fc2ブログ
2024年01月 - The favorites in my life
12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

【シルク3歳】夏の復帰への青写真 

先月まで放送されていたドラマ「セクシー田中さん」。特に何の知識もなく、たまに気づいた時に観ていたのですが、その原作はマンガだったそうですねその原作者の芦原妃名子さんが亡くなったと聞いて驚きました

芦原妃名子さん死去、「セクシー田中さん」脚本めぐり…TV局の傲慢と原作者“軽視”また浮き彫り

彼女はドラマの内容に関して「原作に忠実に」と映像化するにあたって強く希望していたそう。それはまだ連載中のマンガだったから。ところがそこから大きく変えられ、最後の2話分は芦原さん自ら脚本を書いたとのことその件を1/26にXにポストされていました。そこから2日後にはその投稿を削除して、謝るポストをしたのが最後だったそうです。
そして昨日、その訃報を聞いてホントにビックリしましたなぜなら、自分はよく知らずに原作とは違うドラマになった、というポストがニュースになっているのを見て、「へーそうだったんだ」と思っていたから。それから「芦原妃名子さんが亡くなった」というニュースを見て、「こないだXで訴えてた人じゃなかったっけ?」と思い、調べたらそうだったので自殺と聞いて、驚きが倍になりました。よほどつらかったのでしょうし、自分の想像以上に世間を騒がせたことに驚いたのでしょうね
しかし、これを見て思ったのはテレビってのは、いつも自分たちの思い通りの番組にしたい、と思ってるということ。自分も恥ずかしながら猫の番組に出たことがあって、ウチの猫の取材を受けたのですが、そういうノンフィクションなものでも、ちゃんと台本がありましたもんね。また、街頭でインタビューを受けたことも何度かありますが、その時も向こうが求める答えをしないと、おそらくテレビでは流れないと思います。
自分の意見を言っても「こっちはどう思いますか?」という感じで、テレビ局が欲しい答えに導こうと聞いてきます。自分たちから言わないのはなるべく自然な答えが欲しいのと、やらせだと思われたくないからでしょう。「ザ・ノンフィクション」ですら演出はあるということですから、生放送でもない限り、そのままということはないでしょう
今回の一件をキッカケに、編集次第でいかようにでも作れる、その力がある、公共の電波を使ってやっている、ということをもっと自覚してほしいと思います


さて、まだまだ復帰への道は長そうなベリークの近況です!

2024.01.26 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファーム空港
担当者「この中間も週3回トレッドミルでの運動を行っています。ペース自体は先週と変わりないものの、運動後の息の戻りは幾らか早くなっていますね。来月も患部の状態を見ながら、乗り運動開始へ向けて下地を作っていければと思います。馬体重は493kgです」

2024.01.19 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファーム空港
担当者「この中間は左前膝のレントゲン検査を行いましたが、獣医師によると『患部は順調に回復している』との事でした。そこで、トレッドミルで動かす回数を週3回に増やしており、これから少しずつペースを上げていくことが出来ればと考えています。馬体重は493kgです」

2024.01.12 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファーム空港
担当者「この中間もウォーキングマシンでの運動をメインに行っていますが、週2回はトレッドミルでも動かすようにしています。まだペース的にはそれほど速いところではないものの、動きはしっかりとしています。ただ、息遣いを聞くと中身は重たい感じですし、その点を良化させていければと思います。馬体重は493kgです」


まだ乗り運動は始まっていないだけに、復帰を語るのは尚早だと思いますが、患部は順調に回復してきているとのことで、早く乗り運動開始のコメントが聞きたいところです早ければ3月ぐらいから開始できるかな?そのペースで行けば、5月ぐらいに移動して6月復帰…みたいな感じで行けるでしょうか
夏競馬が始まるころに復帰できれば、3戦もしくは4戦ほどできると思いますが、そのころになれば北海道が始まりますので、移動も少なくて済むし、なんとかこの調子で良くなっていってほしいな、と思っています

240124beleek.jpg
早く人が跨ってる写真が見たいですね




スポンサーサイト



[edit]

【2023キャロットキャンセル募集】気楽な気持ちで 

キャロットのキャンセル募集、告知されてからしばらく時間があるな、と思ってましたが、あっという間に締め切られてしまいました

キャンセル募集を締め切りました (24/1/30)
1月30日(火)正午をもちまして、キャンセル募集の申込受付を終了させていただきました。
多数のお申込、誠にありがとうございました。

抽選結果通知につきましては1月31日(水)の夕刻に、ホームページの「会員マイページ」内にある、「出資申込結果通知」にて抽選結果をご案内いたします。


一瞬忘れそうになったりして、皆さんのブログなどで思い出すぐらい力の抜けた状態で、検討しました
基本的には1次募集で外れた馬にしようと思っていたので、候補は下記の通りです

27 マイミスリリー22(サトノダイヤモンド) メス 美・加藤征 3200万
40 ケアレスウィスパー22(マインドユアビスケッツ) 牡 美・中舘 3200万
45 フェルミオン22(シュヴァルグラン) 牡 美・新規 2600万
49 ユーセニア22(Blue Point) 牡 美・木村 5000万
63 エリティエール22(モーリス) 牡 栗・武幸 4600万


これ以外にも申し込んだ馬はいましたが、残念ながらキャンセルは出ませんでした意外と牡馬が多く挙がりましたそして関東馬が多い。この時期ですから、なるべく安いほうが良いと思って、フェルミオンは最初に考えましたが、残念ながらシュヴァルグランはなかなか厳しい感じそれ以外の候補はどれでもいいな、と思いましたが、ユーセニアとエリティエールは高くて断念。すると残るはマイミスリリーとケアレスウィスパー。どうせ当たらないなんて言いながら、現実的な価格を選ぶあたりが庶民でしょうか(笑)これでも8万ですから高いですけどね。ホントに高くなりました
そんなこんなで1日しかない募集期間ですから、長く悩んでも仕方ないと思い、決めたのはこの馬

Screenshot_20240130_075726.jpg

マイミスリリー22

レイクヴィラ産ですが、サトノダイヤモンド産駒に行ったことがなかったですし、すでに社台を出されてしまったので今後出資する機会も少ないかなと思って決めました現在の進捗も悪くないですし、加藤征厩舎も一度行ってみたかったのもありますディープ産駒はフィリーサイアーでしたが、その産駒も基本的には牝馬のほうが芝向きに出るかな、という予測の元、この馬には芝中長距離で走ることを期待しています…なんて、まだ出資が決まったわけでもないのに(山崎まさよし)(笑)
結果発表は31日。すぐです。期せずして待ちたいと思います

ちなみにキャンセルに出なかったのはリストにない馬たちですが、1、3、6、7、9、12、13、15、17、18、23、28、29、33、34、35、38、44、48、51、59、60、61、62、64、66、68、69、74、81、82、87、89、90、94となります。
太字にしたのは一次募集時に抽選にならなかったにもかかわらず、キャンセルに出てこなかった馬。4頭いますが、その内2頭がレイデオロ産駒。ここまで不振と言われるレイデオロですが、これはもしかしてもしかするかも…なんて、信じるか信じないかはあなた次第です!(笑)

yarisugi_20200630_17.jpg

残念ながらエールデュレーヴ22はキャンセルあった…




[edit]

【シルク】ここからの立て直しは可能か? 

昨日、ここで取り上げたシークレットキーが見事1勝クラスのくすのき賞を勝利し、2勝目を挙げましたどちらも前途洋々。シルクもキャロも「シークレット」系の馬は新馬勝ちをしており、シークレットのつく母は縁起が良いのかもしれません(笑)
シークレットキーは父がドレフォンですからダートが合うのは当然のように思いますが、1400で負けて1700で勝ちました。母が1700で2勝してますから、その影響もあるのかもしれません母系はリアルスティールやラヴズオンリーユーと同じ牝系ですから、バックボーンはしっかりしてますちなみにクラッシファイドの父はリアルスティールですから、特に血のつながりはありませんが、何か感じるものがありますね(笑)クラッシファイドも次走は来週、ゆりかもめ賞を予定してますので、注目したいと思います


さて、転厩して2戦。結果は出ませんでしたが、まだ現役続行してもらえるようで、次はどこに向かおうか?テキサスフィズの近況です!

2024.01.26 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファームしがらき
厩舎長「この中間は周回コースでの乗り込みに加えて、坂路コースを17-17ペースで登坂しています。こちらで進めている分には気持ちが後ろ向きになることはないですし、普段の様子を見ていても雰囲気は悪くありません。レースを見る限り、気持ちが後ろ向きになっている感じなので、その辺りを良い方に導いていけるように調整していきたいと思います。馬体重は478kgです」

2024.01.19 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファームしがらき
調教主任「こちらに移動後は特に気になるところは見られなかったので、トレッドミルでの運動に加えて、周回コースで乗り出しています。こちらでは特に周りに気を遣うようなところはないですし、前向きに調教に取り組むことが出来ています。次は少し間隔を空ける方向で小林真也調教師と打ち合わせていますので、こちらでも調教メニューに変化をつけるなどして良化を図っていきたいと思います。馬体重は475kgです」

2024.01.12 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファームしがらき
12日(金)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。

2024.01.10 WED
近況
在厩場所:栗東トレセン
小林真也調教師「前走は中京競馬場へ到着してから馬が体を震わせていたのですが、今回はそのような仕草は見られませんでしたし、パドックこそチャカついていたものの、メンタル面は良化していました。それに外枠を引くことが出来て、道中も砂を被ることなく良い雰囲気で追走していましたし、4コーナーの感じから一瞬勝てるかもと思ったくらいだったものの、直線へ向いてからは息が持たずに止まってしまいました。角田大和騎手はこの馬の特性を理解して非常に上手くエスコートしてくれましたし、力を出し切ってくれての結果ですから、次は再び条件を変えてみることも検討しています。レース後は走ったなりの疲労に加えて、精神的にイラつきも見られますので、この後はノーザンファームしがらきへ戻して心身共にリフレッシュさせる予定です」

2024.01.10 WED
近況
在厩場所:栗東トレセン
12日(金)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出る予定です。
2024.01.07 SUN
レースレポート
1月7日(日) 京都8R 4歳以上2勝クラス (混) ダート1400m 角田大和(55.0kg) 15着 14人気
角田大和騎手「外枠を引けたことで道中は砂を被ることなく、良いポジションで運ぶことが出来ました。ただ、ペース自体はそれほど速く無かったものの、抱えるところが無くて追い通しでしたね。距離はこれくらいかもっと短い方が良さそうなのですが、馬がなかなか進んで行こうとしませんでしたし、レースに対する気持ちが入っていないようですから、そこが解消されないと同じような競馬になってしまうでしょう」


やはり気持ちの面が大きくて、もうレースと牧場での態度が違いますから、馬もわかってるのかもしれませんこれを矯正できるのかわかりませんが、中村師はまだあきらめていないようで、次は条件を変えるとおっしゃってるので、2か月ぐらいはしがらきにいると思いますが、次の一手を待ちたいと思いますしばらくはリラックスして、リフレッシュしてもらいたいところですね

240107texasfizz.jpg
心なしか気が強い顔になってるような…




[edit]

【キャロット3歳】このままデビュー戦を迎えられるか? 

昨日のシルクの馬名の話、もう少し思い出したというか、いい例があったので、書きたいと思います。
前にも去年のキャロの馬名が決まった時に言ったのですが、現在3歳のシルクのキープシークレット21(どれフォン)とキャロットのシークレットスパイス21(リアルスティール)。どちらも「シークレット」というワードがあります
結果、どんな名前になったかというと、

【シルク】
キープシークレット21→シークレットキー(Secret Key)…秘密の鍵。母名より連想
【キャロット】
シークレットスパイス→クラッシファイド(Classified)…国家機密、極秘の。母名より連想

どちらもシークレットをキーワードにした、いわゆる母名由来の名前になっていますが、明らかにそのスタンスは違います直接言うのがシルクで、ホントに連想するのがキャロット。おそらくシルクは『「キープ」と「シークレット」をひっくり返して、「プ」だけ取ったら、新しい言葉ができた!こりゃおもしろい』となったと思うんです(笑)
自分はシークレットキーに申し込んで外れたので申し込む権利はなかったのですが、一口仲間で獲れた人に頼まれて考えたのがキャロットの「クラッシファイド」でした。正確には小さい「ッ」を入れない「クラシファイド」という名前を伝えました。響きも上品で結構良い名前だと思っていたので、ひそかに期待していたのですが、シルクはそういうのを望んでないんですよね
だからキャロで選ばれてたを見て、複雑な思いでした(笑)


さて、3歳馬最後の1頭。ようやく入厩できました、パステルツェの近況です!

24/1/24  清水久厩舎
24日は栗東坂路で追い切りました(54秒0-39秒2-25秒3-12秒5)。「ここまで14-14程度をところを乗りながら反動もなかったので、今朝坂路で追い切りを行ってみることにしました。前の馬を見るような感じで、少し促していくくらいの負荷でしたが、これが実質1本目ということもあってか、息の入りはまだ良化の余地がありそうです。今後の具体的な話は特に聞いていませんが、調教後も馬房でずっと前掻きをしてカイバを催促するくらいで、体調自体はここまで特に問題ありません」(山田助手)

24/1/18  清水久厩舎
17日はゲート練習中心の調教を行いました。18日はゲート試験を受け、無事合格しました。「ここまでゲートの入りを中心にじっくり進めてきましたが、水曜日の練習でも徐々に入るようになってきていましたし、スタートも他の馬についていくような感じで一緒に出てはくれたので、今朝さっそく試験を受けてみることにしました。やはり寄り付く時にためらうところはあったものの、すぐに納得して入ってくれて、そのまま駐立、発馬と問題なく無事に合格することができましたよ。今後についてはもう少し様子を見ながら考えていくことになると思います」(山田助手)

24/1/11  清水久厩舎
10日、11日はゲート練習中心の調教を行いました。「先週入厩しており、すでにゲート練習を開始しています。入厩当初はカイバ食いが良くなく、テンションも高めでしたが、環境に慣れることでだいぶ落ち着いてきました。ゲートに関しては前扉が閉じているとなかなか入ろうとしないなど我の強いところがあるのですが、駐立は大人しくしてくれていますから、この後も追い込みすぎないよう気をつけながら少しずつ進めていきます。それ以外では特に手のかからない可愛い女の子ですよ」(山田助手)

24/1/4  清水久厩舎
4日に栗東トレセン・清水久詞厩舎に入厩しました。


ようやく正月に入厩することができましたゲート試験合格の報がなかなか来なかったので焦っていたのですが、やはりちょっと手間取っていたようですゲートの入りに多少問題がありそうで、もしかしてデビューを迎える時にもゲートが閉じられていると入らなくて前扉を開けて入る…なんてことになるかもしれません
疲れが気になるところで放牧になるかと思いきや、1本坂路で追い切ったところ、まだまだ良化の余地は残すということですが、馬なりで54秒-12秒5ならまずまずといえるかと思いますちょっとコメントからはこのままデビューに向けていくのか測りかねますが、できれば2月中に見られたら嬉しいな、というところ。決して無理しないでほしいですが、個人的な希望としてはそう思っています
ちなみに、このグレイシアブルーの一族もキャロでもシルクでも募集されており、シルクのシルブロンはその特徴から「白いまつげ」(アーモンドアイ以降、シルクが得意とするパターンのひとつ)。キャロはメールドグレース以来、氷河の名前になっています。これに関しては「氷河の響きの良い名前大喜利」みたいになっているので、ここはキャロにも考え直してほしいと思うところではあります(笑)

231219pastelze.jpg
芝1800か2000、もしくは牝馬だしマイル戦の可能性もあるかな




[edit]

【キャロット】追って追って追いまくれ 

シルクの馬名が決定しました。
正直、シルクにはもうそれほど愛着がないので、自分も応募しましたが、そこまで真剣に考えられなかったし、決まった名前もシルクらしい名前が多くて、やはりという感じでした
自分の出資馬はアピールⅡ22(父ダイワメジャー)でしたが、これは前年はキャロで全兄が募集されていました

その名前はレトリカル…「言葉巧みに用いて美しく表現する技法より。母名より連想」となっています

それに対して、今回の弟の名前は…

メジャーアピール…「父名の一部+母名の一部」

この兄弟の名前は、両クラブの名前に対するスタンスを明確に表してるように思いますシルクは「意味を重視しない」。安直であろうとも、響きやみんなの目を引く名前を好みますキャロはその逆というか、意味や由来がしっかりしたもの。まぁ去年、失態を犯したので完璧とは言えませんが、だいたいはこんな感じです。
誤解しないでほしいのは、この名前を批判したいわけではなく、ちょうど全兄弟でクラブが違うから、そのスタンスの違いを比較したかっただけですシルクの傾向を掴んで、この名前を応募した方は素晴らしいと思います自分もアピールがつく名前にしたものの、メジャーアピールは全く思い浮かばなかった(笑)そっちに思考が行かないんですよね(笑)
だからスタンスという意味では、自分はキャロ寄りだと思うし、今後も意味を聞いて「なるほど」と思える名前がついてほしいと思っていますアコースティクス→タイムレスメロディもそうでしたし、キャロで言えば、リーチコンセンサス→フルヴォートとか、グレイトフィーヴァー→ファナティックなどが良いなぁと思ってました
キャロの馬名祭は2月下旬。もう少し先ですが、気長に待っています


さて、わずかひと月で帰厩しました、リゴレットの近況です!

24/1/25  羽月厩舎
24日は栗東坂路で追い切りました(53秒8-39秒1-25秒8-12秒8)。25日は軽めの調整を行いました。「先週は金曜日に坂路で51秒6-12秒4という時計を出し、しっかり負荷をかけておきました。今週は水曜日に坂路で追い切っています。単走でサラッと馬なり程度でしたが、調教はよく動けていて帰厩後も順調に来ました。馬の状態は変わらず良さそうですから、あとは外差しの利く展開になってほしいですね。今回の鞍上は和田竜二騎手に依頼をしました」(羽月師)27日の京都競馬(4歳上1勝クラス・芝1400m)に和田竜騎手で出走いたします。

24/1/24(水)
助手 栗東坂・良 53.8 - 39.1 - 25.8 - 12.8 馬ナリ余力(-)
24/1/19(金)
川端 栗東坂・良 51.6 - 37.4 - 24.5 - 12.4 馬ナリ余力(-)

24/1/17  羽月厩舎
17日は軽めの調整を行いました。「牧場での調整も順調とのことで、火曜日にトレセンへ帰厩させています。さっそく今朝から乗り出しており、坂路をサッと軽く1本上がりました。次開催京都1週目の芝1400mを目標にするつもりで、今週は金曜日くらいに時計を出す予定です」(羽月師)27日の京都競馬(4歳上1勝クラス・芝1400m)に出走を予定しています。

24/1/16  羽月厩舎
16日に栗東トレセンへ帰厩しました。「この中間は坂路で15-15までペースを上げていましたが、厩舎サイドとも相談して本日の検疫で帰厩させることになりました。周回コースでも長めに乗るなどして硬さも解消し、いい状態で送り出すことができたと思います」(NFしがらき担当者)


この厩舎はいつも10日競馬に近いので、すぐ出走になります。今回は前走から間隔が空いていないので、よりすぐの復帰となりました追い切り時計も戻ってきてすぐ好タイムが出てますので、態勢は整っているでしょうあとは展開待ちな馬なので、いかに流れてくれるか?フルゲートもフルゲート、18頭立てですのでガンガン飛ばしていってほしいところですが、いまいち前に行く馬が少なそうなメンツで不安…
先週の競馬で結構馬場は荒れたと思いますが、それでどこまで詰められるか?といったところ。この馬が新境地を見せて、前に行けるようなことがあればまた違う展開が見られそうですが、今回は和田竜騎手なので、追って良いところを引き出してもらいたいと思っています!

220724rigoletto.jpg
芝でも勝つところを見てみたい!展開が向きますように




[edit]

【ロード】復帰戦で激突か… 

サッカーアジア杯は日本代表、苦しみながらも予選突破しました
昨日の試合も初戦のベトナム戦も地上波での放送はなく、一番良くなかったインドネシア戦だけテレ朝で中継するという、なんとも間の悪い展開になってしまいました今大会、やたら失点するシーンが目立ち、しかもセットプレーからというパターンが多いです。昨日もゼロ封できるかと思ったら、最後にスローインから失点しており、このあたりは課題として至急修正しないといけないところです
以前の日本はセットプレーでしか得点できない、流れの中ではなかなか点が取れないというチームのことが多かったですが、今は逆ですね。観ていて面白いサッカーができてますし、イラクに負けるまでホントに毎試合、ターンオーバーしても4点以上取るのが当たり前みたいになってましたその感覚のまま、アジア杯に入り、想像以上に苦戦してますが、ここで気づけて良かったと思います。
決勝トーナメントでは、韓国とヨルダン、どちらかと対戦することになりましたどんどん調子を上げていって、どこと戦っても同じように試合を展開できるようになってもらいたいと思います


さて、故障が癒えて戻ってきました、ロードオルデンの近況です!

2024.01.24
ロードオルデンは、1月24日(水)栗東・Cウッドチップコースで調教時計を記録しています。2月11日(日)東京・4歳上2勝クラス・混合・ダート1400mもしくは2月17日(土)京都・4歳上2勝クラス・混合・ダート1400mに予定しています。
・辻野調教師 「1月24日(水)はCウッドで5ハロン73秒0、ラスト11秒8のタイムを記録。幾らかピリッとした面を見せるなど、この馬らしさが感じられる内容です。でも、息遣いや走りの勢いはまだ本来の姿とは違う印象。再来週以降のダート1400m戦を視野に入れましょう
≪調教時計≫
2024 1 21 助 手 栗東坂 不 1回 58.4 42.7 27.3 13.1 馬ナリ余力
2024 1 24 助 手 栗東CW 稍 90.0 73.0 57.2 40.5 11.8 (9) 馬ナリ余力 マスクトディーヴァ(古オープン)馬ナリの外2.1秒先行同入

2024.01.18
ロードオルデンは、1月17日(水)栗東・坂路コースで調教時計を記録しています。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。
・辻野調教師 「準備が整った旨の報告を受け、1月12日(金)にトレセンへ。戻ってからも蹄の状態に不具合が生じておらず、17日(水)は坂路で時計を記録しました。まだ休み明けらしい雰囲気。唸りを上げながら進む良い頃の感じとは異なるだけに、しっかりと乗り込みます」

2024.01.17
ロードオルデンは、1月17日(水)栗東・坂路コースで調教時計を記録しています。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。
※厩舎関係者の談話は1月18日(木)にお伝えします。
≪調教時計≫
2024 1 14 助 手 栗東坂 良 1回 57.7 41.4 26.7 13.1 馬ナリ余力
2024 1 17 助 手 栗東坂 良 1回 55.8 40.3 25.8 12.7 馬ナリ余力

2024.01.16
ロードオルデンは、1月12日(金)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行い、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。1月11(木)測定の馬体重は520kg。
・当地スタッフ 「前回の報告後は関西までの輸送に備え、トレッドミルで軽く動かす程度に止めておきました。1月11日(木)の夜間にこちらを離れ、無事にトレセンへ辿り着いた模様。レースを意識しながら乗り進め、トレセンの追い切りに対応できる状態です」

2024.01.15
ロードオルデンは、1月12日(金)に栗東トレセンへ帰厩しました。

2024.01.09
ロードオルデンは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。1月12日(金)に栗東トレセンへ帰厩の予定です。
・当地スタッフ 「1月3日(水)にもハロン15秒のラップを刻んでおり、この馬らしい行きっぷりの良さを見せました。4日(木)以降も脚元等に関するネガティブな変化が認められないのは何より。コンディションを崩さないように注意を払って送り出しましょう」

2023.12.26
ロードオルデンは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「12月19日(火)に5ハロンから15-15を交えたところ、ラストまで勢い十分に駆け抜けました。戦線離脱の原因となった蹄については依然として大丈夫。本数をこなしながら馬体を引き締めると共に、しっかりと中身を作って行こうと考えています」


1/12に帰厩して、今は順調に追い切りを重ねているところです昨年7月に故障して以来半年ぶりになりますが、この調子で行けば2/11か2/17のダ1400です2/11なら府中に東上するようなので、当日はロードディフィートも出走予定がありますし観に行こうかな…

ん?…っていうか、これ、おんなじレースやないかーい!(笑)

a-hige.jpg


そうか、2頭とも同じ2勝クラスだったか…。ディフィートは初ダートなんですよね。関東馬だし、キングスコートを押さえているようなので、ここはオルデンは自重して見れたら初となるところだったけど、2/17に回ってもらいたいところです
まだまだ本調子ではなさそうですし、しっかりと追い切りを重ねて、長期休養明けになりますから、万全の態勢で出てきてもらいたいと思います

230225-1927N1.jpg
1年ぶりの勝利を目指して!





[edit]

【キャロット3歳】間もなく次の定期検査へ 

1月も早いもので、下旬となり、あっという間に中山開催が終わりました。今週から冬の府中開催が始まりますが、我が厩舎の布陣もボチボチ帰厩し始めていますケガで休養中の2頭を除き、こちらも故障していたロードオルデンは傷が癒えて戻ってきましたし、新馬のパステルツェもおり現在は7頭が在厩中
まだ具体的日程は出てない馬も多いですが、2月もそこそこ出走はありそうなので、楽しみです。あとは早くひとつ勝ちたいところで、それほど自信のある馬がいないのが玉に瑕ですが、とりあえず走ってくれないと勝ち負けもないので、みな今年はケガなく通して頑張ってもらいたいと思います
昨日、GCで「競馬ブロス」が放送されていましたが、藤岡祐介騎手がゲストで出てました。一口的には非常に受けが悪いジョッキーで、三浦騎手、北村友騎手などと並んで評判がよろしくないです個人的にはあまり乗ってもらったことがないので何とも言えませんが、昨日の番組での受け答えを見てると好感が持てましたねなんにでも、ハキハキと答えてましたし、乗せる側としては頼みやすい騎手なのではないかなと思いました
2歳に藤岡厩舎のエトワールブリエ22がいるので、今年は乗ってもらうことがあるかもしれませんが、その時はよろしくお願いします(笑)


さて、そんな故障中の1頭、春の復帰へ向けて良い進捗が聞けるでしょうか?セントメモリーズの近況です!

24/1/24  NF空港
この中間はウォーキングマシンでの調整を行っています。「次の検査へ向けて、この中間も無理なくリハビリ期間に充てています。体調を含めて問題なく推移しているので、このまま日々のメニューをしっかりこなしていければと考えています」(空港担当者)

24/1/17  NF空港
この中間はウォーキングマシンでの調整を行っています。「この中間も変わりなく日々のメニューを進めることができています。マシン運動をスタートして1ヶ月が経過しましたので、1~2月中を目途に定期のレントゲン検査を実施する予定です。馬体重は499キロです」(空港担当者)

24/1/11  NF空港
この中間はウォーキングマシンでの調整を行っています。「年末年始も変わりなく過ごすことができました。引き続き、早期の復帰を目指して着実に脚元の回復を図っていくことができればと考えています」(空港担当者)

23/12/27  NF空港
この中間はウォーキングマシンでの調整を行っています。「引き続き、マシン運動を中心とした内容で進めていますが、体調面に変化はありません。しばらくは軽めの内容で動かしていき、患部の回復に努めていく考えです。馬体重は493キロです」(空港担当者)


ここひと月も変わらずウォーキングマシンによる運動を続けています。焦っても仕方がないので寒い時期ですし、じっくり行きましょうもうすぐ定期レントゲン検査が行われるようで、ここで新たな方向性が示されると思いますので、それきっかけに一歩前進してくれたら良いですね
坂路に入るタイミングで、復帰の時期というのはだいたい見えてくると思いますので、来月か再来月ぐらいの朗報を待っていたいところです

240111scentmemories.jpg
早く走ってる姿が見たい!




[edit]

【ロード2歳】筋肉がついてきた 

昨日、ロードの馬名募集も締め切られました

競走馬名について

2023年募集馬の競走馬名募集は終了しました。
2024年3月に馬名申請を行う予定です。採用された方には記念品を贈呈します。
申請、発表時期に関するお問い合わせはご遠慮下さい。決まり次第のご案内とさせて頂きます。


期間は結構あったのですが、やはり冠があるとただ脈絡なくくっつくけただけ、みたいなことがほとんどなので、意味など関係なく響きの良いものに行きがちですが、自分は意味のある言葉をなんとか付けたいと思い、5個まで申し込み可能の中、2頭に2つずつ応募しましたそれ以上はあまり考える集中力が持たなかったです。恐るべし、冠…(笑)
発表は3月になるようなので、気長に忘れて待っていようと思います


さて、ロード2歳の2頭目はこの馬、エトワールブリエ22の近況です!

2024.01.15
エトワールブリエ'22は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン16~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「今のところはスムーズに進行。秋から稽古に励んで来た部分が形になり、土台が整い始めた印象を受けます。乗り込みながら目方が増えている点は好感が持てる要素。定期的に訪れる藤岡調教師のチェックを受けつつ、丁寧に完成へ導きたいです


ロードの馬はどの馬もだいたい同じメニューなので、ホントにきちんと進んでるのかな?と思うこともありますが、この馬も今のところ順調のようですしっかり基礎ができてきた上で馬体が増えてきたとのことで、良い流れだと思います藤岡調教師も見に来られているようで、早くからとは思ってませんが、こちらの想像以上に早めに始動できるのならそれはそれで嬉しいこと
動画ではデルフィーノ22と併走してますが、なかなかのスピード感で良い動きだったと思いますそしてやっとのことで、写真が更新されました以前に比べてたくましくなりましたね。前はフィエールマン産駒らしく細身で、ひょろっとしてましたが、だいぶ筋肉がついて良い感じになってきましたこの調子で更なる良化を期待しています

240122-2228.jpg
この調子で大きくなってほしいですね




[edit]

【ロード2歳】意外なコメント 

現役時代から何かとお騒がせなジョッキーだと思ってましたが…

元JRAのジョッキー・藤田伸二容疑者、逮捕 ススキノの路上で男性に暴行した疑い
霜降り明星の粗品が「粗品の呪い」と投稿 自身の寄付行為を批判した元JRAジョッキー藤田伸二氏が暴行の疑いで逮捕との報道に

先日の霜降り明星・粗品の2400万馬券的中→全額寄付に対して、イチャモンをつけていた藤田伸二。寄付したと公表したことが気に食わないのか(それなら他の人も多数公表してる)、そういうこと言いそうなのはこれまでの言動を見ても、「あぁわかる」と思いました
そしたら、舌の根の乾かぬ内に、今度は自分が暴行容疑で逮捕されるというそんな野蛮な人間に、寄付する人間のことをとやかく言う資格などないし、50も超えてこんなツッコミどころ満載な自分の言動を見つめ直せ!と思いますね
現役時代は大レースたくさん勝って、乗り手としての技術はあったと思うけど、やはり人間性で問題ありだったということですね。今回の件を伝えるテレビのニュースで、フェアプレー賞を何度も受賞と紹介されてたけど、それも周りの騎手を恫喝して進路を開けさせてたとか聞きますし、全然リスペクトする要素ない(笑)今も予想屋と繋がっていて、他の騎手は関わるな、とJRAに言われてるとか
粗品の件が炎上すると「旅に出る」と言ってたのは逮捕されるということだったんですね(笑)しかし、釈放されて何事もなかったXにポストしていて、それに対してこう返してる人がいて笑ってしまいました

Screenshot_20240121_145358.jpg

とにかく言動が伴ってないんですよねぇ…。これはどこまで行っても変わらないのかもしれません今回の件は「粗品の呪い」と言われても仕方ないと思います


さて、ここからはロードです、まずは最優先(のつもり)で出資しましたパノラマウェイ22の近況です!

2024.01.15
パノラマウェイ'22は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン16~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「元々は小柄な感じだったものの、考えていた通りに大きくなってくれたのは何より。更に変わる余地を多分に残しています。トレーニングに目を向けると、段々と力強さが備わり始めた感じ。色々な併せ馬のパターンをこなしながら鍛えたいです」


かなり自信満々で出資したので、威勢の良いコメントを期待していましたが、なんだか慎重な感じ募集時に470ぐらいあって最新の馬体重もそのくらいだったので、まさか小柄な感じなんて言われると思いませんでした徐々にパワーアップしているとのことで、キタサン産駒でもありますし、ガンガン早めということもないでしょうから、じっくり行ってほしいところです。
動画も更新されましたが、今回は前の馬(募集馬ではない)がやたら飛ばしてるのもあり、この馬はかなりゆっくり追走してるように見えますどの馬も今の時期は焦ることはないですが、3歳以降に花が咲くように今の時期の基礎トレーニングが大事になってきますから、しっかり育成してもらいたいと思います

231101-2218.jpg
動画もいいけど、早く写真を更新してほしい…




[edit]

【シルク】相手関係から前倒し 

昨日参戦できなかった、チバユウスケのお別れの会なんと、15時からライブ中継されていたそうで、それを知ったのは夜になってからだったので、観ることができませんでしたチケットの件といい、もう少しわかりやすく事前に言っといてくれないかな?とちょっと腹立ちましたマメにチェックしない自分も悪いと思いますが、お別れの会をいつにやると決まった時に一緒に告知しといてくれれば、チケットもいつから発売とかバラバラに言わないでほしいと思いました。

The Birthday、チバユウスケさん『献花の会』をライブ配信 ファン「ラストステージ、ありがとう」

Xを見てるとミュージシャンらしく、自身の楽曲が流れていたようで、その多くがThe Birthdayの曲でしたが、個人的には最後の曲がミッシェルの「ダニーゴー」だったのがうれしかったです



自分は音楽を聴くときにまずメロディを一番重視します(音なんだから当たり前といえば当たり前)それで「ミッシェルでメロディアスな曲ってどれだろう?」と考えるのですが、なかなかピンとくるものがないそしてよく考えた結果、ミッシェルは「サウンドがメロディアスなんだなぁ」という結論に行き着きました
ダンスに興味のない自分が「聴くだけで踊りたくなるのってミッシェルだけだったなぁ」と思ってしまうのです息の合ったリズム隊の上に高速カッティングのアベのギターが重なると、もう体が自然に動きます特にウエノコウジのベースは動くので、ここが踊りたくなるツボだと思います。スピッツの田村さんもそうですが、動くベース大好きです。自分のルーツであるBOOWYは人間もフレーズも動かなかったんですが(笑)。8ビートというものを叩きこまれました
「ダニーゴー」はyoutubeにも多数アップされていますが、これは解散を目前にした2003年9月25日の京都・磔磔で行われたライブ。磔磔は元々酒蔵で、350人しかキャパがないハコ。解散直前でもこんな小さいところでやってるのがすごいですよね。ミッシェルのライブはいつも汗だく。ツアーTシャツを買っては着替えていたのがなつかしいです
自分はこの時、海外にいて解散も共有することができなかったので、あまり思い出がなく今となってはもったいないことをしたと思います
昨日は併せて、生前に録音した音源を今春に発売すると発表されました。3曲あるそうですが、病気が発覚する直前に録られていたもののようで、楽しみにしています


さて、急遽1週前倒しで出走することになったクラシックステップの近況です!

2024.01.18 THU
近況
在厩場所:栗東トレセン
安田隆行調教師「当初は来週の京都・芝1,400m戦まで待つ方向で考えていましたが、ゲートの出が不安定なところに加えて、ペースが速くなると脚を溜め切れないまま終わってしまうことも考えられます。スタッフと改めて番組について相談したところ、今週の小倉・芝1,800m戦の想定を見ると、優先出走権を持った馬が不在で、メンバー的にチャンスがあると判断し、鮫島克駿騎手で出馬投票させていただきました。ゲートを決められるかがカギになるものの、未勝利戦で勝ち上がった実績のあるコースでもありますし、スムーズな競馬が出来ればチャンスはあると思っています」

2024.01.18 THU
北村友 栗東坂良 55.7 - 40.0 - 25.8 - 12.6 馬ナリ

2024.01.18 THU
出走情報
1月21日(日) 小倉12R 4歳以上1勝クラス (混) 芝1800m 16頭 鮫島克駿(58.0kg) 発走16:00


正直、適鞍がなく、仕方なく1400に向かおうとしてたし、ちょっと短すぎるのではないかなと思っていたので、メンバーを見てこちらに切り替えてくれたのは良かったと思いますこういうところに厩舎の差が出ますよねそれに待望の鞍上変更でもありますし、一石二鳥な感じで鮫島駿騎手ならスタートに不安があるステップですが、積極的な競馬をお願いしたいと思います
今回は前走掲示板が2頭のみというメンバー構成ですから、なんとか未勝利戦の時の競馬のような捲る競馬でもいいですが、もう少し前目で安心して見られるレースを見せてくれると嬉しいです

240110clasicstep.jpg
安田隆行調教師の定年に花を飾ってほしいですね




[edit]

【キャロット2歳】馬体さえ増えれば 

現在、スピッツはアリーナツアーを絶賛敢行中自分は2ヶ月前にKアリーナ横浜の初日に参戦しましたが、年末年始を挟んで現在も続いています。先週は武道館、今週は大阪城ホールと自分が参戦したい会場もあり、特に武道館は職場からすぐなので、歯噛みする思いでいました(笑)
そんなスピッツは世代を超えて愛されるアーティストで、自分は最近のアーティストはそこまで詳しくないですが、有名なところは知っています。そんな若手アーティストで好きなのはあいみょん
彼女は結構前から好きで、1stアルバム『青春エキサイトメント』に収録されている「君はロックなんか聴かない」を耳にしてお気に入りになって。それ以降も半信半疑で「あのアルバムだけかな?」と疑いながら、聴くたびに良い曲を出してきたので、正直驚きながらどんどん好きになっていきました



そんな彼女が1/17にインスタライブをやってました。たまたまYoutubeで観ましたが、彼女は95年3月生まれのようで阪神淡路大震災の2か月後に生まれたんですね。西宮市出身なのでそのことに言及していまして、「お腹にいた自分を守ってくれた母に感謝」と「失われる命と入れ替わるように生まれてきた」と語っていたのが印象的でした
あいみょんはスピッツ好きでこのライブの中でも「若葉」をカバーしてましたが、先週の武道館に行っていたようですうらやましいー(笑)


さて、キャロット2歳の最後はこの馬、エールデュレーヴ22の近況です!

24/1/15  NF空港
【馬体重:414キロ】現在は週2日、900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンター2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。年末年始のリフレッシュ期間を挟んだ上でメニューを再開していますが、ここまで変わりなく取り組むことができています。引き続き、右トモの状態を確認しながら調整を進め、問題ないようであれば徐々に負荷を強めていこうと思います。


ここのところ立て続けに動画が更新されていますが、意外にも(?)軽やかな脚捌きで駆け上がっているのを見て、「思ったよりいけんじゃね?」と思っていたところです(笑)馬体が増えてこないのが懸念ではありますが、トモのアクシデントがあって以降は順調にペースアップしているので、逆に馬体が軽いのを生かして脚元への負担は少なそうなので、ビシバシとは行かなくとも、トントン拍子で進んでいってもらいたいと思います

240111ailedureve22.jpg
今回もドレッドヘアですね!




[edit]

【キャロット2歳】一番早いデビューを目指せ 

な、なんとまさか外れるなんて思わなかった…

Screenshot_20240118_202548.jpg

できませんでした…できませんでした…まるでイエモンの「JAM」のように頭の中でリフレインするフレーズ(笑)もうすでに半休の手配も済ませて、あとは行くだけ~と思ってたのですが、まさか追加受付で抽選落ちとは露とも思いませんでしたここには載りきらなかったのですが、申込時に第3希望まで書くことができたので、「どうせ当たるから3つも書く必要ないのにな~」なんて思いながら一応書いていたのですが、いや、それ3つとも落ちるか…明日は遠くから祈るとして、あとはドキュメント映画の上映を観に行くことにします


さて、キャロットの2歳、3頭目はコンダクトレス22の近況です!

24/1/15  NF早来
【馬体重:455キロ】年末年始はリフレッシュを兼ねて、ウォーキングマシンなどの軽めの運動に留めていました。現在は徐々に元の調教へと戻すようにしており、週1日、坂路でハロン17秒のキャンターを行い、それ以外の日は周回コースでのキャンター2400mかウォーキングマシン調整を取り入れています。馬体重に大幅な変動は見られないものの、少しずつ馬体がしっかりして良く見せるようになってきました。普段の歩きや調教時の動きなど、もう少し柔らかみが出てくれば更に良くなってきそうな感じもするので、今後は解すようにジックリ乗り込んでいきたいと考えています。


今月に入っても、4頭の出資馬の中で順調な進捗で、一番進んでいますね最初に移動した馬ですから、ルーラー産駒ではありますが、この調子で行って早期デビューできたらな、と思います馬体もペースを上げていっても変わらずキープしているので、もう少し慣れて増えていくようになれば、さらに良いでしょう
動画の更新はこの馬だけアップされずに残念でしたが、おそらく今月末には出るのではないかなと思いますので、楽しみにしています

231228conductress22.jpg
この馬もキャンセル対象にはなっておらずホッとしました




[edit]

【キャロット2歳】素質がキラリ☆ 

今日は1/17。1995年のその日、阪神淡路大震災が起こりました。もう29年経ちますが、自分にとっては忘れられない人生の出来事のひとつです先日能登半島地震が起こったばかりですから、経験していない人も今年は身近に感じられるのではないでしょうか?
関東大震災以来、それまでほとんど大きな地震がなかった日本で起こった未曽有の地震。それ以降、堰を切ったように10年に一度ぐらいのペースで大震災は起こっていますもう日本に住んでいる限り、どこにいても地震は起こるもんだと思って、いろいろ対策をした上で、過ごしていくしかありません

一方、ダウンタウンの松ちゃんに関して。第2弾の文春砲が出て、どんどん騒動が大きくなっていってますが、当初出演すると言っていた「ワイドナショー」でも東野幸治やロンブーの淳などが意見を言ってました。それも一理あると思いましたが、そんな中、一番ストンと腑に落ちたのはやはりこの方



関西の重鎮、上沼恵美子さん。このYoutuberが鼻につくのは置いといて(笑)、関西ローカルの番組で彼女が思いの丈を語っています。関西ローカルではありますが、M-1の審査員の時と同様、歯に衣着せぬ忖度ナシのコメントです。松ちゃんより年上ですし、言えて当然ともいえますが、それでも芸人としてリスペクトをしながら発言されてましたし、こういうことを言える人が周りにいれば良かったのに、と思いました
当然ながら、自分は松ちゃんファンなので、また戻ってきてほしいと思ってますし、見たいと思ってますただ、今の状況を見てると、徐々に良くない方に向かってるな…というのは感じるので、何か良い手打ちを見つかることを願っています


さて、キャロットの2歳、2頭目はこの馬、ミスティークⅡ22の近況です!

24/1/15  NF空港
【馬体重:439キロ】現在は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は900m屋内坂路コースでハロン17~18秒のキャンター2本登坂しています。入場当初、皮膚病で乗り込みをセーブした時期があったことで、現状で体力面は他馬に遅れをとっている印象があります。ただ、坂路コースで見せる動きにはキラリと光るものがあるので、今はしっかりとした土台を構築する、我慢の時と捉えています

まだ17秒とゆったりめの印象ですが、皮膚病で遅れていた分があるから仕方がないでしょうそれでも坂路に入ると、キラリと光るものがある、とのことで動きには素質を感じさせるところはあるようなので、それを十二分に開花させてもらいたいと思います馬体もちょっとずつではありますが、増えてきていますので、とりあえず450キロぐらいまでは行ってもらいたいところです
動画も更新されましたが、いつも同じスタッフが乗ってくれていますね。ピンクのコーディネートでばっちり決めていますベストターンドアウト賞を上げても良いと思います(笑)例によって、この馬も「時計なし」ですが、まだまだこれからペースアップしていってからですね。この調子で行ってもらいたいと思います

240111mysthic2_22.jpg
せっかくのかわいいコーディネートの写真なのに女性スタッフの顔が切れてるのが残念




[edit]

【キャロット2歳】キャンセル対象でなくてホッ 

早くない?キャロットのキャンセル募集が発表されました

【重要】キャンセル募集のご案内 (24/1/16)
キャンセル口数が生じた募集馬について再募集を行います。
(※本募集におけるキャンセル口数は、すべて出資者の退会によって生じたものとなります)

本キャンセル募集の概要、対象馬(左から募集番号、募集馬名、口数の順)は以下のとおりとなります。

実施期間・・・1月29日(月)正午~1月30日(火)正午
受付方法・・・クラブホームページ「会員メニュー」内の「キャンセル募集出資申込」フォームより(受付開始前は表示されません)
申込制限・・・1会員につき1頭限定(口数に制限はございません)。お申込み完了後は追加や変更、キャンセルは承れません。
ご請求月・・・競走馬出資金を始めとする代金は2月度にご請求申し上げます(分割出資をご選択の場合は5回払いとなります)

※抽選により出資いただける方を決定いたします(先着順での受付ではございません)。 当落にかかわらず、実施期間にお申込みをいただきました皆様に対して、1月31日(水)夕刻にホームページの「会員マイページ」内にございます、「出資申込結果通知」にて抽選結果をご案内いたします。なお、お申込みはインターネット限定となります。 お問い合わせの際はメール(office@carrotclub.net)をご利用ください。

募集番号2番  ザズーの22         2口
募集番号4番  ラドラーダの22       3口
募集番号5番  アヴェンチュラの22     1口
募集番号8番  ピュアブリーゼの22     1口
募集番号10番 クルミナルの22       1口
募集番号11番 パルクデラモールの22    3口
募集番号14番 シングルゲイズの22     3口
募集番号16番 レッドレグナントの22    3口
募集番号19番 ベルディーヴァの22     4口
募集番号20番 エールデュレーヴの22    5口
募集番号21番 トーコーユズキの22     3口
募集番号22番 グリューヴァインの22    2口
募集番号24番 マスターワークの22     1口
募集番号25番 カーミングエフェクトの22  3口
募集番号26番 キャヴァルドレの22     3口
募集番号27番 マイミスリリーの22     3口
募集番号30番 フォルテピアノの22     1口
募集番号32番 ティンバレスの22      4口
募集番号36番 ピースエンブレムの22    3口
募集番号37番 ピンクアリエスの22     2口
募集番号39番 サンブルエミューズの22   2口
募集番号40番 ケアレスウィスパーの22   2口
募集番号41番 アンフィトリテの22     4口
募集番号42番 エディスワートンの22    3口
募集番号45番 フェルミオンの22      1口
募集番号46番 ヴィアンローズの22     2口
募集番号47番 スペクトロライトの22    4口
募集番号49番 外)ユーセニアの22     3口
募集番号50番 シェイリーンⅡの22     1口
募集番号52番 ソートアフターの22     3口
募集番号53番 キャンプロックの22     2口
募集番号54番 ミスティークⅡの22     4口
募集番号55番 アディクティドの22     4口
募集番号56番 チャイマックスの22     4口
募集番号57番 ハープスターの22      1口
募集番号58番 ダイワプロパーの22     3口
募集番号63番 エリティエールの22     4口
募集番号67番 プルメリアスターの22    3口
募集番号70番 ボールドアテンプトの22   3口
募集番号71番 エスティタートの22     6口
募集番号72番 カイカヨソウの22      3口
募集番号73番 アドヴェントスの22     4口
募集番号75番 シンハリーズの22      3口
募集番号76番 レネットグルーヴの22    1口
募集番号77番 スターダムバウンドの22   2口
募集番号78番 リプリートⅡの22      5口
募集番号79番 ギーニョの22        2口
募集番号80番 グランデアモーレの22    4口
募集番号83番 ハーエミネンシーの22    3口
募集番号84番 リチュアルローズの22    2口
募集番号85番 ブルーメンクローネの22   3口
募集番号86番 ソブラドラインクの22    3口
募集番号88番 ペルレンケッテの22     1口
募集番号91番 インピードの22       3口
募集番号92番 エルヴァスⅡの22      3口
募集番号93番 パーフェクトジョイの22   1口
募集番号95番 ペニーウェディングの22   2口
募集番号96番 ホーリーレジェンドの22   2口

キャンセル募集の対象馬および出資可能口数は、下記のPDFからも確認できますのでご覧ください。
【募集対象馬一覧】

(1月16日現在)
※対象馬がトレセン入厩等により競走馬登録を行うことになった場合は、本募集の対象から外れることがございます。


対象馬58頭(関東29頭、関西26頭、地方3頭)。6割強ですから、結構頭数は多いかな?その割に口数は157口(関東73口、関西79口、地方5口)と平均2.7口と少ない印象です。二桁口数の馬はいません。関西馬のほうが多いですね。
自分の出資馬は4頭中2頭出てきましたが、最優先ビートマッチとコンダクトレスは登場せず。やはりキャンセルに出ない方が嬉しいですね
一応お祭りごとなので、参加しようと思いますが、基本的には一次で応募した馬にしようと思います(太字は出資馬、太字+下線が申込馬です)。最優先は当選しましたし、キャンセルに出てきたのは一般の馬ばかりですから、最優先で申し込んだ方に当選してもらえればと思います


さて、今月からキャロットの若駒たちは月2回の更新になります、まず一発目、最優先馬なのでキャンセル対象馬になっていなくてホッとしました、ビートマッチ22の近況です!

24/1/15  NF空港
【馬体重:495キロ】現在は週3日、900m屋内坂路コースをハロン15~17秒のキャンター2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。徐々にペースを上げるようにしていますが、現状の動きを見る限り、慣れさせる時間が必要かなと考えています。引き続き、中身の充実を図るべく、その時々の状態に見合ったメニューを丹念にこなしていきたくと思います。


この中間から15秒台の時計も出し始めてますが、まだまだ手応え的にはこれからのようですエピファは早熟傾向にあるので、こないだ取り上げた母の父ルーラーの血を借りて、じっくりと良くなっていってもらいたいと思っています
先日更新された動画は16-16ぐらいでしたが、最近「時計なし」の動画が多い中、この馬はちゃんと出たので良かったです(笑)筋力・体力があるとはいえ、まだ明け2歳になったばかり。まだフラフラしてる面もあるので、テンション面も考慮して一気にペースアップしないでしょうし、古馬になっても枯れることのないよう、鍛えてほしいところです

231214beatmatch22_2.jpg
15秒台に踏み込んだ時にどうなるか?楽しみです




[edit]

【ロード】そろそろ戻ってくるか? 

しばらく動きのなかったロード募集馬ですが、ここに来て1頭満口に!

2023年募集馬No.9 プリメラビスタ’22募集締切(キャンセル待ち受付中)
2023年募集馬No.9 プリメラビスタ’22は募集締切となりました。たくさんのお申し込みを下さいまして誠に有り難うございました。なお、先着順で若干数のキャンセル待ちを受けます。
※出資申込を下さいました時刻の段階で、既に募集口数を上回った方にはキャンセル待ちに関するメールを送信させて頂きます。


「残りわずか」になっていたプリメラビスタ22が満口になりました母はブエナビスタの妹ですから、超良血ですが、ブエナビスタ自身が繁殖牝馬としてイマイチですから、この満口は驚きました。
これで満口は11頭。まだまだたくさん残ってますが、例年に比べて売行きは良好です自分も1頭様子見していますが、警報になってないので、ギリギリまでじっくり見させてもらいたいと思っています


さて、こちらも10月の府中以来になります、そろそろ戻ってくるか?ロードディフィートの近況です!

2024.01.09
ロードディフィートは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「1月3日(水)に5ハロンから15-15を交えたところ、最後までスムーズなフットワークで駆け抜ける形。引き続き、順調そのものと言えるでしょう。昔と違って身体が減り辛くなったのは特に成長を感じる部分。このまま本数を積み重ねたいです」

2023.12.26
ロードディフィートは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン17~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「普通キャンターを繰り返す過程においてはネガティブな変化が何も無し。近日中に新たなステップへ踏み込もうと考えています。『東京開催の最初か最後の番組で検討中』との厩舎サイドの方針。どちらに決まっても対応できるように進めましょう」


こちらも3か月ほど経ちますから、そろそろ戻ってきてもらいたいところ。「府中の最初か最後のほう」というアバウトな目標なので、まだ戻ってきていないのかもしれませんが、再来週には開幕しますからね今度こそ距離延長で、1800か2000ぐらい使ってもらいたいですが、果たしてどうなるでしょうか?開幕週に芝2000がありますが、もうこれは無理だと思いますから、可能性としてあるのは最終週2/18の芝1800の可能性はあるでしょうか?あっ、それか次はダートを試すと言っていたように思うので、それならもっと選択肢は広がるでしょう。いずれにせよ、間もなく戻ってくると思いますので、無事に行ってもらいたいと思います

230318-2027N1.jpg
芝なら道悪のほうが良いでしょうね




[edit]

【シルク】痛恨の除外で初の1400へ 

今日は元出資馬インヘリットデールの初仔、インファイターが4戦目にして初勝利を飾ってくれました

infighter_blood.jpg

2022年度のシルク募集で抽優に使うか迷いましたが、価格が自分の基準を超えていたので、もう1頭の母出資馬シークレットキー(キープシークレット21)に申し込んでハズレこちらに行っていても外れていたかもしれませんが、以来ずっと気にしていて、出資できなかった代わりにPOGで指名しています
今年の2番仔の全弟にはマイルールを破って抽優で申し込みましたが、案の定外れそれゆえ、キャロでのビートマッチ22に繋がってくるわけですが、彼らには共通点があります
それはエピファネイア×ルーラーシップという配合だということこの配合は今日のインファイターを含め、5頭がデビューして5頭とも勝ち上がっていますこの中には阪神JFで2着のステレンボッシュも含まれていますデビュー前の2歳馬も込みで、全部で9頭しかいませんから、ニックスと言えるでしょうけど、まだまだこれからの配合だと思います
自分は母の父キンカメに常に注目してきましたが、代を経てその子たちが母系に回った馬も気にして見ています明日の京成杯に出走するロードヴェスパーはBMSロードカナロアですし、去年出資したパノラマウェイ22もカナロア。その内、母の父ドゥラメンテも出てくると思いますが、それにも熱視線を注いでいきたいですね
しかし、インファイターは4戦目、母は5戦目での勝ち上がりで、決して早くからというタイプではないのですが、よく似た戦績で一度勝ち上がってしまえば、格負けしない血統背景があると思いますから、昇級した次走も楽しみです


さて、今週出走予定でしたが、無念の除外となってしまいました、クラシックステップの近況です!

2024.01.11 THU
近況
在厩場所:栗東トレセン
安田隆行調教師「5日に坂路コースで少し動かしてみたところ、歩様の硬さは気になりませんでしたし、終いの反応も悪くなかったですね。そこで、10日にも坂路コースで追い切りを行い、単走でサッと登坂するくらいの感じでしたが、疲れを見せませんでしたし、良い動きだったのではないかなと思います。ここまで続けて使ってきているものの、高い水準で調子を維持することが出来ており、前走の内容からも今回はもっとやれそうだと思っていましたが、非抽選で除外となってしまいました。来週はこの距離の番組は無いですので、今のところ再来週に組まれています京都・芝1,400m戦へ向かいたいと考えています

2024.01.10 WED
助 手 栗東坂良 57.6 - 41.1 - 25.7 - 12.6 馬ナリ
2024.01.05 FRI
助 手 栗東坂良 59.7 - 42.9 - 26.8 - 12.8 馬ナリ

2024.01.04 THU
近況
在厩場所:栗東トレセン
安田隆行調教師「年末年始はこちらで様子を見させていただきましたが、その後も疲れが出ることはなく、良いコンディションを保っていました。現在はコースで普通キャンターの調整を行っていますが、精神的にイラついたりすることはありませんし、馬の雰囲気は良いですよ。前走の内容を見ると、マイル戦なら最後までしっかり伸びてくれますし、このまま問題なければ1月13日の京都・芝1,600m戦に向かいたい気持ちがありますから、明日に幾らか時計を出して来週の競馬に備えたいと思います。なお、鞍上は北村友一騎手に依頼しています」

2023.12.20 WED
近況
在厩場所:栗東トレセン
安田隆行調教師「急遽、中京・芝1,600m戦へ回らせてもらいましたが、マイルで脚を溜める競馬は合っていそうでしたね。騎乗した三浦皇成騎手も『この距離は合っていそうでしたし、クラシックステップの新しい一面を見せることが出来ました』と話していました。メンバー最速の脚で追い込んできており、勝負所でもう少しスムーズに外へ出すことが出来ていれば、上位とはもっと僅差だったのではないでしょうか。今回の内容が良かったですから、またこうした条件を使っていけたらと思います。レース後も脚元含めて気になるところはありませんし、夏場と違って硬さは気にならないですから、このまま問題なければ続戦させたい気持ちを持っており、今週いっぱい様子を見て判断したいと思います」

2023.12.17 SUN
レースレポート
12月17日(日) 中京8R 3歳以上1勝クラス (混) 芝1600m 三浦皇成(58.0kg) 6着 9人気
三浦皇成騎手「初めて乗せていただいたのですが、特に悪さをすることなく、非常に乗りやすい馬でしたね。今日は外枠ではあったものの、道中は上手く内へ潜り込んで壁を作ることが出来ましたし、外へ持ち出してからは非常に良い末脚を使ってくれましたから、マイル戦は合っていそうですよ。息遣いに関しても気になるところは無かったです


今週、というか今日の京都12R芝1600に出走予定でしたが、除外となってしまいましたそういう意味で前走は急遽予定が変更になって、三浦騎手はテン乗りでよく乗ってくれましたが、6着は痛かったですね来週はマイル戦がなく、再来週もないため、1400に向かうことになりました府中の1800があるから、そちらに向かってくれてもいいんですけどね…
とりあえず1勝Cの壁を破りたいですし、次こそ鞍上交替してほしいところです無事に行ってもらいたいと思います

240110clasicstep.jpg
安田隆行調教師に良い餞ができますように!




[edit]

【ロード3歳】強力なライバルに混じり 

先日、ブログにも書いたチバユウスケのお別れ会。チケット購入と書いてあったけど、「いったいいつからどこで売るんだろう?」と思って、週明け1/9に調べたらイープラスで販売していて、な、なんと1/8で受付終了となってるではないですか!Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン
なんだ行けないじゃないか…と思って、再度今しがた調べたら…

thanks!2.jpg



受付中になってるではありませんか!

さっそく申し込んで無事に完了。一応抽選があるのですが、追加販売してる時点で大丈夫でしょう。今までのありがとうと、さよならを伝えてこようと思います

B1NAV3RCAAIkAoF.jpg
そして、天国でアベとセッションをして、また新しい音を聴かせてよ


さて、モヤモヤしていたことがスッキリして週末に臨めます今週は2頭出しですが、ありがたいことに早くも今年1発目の重賞挑戦になります。ロードヴェスパーの近況です!

2024.01.11
ロードヴェスパーは、1月14日(日)中山11R・京成杯(GⅢ)・国際・芝2000mに横山和生騎手57kgで出走します。1月10日(水)美浦・ウッドチップコースで調教時計を記録しています。発走は15時45分です。

2024.01.10
ロードヴェスパーは、1月14日(日)中山・京成杯(GⅢ)・国際・芝2000mに横山和生騎手57kgで予定しています。同レースはフルゲート17頭。現段階では優先順位3番目、同順位14頭で出走可能です。1月10日(水)美浦・ウッドチップコースで調教時計を記録しています。
・和田調教師 「1月10日(水)は85秒5、12秒1をマーク。前との距離を詰める為、最後は促しました。実戦型で追い切りでの判断が難しいものの、順調に仕上げを進められたのは確か。メンバーは強くなりますが、緩さを多分に残す現状の完成度でどこまで戦えるか楽しみです」
≪調教時計≫
2024 1 7 助 手 美南坂 良 1回 55.7 40.9 27.0 13.3 馬ナリ余力
2024 1 10 横山和 美南W 良 85.5 68.5 53.3 38.4 12.1 (5) 直一杯追う メイショウウミカゼ(新馬)馬ナリの内0.4秒追走0.3秒先着

2024.01.09
ロードヴェスパーは、1月14日(日)中山・京成杯(GⅢ)・国際・芝2000mに特別登録を行っています。
2024.01.03
ロードヴェスパーは、1月3日(水)美浦・ウッドチップコースで調教時計を記録しています。1月14日(日)中山・京成杯(GⅢ)・国際・芝2000mに横山和生騎手で予定しています。
・和田調教師 「1月3日(水)はトータル84秒0、終い12秒1の記録。相応の負荷を掛けました。今週の番組に使うパートナーに幾らか遅れたとは言え、レースから逆算しながら順当に上昇カーブを描いている印象。心身共に気掛かりな材料が浮かばず、計画に沿って運んでいます」
≪調教時計≫
2023 12 28 助 手 美南坂 良 1回 55.9 39.7 25.1 12.4 馬ナリ余力
2023 12 31 助 手 美南W 稍 89.4 72.6 57.2 42.3 13.3 (6) 馬ナリ余力
2024 1 3 助 手 美南W 良 84.0 67.8 52.3 37.5 12.1 (5) 一杯に追う アラタ(古オープン)一杯の外1.0秒先行0.4秒遅れ

2023.12.28
ロードヴェスパーは、12月28日(木)美浦・坂路コースで調教時計を記録しています。1月14日(日)中山・京成杯(GⅢ)・国際・芝2000mに横山和生騎手で予定しています。
・和田調教師 「12月28日(木)は全体55秒9、1ハロン12秒4のタイムでした。走りにメリハリが出ると尚良いものの、多くを求め過ぎないことも大事。成長や経験の積み重ねで段々と変わる部分でしょう。3戦目よりも状態は上。再来週の本番へ向け、ここまでは計画通りです

2023.12.27
ロードヴェスパーは、美浦トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。心身共にコンディションは段々と上向いており、この調子を維持しながら更に調整を進めます。12月28日(木)に追い切りを行い、1月14日(日)中山・京成杯(GⅢ)・国際・芝2000mに横山和生騎手で予定しています。
※厩舎関係者の談話は12月28日(木)にお伝えします。

2023.12.26
ロードヴェスパーは、12月24日(日)美浦・ウッドチップコースで調教時計を記録しています。
≪調教時計≫
2023 12 24 助 手 美南W 良 88.0 71.1 55.8 40.6 12.5 (7) 馬ナリ余力 アラタ(古オープン)馬ナリの外1.1秒先行同入

2023.12.20
ロードヴェスパーは、12月20日(水)美浦・坂路コースで調教時計を記録しています。1月14日(日)中山・京成杯(GⅢ)・国際・芝2000mに横山和生騎手で予定しています。
・和田調教師 「12月20日(水)は坂路コースでトータル55秒9、終い13秒3の時計をマークしました。動きがまだモッサリしている感じですが、今のところは与えられたメニューを順調に消化。目標レースまで十分な時間も残されていますので、丁寧にネジを締めて行きましょう」
≪調教時計≫
2023 12 17 助 手 美南坂 良 1回 61.4 43.7 28.3 13.7 馬ナリ余力 レヨンドゥソレイユ(新馬)馬ナリに2.4秒先行同入
2023 12 20 助 手 美南坂 良 1回 55.9 40.9 26.9 13.3 強めに追う

2023.12.14
ロードヴェスパーは、12月14日(木)美浦・坂路コースで調教時計を記録しています。1月14日(日)中山・京成杯(GⅢ)・国際・芝2000mに横山和生騎手で予定しています。
≪調教時計≫
2023 12 14 助 手 美南坂 良 1回 58.6 42.6 28.4 14.1 馬ナリ余力 チビノシエラザード(新馬)馬ナリに0.4秒先行同入

2023.12.13
ロードヴェスパーは、美浦トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。心身共にコンディションに特に異常は認められず、もう少しの間は入念に乗り込みます。馬自身の状態に応じて追い切りを行い、1月14日(日)中山・京成杯(GⅢ)・国際・芝2000mに横山和生騎手で予定しています。
・和田調教師 「ケイアイファームの担当者と打ち合わせを重ね、12月12日(火)に帰厩させる形。初日の13日(水)は感触を確かめる程度に軽目のメニューを消化しました。タイミングを見計らって追い切りを始める方針。横山和生騎手と新コンビを組み、京成杯(GⅢ)へ向かいます

2023.12.12
ロードヴェスパーは、12月12日(火)に美浦トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行い、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。12月7日(木)測定の馬体重は445kg。
・当地スタッフ 「12月5日(火)と8日(金)にもハロン15秒のラップを刻んでいます。その他の日もスムーズにメニューをこなし、トレセンの追い切りへの移行が可能。十分な活気に溢れている他、以前に比べると真面目な態度で調教へ臨めるように変わりました

2023.12.05
ロードヴェスパーは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「12月2日(土)に半マイルから15-15を実施。既に勝っている馬でもあり、このぐらいの内容は余裕たっぷりに対応できています。3日(日)以降もコレと言った反動が認められないまま。同様のパターンを繰り返し、出発の準備を整えるのみです」

2023.11.28
ロードヴェスパーは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン17~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「この中間はハロン17秒レベルをコンスタントに消化しています。引き続き、非常にエネルギッシュな印象を受けるなど、コンディションは極めて良好。和田調教師とは頻繁に連絡を取り合っており、そろそろ次の段階へ進める旨も伝えておきました」

2023.11.21
ロードヴェスパーは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「11月15日(水)にトレッドミルで歩様をチェックし、16日(木)より角馬場で跨り始める流れ。そして、17日(金)からは1周1800mのダートへ連れ出しました。活気、前向きさ共に十分。もうしばらくは普通キャンターを繰り返そうと考えています」

2023.11.14
ロードヴェスパーは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。
・当地スタッフ 「ウォーキングマシンのみに制限し、目に見えない部分まで疲れを取り除く形。獣医師の定期チェックでも特に指摘を受けなかった為、そろそろ次の段階へ移ろうと思います。上のクラスでも楽しみな存在。しっかりとメンテナンスを施したいです」

2023.11.07
ロードヴェスパーは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。11月2日(木)測定の馬体重は450kg。
・当地スタッフ 「この中間もモリモリと完食。レース時との比較でプラス14kgを示す通り、見た目のボリューム感が大分戻って来ました。今のところは疝痛予防の運動に止めているものの、近日中にトレーニングを取り入れる方針。十分にリラックスできています

2023.10.31
ロードヴェスパーは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。
・当地スタッフ 「引き続き、ウォーキングマシンのメニュー。飼い葉をペロリと平らげるなど、健康面に関して憂慮すべき点は皆無です。完全に回復を叶えてから次の段階へ進めるべき。今のところは12月に美浦へ戻す方向で、和田調教師と意見を交えました

2023.10.24
ロードヴェスパーは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。
・当地スタッフ 「厩舎サイドと細かな打ち合わせを済ませ、10月21日(土)にこちらへ移動。管理を任されてからも大きな問題が認められず、必要に応じてソエの治療を行えば大丈夫です。まずは連戦の疲れを綺麗に取り除く方針。健康運動のみで楽をさせます」

2023.10.19
ロードヴェスパーは、レース後の両前脚に幾らかソエの症状が認められます。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。今後は10月21日(土)に千葉・ケイアイファームへ移動して秋以降の戦列復帰へ向けて不安箇所の治療に努めます。

2023.10.18
ロードヴェスパーは、レース後の両前脚に幾らかソエの症状が認められます。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。今後は近日中に千葉・ケイアイファームへ移動して秋以降の戦列復帰へ向けて不安箇所の治療に努めます。
・和田調教師 「先週はどうもありがとうございました。今は厩舎周辺の歩行運動のみですが、レース後はソエが気になる状況。特に右前脚を触ると嫌がる素振りを覗かせます。一区切りも付いただけに、ここでリフレッシュさせる方針。回復具合に応じて次の目標を考えましょう
≪調教時計≫
2023 10 13 助 手 美南坂 良 1回 62.3 46.0 29.9 14.8 馬ナリ余力

2023.10.16
ロードヴェスパーは、10月14日(土)東京2R・2歳未勝利・芝2000mに横山武史騎手56kgで出走。7頭立て3番人気で3枠3番からスローペースの道中を2、2、2、2番手と進み、4コーナーでは内を通って0秒3差で優勝。初勝利を飾りました。馬場は良。タイム2分02秒1、上がり34秒1。馬体重は増減無しの436kgでした。
※優勝記念プレゼント写真(2L版)は約2週間後に出資会員様へ送付いたします。


今気づきましたが、この馬だけ前走時からずっと更新するのを忘れてました!ヴェスパー、ごめん。気にしていないわけではなく、単純にボケてただけです(笑)
気を取り直して、前走後は千葉ケイアイに放牧に出て、12/12に帰厩しましたここまではだいたい自分の想像通りでした違ったのはここから。年明け一発目の1勝クラスの芝2000かな?と思ってましたが、なんと京成杯への挑戦でした
それでテンション上がりましたが、レースが近づくにつれ「これは強力…」と感じるメンバーの出走予定を知りました2連勝中のジュンゴールドアーバンシックにアパパネの仔バードウォッチャーなど、これだけでもうお腹いっぱいなメンバーです
京成杯ってこんなに好メンバーが集まる重賞でしたっけ?確かに去年はソールオリエンスが勝ちましたが、だいたいにおいて隙間重賞だったはず…だから、当初は喜んだものの、やはり自己条件から確実に行った方が良いと思うようになりました和田勇師って結構強気なレース選択しますよね
自分が思っていた1/8の1勝クラスは11頭立てでしたし、こちらに行ってればなぁと思いますが、ここでどこまでやれるかを見るのもありか、と今は気持ちを切り替えています
元々調教駆けするタイプではないですので、そこまで時計は気にしませんが、ライバルたちが好時計を出してると不安になりますね前走の武史騎手はアーバンシックに乗るため、今回は兄の和生騎手にスイッチ。乗り替わりは残念ですが、兄に替わったという点で、いつでも武史に戻せるという思惑があるのかな?と深読み前走後、リップサービスかもしれませんが、「1、2勝で終わる馬ではない」と武史騎手が言ってくれてましたし、ここで負けても次のレースでは乗りたいと思ってくれていたら嬉しいです。もちろん、和生騎手が結果を出して乗り続けてくれても良いと思っています
弟から兄へ、この馬について、きっと特徴やらを伝えてくれているのでしょう。和生騎手も調教に跨ってくれてますし、積極的な競馬で人気馬をあっと言わせる競馬をしてもらいたいと思います

231014-2125N2.jpg
中山は今週も先行有利か?和生騎手にはいつもの強気な競馬を期待しています




[edit]

【キャロット3歳】どんどん距離延長で 

毎年正月恒例、「芸能人格付けチェック」。今年は能登半島地震が直前に起こったため、1日の放送が延期されましたが、無事に7日に放送され、視聴率は20%を超えたそう。自分も観ましたが、今年は神回だったかもしれませんね
結果的にGACKTの足を引っ張りまくり、最終的に「映す価値ナシ」にしてしまったDAIGOが主役だったのかもしれませんGACKT個人はいまだに連勝記録を伸ばしてますから、チーム戦の恐ろしさを見た思いです
アイドルや芸人などグループやコンビでチームに参加してる組もあり、その場合、2人ずつチェックに臨むわけですが、2人の意見が割れた時、どちらかに決定します。その選択が運命の分かれ道、となった例もたくさんありましたね。特に乃木坂46は与田さんと梅澤さんのコンビ。とことん梅澤さんが「自信ある」と言って間違いに導き、外してました(笑)。
そんな面白さもDAIGOの前では霞むぐらい彼のポンコツぶりはすごかったです。食べものはもちろん、本職の音楽問題も2問とも間違ってましたからね。DAIGOは番組開始前にLINEにこんなことを書き込んでたみたいです

Screenshot_20240111_075915.jpg

番組側から絶対言うなと言われていたそうで、自ら「シークレット」と書いておきながら、登場前にこれを送るとはDAIGOの天然ぶりが伝わってきます(笑)しゃべり方とかもそうですが、おっとりしていて見るからにボンボンですよねちなみにこれはGACKTがXで公開していたものです。ポンコツ万歳!(笑)DipのCM出てるけど、イメージダウンにならんかな?(笑)


さて、年末年始を挟んで在厩で続戦を予定。次走は決まったか?ウィンターガーデンの近況です!

24/1/11  武幸厩舎
10日、11日は軽めの調整を行いました。「3日間開催明けということで、今週の競馬を視野に追い切りは月曜日に行っています。坂路で終い重点にサッと時計を出し、4ハロン54秒8、ラスト1ハロン13秒1をマークしています。先週使ってもいいというつもりでコンディションを整えていますし、このぐらいの負荷で十分でしょう。前走の内容について改めて坂井騎手とも話をしたのですが、まだ前進気勢に乏しい印象なので、現状はもう少し距離を延ばしてみても良さそうですから、今週の牝馬限定のダート1800m戦に向かおうと思います。鞍上はルメートル騎手に依頼しています」(武幸師)14日の京都競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1800m)にルメートル騎手で出走いたします。

24/1/4  武幸厩舎
3日は栗東CWコースで追い切りました。4日は軽めの調整を行いました。「年末にかけては、12月27日にCWコースで半マイルからサラッと時計を出しています。番組についてはいくつか選択肢を持ちつつ、いいところで使っていけるように水曜日もCWコースで半マイルから終いだけサッと伸ばしています。少し冬毛が目立ってきていますが、体調などは問題なく来ていますし、来週から始まる小倉の番組も見ながら進めていきます」(武幸師)

23/12/20  武幸厩舎
20日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は申し訳ありませんでした。調教の気配からは変わり身が望めると思っていたのですが、実戦に行くとまだ前向きさに欠ける感じでしたね…。レース後は目立った疲れなど見せていませんし、今のところは在厩で調整をしていこうと考えています」(武幸師)

23/12/16  武幸厩舎
16日の阪神競馬では五分のスタートも行き脚がつかず押して中団につける。やや促しつつまま直線を向くと、最後はジリジリ脚を伸ばしたが7着。「今日は良い結果を出すことができず申し訳ありませんでした。返し馬の雰囲気は良かったのですが、いざスタートするとなかなか進んで行かず厳しい競馬になってしまいました。直線はジリジリ脚を使っていて最後までバテず頑張ってくれているので、もう少し前進気勢が出てくれると良いですね。少し硬さがあるのでダートはいいと思いますし、乗りやすく性格もいいので、もう少し競馬を覚えてくれれば変わってくるでしょう」(坂井騎手)追い切り内容は新馬戦前に比べると進歩が見られましたのでここは変わり身を期待していましたが、いざレースになるとなかなか進んでいきませんでした。それでも最後はジリジリ前と差を詰めているように能力はありそうですし、もう少し経験を積みながら前進を図っていきたいところです。この後は馬体を確認してから検討します。


前走は距離延長で期待したものの、イマイチ道中の感じも良くなくて、直線を向いた時には余力が残ってないな、と思いましたそれでもジリジリとは伸びてましたので距離延長が悪かったわけではなく、調子そのものが良くなかったように感じましたので、一度叩いて次に期待したいところ武幸先生もすぐに続戦を明言してくれました
中1週経ったところで、早くも時計を出し始めてましたから、馬体に問題もなく、調子も上がってきているでしょう今週末から小倉開催も始まりますし、選択肢は広がりそうなので芝の可能性もあるかな?ダ1700でも良いかな?と思いましたが、相手関係や頭数などを見て、14日の京都の牝馬限定ダ1800に決まりました鞍上も初ルメートル騎手になりました。調子は上がってますし、12頭立てで追走が楽になってくれればと思います!

231216wintergarden.jpg
好位追走できれば良いですね




[edit]

【キャロット】次は久々の芝になるか? 

ついにダウンタウンの松ちゃんが文春砲の標的となってしまいました…
当初は吉本側が「事実無根」として、真向否定してそのまま活動を続けていくつもりでしたが、文春砲に続いて別の週刊誌にも書かれたことで、松ちゃんも態度を変えました。「裁判に集中するため芸能活動禁止」。
これは普段から見てるものからするとショックですが、事実無根であるならしっかり裁判で戦って、戻ってきてほしいですソロの番組は仕方ないですが、その間浜ちゃん一人になるものの、ダウンタウンでやってる番組は続けてもらいたいですね特に「水ダウ」はやってほしい

松本人志「ガキ使」収録済み14、21日は本人出演で放送 28日以降は松本抜きで番組継続へ

しかし、2024は年始早々ホントにいろいろありますねまさか松ちゃんが紳助兄やんと同じような窮地に追い込まれるなんて露とも思いませんでしたが、松ちゃんには彼のように消えてしまわず、戻ってくることを願ってます



さて、あと1勝が遠い…アレマーナの近況です

24/1/9  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「年末から周回コースと坂路で軽く乗り出しており、年明けから坂路ではすでにハロン15秒くらいまでペースを上げて動かしています。脚元など引き続き異常はなく、ここまで順調に乗り込みが続けられていますね。ここから継続して速いところを乗っていきます」(NFしがらき担当者)

23/12/26  NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週こちらへ到着しており、ここまでウォーキングマシン中心の調整で馬体チェックを行っています。今のところ脚元など馬体の傷みはないので、このまま少しずつ動かしていきたいと思います。馬体重は513キロです」(NFしがらき担当者)

23/12/23  NFしがらき
22日にNFしがらきへ放牧に出ました。

23/12/20  松下厩舎
20日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は申し訳ありませんでした。道中は内目をロスなく行けましたし、特に不利などもなかったのですが、最後は伸びるどころか下がってしまいましたからね…。レース後にもお伝えしたとおり条件については見直すつもりで、いったんリフレッシュ放牧を挟もうと思います」(松下師)近日中にNFしがらきへ放牧に出る予定です。


前走は不利もなく、逆噴射でしたから正直へこみましたねリゴレットの同じようなリズムになってきていますしがらきでは体調は良さそうで、戻ってくるのもそう遠くはなさそうです次は条件変更を考えているとのことで、待望の芝への再挑戦の可能性も大いにありそうですそうなれば2歳時以来になりますが、どうなることやら?まずはこの調子で進んで無事に戻ってきてもらいたいと思います!

231217alemana.jpg
芝で戦えると幅が広がります!




[edit]

【キャロット】飛び飛びはつらいよ 

霜降り明星、粗品やってくれましたね

霜降り明星・粗品のおとこ気!馬券払戻金約2400万円を能登半島地震災害義援金として寄付



到底、自分にはできない買い方ですが、素晴らしいそれをまた能登半島地震に全額寄付したのも素晴らしいできるもんじゃないです。しかも高額配当ですから、これに掛かる税金も払うという。「自分が持ってても、しょうもない使い方しかしない」とその場で石川県に振り込んでましたね。どこまでも男前どっかの政治家に見せてやりたいですね
的中したレースは新馬戦ですから、各馬の実力がわかりづらい面があり、オッズに偏りがあったのでしょう。粗品は重賞が荒れた時は跳ねると言ってましたが、ホントに「なんでこんなオッズに?」というのは午前中のレースの方が多いと思います。重賞ともなれば投票数も多く、ちょっとのことではオッズは変わりませんが、平場は票数が少ない分だけ1票の比重が大きいです。それだけにこれほど荒れるレースを的中するのは難しいわけですが、結局それが来ないからほとんど知ることなく終わりますけど新聞も見ず、オッズだけで買い目を決めた粗品。恐るべし。本人的にはなんかメソッドがあるそうですが、頭は人気薄で行くのは決めてるようですね。2、3着は的中してるのに、1着が人気で外してるパターンが結構ありましたが、2、3着に買い目を入れているケースもあったので、これをボックスにしとけば…とも思います。でも本人的には的中ではなく帯封が目的なのですから、これで良いと思いますこれでさらに注目されるでしょうね(笑)


さて、1戦しては放牧の繰り返しでリズムが作れない日々が1年以上続いてます、リゴレットの近況です!

24/1/9  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「年末にかけては周回コースとトレッドミルでフラットワーク中心の調整を行い、年明けからは坂路調教も取り入れて、現在はジワッと終いを伸ばす調教を取り入れてしっかり乗り込んでいます。調教内容は強化していますが、馬体はしっかり増加傾向にあり、体調面の不安もなく順調ですね。厩舎サイドとも話をしながら進めていきます」(NFしがらき担当者)

23/12/26  NFしがらき
軽めの調整を行っています。「こちらに到着後は、馬体に異常がないことを確認してからトレッドミルで軽く動かしています。全体的に硬さを感じる状態なので、まずは体を解すような調整をメインにゆったり立ち上げていきます。馬体重は444キロです」(NFしがらき担当者)

23/12/20  NFしがらき
20日にNFしがらきへ放牧に出ました。「先週の競馬は申し訳ありませんでした。思っていたよりも馬場が悪くならず、追われてからも弾けるような感じがありませんでしたね。ジョッキーは途中で動くのが早かったと言っていましたし、結果的には直線だけで勝負したほうが良かったのかもしれません。レース後は目立つようなダメージは見せていませんが、権利のない状況で節は必要になりますから、いったん放牧に出させていただきました」(羽月師)

23/12/16  羽月厩舎
16日の中京競馬ではスタートがゆっくりになり道中は最後方から。直線で大外に出して脚を使っていはいるが、上位まで迫ることはできず11着。「厩舎サイドからはあまり前に行くと集中力を欠くと聞いていたので、道中は後方で脚を溜める形で進めていきました。途中からドイル騎手の馬を被せにいったのですが、結果的にそこで動くのが早く、その分だけ最後は脚色が鈍ってしまいました。いい脚を使ってくれていただけに、勝負どころからの仕掛けをもうワンテンポ遅らせるべきでした。うまく乗ることができず申し訳ありません」(永島騎手)先行策を取ると良くない馬だけに、後方から行くのは良かったと思うのですが、直線はなかなか前の馬たちも止まらず、思うように差を詰めることができませんでした。展開待ちな部分もあるものの、嵌まれば上位争い来るだけの脚は持っていますから、悲観せず次走での巻き返しに期待したいと思います。この後は馬体を確認してから検討していきます。


節を開けないと使えないというのは事実ですが、京都で3着した後も放牧でしたから、もうデフォルトですね。この厩舎もノーザンと縁の深いところではありませんが、もう次出資することはないでしょう次は小倉でしょうか?いや、また中京かもしれませんね。とにかく、2か月ほどは放牧に出てるでしょうから、走ってリズムを作るということができなくなってます。ノーザンの馬は外厩で仕上げてくるから、ポン駆けが利く、というやり方が向く馬もいますが、この馬は厩舎を含めて使って仕上げていくタイプだと思います。これでは定年が決まってる牝馬には厳しいですね
マイル戦でもいいので、次は何かしら工夫して使ってもらいたいと思います

231216rigoletto.jpg
ハマり待ちはつらいです…




[edit]

【シルク】一歩前進、夏の復帰に向けて 

年末年始は食べてばかりの気がしますラーメンつけ麺も日ごろは我慢してるほうですが、ついつい食べてしまいました

実家のほうでは…
20231228_144203.jpg
20231228_143847.jpg
20231228_143859.jpg

関西では有名なチェーン店「横綱」ですが、最近は冷凍食品やカップラーメンも出てますね。昔、よく食べていて今も時々無性に食べたくなります。京都のラーメンは基本醤油とんこつですが、このラーメンは自分にとってど真ん中。九条ネギが卓上に置いてあり、食べ放題なのもネギ好きには非常に嬉しい。味変にニンニク唐辛子のニントンも○。腹が減っていたので、ついついランチセットのチャーハンも頼んでしまいました。こちらは熱々の鉄板に自分でチャーハンの周りに卵を溶き入れる仕様になっています

一方、こちらに帰ってきてからはちょっと前に知って気になっていたお店に行きました

20240106_135059.jpg
20240106_140807.jpg

「龍の家」というチェーン店です。こちらは「もつ煮つけ麺」という一風変わったメニューが表に紹介されていて、一度は躊躇したものの、やはり気になって入ってみました
思ったより頼んでから待たされましたが、着丼して意外だったのは細麺だったこと。あまりつけ麺の細麺は経験したことがなく、太麺のほうが好きなのでちょっとガッカリしましたつけ汁のもつ煮スープもサラサラだったので、自分の好きなタイプではなかったものの、食べてみると「美味い」。スープはほんのり甘く、こがしてあるため香ばしい。もつもカリカリに炙ってあるので、こちらも香ばしかったです細麺だけにこれだけサラサラでも結構絡んで、しかもとんこつラーメンっぽく硬めだったのも良かったですこれは最初はいろいろと意外で戸惑うかもしれませんが、食べるとクセになって、また食べたくなってしまいます
しかも、最後はスープ割ではなく、お店では「割り粥」と言ってましたが、ごはんを入れてくれて、雑炊みたいな感じで〆ます元々普通のつけ汁のようにドロドロしていないので、薄めなくても飲めるという点でこれはこのほうが良いな、と思いました
他のお客さんはいろいろ普通のつけ麺やラーメンを頼んでる人もいて、バラバラだったので、これが売りというわけではないのかもしれませんが、他では味わえないという点でこのために通ってみようかと思いました右奥に見える小皿はメインが来るまでの箸休めとして食べられる「ピリ辛もやし」ですが、ナムルみたいな感じで美味しかったので、待たされても間が持ちました(笑)
久々にラーメンを食べて火が点きそうですが、とりあえずもつ煮つけ麺は再訪確定です(笑)


さて、年末年始を挟んで進展はあったのか?ベリークの近況です!

2024.01.05 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファーム空港
担当者「少しずつウォーキングマシンでの運動時間を延ばしていますが、脚元の状態は良い意味で変わりないですね。体が重たいですからもっとシェイプアップしていかなくてはいけないものの、順調にリハビリをこなしていますし、このまま怪我なく進めていければと思います」

2023.12.22 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファーム空港
担当者「この中間も曳き運動を行っていましたが、獣医師に患部の状態を確認してもらい、『次のステップへ移っても良い』と許可が出ましたから、ウォーキングマシンでの運動を開始しています。負荷を強めても歩様は安定しているので、状態を見ながら運動時間を徐々に増やしていければと思いますが、体が緩みがちですし、その点はよく注意しておきます。馬体重は489kgです」


復帰まではまだまだ掛かりますが、とりあえず一歩前進しました馬体が緩んでますが、寒い時期でもあるため絞りにくいと思います。焦らずじっくりやってもらって、どのみち復帰は暖かくなってからになりますので、そのころには自然と絞れてきますので、成長の促進と体力強化に努めてもらいたいと思います
スワーヴリチャードと違い、晩成傾向にあるシュヴァルグランですから気長に待ちましょう次の目標は人を乗せての調教ですかね。坂路入りできる日を待っています

231219beleek.jpg
やはり馬体は良く見せますね持て余さないように成長していってほしい





[edit]

【シルク】今年の初陣は進退懸かる一戦 

今日から今年の中央競馬が始まりましたが、いきなり東西金杯的中!例年になく、幸先良いスタートが切れました

Screenshot_20240106_193827.jpg
Screenshot_20240106_193427.jpg

どちらも馬連とワイドを買って、同じような払い戻しでしたたいした金額買ってませんからアレですが、まずは今年最初の重賞を的中させたことに満足しています実は昨年末、12/28の中山の最終レースを的中しており、これで購入機会3連勝(笑)今年は今のところ、的中率100%(笑)一口もこの調子で行けばいいのですが…今年も無理せず、マイペースで馬券とは付き合っていきたいと思います


さて、昨年最終の出走から今年最初の出走もこの馬になりました、テキサスフィズの近況です!

2024.01.04 THU
近況
在厩場所:栗東トレセン
小林真也調教師「想定を見て番組を検討した結果、1月7日の京都・D1,400mに角田大和騎手で出馬投票させていただきました。除外の可能性があったことから、追い切りは4日に坂路コースで行いましたが、全体が57.1秒でラスト1ハロン14.0秒のタイムを馬なりでマークしています。時計は目立たないものの、いつでも使えるように普段から時間を掛けて乗るようにしていましたし、一度使ったことによって動きに素軽さが出てきました。ただ、ウッドチップを被せると少し嫌がっていたようですし、レースではそれ以上にキックバックを受けることも考えられますから、ストレスが掛からないように何かしら馬具は着けた方が良さそうです。前回はブリンカーを着けさせていただきましたが、あまり効果は感じられなかったので、今回はメンコとシャドーロールを着用するつもりです。それに、明日か明後日の調教でホライゾネットを着けてみて、効果がありそうならレースでも着用することも考えています。調教では抜群の動きを見せてくれるだけに、何かきっかけがあれば一変してくれると思っていますので、良い走りを期待したいところです

2024.01.04 THU
出走情報
1月7日(日) 京都8R 4歳以上2勝クラス (混) ダート1400m 16頭 角田大和(55.0kg) 発走13:50

2024.01.04 THU
大久保 栗東坂稍 57.1 - 41.8 - 27.6 - 14.0 馬ナリ

2023.12.20 WED
近況
在厩場所:栗東トレセン
小林真也調教師「私は阪神競馬場に臨場していたことから、直接馬の様子を見ることは出来なかったものの、担当者から、『中京競馬場に到着後は少し臆病なところを見せていましたが、それ以外に気になるところはありませんでした』と報告を受けていました。外枠に入ったことですし、ジョッキーには出たなりの位置でリズムよく進めて欲しいと伝えていたものの、五分にゲートを出た割には流れに乗り切れず、追走に余裕がなかったですね。ジョッキーの話によると、『追い切りの時と違って走る方に気持ちが向いていなかった』とのことでしたから、芝のスピードに対応できない部分と、前と離れてしまったことによって気持ちが切れてしまったのかもしれません。競馬に対して気持ちが後ろ向きになっている部分があるので、そこを解消しないことには良い結果へ繋がらないでしょうし、条件を見直すのは勿論のことですが、転厩後は手探りなところに加えて、精神面を考慮してソフトに仕上げたこともあるので、次は調教でも変化をつけるなどして、前向きさを引き出したいと思います。レース後は脚元含めて気になるところは見られないので、このまま在厩させて次走に向けて進めていきます


転厩後初戦でしたが、前走もやる気を失って…という点は変わらずシンガリ負けを喫してしまいましたですが、小林調教師はこれに懲りず、続戦してくれることになりました今回は中2週ということ、除外の可能性もあったということから、中間の時計は軽め1本だけですが、ふだんからじっくり乗り込んでいるとのことで、一度叩いたこともあり、調子は上向いている模様。
ただ、この馬は調教が結びつかないのが難しいところ前走時に着用したブリンカーは効果が薄かったとのことで、今回はシャドーロールとメンコの着けるようです。加えて、ホライゾネットも試してみるとのことで、明日は着けている可能性はありますね。個人的にはホライゾネットが一番良いのではないかと思っていたので歓迎です
とにもかくにも、距離延長になりましたがダートなので、馬具効果も期待して、最後まで集中して走ってくれれば、と思います。正直、今回の結果如何では進退に関する話が出てくると思いますので、祈るような気持ちで見守りたいと思います!

231217texasfizz.jpg
果たして明日、「ザ・フライ」みたいな姿で登場するか?(笑)




[edit]

【シルク2歳】気性面を見抜くのは難しい 

今年の初仕事を終えました。忘れかけている体にリハビリがてら金曜日というのはいいですね。いきなり翌日が休みになりますから。しかも、3連休。また忘れてしまいそうですが
去年はいろいろと大変だったので、今年は穏やかに過ごしたいですが、いきなり日本全体が大きな悲しみに包まれており、波乱含み今日、会社で石川県輪島出身の人に聞いたら、やはり実家は全壊だったそう。幸いにして、今は誰も住んでないそうですが。日本は地震大国でどこにいてもその可能性はありますし、今現地は水不足に困っているそうで、でも物資を届ける環境が整っていないとのことで、お断りされてますね。日ごろからの備えを大切にしたいと思います。被災された方はこの3連休で雨雪の降る予報が出てますので、寒さも増してきますから、くれぐれもお気をつけいただきたいと思います
大谷翔平さん、YOSHIKさん、西島隆弘さん等、著名人が続々と大金を寄付されていますが、影響力のある方が率先してやってくださるのが素晴らしいですね一刻も早くその善意が被災者の皆さんに届きますように自分もできる範囲でやっていければと思います。競馬場には義援金受付も開設してくれるみたいですしね


さて、先月は致命的なことが発覚しましたが、良化してきたでしょうか?アピールⅡ22の近況です!

2024.01.03 WED
近況
在厩場所:ノーザンファーム早来
担当者「この中間も馴致を継続して行って来ました。いきなり人が跨ろうとするとかなり嫌がるので、まずは背中にある程度の重さを感じるような工夫をして馬がその重みを受け入れてから、人が跨るようにしています。毎日時間を掛けて接してきたことで、最近はようやく人が跨って厩舎内でダクを行えるまでに関係性を築くことが出来ました。次の目標は人が跨って厩舎の外へ出ることになりますが、環境の変化にそうとう敏感な馬ですから、急がずに馬の反応を慎重に確かめながら進めて行きたいと思います。人が騎乗しないでも済むトレッドミルやウォーキングマシンを使用して運動は行っていますし、体調面に関しては何の心配もありません」馬体重438kg


スタッフの皆さんもかなり工夫をして取り組んでくださっています。すぐには良くならないかもしれませんが、本人が納得すうようになれば受け入れてくれると信じて進んでいくしかありません現在は厩舎内では人を乗せることはできるようになったようなので、あとは外に出て走ることができるようになるか?いつも思いますが、気性面を募集時に見抜くのは難しいということ気が荒そうかどうかはある程度わかりますが、競走馬として根本的なところ、人を乗せるのを嫌がるとまでなれば、なかなか走ることは好きであってほしいのですが、それと人を乗せることをイコールで考えてくれるようになることを願っています

231202appeal2_22.jpg
キャンターとかできるようになったら感動するかも?(笑)




[edit]

【キャロット2歳】馬体が増えてくれば 

前回、これから書く馬の近況時にチバユウスケの訃報をお伝えしましたあれから、全然チバのことがミッシェルのことが頭から離れませんそして先日、以前予告されていたお別れの会の詳細が発表されました

チバユウスケさん、献花式19日『Thanks!』開催 会場はZepp DiverCity

場所がお台場なので遠いですが、ちょっと半休取って行ってこようかと思います本来、The Birthdayがそこでツアーファイナルをやる予定の日に亡くなったので、ZEPP DiverCityになったとのこと。ZEPPは大阪は行ったことありますが、お台場は初。それがまさかこんな形になるとは…
YouTubeでも動画を見まくり、そういえばライヴDVDを持っていたのも思い出し、でもちょうど日本にいない時に解散したので、ラストアルバムは持ってなかったような…。そんな振り返りをしながら、この年末年始は過ごしました
そこでお別れした後、次は劇場に解散ライヴドキュメントを見に行きたいと思います


この曲、大好きなのに忘れてた!この頃の音が一番好き


さて、1歳馬の更新をしてる間に年を跨いでしまいましたキャロット最後は2歳になったエールデュレーヴ22の近況です!

23/12/27  NF空港
【馬体重:417キロ】右トモの状態が順当に良化してきたことを受けて、少しずつメニューを強化しています。現在は週2日、900m屋内坂路コースをハロン17秒のキャンター2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。ここまで安定して乗り込むことができているのは何よりで、年明け以降に負荷を高めていけるよう、しっかりとした下地を構築していければと考えています


馬体こそ増えてきていないものの、だいぶリカバリーしてきました年明けからペースアップを考えているようなので、この調子で進んでいってもらいたいと思います年末に更新された動画では、並走する相手が遅いせいもありますが、この馬の足取りは軽快で意外と好印象でした。途中、もたれるようなシーンもありましたが、最後まで駆け上がっていたので、時計がいかほどか?と思ったら「時計なし」なのでガッカリしましたが(笑)次から月2回になりますが、今度は馬体が増えてきてくれることを願っています

231214ailedureve22.jpg
三つ編みがオシャレ!




[edit]

【2024一口馬主】個々の目標 

1日の能登半島沖地震に続き、昨日は日航機と海上保安庁の航空機の衝突するという、想像していない二つの災害・事故により、大変重いスタートとなった2024年。海上保安機はこの地震の救助に向かうために飛んでいたそうですね…。任務に向かうために事故に遭うという無念一方、日航機の380人ほどの乗客は皆無事に脱出できたことが不幸中の幸い。
地震では60人以上の死亡が確認されましたし、今後も増えていく可能性があります。それぞれ被災された方にはお見舞い申し上げるとともに、お亡くなりになられた方にはご冥福をお祈り申し上げます
2023も日本はスポーツ以外で明るいニュースは少なかったですし、2024に日本の明るい未来は訪れるのでしょうか?


さて、なかなかブルーな気持ちは拭えませんが、気を取り直して。
先日、今年の一口の全体目標を掲げましたが、今日はザックリと個別目標を挙げてみたいと思います。
大まかに古馬と3・2歳馬に分けての目標を。
ダイアトニックストーリアと立て続けにOP馬が引退してしまったので、具体的に高い目標を掲げられる馬、厩舎を引っ張る馬がいません

【古馬】クラシックステップテキサスフィズアレマーナリゴレットロードディフィート

→2勝C、1勝Cの馬になりますが、彼らはとりあえず1勝を挙げてもらいたいと思います。

220703classicstep.jpg
特に1勝Cのクラシックステップには頑張ってもらいたい。2月末で安田隆厩舎が定年・解散になるので、それまでに勝ってくれると嬉しいです

220724rigoletto.jpg
リゴレットは転厩してもらいたいぐらいですが、とりあえず上の着順を狙えるローテやレース選択をしてもらいたいと思います。そして、掲示板に載って、続けて使えるようになってほしい。

230318alemana.jpg
あとの3頭は2勝Cですが、アレマーナは彼女に合う適性を見つけて、なんとか3勝目を。芝1400~1800ぐらいまでが良いかな。

220625texasfizz.jpg
テキサスは待望の転厩を遂げたので、あとはいかに工夫して使ってもらえるか?次が今後の試金石になりそうなので、そこに全集中してもらいたいと思います。松本騎手とのコンビを復活してもらいたい

230318-2027N1.jpg
ディフィートはずっとマイルなので、1800やダートで新境地を探りたいところ。この馬はまだ4歳なので、いろいろ試してもらいたいと思います。

【3歳・2歳】<3歳>ベリークセントメモリーズウィンターガーデンパステルツェロードヴェスパー
<2歳>アピールⅡ22ビートマッチ22ミスティークⅡ22コンダクトレス22エールデュレーヴ22パノラマウェイ22エトワールブリエ22

→こちら3歳馬は勝ってる馬は2頭。それ以外は未勝利と未出走になります。

231021beleek.jpg
ベリークはまず故障を治して、初勝利を。シュヴァルグラン産駒は晩成ですから、成長力に期待

230722scentmmories.jpg
セントメモリーズも療養中。こちらは勝ち上がりは済ませてるので、春の復帰で2勝目から秋に大きいところを目指してというところです

231216wintergarden.jpg
ウィンターガーデンは初勝利を目指して、在厩で年明け早々走りそうですから、条件見直しで勝ち上がってもらいたいと思います。

231219pastelze.jpg
パステルツェはしがらきまで来てひと月経ちますが、まだ入厩できていないのでまずは入厩からのゲート試験合格。ここまで来たら、初勝利を目指して、なる早でデビューしてもらいたいと思います。新馬戦がある内は無理かな…

231014-2125B.jpg
ヴェスパーは、勝ち上がっており、現在京成杯を目指して入厩中。ここは相手がかなり強力そうなので、力試しということになりそうですが、1勝Cならなんとかなりそうなので、2勝目を挙げてもらいたいと思います

そして、2歳馬はすべて年内デビュー&1勝が目標です早くとも半年後になりますが、今年の出走数を増やすためには、2歳馬7頭に懸ってると思いますので、全馬順調に行ってデビューを果たしてもらいたいと思っていますこちらはデビュー予想を

231202appeal2_22.jpg
アピールⅡ22 出遅れてますが、デビュー予想は秋開催の芝1200~1600

231214beatmatch22.jpg
ビートマッチ22 非常に順調。デビュー予想は夏の芝1800~2000

231214mysthique2_22.jpg
ミスティークⅡ22 少々出遅れ気味。デビュー予想は秋開催の芝1600

231228conductress22.jpg
コンダクトレス22 こちらも順調。デビュー予想は夏の芝1600~1800

231214ailedureve22.jpg
エールデュレーヴ22 ゆっくり目なので、デビューは秋の芝1600~2000

231101-2218.jpg
パノラマウェイ22 順調ならばデビューは夏の芝1800

231101-2228.jpg
エトワールブリエ22 ゆっくり目な印象なので、秋の芝1800~2000

以上、明け2歳馬も含めて、17頭。1年間、何事もなく、最後まで元気に走ってくれることを切に願います!健康第一!

P.S.後出戻り前提で、地方行きの2頭ソニックライトロードサミットはどちらも現在勝ち上がれてませんソニックは3戦するも、2着最高。やはりダートはキツイか…サミットは何の音沙汰もありません




[edit]

【2024謹賀新年】今年の目標 

皆様、あけましておめでとうございます
2024年は穏やかな始まりかと思ったとたん、いきなり能登半島を震源とする最大深度7の地震が起こったことで、一変自分も外出していましたが、緊急地震速報が鳴り、構えました。自分のほうは何ともありませんでしたが、かなり広範囲にわたって揺れたようです津波も発生していますし、震源に近い石川県などは停電してるところも多いようなので、余震を含めて心配なところです。避難されている方もいらっしゃいますので、被災地の皆さんの安全を願っています

そんなわけで、今年の一口の目標を発表しようと思いましたが、とりあえず全体の目標だけにしたいと思います
昨年が72戦6勝でした。出走数は増えましたが、勝利数は二桁に届かず、歯がゆい競馬が多かったのですが、今年もそれほど変わらず、以下の数字で行きたいと思います

70戦10勝

2歳馬7頭いますが、すべて1勝ずつできれば、あと3勝(笑)3歳5頭、古馬は6頭いますから、これで3勝してくれれば、目標達成ですから、全馬が無事に行けば、なんとかなると思いますまぁ3歳馬は2頭故障中なので、前半は当てになりませんし、2歳馬も全馬デビューが現実的な目標になりますが、19頭でなんとか途中で頓挫することなく、1年間競走生活を全うしてもらいたい。これを切に願っています

そんなことで簡単にはなりましたが、2024年の目標としたいと思います。こんな調子で今年もブログを続けていければと思いますので、本年もどうぞよろしくお願いいたします

231130beatmatch22.jpg
2歳馬にはぜひとも頑張ってもらいたいと思います!




[edit]

にほんブログ村&人気ブログランキング

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

日本ブログ村

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ