた内のひとつ、COMPLEXの対極にいると感じていたアベフトシが演奏するという時点で感激でした残念ながら音源しかありませんが、ミッシェルのアベフトシとは違う彼の音を聴けて、ジーンと来てしまいました
そして、おそらく布袋寅泰と重ね合わせてアベフトシのことを見ていた吉川晃司のことも容易に想像ができて、彼を必要とした理由がよくわかりましたね



その後、吉川は同じく同郷のベース・ウエノコウジもライブメンバーに加えて、CIMPLEXの曲も演奏していて、こちらも感動してしまいました。「1990」などミッシェルには絶対ないもんなぁこちらは映像もあります。もっと映してやってくれと思いました(笑)ちなみにギターはイエモンの菊池英昭ですね。豪華!




さて、初勝利の後はいきなりの重賞挑戦もやはり壁は高かった…ロードヴェスパーの近況です!

2024.02.13
ロードヴェスパーは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。2月8日(木)測定の馬体重は460kg。
・当地スタッフ 「ウォーキングマシンのみで経過観察を行う流れ。引き続き、脚元に違和感を覚えず、このまま悪い変化が生じなければ次のステップへ踏み出そうと考えています。和田調教師とは密に意見を交える形。慎重に様子を見ながら進め方を検討しましょう」

2024.02.06
ロードヴェスパーは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。
・当地スタッフ 「トレセンで治療を済ませてから移動。こちらへ来た後は熱感がほぼ認められず、獣医師のチェック時にも悪い箇所がハッキリとは分からないぐらいでした。でも、楽をさせて症状が落ち着いているだけとも言えそう。しっかり不安を取り除きます」

2024.01.31
ロードヴェスパーは、1月31日(水)に千葉・ケイアイファームへ移動して春以降の戦列復帰へ向けて不安箇所の治療に努めます。
・和田調教師 「左前脚球節の具合は快方へ向かっているものの、依然として張りが残る状態。このままレースに使うとリスクが高いだけに、休養を挟んで完全に治すのが妥当だと思います。1月31日(水)に千葉のケイアイファームへバトンタッチ。様子を見て呼び戻しましょう」

2024.01.24
ロードヴェスパーは、美浦トレセンで軽目の乗り運動を消化。もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。
・和田調教師 「先週末に坂路へ通い始めると、左前脚球節が張り気味に。競馬のダメージが残っている感じです。1月24日(水)は角馬場で軽目の内容を消化。今週末に追い切りを再開できれば続戦を検討するものの、現段階では育成牧場で立て直す可能性が高くなっています

2024.01.17
ロードヴェスパーは、レース後も特に異常は認められません。もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。
・和田調教師 「レース後は左前脚を中心に疲れが認められるものの、一通りの確認を行って大きな問題は生じていません。現状は跨っておらず、もうしばらくの間は慎重に観察を続ける予定。あまりにも回復に手間取るようであれば、千葉のケイアイファームへ移すかも知れません」
≪調教時計≫
2024 1 12 助 手 美南坂 良 1回 62.4 45.8 29.7 14.6 馬ナリ余力
2024 1 13 助 手 美南坂 良 1回 60.7 44.2 28.5 13.7 馬ナリ余力

2024.01.15
ロードヴェスパーは、1月14日(日)中山11R・京成杯(GⅢ)・国際・芝2000mに横山和生騎手57kgで出走。14頭立て14番人気で4枠7番から平均ペースの道中を14、14、14、14番手と進み、4コーナーでは外を通って1秒5差の13着でした。馬場は良。タイム2分02秒0、上がり34秒7。馬体重は2kg増加の438kgでした。
・和田調教師 「ジョッキーは『序盤は後ろが流れてしまうバラバラな走りだった。向正面から3コーナーの入口でようやくトモが嵌まり、そこから促すと結構イイ雰囲気。ただ、心身共にまだ幼く、徐々に良くなる馬だと思う』と話しています。緩さを残す現状は、なかなか厳しい結果に。でも、重賞で揉まれた経験は先々に生きるはずです」


前走が近況で発表になった時、一瞬テンションが上がりましたが、よくメンバーを見てみると「かなり敷居が高いんじゃないか…」と不安が先立つことになり、結果案の定といった感じでした後方ママだったので、レース後はそんなにダメージはないかと思いましたが、左前球節に張りが出てしまいましたまだまだ成長途上ですから、今後はじっくり自己条件からコツコツと行ってほしいと思います
現在は放牧中なので、この間に少しでも体も心も成長して戻ってきてもらいたいですねとりあえずひとつ勝ってるので焦ることはないです。4月から5月ぐらいに復帰できれば良いかなと思います。これが良い休養になって、次からは何度か連戦できるようにしっかりしてきてほしいと思います

240114-2125N1.jpg
まだまだこれから!






[edit]

【キャロット】悲願のアワブラ条件を 

競馬雑誌もどんどん休刊や発行形態を変え、以前「サラブレ」を愛読していた時は毎月13日を楽しみにしていたのですが、今はそれがなくなったのですっかり忘れてしまっています。そんな中、昨日はたまたま思い出し、まだ頑張っている「競馬の天才」を立ち読みしたところ、水上学氏の連載で「フェブラリーSがG1存続の危機」を取り上げていました
近年は4年中3年で、G1の基準レーティングである115を満たしていない、と。確かに近年はドバイの前にサウジCもできて、この時期のダートG1の選択肢は格段に増えたと思いますそして昨年パンサラッサがそのサウジCを勝ったことは相当インパクトのある出来事でした
今年もレモンポップウシュバテソーロの2トップが出走予定。どちらも自然な流れといえばそうですよね。だからこそ、フェブラリーSもどげんかせんといかん。水上氏は時期の変更を訴えてました。それが一番手っ取り早いでしょう。具体的には5月の平安SをG1に、ということでした。ダートに関しては地方海外とたくさんレースはあるので、そのへんの調整はセンシティブになりそうです
あと、芝スタートの問題も取り上げてましたね。これは東京競馬場のコース形態の問題。それも含めて場所と日程の移動ということがフェブラリー復権(フェブラリーSではなくなってしまうけど)のカギでしょうか。
今年のレースはどんなレースになるか?そういう点からも注目してみたいと思います


さて、そろそろ戻ってくるでしょうか?アレマーナの近況です!
競馬雑誌もどんどん休刊や発行形態を変え、以前「サラブレ」を愛読していた時は毎月13日を楽しみにしていたのですが、今はそれがなくなったのですっかり忘れてしまっています。そんな中、昨日はたまたま思い出し、まだ頑張っている「競馬の天才」を立ち読みしたところ、水上学氏の連載で「フェブラリーSがG1存続の危機」を取り上げていました
近年は4年中3年で、G1の基準レーティングである115を満たしていない、と。確かに近年はドバイの前にサウジCもできて、この時期のダートG1の選択肢は格段に増えたと思いますそして昨年パンサラッサがそのサウジCを勝ったことは相当インパクトのある出来事でした
今年もレモンポップウシュバテソーロの2トップが出走予定。どちらも自然な流れといえばそうですよね。だからこそ、フェブラリーSもどげんかせんといかん。水上氏は時期の変更を訴えてました。それが一番手っ取り早いでしょう。具体的には5月の平安SをG1に、ということでした。ダートに関しては地方海外とたくさんレースはあるので、そのへんの調整はセンシティブになりそうです
あと、芝スタートの問題も取り上げてましたね。これは東京競馬場のコース形態の問題。それも含めて場所と日程の移動ということがフェブラリー復権(フェブラリーSではなくなってしまうけど)のカギでしょうか。
今年のレースはどんなレースになるか?そういう点からも注目してみたいと思います


さて、そろそろ戻ってくるでしょうか?アレマーナの近況です!

24/2/13  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も順調に来ており、坂路では1本目を15-15、2本目に13-13まで脚を伸ばすという日も設けています。かなり強く負荷をかけていますが、馬体も張りがあって雰囲気も良好ですね。おそらく今月中には移動ということになると思うので、このままいい状態で送り出せるようにしたいです」(NFしがらき担当者)

24/2/6  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も先週同様に坂路では15-13を取り入れて調教を行っています。速めを交えながらコンスタントに動かしていますが、特に不安なところもなく来ていますね。緩めないようしっかり動かしながら態勢を整えていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

24/1/30  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も引き続き15-13くらいまでペースを上げて乗り込みを行っています。馬の雰囲気も悪くなく、引き続き順調に調整が続けられていますね。2月下旬くらいの移動を目指していくことになると思うので、この後も速めを織り交ぜてコンスタントに動かしていきます。馬体重は527キロです」(NFしがらき担当者)

24/1/23  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も15-15から終いを伸ばす調教を取り入れながら進めています。すでに終いを13秒くらいまで伸ばしていますが、脚元など特に変わらず順調に動かすことができていますね。このまましっかり乗りながら調整を続けていきます」(NFしがらき担当者)

24/1/16  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も順調に進められています。坂路では15-15から終いをさらに伸ばす調教も取り入れていますが、特に反動などもなく調整できています。おそらくもう少ししっかりと間隔を取って次走に臨むことになりそうなので、このまま緩めずに動かしていきたいと思います」(NFしがらき担当者)


前走から2か月経ちますし、放牧後の調整は非常に順調そうですコメントでも示唆されているように、もうじき帰厩となるでしょうここのところダ1400~1800に使われていますが、次は芝に戻すという選択肢もあるでしょうか?
引退まであと1年。なんとか3勝目を挙げて、アワブラの最低条件を満たしてもらいたいところそれでノーザンに残れる、キャロットで募集されるという保証はありませんが、とりあえずシルクの出資馬で地団駄を踏んでますので(笑)、アワブラ制度のあるキャロで一度その恩恵に預かりたいと思います順調に来れているので、まずは無事に戻ってきてほしいですね

240213alemana.jpg
いい流れで来てるので、このままレースに向かってほしい




[edit]

【シルク】今は距離が長い? 

シルクの元出資馬、インヘリットデールキープシークレットの初年度産駒がそれぞれ勝ち上がりました

【インファイター】
240113infighter.jpg

【シークレットキー】
240128secretkey.jpg

この年(2022年募集)で自分はどちらかに抽優を使おうと思ってましたが、インヘリットデール21(インファイター)が6000万と自分のボーダーラインを超えた募集価格だったことと、キープシークレット21(シークレットキー)が杉山晴厩舎だったことから、後者を一球入魂で選んだものの、無念の落選…
そして、去年(2023年度募集)ではその価格の禁を破って、iインヘリットデール22に申し込んだものの、こちらも外れ…キャロのようにアワブラ制度がないために仕方のないことですが、モヤモヤする面があるのも事実
でも、両馬とも勝ち上がってくれて何よりで、それに関しては非常にうれしく思っています両者とも母に似た面があって、インファイターは初勝利まで惜しいレースを繰り返しながら、勝ち上がった点。シークレットキーは、ドレフォン産駒ながら母と同じダート1700を勝った点。特にシークレットキーは早くも2勝目を挙げてダートの中距離も走れましたので、将来的には短距離にシフトする可能性はありますが、楽しみが広がったと思います
一方のインファイターは、今週のつばき賞に出走予定前走の未勝利を4馬身差で勝ち上がったことからも昇級初戦も格負けすることはないように思いますというのも母も同様だったから。母の場合は古馬との混合戦でしたが、この馬は同世代同士。血の力を借りて、重賞ならまだしも自己条件ならあっさりという可能性は高いと思っています
自分も一度でいいから、アワブラ牝馬の仔に出資してみたいなぁ…キャロに入って6年になりますが、まだそういう牝馬に出会えておらず、この先なんとかそういう馬に出会えることに期待しています


さて、出走を前倒しするものの不発…。転厩前の出走はもう終わりでしょうか?クラシックステップの近況です!

2024.02.09 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファームしがらき
調教主任「その後も順調に進めることが出来ていましたので、先週末より坂路コースを17-17ペースで登坂しています。そして、今週から終いハロン15秒まで負荷を強めていますが、反応・動き共に重苦しさは感じないですから、この感じであれば更に負荷を強めていくことが出来そうです。馬体重は519kgです」

2024.02.02 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファームしがらき
調教主任「こちらで状態を確認したところ、脚元を含めて目立った疲労は見られなかったので、今週から周回コースで乗り出しています。馬体はそこまで萎んでいないですし、調教にも前向きに取り組むことが出来ているので、このままスムーズに立ち上げていくことが出来そうです。馬体重は510kgです」

2024.01.24 WED
近況
在厩場所:ノーザンファームしがらき
23日(火)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。

2024.01.24 WED
近況
在厩場所:ノーザンファームしがらき
安田隆行調教師「除外で延びたうえに小倉競馬場までの輸送がありましたが、馬の状態は落ちていなかったと思いますし、騎乗した鮫島克駿騎手もその点は褒めてくれました。また、未勝利を勝った舞台でしたから、条件的には悪くないと思ったものの、直線では伸びを欠いてしまいましたね。こうした緩い馬場は過去にも好走実績があるようにこなせる馬ですし、前走の終いの脚を考えると、今は1ハロン距離が長いのかもしれないです。レース後はそのまま栗東トレセンへ戻しましたが、脚元含めて気になるところはありませんでした。ただ、昨年末からここまで続けて使わせていただきましたので、心身ともにリフレッシュさせるべく、23日にノーザンファームしがらきへ放牧に出させていただきました

2024.01.21 SUN
レースレポート
1月21日(日) 小倉12R 4歳以上1勝クラス (混) 芝1800m 鮫島克駿(58.0kg) 9着 3人気
鮫島克駿騎手「返し馬で弾むようなフットワークを見せていたので、状態は良かったと思いますし、今日の馬場も問題ありませんでした。ポジション的にも勝ち馬の真後ろから進められて、馬場の良い外目へ上手く誘導出来ましたが、勝負所から離されてしまいましたね。筋肉質な体型ですから、もう少し距離を縮めた方が良いのかもしれません


ここのところ1600か1800に使われてきましたが、やはり距離が長いのでしょうか?これに関しては、ホントに関係者とはいえアテにならないところがあって、その通りの場合と外れてる場合があり、難しいところです昨日のロードディフィートもレース後距離が長いと言われましたが、その前はマイルでは短いと言われてたので、「どっち?」と思っています。まぁ昨日のレースは休み明けで22キロ増でしたから、その点を考慮したほうがいいと思いますが…
閑話休題。この馬に関してはここまで連戦してきましたので放牧は仕方ありません安田隆先生の引退に捧げる勝利を飾ることはできませんでしたし、このまま引退までに戻ってくることはないでしょう
次の行先はどこになるかまだ発表になってませんが、若手でいいので安田隆厩舎同様、良いところに行ってほしいと思います

240121classicstep.jpg
次はもう一度中京で見てみたいかな




[edit]

【ロード2歳】父譲りの成長力を 

北海道で馬たちが火災で亡くなる事故が起こってしまいました…

「厩舎が燃えている」サラブレッド生産・育成牧場で、取り残された17頭が死ぬ…およそ400メートル全焼、ストーブなく電気系統トラブルなど調べる 北海道日高町

あたりに火の気はなく、おそらく火の元は電気系統だということです今から20年以上前にも山元トレセンで火事があり、エガオヲミセテなど20頭ほどの馬が亡くなったことがありましたが、馬は何が起こってるのか分かりませんからね…熱かっただろうし、苦しかったと思います最近、人間だけでなく生き物(大小関わらず)が亡くなるということに対して、非常に感傷的になってしまいます
今回はサラブレッドとばんばがいたそうですが、サラブレッドは高価なものですし、電気系統の劣化は気を付けたほうが良いですね。我が家の猫も電気カーペットの上で寝てるので、つけっぱなしにしてることも多いですから、注意したいと思います。
亡くなった馬たちのご冥福をお祈りいたします


さて、ロード2歳の2頭目はエトワールブリエ22の近況です!

2024.01.31
エトワールブリエ'22は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン15~20秒ペース)。1月中旬測定の馬体重は472kg。
・当地スタッフ 「成長の余地を多分に残す現状。でも、与えられた課題をこなしつつ、走りの質が良くなって来たのも確かです。ここに来てワンランク上のメニューへ取り掛かる流れ。慣れは必要だと思うものの、同様のパターンを続けられそうな感触も得ています」


今回はフィエールマン産駒らしいコメントが並んでますねやはり成長力はあると思うのですが、その分歩みはゆっくりなのではないかなと。フィエールマン自身もデビューは3歳1月。母系がフランスの馬ですし、上品な血統ですから、成長力はありますから慌てて進める必要はないと思います。じっくりと秋の入厩を目指してやっていってもらいたいところ
エピファネイア産駒の姉ソニックライトは地方からの出直しを図って頑張ってますが、やはりダートが向かないようで、苦戦していますし、姉の分まで末永く走ってもらいたい。できれば芝の中長距離で頑張ってもらいたいと思っています!

240122-2228.jpg
でも意外にも動画では動けてるように感じます





[edit]

【ロード】DOWの初ダートで 

今期のドラマは「正直不動産2」以外、正直これというのがないかなと思ってましたが(笑)、昨日放送されたTBSの「不適切にもほどがある」はなかなかおもしろいようです。1986年から現代にタイムトリップしてくる熱血中学教師がそのギャップに戸惑う、というかなりざっくり言えば、そういうストーリーのようですが、これがなかなかハマるようで

「不適切にもほどがある」葛飾の元野球部にコンプラない→お断り表示なしに爆笑「正解w」「風評被害w」 壮絶ケツバット「押忍!あぁー!」

38年前と今では全然違いますね。こうしてドラマで見せられると当時は当たり前だと思ってたことも全然違うことを改めて実感します今、会社では自分の部下にいわゆるZ世代がいますが、なかなかその処し方に戸惑っておりますこっちが思ってるのと全然違うリアクションだったりすると、考えてしまいますね(笑)向こうは当然とばかりに、平然としてるのですが、「いや、先輩に対する接し方ってこんなんだったっけ?」と思うことしばしば。だから、こちらの対応も自然と慎重なものになりますまさか自分にもこういう感覚が来るようになるとは思ってもみませんでした(苦笑)


さて、明日は1頭出資馬が出走します、初ダートに臨むロードディフィートの近況です!

2024.02.08
ロードディフィートは、2月11日(日)東京12R・4歳上2勝クラス・混合・ダート1400mにキングスコート騎手58kgで出走します。2月7日(水)美浦・ウッドチップコースで調教時計を記録しています。発走は16時25分です。

2024.02.07
ロードディフィートは、2月11日(日)東京・4歳上2勝クラス・混合・ダート1400mにキングスコート騎手58kgで予定しています。同レースはフルゲート16頭。現段階では優先順位5番目、同順位1頭で出走可能です。2月7日(水)美浦・ウッドチップコースで調教時計を記録しています。
・和田調教師 「2月7日(水)は全体86秒4、終い12秒1の時計を馬なりでマーク。一追い毎に動きは良くなっている感触です。こちらへ帰った段階で結構ふっくらしていた通り、本番も相応のプラスで送り込めそう。兎にも角にも、ダート適性の有無が重要なポイントでしょう」
≪調教時計≫
2024 2 4 助 手 美南坂 稍 1回 54.8 40.0 26.4 13.3 馬ナリ余力
2024 2 7 助 手 美南W 稍 86.4 70.2 54.9 39.6 12.1 (9) 馬ナリ余力 コルヴィル(新馬)強めの外0.4秒先行0.2秒先着

2024.01.31
ロードディフィートは、1月31日(水)美浦・ウッドチップコースで調教時計を記録しています。2月11日(日)東京・4歳上2勝クラス・混合・ダート1400mにキングスコート騎手で予定しています。
・和田調教師 「1月31日(水)は6ハロン83秒7、ラスト12秒0のタイムを記録。ゴーサインを送った際に反応しているものの、現状はまだ身体が重い印象を受けます。レースまで時間が残されるだけに、少しでも状態を上げたいところ。飼い葉食い等は特に問題がありません」
≪調教時計≫
2024 1 28 助 手 美南W 良 71.0 54.5 38.7 12.1 (7) 馬ナリ余力 ファミリークレスト(古馬1勝)馬ナリの外0.7秒先行同入
2024 1 31 助 手 美南W 良 83.7 68.1 53.0 38.3 12.0 (7) 強めに追う カールスモーキー(古馬2勝)強めの内0.9秒追走0.2秒先着

2024.01.24
ロードディフィートは、1月24日(水)美浦・ウッドチップコースで調教時計を記録しています。2月11日(日)東京・4歳上2勝クラス・混合・ダート1400mにキングスコート騎手で予定しています。
・和田調教師 「ケイアイファームの担当者と情報を交換。検疫馬房を確保できた1月20日(土)に戻しました。21日(日)に跨り始めてからも気になる点が認められず、24日(水)に全体86秒5、終い12秒9の追い切りを消化。キングスコート騎手とのコンビが決まっています」
≪調教時計≫
2024 1 24 助 手 美南W 稍 86.5 70.7 56.0 41.2 12.9 (7) 馬ナリ余力

2024.01.23
ロードディフィートは、1月20日(土)に美浦トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行い、1回東京を視野に体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。
・当地スタッフ 「1月16日(火)に単走で15-15を交えた際もスムーズなフットワーク。厩舎サイドと情報交換を行い、20日(土)にトレセンへ向かいました。思うように身体が増えなかった馬が、ここに来てボリュームアップ。レース本番を楽しみにしています」

2024.01.22
ロードディフィートは、1月20日(土)に美浦トレセンへ帰厩しました。

2024.01.16
ロードディフィートは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン17~20秒ペース)。1月11日(木)測定の馬体重は485kg。
・当地スタッフ 「改めてハロン15秒レベルを刻もうと考えていたものの、気温の低下でコース状態が今一つなタイミング。帰厩を控える段階でのアクシデントを避ける為、先週は普通キャンターにセーブしました。馬自身はエネルギッシュ。近日中に出発の予定です」


1/20に美浦に戻ってきて早々に明日のレースに照準を定めて調整してきました今回は初ダートとなりますが、デクラレーションオブウォー産駒ですし、楽しみのほうが大きいです。1400という距離がどうか?と思いますが、デビューから2戦は1400でしたし、対応してくれないかなと期待していますそのためにまずは流れに乗ってほしいので、スタートに注意してもらいたいと思います!

231029-2027A.jpg
初のキングスコート騎手にも期待!




[edit]

【ロード2歳】愛すべきお調子者 

netkeibaで競馬評論家の須田鷹雄氏と矢作芳人調教師の対談がyoutubeがアップされています



4回にわけて公開されるようですが、今回は厩舎問題。一番の問題は既得権益。自分にとって都合の良い権利は一度手にしてしまうと、なかなか手放すという選択はできないものですだからそれを守ろうと必死になりますが、どこの世界もそうですよね特に競馬界は「競馬村」と言われるぐらい、古い体質が残ってるので、こういう問題はたくさんあると思います矢作先生はその点において、いろいろとジレンマを感じてらっしゃるようで、若手調教師も増え、競馬自体も若いファンが増えてきている今、なんとか提供する競馬界自体も変わっていってもらえればと思います


さて、今日からはロードの2歳馬、まずはパノラマウェイ22の近況です!

2024.01.31
パノラマウェイ'22は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン15~20秒ペース)。1月中旬測定の馬体重は480kg。
・当地スタッフ 「少し前にハロン15秒ペースへ踏み込んだところ、及第点を与えられる走りで駆け登る形。同様のパターンを繰り返せば、楽に対応できるように変わると思います。性格的にはお調子者で愛すべきキャラクター。もっと集中力が備わって欲しいです


いよいよ坂路15秒台の局面に入ったようです無事に対応してくれているようで何よりですロードは募集が遅いので、15秒に入るまでがいつも短く感じてしまいます。なので、「大丈夫かな?」と思ってしまうのですが、ノーザンの坂路より勾配が緩やかなのかもしれませんねそれでもここまで順調に来ていますし、このままデビューに向けてコツコツとベースアップを図っていってもらいたいと思います
しかし、今回のコメントで注目すべきはなんといっても「お調子者で愛すべきキャラクター」という点(笑)どんな馬なのか一度見てみたいところですが、チャカチャカしてるのでしょう「もっと集中力が備わってほしい」とのことで、今後の調教でみにつけてくれることを期待しています

240122-2218.jpg
冬毛は出てますが、フォルムは崩れてませんね




[edit]

【キャロット2歳】意外と動けてるから、後は馬格 

一昨日の雪はすっかり解けて、今は道端によけられているのが残るのみですが、ホント週末に降らなくて良かったと思います競馬に大きく影響を及ぼしますからね暦では立春を迎えましたが、一番寒いのは2月だということを改めて感じさせてくれました
そんな寒い時に聴きたい曲…あまり冬曲で好きなナンバーはないのですが、この2曲は同時期に発売されていたので印象的でした





ともに2001年11~12月ごろ発売されたように記憶していますが、どちらもシングルのカップリングですが、そのクオリティの高さから翌年両バンドが出したアルバムにも収録されていますスピッツは「さわって・変わって」、ミスチルは「youthful days」というシングルです。
ミスチルのほうは月9の主題歌だったので、覚えている方もいるかもしれません。スピッツはノンタイアップだったように思いますが、「全然B面のほうがいいやん!」と思った記憶があります(笑)
両曲とも凍てつくようなサウンドで、「Drawing」はチョコレートのMelty KissのCMで使われそう(実際は先の月9の挿入歌として流れていた)(笑)。「ガーベラ」は例によってアルペジオがひたすら続くのですが、起承転結の「転」の部分だけフレーズが違うのが印象的。でも両者ともメロディーは非常に染みるものがあって、ジワジワ来る2曲と言えるでしょう
「ガーベラ」は米津玄師がyoutubeでカバーしてたりしますが、マサムネさんのブレスまで聴こえてくるこの曲を選ぶのは彼らしい感じがします「Drawing」は櫻井さんお得意の「君の元に」「君のノートに」というライムがクセになりますね時々無性に聴き比べたくなる2曲です


さて、キャロットの2歳、最後はこの馬、エールデュレーヴ22の近況です!

24/1/31  NF空港
現在は週3日、900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンター2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。引き続き、ハロン16秒ペースを中心とした内容で進めているように、問題なく乗り運動を継続することができています。右トモに腫れこそ残るものの経過自体は良好なので、このままペースアップを図っていくことができればと考えています。


牝馬ばかりで、小柄。ちょっとひ弱そうに見える馬が多いキャロのレイデオロ産駒ですが、その通り1頭募集取り下げになったりしていますその中で、エールデュレーヴ22も例にもれず、といった感じでしたが、ここに来て意外と頑張ってるかな、という印象になってきましたもちろん右トモに弱さを抱えているので、パワフルとかたくましいなんて風な感じではないのですが、坂路動画を見てると軽やかに駆け上がってるなぁと思いました
未だにレイデオロ牝馬は勝ち鞍なしで苦戦を強いられてますが、2世代目で変わってきてほしい。この馬もまだまだデビューまで鍛えていかないといけませんが、ここから順調にステップアップしていってもらいたいところです。課題はやはり馬体重。なかなか増えませんが、なんとか450キロぐらいまで行ってほしいと思っています

240131ailedureve22.jpg
どんどん食べて大きくなっておくれ




[edit]

【キャロット2歳】デビュー一番乗りできるか? 

先週のきさらぎ賞に続いて、今週は共同通信杯が行われます
名馬をたくさん輩出してきたレースですが、今年はデイリー杯-朝日杯FSを連勝してきたジャンタルマンタルが出てきます
ここで僕は違和感を覚えました。「こんなに重賞を勝ってる馬が出てくるかな?」と。確か共同通信杯は別定戦だったはず。…と思っいつつ、なんとなく「今年から馬齢戦になったと聞いたような」とも思ったら、やはり馬齢戦に変わってましたね。
こうなると強い馬が有利になってきます朝日杯馬が出るとなれば、ナリタブライアン以来かな?去年の有馬記念を勝ったドウデュースも朝日杯を勝った有馬記念馬としてナリタブライアンの名が浮上してきました。ナリブーってガンガン使われていたイメージが強かったが、これを見ると納得ですね
ちなみに共同通信杯も勝ったブライアンはその後、スプリングSにも出走して勝ちました今なら考えられん。負けた馬ならまだしも。東スポ杯から皐月賞に直行する時代ですからね


さて、キャロット2歳の3頭目はこの馬、コンダクトレス22の近況です!

24/1/31  NF早来
現在は週3日、坂路でハロン15~17秒のキャンターと周回コースでのキャンター1800mの調整を行い、それ以外の日は周回コースでのキャンターのみかウォーキングマシン調整を取り入れています。まだトモを中心に緩さが残るものの、坂路で終いに軽く促すとそのアクションに対してしっかり反応することができています。脚元や体調に問題はなく、今後も継続的に乗り運動を行うことができそうで、調教本数を重ねることでより鍛えていきたいと思います。


こちらは順調です。ルーラー産駒だけにトモの緩さは当然ありますが、坂路で15秒台の時計も出し始めているので、この調子で行ってもらいたいところ馬体を見ると、だいぶ絞れてきているのがお腹周りを見てるとわかります冬毛が出て見栄えはしませんが、トニービンのクロス持ちなので府中で見たいという願望はあります
夏か?秋か?今のところわかりませんが、新潟の可能性もあるかもですね。とにかく楽しみにしていますので、今は順調に

240131conductress22.jpg
暖かくなってくれば、もっと見栄えするはず




[edit]

【キャロット2歳】短距離?中距離? 

いやー首都圏は例のごとく積雪パニックでしたね昨日はウチの会社も早目の帰宅命令が出ましたが、その時外出していた自分は一人取り残された気分で、直帰してもいいと言われましたが、営業用の荷物が重かったので誰か残ってることを確認して戻りましたちょうど帰宅時間は学生たちと被って、他の会社がどうだったかわかりにくかったですが、やはり早上がりになったところは多そうでした。
自分もアポがなければ外に出なかったですが、思ったよりも早く降り出して、わずか20分ほどで景色が変わるような感じでした。こういう時、だいたい取り越し苦労に終わることが多いですが、今回は本物でしたとはいえ、昨日今日だけのことですから、年1のイベントみたいなものですね。ニュースも首都圏の時はここぞとばかりに取り上げますから、よけいに大騒ぎになります。雪国育ち僕の友達は、毎度この狂騒曲を笑って見てるとのことです(笑)とりあえず今回も無事に乗り切れて良かったです


さて、キャロットの2歳、2頭目はこの馬、ミスティークⅡ22の近況です!

24/1/31  NF空港
現在は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は900m屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター2本登坂しています。ハロン17秒ペースを中心とした内容で進めていますが、まだ思ったほどの動きができていないのが現状です。体力不足もあるのか、スクミやすい傾向にあるので、今後は無理なく動かすことで、体力面の底上げを図っていこうと思います


うーん、セレクト出身ながら、なかなか体質が弱めでスムーズに行っていないようですただ、大事には至ってないのでじっくり進めてもらいたいと思いますスクミやすいとのことですが、もう少し暖かくなってくれば体力もついてきて動かしやすくなってくるでしょうから、それまでは焦らずに見守りましょう
この馬はStorm Birdのクロス4×5ですが、根岸Sを勝ったエンペラーワケアを見て、誰かがStorm Birdのクロス持ちは1400化すると言ってましたダイアトニックも1400は鬼でしたし、この馬も1400向きになるのでしょうか?一方でMonsun×サドラー持ちでもありますから、どう出るか楽しみにしています

240131mysthicⅡ22
短距離に出るか?中距離で行けるか?




[edit]

【キャロット2歳】気性面をコントロールできれば 

昨日のアジア杯、準々決勝イラン戦は今大会2度目の地上波での放送だったので、楽しみに観ましたが、悲惨な試合でした得点ボコボコ入れられるとかそういうことではないですが、日本にとっては内容が薄くて負けるべくして負けたというゲームだったと思います
前半から押され気味ではありましたが、それでも久保建英がいたことで、まだ形を作れてチャンスがありました。それが証拠に先制点を取りましたからね。ここまでは良かったですが、そこからはセカンドボールをことごとく拾われる展開でずっと苦しかったです。特に後半、久保建英がベンチに下がってからはボールをキープすることができず、せっかく入った三苫も生かせず、ロングボールを放り込んでくる相手に終始ボールをクリアしてはそれを拾われてまともに攻撃ができませんでした
超アウェーの中、ファールや相手のファウルスローなどを取ってもらえず、主審の笛も向こう寄りでしたが、それを差し引いてもイランの徹底したロングボールに対応できてなかったですなのに、こちらは通り一編の選手交代を2名だけ。相手の形など関係のない策のなさに、また監督交代論が噴き出しそう最後のPKの場面もセンターバック2人が重なり、お見合いする形。しっかりとした連携が取れてなかったし、裏を取られるシーンも多かった。
今の日本代表にとって、まともにガチンコでぶつかってくる相手より、格下でもこういう単純な戦術を徹底してくる相手のほうが苦手なのかもしれません。日本に足りないのは臨機応変さです監督の選手交替を見ても、それがわかるでしょう。悔しいですが、まだまだ抜けた存在ではないということ。韓国は苦しみながらもベスト4に進みましたからね
2年後に向けて、本番で勝てるチームになってほしいし、富安が言っていたようにこの敗戦があったからこそ、気づけることもあるはずですから、また一歩前進してもらいたいと思います


さて、2歳馬は月2回だと更新が早い、まずはキャロットから。ビートマッチ22の近況です!

24/1/31  NF空港
現在は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週3日は900m屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター2本登坂しています。血統から気持ちが昂りやすく、普段からテンションが上がり過ぎないように注意していますが、今のところメンタル面は安定した状態で推移している印象です。今後も継続的に速めのペースをこなしていくことで、さらなる良化へとつなげていくつもりです。


ノーザンスタッフのエピファネイア産駒に共通認識としてあるのは、やはり気正面での取り扱い。この馬も例外ではなく、というか全姉が相当それで苦労していたこともあり、何より気を付けて接してくださっているのを毎回の更新で感じますそれゆえ、この馬自体写真を見てもわかるように、筋肉の付きやしっかりした馬体は遅生まれのそれとは思えないほどですが、ガンガン詰め込んで時計を出すのではなく、緩やかにペースアップしているのでしょう
この血統や馬体、そして友道厩舎ということを鑑みれば、マイル以下ということは考えにくいですし、そうなると中距離以上で折り合いが重要になってきますから、気性面のコントロールは非常に重要になってくるはず。能力を生かすも殺すもそれ次第と言っても過言ではないと思いますから、我々出資者からすれば逸る気持ちはありますが、「急がば回れ」ということを常に肝に銘じて、この馬の更新は待っていたいところですとりあえず今はアクシデントがなければ良いと思います

240131beatmatch22.jpg
相変わらず、冬毛も出ずに見とれてしまう馬体をしています




[edit]

【キャロット3歳】続戦の期待に応えて 

昨日ようやく1年がかりの大きな仕事がひとつ終わりました。
終わってみればあっという間でしたが、始まってすぐ親父の訃報があり、始まりの時は中心になって進めないといけなかったにもかかわらず、そこにいられずに焦りました
その後参加することになっても、初めてのことばかりでなかなかジャッジに悩むことがたくさんありましたが、なんとか結果も良かったですし、ホッとしています
昨日の最後のイベントでは感動するシーンもありましたし、また参加できる機会があればうれしいですね


さて、前走はダメかと思った位置から猛然と追い込み3着まで来ました、ウィンターガーデンの近況です!

24/2/1  武幸厩舎
4日の京都競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1800m)にルメートル騎手で出走いたします。

24/1/31  武幸厩舎
31日は栗東坂路で追い切りました(54秒5-39秒6-25秒9-12秒9)。「今朝は坂路で併せて追い切りました。単走だと動かないタイプなので、後ろからつついてもらって最後強めに促すという内容です。時計は目立ちませんがいい負荷はかけられましたし、これでいいと思います。同じコース、同じジョッキーで2回目で慣れも見込めますし、良馬場なら楽しみです」(武幸師)2月4日の京都競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1800m)にルメートル騎手で出走を予定しています。

24/1/31(水)
助手 栗東坂・良 54.5 - 39.6 - 25.9 - 12.9
クールブロン(古馬1勝)馬ナリに0.2秒先行クビ先着 強めに追う(-)
24/1/28(日)
助手 栗東坂・良 60.6 - 44.8 - 29.6 - 14.6 馬ナリ余力(-)

24/1/24  武幸厩舎
24日は栗東坂路で追い切りました(55秒7-39秒4-25秒5-12秒8)。「この中間乗り出してからも特に問題なく体調面の不安もなさそうなので、中2週での同条件を目指して今朝坂路でサラッと時計を出しました。ほぼ馬なりでコンディションを整える程度の内容です。このまま状態をキープしつつ来週1本追い切ってレースに臨みます。鞍上は引き続きルメートル騎手で調整しています」(武幸師)2月4日の京都競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1800m)にルメートル騎手で出走を予定しています。

24/1/24(水)
助手 栗東坂・良 55.7 - 39.4 - 25.5 - 12.8
ゼンノツキヨミ(新馬)強めに0.2秒先行同入 強めに追う(-)

24/1/17  武幸厩舎
17日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は申し訳ありませんでした。勝ち切れなかったのは残念でしたが、1800mに対応できたのは今後に向けて収穫でした。レース後は今のところ目立った反動などは見せていませんので、乗り出してみて問題ないようなら続戦も視野に入れていきたいと考えています」(武幸師)

24/1/14  武幸厩舎
14日の京都競馬では、スタートでやや立ち遅れて後方から。道中はスムーズに追走し、直線に入ると目立つ伸び脚を見せたが3着まで。「今日はベストの結果にならず申し訳ありませんでした。ゲートの中でちょっと座り込みそうな格好になり、スタートで出遅れてしまいました。その後はスムーズに追走できたのですが、3〜4コーナーで少しズブいところを見せましたね…。最後はいい脚を見せてくれましたし、距離もこのぐらいは問題ありません」(ルメートル騎手)距離延長がポイントでしたが、後方からの競馬ということもあってか問題なく対応して、直線は見どころ十分の脚を見せてくれました。徐々に能力の高さをレースで出せるようになっている印象ですし、次走に期待したいと思います。この後は馬体を確認してから検討します。


中3週で2走したので放牧かとも思いましたが、武幸四郎厩舎なら続戦の可能性もあると思いました優先権も獲りましたし、前走の最後の脚はかなりのものがありましたからね。正直、スタートから道中の追走を見てると、距離延長してもこんなに追走に苦労するか…と正直、目の前真っ暗な感じだったんですが、ルメートル騎手があきらめずに追ってくれて、直線はあわや前の2頭を交わすか?と思わせる脚を使ってくれました
明日は牝馬限定戦ですが、なんとわずか7頭の出走これなら多少出遅れてもリカバリーは利きやすいですし、今度こそ前走の脚で、全馬を交わしてほしいところです本日、ひそかにライバル視していた同じ父で高齢母のマルチャレアル(ビートマルシェ21)が早くも2勝を挙げましたから、こちらもまずはひとつ勝って食らいついていきたいと思います!

240114wintargarden.jpg
母の最後の仔として、なるべく長く頑張ってほしい!




[edit]

【シルク2歳】少しはまともになってきた? 

現在、ダウンタウン松ちゃんの文春砲がさく裂して、毎日そのニュースで持ちきりですが、今度は意外なところが来ました。サッカー日本代表、伊東純也です去年の大阪での親善試合での際に起こった出来事がニュースになっています。

MF伊東純也、日本代表から離脱中止 2日に会議で再検討…山本昌邦ダイレクター「残す方向で改めて調整」

一昨日のバーレーン戦も出ておらず、どうなるのかと思いましたが、いったん代表から離脱という報が出たものの、一転代表に留まることになったようです。まだしっかりした事実関係がわからない中で、双方の主張が異なっていることからJFAも「慎重な対応が求められる」との意向を示していますから、ここは冷静に対処していってもらいたいし、吉本のことがあってのこれですから、そうなるのが賢明だと思います
しかし、週刊誌は人を貶めるようなことばかりして、自分たちがも儲かればそれで良し、とする姿勢に腹が立ちますね。伊東純也もアジア杯が行われている今を狙って記事をアップしたのでしょうし、ホントにえげつないこういう人の不幸をダシに金儲けしようなんてゲスい輩はいい死に方をしないでしょう


さて、シルクの2歳は名前が決定し、唯一の出資馬アピールⅡ22はメジャーアピールになりました!

2024.02.01 THU
近況
在厩場所:ノーザンファーム早来
担当者「年明けから予定通り厩舎の外での運動へとステップアップしており、まずは角馬場でのダクから開始していました。1週間ほどダクに止めて外の環境に慣らすようにして、現在は軽めのキャンターまで進めています。徐々に慣れてきてはいるものの、乗り手が少しでも油断すると、思ってもみないような動きを見せることがありますから、引き続きよく注意して進めていく必要がありますね。まだ乗り手に意識が向いていないこともあり、なかなかスムーズに動いてくれない部分はあるものの、徐々にキャンターも出るようになってきています。コントロール性にも難しさはありますが、当初よりは収まるようになってきていますし、背中の感触は良好です。健康状態に問題はありませんが、しばらくは角馬場での運動を継続して、人とのコミュニケーションの強化に努めていく方針です」馬体重455kg


ちょっとずつ前進し、人を乗せることができるようになったようですとはいえ、全面的に人を信用するようになったわけではなく、人が油断すれば想像外の動きを見せるようなので、乗り手サイドからすると気が休まりません
ここからさらに人との信頼関係を構築していく必要があるので、デビューまではまだまだ掛かるでしょうけど、健康状態は問題ないと言われてますし、「背中の感触が良い」というのが唯一救われるコメントです(笑)
当初人気のなかった理由になった小柄な馬体ですが、455キロまで来ました募集時は365キロでしたから、もう少し480キロぐらいになれば文句なしです伸びしろしかないと思うので(笑)、この調子で成長していってもらいたいと思います!

240118majorappeal.jpg
メジャー産駒らしいコロンとした部分が出てきた




[edit]

【2023キャロットキャンセル募集】奇跡は起きたのか!? 

アジアカップベスト16。日本代表は危なげなく勝利。…と言っても自分はリアタイで観ることはできないので、ヤフーニュースからの速報頼みなのですが放映料の高騰というのはわかりますが、こういう大きな大会を地上波で観られないのは残念ですそして、次はイランとの準々決勝に決まりました。この前はイラクに不覚を取りましたが、今度も超アウェーの中の戦いになります。でも冷静に戦えば勝てると思いますので、中2日になりますが期待しています
そんな中、Youtubeで過去のアジアカップをまとめた動画が上がっていました。優勝した大会中心でしたが、自分がベストゴールだと思うのはこれ



2004の大会になります。オマーン戦のゴール。ペナルティエリア付近で、相手のクリアがこぼれてきたところをドリブルで二人を交わして、さらに前に一人立ちはだかる中、左のアウトに掛けてシュート回転でファーに流し込むという。キーパーの位置もよく見ていましたね一連の流れが非常に華麗でしたが、自分で持ち込んだボールではなかったので、とっさの判断だったと思います
前からこぼれてきたボールに相手が二人がかりでスライディングしてくるところをサクッと交わしシュート態勢に入るのですが、相手が思うタイミングよりちょっと早く蹴ってるんですよね。それゆえ、キーパーやDFの反応もちょっと遅れて、一瞬止まってしまう。その分、こちらも万全の態勢で踏み込んで蹴れていないから、シュートの威力は落ちるんですけど、その分コースがすごい。左足でアウトに掛けて、外から巻いてくるのは相当な技術と感覚が必要。ボールに当てすぎず、すかしすぎず。アウトサイドで擦るように蹴ってます。当てすぎると、曲がらずまっすぐ飛んでいきますから。これを瞬時にできるところがすごい
今大会でもこの後の試合で、こういうゴラッソと言える日本のゴールをたくさん見たいものです


さて、サクッと募集が始まり、サクッと終わってサクッと結果発表。キャロットのキャンセル募集ですが、この流れ良いですね一次募集もこんな感じだったら、いいのですが

そんなわけで結果発表~

EE_UQ98VUAA-gwZ.jpg

自分が申し込んだのは…

Screenshot_20240130_075726.jpg

27.マイミスリリー22

昨日の15時きっかりに結果が更新されましたログインして「出資申込結果履歴」に行くと、まだ第一次募集の履歴も残ってましたが、その下に…ありました、「キャンセル募集」。当たらないと…軽い気持ちだと言いつつ、このページを開く時にはドキドキします
ちょっと躊躇ったりしながら(笑)、でも意を決して開いてみると…



Screenshot_20240131_154957.jpg

はい、奇跡は起こらず、安定の落選当たるわけないよなぁ…と思いつつ、その直前に見ていたマイミスリリー22の近況が良かったので、秘かに期待していました(笑)

まぁ、これはホントにダメ元ですから、次。4月に追加募集があれば、またチャレンジしたいと思います




[edit]

にほんブログ村&人気ブログランキング

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

日本ブログ村

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ