fc2ブログ
2023年12月 - The favorites in my life
11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

【2023一口成績】人生落ありゃ苦もあるさ 

2023年も残すところ後わずか。なんだか12月に入ってから、何もせぬまま大晦日という感じですが、空しい実家への帰省を終えて、本日帰ってきました
しかし、振り返ってみると今年はホントに公私にわたり、激動の1年だったと思います。最後が母の骨折というアクシデントで終わるという、いかにも今年を象徴する出来事で幕を閉じようとしています。
思えば、年末年始に実家に帰るのは上京してから、あっただろうか?と考えると、思い出せません(笑)。そんな時に実家で一人暮らし(笑)。実家と言っても20年以上経ってますから、正直ほぼ勝手がわからなくなっており、何がどこに?という状態でしたが、最後は洗濯したり、洗い物したりといろいろして出てきました。
来年は仕事はともかく、プライベートは心穏やかに。自分はもちろんのこと、家族も心身ともに健全な状態で過ごしていければと願っています

さて、ここからは今年の一口成績を振り返るのですが、こちらも去年の反動でまったくダメダメな年になってしまいました

Screenshot_20231231_124108.jpg

出走数こそ過去最多を達成しましたが、その中身はひどいもの勝利数は半減、賞金は3分の1、掲示板や入着数も軒並み減少という結果に終わりました

Screenshot_20231231_124210.jpg

たくさん走ってくれることは一つの目標にしてますし、60戦を目標にしていた今年はそれを大幅に上回ることができたことは素直にうれしいのですが、クラシックステップテキサスフィズリゴレットなどはいたずらに出走するだけで内容の薄いレースが多かったと思いますまぁトータル成績的には2021年よりマシですかね(笑)
唯一ダイアトニックが抜けた後、厩舎を引っ張っていく存在になっていくと期待していたストーリアが頑張ってくれていましたが、秋に眼前で故障発生、予後不良という最悪の結末を迎えてからはさらに状況が悪化まったく勝てる気がしなかったです
まずは全馬、1勝挙げないといけないので厩舎もそれに向かって頑張るのですが、その後は数戦の結果如何で、扱いがだいぶ変わってくると思いますそうなると、なかなかレースも騎手のチョイスも一生懸命やってくれることがなくなってきますからね
「人生落ありゃ苦もあるさ」。水戸黄門の歌にこういう一節がありますが、まさに一口もそうで良い時もあれば、悪い時もある。そう思って、来年に向かっていきたいと思います来年は明け2歳、3歳馬に頑張って、我が厩舎を引っ張ってもらい、それにつられる形で古馬勢も乗っかっていってもらいたいですね
今年も当ブログや競馬場で1年お世話になりました。すべての出会いに感謝しています皆様も良い年をお迎えください。ありがとうございました

20231014_151912.jpg
今年も厩舎を引っ張っていってくれましたが…ありがとう、ストーリア




スポンサーサイト



[edit]

【キャロット1歳】この調子で早期デビューを 

今日も穏やかな気候で、年末年始としては非常に過ごしやすいものです。
昨日、母のお見舞いはわずか15分だけでしたが、顔を見ることができました。思ったより元気そうでしたが、あまり食欲はないとのことで、ふだんそんなことがないので、少し心配。とりあえずコルセットが超速でできてきて着けていたので、これで少しでも早く骨がくっつくことを願っています
こうなると家の食料や冷蔵庫の片づけが大変で、食べてしまえるものは食べてますが、ふだん食べないものがいっぱいで今朝もかなり食べて、昼飯がいらないぐらい腹パンパン(笑)
冷凍庫にチョコモナカジャンボの食べかけが入ってたのですが、出してみると半分シャーベット化というか、氷化しており、食べたものの、シャリシャリしてチョコの味もあんまりせずに美味しくなかったです(笑)ペチャンコだし(笑)

20231229_185326.jpg

お見舞いのあと、母がよく行くスーパーに立ち寄って、晩御飯の足しになるものを買いに行ったら、関東のスーパーではとんと見かけなくなった「アレ」を見つけてしまいました

20231229_191705.jpg

思わず、「おっ!」と声が出てしまい、自然と手が伸びてました(笑)やはりうすあじは美味い😋前にニュースで関東では販売しないようになった、と聞いた記憶があったので調べてみたら、明治のサイトのQ&Aに出ていました

【Q&A】「カール」シリーズの販売地域変更などについて

貴重な機会に巡り合えました。じっくり味わって帰りたいと思います


さて、キャロット1歳の更新第3弾、まもなく明け2歳になるわけですが、コンダクトレス22の近況です!

23/12/27  NF早来
【馬体重:452キロ】現在は週3日、坂路でハロン15~17秒のキャンターと周回コースでのキャンター1800mの調整を行い、それ以外の日は周回コースでのキャンターのみかウォーキングマシン調整を取り入れています。坂路調教を継続していますが脚元に問題を見せることもないので、この中間は日によってハロン15~16秒のキャンターを取り入れるなど、ペースアップを図っています。カイバ食いは良く、体調も安定しているので、このまま適度に運動負荷を掛けることで15-15の開始につなげていきたいところです


ウチの4頭の中で、一番早く移動しただけあって、進捗も良いです年明けには15-15を開始できるのではないかと思いますただ、だいぶ腹回りがスッキリしてきて馬体が減少加減なので、ここから踏ん張って体力強化していってもらいたいところ
ウチの4頭の中で、15秒まで踏み込めてるのはこの馬だけで、来月からは月2回の更新になりますので、その時には15-15を始めたという近況を聞けることを願ってます!

231228conductress22.jpg
夏の府中デビューができたら嬉しいですね





[edit]

【キャロット1歳】今はひたすらベースアップ 

昨日から実家に帰ってきていますが、母不在なのでやはり1人だと寂しいですね(笑)
昨日、電話で少し話したのですが、声も元気がなく、食欲もないとのことで心配ですほんとにお見舞いも1/10まで予約は取れないと言われたのですが、なんとか事情を説明し、無理やり今日この後お見舞いさせてもらうことになっています。リハビリももう始まっているとのことで、自分には何もできませんが、顔を見せることで少しでも元気になってもらいたいところです


さて、今年もキャロットのアンケートが来ましたが、今年も回答しました。今回は馬名募集の投票制と募集馬の最終申込数の公表について書きました。
馬名募集に関しては、今年やたらと長い期間選考期間を設けてますが、投票制にすれば去年のようなことは起こりにくいのではないかと思います。
最終申込数の公表については、一般に関しては自分なんかは当たってほしい馬に申し込んでますが、やはり獲れない怖さから「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」じゃないですが、大量に申し込む人もいると思いますので、キャンセルの抑止力になるよう、発表してもらったほうが良いのではないかと思います。昔、公表してクレームがあったとのことですが、今は大丈夫じゃないですかね。そんなもんだと思ってる人も多いと思いますが、楽観的過ぎでしょうか?
これが受け入れられるとは思ってませんが、とりあえずせっかくの機会ですので、意見としてお伝えしました。あとはキャンセル募集時はその馬を最優先にした人を優先的に当選させる、とか書けば良かったと今は後悔しています(笑)



さぁ、そんなわけでキャロット1歳馬、2頭目はちょっと遅れ気味か?ミスティークⅡ22の近況です!

23/12/27  NF空港
【馬体重:430キロ】現在は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は900m屋内坂路コースでハロン17~18秒のキャンター2本登坂しています。こちらの環境にも少しずつ慣れてきたのか、以前ほどピリピリした面を見せることは少なくなってきています。ただ、見た目の印象を含めて、これからの馬と思われるだけに、今しばらくは体力面のベースを作っていくイメージで進めていきます


思ったより進んできましたね。早い組に比べればまだまだですが、この調子ならそこまで遅くはならないのではないかと思います半兄はエリカ賞を3着に敗れましたが、サトイモ産駒なのでこれからでしょう。この馬も兄ぐらいのデビューができればいいかな。スタッフは今は基礎固めの時期だということで、じっくりやっていくとおっしゃってるので、春までは成長を促しながら、ベースアップに努めていってもらえれば問題ありませんとりあえずはもう頓挫の内容に進めていってもらいたいと思います!

231214mysthique2_22.jpg
いつも女性スタッフと合わせたピンクのコーディネートがかわいいね!




[edit]

【キャロット1歳】エピファのノウハウを生かしてじっくりと 

今日で仕事納め。世間的にはもう1日あるのかもしれませんが、ウチの会社は休みが多いのだけが取り柄(笑)今年はホントにいろいろありましたプライベートでは親父が亡くなり、年末は明日から実家に帰って母親と過ごす予定でしたが、なんと母が転んで腰を骨折…今日から入院することになりました最後まで波乱含みですとなると、何のために帰るのか?(笑)病院にお見舞いとかも行けばいいじゃない、と考えますよね?でも、今も病院は1日3組のみ予約制でお見舞いを受け付けているそうで明日はもういっぱいらしくなんとか1日でも母に会えればいいんですが、とりあえず予定は変えずに帰省してきます

さて、先日ここでもチラッと敗者復活戦の模様を書きましたが、今年のM-1はドラマチックな最後でしたね3組の決勝進出コンビの漫才を受けて、7人の審査員票が1人ずつ発表になると、交互に「ヤーレンズ」と「令和ロマン」の名前が挙がり、最後松ちゃんの1票で決まるという展開!結果、「令和ロマン」を選んだため、彼らが優勝!
結成5年目というキャリアのフレッシュさでありながら、予選、決勝ともにトップバッターで優勝したのもすごい偉業で、これは第1回の中川家以来とのこと

『M-1 2023』トップバッター優勝・令和ロマンに付けた審査員・松本人志の「90点」の重さ

この記事にもあるように、トップバッターの点数が基準になるため不利になりやすく、この後に出るコンビとずっと比較され続けることになるからです。松ちゃんの点数が一番低く、でも「90点」。この時は他の方と比較して低いと感じますが、「80点台は考えられなかった」と言っていたように、決して低評価による90点ではなかったということが後になってわかります
本番中にも松ちゃんが令和ロマンは2本目に1本目を上回るネタを用意していたのがすごかった、と言ってましたが、普通は決勝進出できないと元も子もないから、いいネタを持ってくるのがセオリーです。結果、令和ロマンは予選を3位で通過して、決勝で勝つわけですから、絶妙なチョイスだったと言えるでしょう競馬で言えば、TR3着からのG1制覇みたいなものです(笑)
逆にもったいなかったのは、さや香。2本目のネタはテレビの前の視聴者も含めて、万人にやるには難解すぎました新山はこれに迷いはなかったみたいですが、おそらく審査員を意識していたのでしょう。「このネタの面白さがわかるか?」と。しかし、1票も入らなかったさや香に対し、番組終了間際に山田邦子が放った「さや香は2本目全然ダメ!」というのがみんなの総意だったと思いますし、さや香をいじって救うという意味でも、よくぞ言ってくれたと思いました
いずれにしても、驚きの連続だった今年のM-1。令和ロマンだけでなく、ヤーレンズも面白かったし、他も初めて見るコンビが多かったので、今後の露出に期待したいと思います
しかし、審査員の中で一番的確なコメントをしていたのが最年少のナイツ塙。どのコンビに対しても的を射た言葉で、アドバイスというか感想を述べていて、感心しました


さて、今年最後の更新となるキャロット1歳馬。まずはこの馬、ビートマッチ22の近況です!

23/12/27  NF空港
【馬体重:496キロ】現在は週3日、900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンター2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。ハロン16秒ペースを開始していますが、いい意味で変化が出てくるようなことはありません。年内は現状のハロンペースに留めることで、じっくりと中身から強化を図っていくことができればと考えています。


今回は特に強調するところがなく、牧場見学行かれた方が情報をアップしてくださるので、通常の更新がいらないくらいですここまでのところ遅生まれっぽいところがなく、エピファネイアらしい成長を遂げているのかなと感じますただし、牧場側もそれをまともに受けてやるのではなく、やはり気性的な問題もありますので、一気にはやらずに敢えてムダにテンションが上がらないように育成しているようですこの馬に関しては先日更新された動画でそれを感じて、肉体的な成長は早さに釣られぬように接しているのだと思います今回も馬体は増えており、馬格的な心配はデカくなりすぎないことだけです
特に本馬は短距離馬ではないですし、この調子で行けばそこそこ早めに行けそうではありますが、心身ともに健やかなまま、デビューを迎えてほしいので、じっくりと基礎体力アップに努めてやっていただけるのはありがたいですね

231214beatmatch22.jpg
友道調教師も確認しに来られているようですね




[edit]

【キャロット2歳】年明けの吉報を待つ 

明後日、本年の中央競馬のラストデイ、1日限りの開催があり、ホープフルSが行われますが、有馬記念で武豊ドウデュースが勝ったことで、大団円でフィナーレを迎えた気がしますそして、そのジョッキーカメラが公開されましたが、これがまた美しいこんなにブレのない見やすい映像があるのかと思うぐらい。これ、逆に競馬を知らない人に見てもらいたいと思いました



澄み切った青空の元、冬の西日に照らされた優駿たちは美しく、その中でドウデュースはヒートオンビートを前に置いて、ゆっくり後ろを追走します。馬の後ろに入れているものの、外はオープンになっていて、いつでも動ける態勢。そして白眉は、3角手前。スッと音もなく上がっていって、あっという間に外から馬群を交わし去った後、画面に見えるのはタイトルホルダーだけになる時は、鳥肌ものです
直線もタイトルホルダーに寄せていけば、スターズオンアースの進路を蓋することができたはずですが、きちんとまっすぐ走らせてルメールとの併せ馬を制するところがカッコイイ。なのでルメールも素直に「スバラシー」と言えたと思います
ホントにおめでとうございます来年リベンジを果たすため、また頑張ってもらいたいと思います


さて、年末も押し迫ってきまして、年内入厩は無理か?パステルツェの近況です!

23/12/26  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンタ―調整を行っています。「この中間も坂路では15-15を乗っており、日によっては引き続きハロン14秒ペースも取り入れて調教を行っています。継続して動かすことで徐々に状態も上がってきている感じがしますし、ここまで体調面も良好ですね。あとはいつ声がかかっても対応できるようにしていきます。馬体重は473キロです」(NFしがらき担当者)

23/12/19  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンタ―調整を行っています。「この中間も坂路では15-15を取り入れて調教を行っています。日によって終いを14秒まで伸ばしていますが、ここまで体調面も問題なく、順調に進めることができていますね。厩舎サイドとも入厩に向けた話をしているので、移動に向けてしっかり動かしていきます」(NFしがらき担当者)


しがらきに移動してから、すでに3週間以上経過。まだ入厩できませんおそらくこの時期になって、まだ十分とは言えないものの、後ろも詰まってきてるし、GOサインを出したというところが正解かなと思います。なので、しばらくはしがらきで鍛えてからの入厩になるのでしょう。
先週今週とほぼコピペみたいな前半のレポートでしたが、順調に進行してるようなので、もう間もなくなのかな…と思いつつ、早く移動の報を聞きたいので、どうしても気持ちが逸ってしまいます11月中旬のレポートでは458キロでしたが、今日の更新では473キロと増えてきました!これは鍛えながらの増量なので、素直に嬉しいですね。
思えば自分はホントによく母の父サンデーに出資してきました。その中でもこの馬が最後になると思いますし、長く走ってもらいたいと思っています

231219pastelze.jpg
欧米の外国人が乗ってる!年明け早々の吉報お待ちしています!




[edit]

【ロード】年明け移動の可能性が 

今、M-1の敗者復活戦が行われてますが、いやレベルが高いですね。知らないコンビが多いけど、みんな面白い。さすがに史上最多の8540組ものエントリーがあっただけにすごい。この後、本チャンですが、今年も新たなシンデレラボーイが誕生するのでしょうか?楽しみです

さて、年末の風物詩といえば、有馬記念。今年は見事、武豊騎手のドウデュースが優勝しました復帰して、この大一番にいきなり勝利。やはりこの男が勝つと盛り上がります千両役者です。正直、個人的にはほとんど無印に近いヒモ馬だったので、リアルタイムで観てる時には全然どこにいるかわからなかったです。気づいたのはホントにゴール前(笑)。ソールもジャスティンも後ろにいたので、そっちばかり気にしていたため、前を見てビックリしました朝日杯を勝った時も思いましたが、この馬は小脚を使えるハーツクライですね。らしくない。捲れるハーツ。ストライドも伸ばせるし、オルフェーヴルみたい。
一方、2着のルメール騎手のスターズが前にいたのはわかってましたが、外枠に入った時から決めていたのでしょう。彼ならやってくると容易に想像できましたが、ルメールはホントに上手い。スタートはタイトルより速いぐらいでしたから。それを行かせて番手につけた時はしてやったりだったでしょう。こっちとしては「これは行かれたかなぁ」と思ってました
しかし、ドウデュースは来年、再度凱旋門に挑戦するとのことで、今年出走を果たせなかったドバイともども、ずっと海外のレースでも良いかもしれません。「武豊で凱旋門を」。これがオーナーの夢ですからね。今年の馬場なら去年よりやれたはずだから、来年もそうなってくれれば、という感じですね
友道先生はそちらで忙しくなるかもしれませんが、ビートマッチ22のこともよろしくお願いします(笑)

Screenshot_20231224-154832_Chrome.jpg

Screenshot_20231224-174019_Chrome.jpg



さて、いよいよ具体的に移動が見えてきた、ロードオルデンの近況です!

2023.12.19
ロードオルデンは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「引き続き、ネガティブなニュースが飛び込まないまま。12月15日(金)は半マイルからハロン15秒のラップを刻みました。調教量に比例して息遣いが良くなるなど、望むべき方向へ進んでいる感じ。年明けの出発を意識し、丁寧に作り上げたいです

2023.12.12
ロードオルデンは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。12月7日(木)測定の馬体重は510kg。
・当地スタッフ 「12月9日(土)に5ハロンから15-15を交える形。1本目でも勢い十分に駆け抜けており、前向きさがしっかり窺える走りでした。兎にも角にも、ペースアップ後も蹄を含めた脚元の状態が安定しているのは何より。帰厩へ向けて更に進めましょう


いよいよ最終段階に入ってきた感じでしょうか。同期のストーリアの分まで、同じリオンディーズ産駒として長く頑張ってほしいと思ってるので、年始での帰厩を目標に、というコメントはテンションが上がります年末年始で更新が滞るところですが、それが明けたら移動の報が聞けるよう、ここで頓挫してしまっては元の木阿弥ですので、しっかりケアしていってもらいたいと思います

230513-1927A.jpg
もう一度府中で走ってくれないかな?




[edit]

【キャロット2歳】来春の府中で会いましょう 

明日は有馬記念ですが、今日は暮れの中山と言えば、もうひとつはこれ。中山大障害が行われました



今年から始まったジョッキーカメラですが、障害レースの公開は初ですかね。勝ったマイネルブロンの映像ですが、やはり障害飛越があるので迫力がありますし、抑えていたマイネルが2周目の3角前から前を捉えに行くところが良かったです

231223中山大障害

しかし、左には馬番と馬名、そしてスピード表示、右にはトラッキングによる順位表示と、まるでギャロップレーサーのような画面でどんどんジョッキーカメラ映像も進化しています。おそらく明日の有馬記念も同様の動画が公開されるでしょう。というか、有馬のためにここまでにしたのかな、と思いますもう全頭に着けて、16分割とかで見てみたいですね(笑)


さて、ストーリア亡き後、牝馬のエース候補として復帰が待ち遠しい、セントメモリーズの近況です!

23/12/20  NF空港
この中間はウォーキングマシンでの調整を行っています。「この中間からウォーキングマシンでのメニューへ移行しています。しばらくは現状の内容が続いていくことになりますから、脚元の経過をよく見ながら進めていこうと思います」(空港担当者)

23/12/13  NF空港
この中間はトレッドミルで常歩運動を行っています。「引き続き、同様の内容で体を動かすようにしています。定期的に脚元の状態を確認していき、回復状況に応じて必要なケアを施していければと考えています。馬体重は492キロです」(空港担当者)

23/12/7  NF空港
この中間はトレッドミルで常歩運動を行っています。「この中間は疝痛予防を兼ねてトレッドミルで常歩運動を開始しました。曳き運動と同様の内容になりますので、しばらくは今の形で動かしていき、経過次第でウォーキングマシン運動を開始していきます」(空港担当者)


トレッドミルのみだった運動が今週からウォーキングマシンに一歩前進しましたここのところ、毎週変わらない近況で、今後もまた同様の更新が続くようですが、今が大事ですからじっくりリハビリしていってほしいと思います目標は来春!府中で再開したいと思いますので、スタッフの皆さん、じっくりしっかり抜かりなくケアしていっていただきたいと思います!

231130scentmemories.jpg
かわいい瞳ですが、走れなくてウズウズしてるかな?




[edit]

【ロード1歳】フィエールマンらしい成長を 

昨日、有馬記念の公開抽選会が行われました
BSフジで中継されていたので、観たかったですが、残念ながら仕事だったため、観れず!
しかし今は後から観られるツールがたくさんあっていいですねYoutubeにアップされていたので、今それをチェックしながら書いていますが、やはりいいですね来年も行われたら観に行きたいなぁ

Screenshot_20231222_074620.jpg

すべてがわかった後ではアレですが、スルーセブンシーズのくだりは生で観てたら笑っただろうなぁと思いました。尾関調教師が当日のめざまし占いで1位だったそうですが、引いてみたら8枠15番で大爆笑(笑)池添騎手の苦虫を噛み潰したような顔が忘れられません(笑)
タスティエーラの秋田社長も13番枠を引いて「すいません」と小声で堀調教師に謝ってましたし、公平ではありますが、公開抽選というのはその瞬間瞬間は悲喜こもごもありますね
一方、シャフリヤールは藤原英調教師が引いて、松山騎手が開くというリレー方式で見事1枠2番を引き当てて、盛り上がってました
8頭終えた時点で、名前が呼ばれていない陣営に緊張感が走っていきます。まだ外枠は残っている…
まだまだ続きますが、気になる方はぜひご覧ください

ちなみに予想はあまりしませんが、有馬記念ということで。

◎ソールオリエンス
○ジャスティンパレス
▲タスティエーラ

ですかね。
スルーセブンシーズなんかは6番枠とかに入ってたら、文句なく本命だっただろうな、と思いましたが、さすがにこの枠ではね15番に決まった池添騎手が席に戻る途中、ルメール騎手の肩をポンと叩いたのが効いたんでしょうか(笑)スターズオンアースと並んで牝馬が8枠というのは厳しいですね。3着候補は個人的にたくさんいそうですが、上記3頭の中で2頭は絡みそうだなと。あと2日。楽しみです


さて、ロードのもう1頭の更新、2年連続の出資となったエトワールブリエ22の近況です!

2023.12.18
エトワールブリエ'22は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン17~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「同期の他の馬達に比べればそこまで大きくありませんが、肌の質感や筋肉には良いモノが感じられる1頭です。トレーニングを始めた当初は自分からグイグイ進む感じとは違ったものの、調教量に比例して段々と前向きさが出て来た印象を受けます


フィエールマン産駒ということで早くなさそうですし、やはり長いところが良さそうな雰囲気。ただ、筋肉の質感などは良さそうなので、こちらもじっくり育成していってもらいたいと思います動画を見ても、パノラマウェイ22よりゆっくりな感じを受けましたので、兄ロードヴェスパー同様、秋デビューで叩いて鍛えていければ良いなと思いますし、父のような成長力を見せてもらいたいと思います

231101-2228.jpg
ヴェスパーよりは大きくなってほしいところです





[edit]

【ロード1歳】初更新!跳びの大きなフットワークで 

いつも出掛ける時はスマホではなく、ウォークマンを聴きながら出かけるのですが、自分は本体とは繋がっていないものの、有線のこイヤホンを2代にわたって使っていました

okaidoku-store22_s-4905524945997-20221003_i_20221003174630.jpg

しかし、もう5年ぐらいは使ってたでしょうか。有線の宿命、片方のイヤホンの接触が悪くなり、聞こえなくなってしまいました。なんとか当初はアナログに線をいじったりして、聴こえたこともあったのですが、それもダメになり、久々に新しいものを買おうと思いました三度、同じものと思ってましたが、古くなってきて在庫が減っているからか意外と価格が高く、また有線で引っ掛けたりしてわずらしく感じる部分もありましたので、ワイヤレスにしようと考え直しました
ただ、実は今使っているウォークマンを買った時にワイヤレスイヤフォンにしたものの、すぐに失くすという失態を犯し、すごいショックを受けましたなので、今流行りの完全ワイヤレスはハナから眼中にありませんでした。自分の耳にフィットしなさそうなのと、それによりすぐに落としてしまうだろうことも想像できましたからそして、何より周りにイヤホンを差してることが近づかないと気付いてもらえないことを危惧しました。今までそういう人を見て、聴いてる本人は平気かもしれませんが、周りから見たら危ないと感じることがありましたので、自分は周りにイヤホンをつけてますよ、とアピールするためにネックバンド式のイヤホンを検討し始めましたそして買ったのがこちら

tsukumo-y2_1591268015_i_20221118182832.jpg
OPEN RUN 骨伝導イヤホン

ネックバンド式に加えて、骨伝導のオープンイヤーイヤホンにすることで周りの音も聞こえるということで選びました。海外ブランドのようですが、骨伝導イヤホンとしては有名なところのようで、評判も悪くなかったので結構早めに絞れました。黒、青、赤、グレーと目立ちにくい色が多くて赤以外で迷いました。白があれば良かったんですけど、青にしました。オープンランの名前の通り、ランニングしながら走るのにも最適ということなので、今日初めて電車に乗って使ってみました
まず骨伝導で耳にはめないので、周りに音が漏れるのを気にしましたが、思ったよりも周りの音に左右されるので、ボリュームの加減がその時々によって、微調整が難しいですね電車の騒音が最大時に合わせるとデカくなりすぎそうなので、ある程度周りの音に吸収されることは織り込んで、何度も変えなくていいようにベストなボリュームを探っていきたいと思います

20231221_073723.jpg

帰りの電車では、だいぶベストな音量が分かり始めました


さて、キャロの支払いも終わり、ロードの1歳も無事に出資が確定しましたので、あとはロードの支払いを終えたらスッキリします。そんなわけで、ロード1歳も初更新がありました。まずはこの馬、パノラマウェイ22の近況です!

2023.12.18
パノラマウェイ'22は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン17~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「フットワークの大きな走りは半姉デナリハイウェイとの共通点。このまま丹念に乗り込みながら健やかな成長が叶えば、力を付けて一層ダイナミックな動きに変わるはずです。芝が合いそうな印象。もうしばらくは同じメニューを繰り返しましょう」


ロードの馬はだいたい皆同じメニューで進められているので、他の馬と比べての進捗の差はあまりわかりませんが、体高が低い割にフットワークの大きな走りということで、そのあたりはキタサンブラックっぽい感じはしますね。今のペースをしばらく続けるようで早いデビューではなさそうですが、脚元は丈夫そうなので、じっくりと鍛えていってもらえればと思います
同時に動画が更新されましたが、そちらを見ると、他と比べてまぁまぁいいペースで来てそうですね。この調子で進んでいってほしいところです

231101-2218.jpg
動画だけでなく、写真も早く見たいですね





[edit]

【ロード】ダートのために成長を 

ロードの通常募集が18日から始まりましたが、そこでようやく1頭満口になりました

2023年募集馬の募集状況について
2023年12月19日(火)現在の2023年募集馬(2022年産1歳馬)の募集状況をお伝えします。
※募集状況は原則的に毎週月曜日に更新します。
 
【2023年募集馬 募集状況】

【募集締切】No.1 イトワズマジック’22、No.15 オールフォーラヴ’22、No.16 キャトルフィーユ’22、No.17 エンジェルフェイス’22、No.18 パノラマウェイ’22、No.21 デルフィーノ’22、No.24 ヴィーヴル’22、No.26 ポプラ’22、No.28 エトワールブリエ’22、No.32 ブーケドロゼブルー’22
【残り口数僅か】No.9 プリメラビスタ’22
【残り 50口未満】No.29 タカミツサクラ’22
【残り100口未満】No.11 ワンダーガドット’22
【残り150口未満】No.4 プレミアムギフト’22、No.20 アドマイヤシャイ’22、No.22 ブリュネット’22
【残り200口未満】No.2 ナチュラルスタイル’22、No.7 ワイルドココ’22、No.25 ベイコート’22、No.27 エンジェリックレイ’22


やはりブーケドロゼブルー22です追って、プリメラビスタ22も残り僅かになりましたが、年内5%のポイントでどこまで売れるでしょうかね?自分も1頭様子見していますが、まだここには名前が出てこないので、じっくりチェックしたいと思います

そして、馬名募集も始まりました

2023年募集馬の競走馬名を募集します
以下の募集要項を必ずご確認の上、競走馬名募集ページよりご応募下さい。
 
【募集要項】

締切日:2024年1月22日(月)午後6時
・ご応募は出資会員の方に限らせて頂きます。
・通常受付にて出資された募集馬は、お申し込み後より馬名のご応募が可能です。
※出資申込前、やむを得ない理由により出資が無効となった場合はご応募された案を無効とさせて頂きます。
・会員番号、氏名、メールアドレス、募集馬名、冠名(牡馬のみ)を含む9文字以内の競走馬名、アルファベット表示、言語、意味、由来を記入の上ご応募下さい(複数でも可。ただし、お1人様につき1頭あたり5候補まで)
・牡馬に配されるロード:Lordとは競馬発祥の地として名高い英国の貴族に対する尊称です(牡馬で冠名がない場合は無効となります)。
・言語の選択欄に該当言語がない場合は「その他」を選択し、由来欄に言語名をご記入願います。
・由来は詳しくご記入頂けますと幸いです。意味と同じ内容の記載や未記入の場合、選定候補から外れる事もございます。
・現役の競走馬や繁殖牝馬、国際保護馬名等により名付ける事の出来ない馬名がございます。公益社団法人日本軽種馬協会が運営する「JBIS-Search」等で同一馬名でない事のご確認を推奨致します。過去に登録された事がある馬名でもご応募可能ですが、引退から一定期間(概ね10年程度)が経過するまで使用できません。
2024年3月に馬名申請を行う予定です。採用された方には記念品を贈呈します。
・発表時期に関するお問い合わせはご遠慮下さい。決まり次第のご案内とさせて頂きます。
・電話、メールでのお申し込みは受付致しません。


こちらは締め切りが1/22。ノーザン系と違い、1頭につき5案も応募できるということで、かなりの余裕があります。特に自分は牡馬なので、「ロード~」という馬名にしないといけないので限定されますし、考え甲斐はありませんが、深く考えずに響き重視で考えてみたいと思っています


さて、まだまだ戻ってこない!?すっかり冬休みモードのロードディフィートの近況です!

2023.12.19
ロードディフィートは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン17~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「この中間もハロン17、18秒ペースまでのパターン。今後の予定がまだ白紙なだけに、もうしばらくは同じパターンを続けようと考えています。馬房内の様子を含め、気になる点が浮かばないまま。しっかりと充電を図り、巻き返しを図りたいです」

2023.12.12
ロードディフィートは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン17~20秒ペース)。12月7日(木)測定の馬体重は465kg。
・当地スタッフ 「引き続き、普通のところをコンスタントにこなす内容です。与えた分の餌を残さずに食べている他、獣医師の定期チェックにおいても指摘を受ける箇所が無し。この先も和田調教師と密に意見を交わし、大まかな目標が決まってからピッチを上げます

2023.12.05
ロードディフィートは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン17~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「この中間もトラブルとは無縁で、ハロン17、18秒レベルのキャンターを消化。兎にも角にも元気一杯です。とは言え、煩い感じとは異なり、トラックでも乗り手の指示に的確に反応。厩舎側と情報交換を行い、負荷を高めるタイミングを考えましょう」

2023.11.28
ロードディフィートは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「11月21日(火)にトレッドミルで動かし、22日(水)は人間を背に迎えて角馬場へ。23日(木)から広いダートで乗り出しています。今はハロン18秒程度まで進行。活気に溢れていて具合が良いだけに、様子を見ながら次のステップへ移る方針です


結局、秋は不完全燃焼のまま、わずか2戦で終わってしまいました中1週で2戦したので、一瞬で終わってしまった感じがしますし、前から「距離延長してもいいのでは?」と言われたり、もう少しいろんな条件を使ってもらいたいと思うので、次はとりあえず1800ぐらいで見たいところです
前走後にジョッキーにダートもあり、と進言されましたが、この馬は馬格がないんですよねずっともう少し大きくなってきてほしいと思ってるのですが、なかなか増えてこない。この休養で少しでも成長してくれればと思います

231029-2027B.jpg
芝か?ダートか?ダートなら府中のほうがいいな




[edit]

【シルク2歳】この休養が良い方に 

昨日の朝日杯はジャンタルマンタルが1番人気に応えて優勝しましたこの馬の父は見慣れない種牡馬です

ジャンタルマンタル_5代血統

Palace Malice。自分もこの馬とノルマンディーのノーブルロジャーという馬が勝ったから知りましたノルマンディーで新馬勝ちできたのも結構すごいことですが、その勝ち方がまた鮮やかだったので印象に残りましたね。それを受けてかわかりませんが、来年からダーレージャパンが導入することが決まりました。

ベルモントSなどGI2勝パレスマリスがダーレー・ジャパンで種牡馬入り

パレスマリスの母は見たことあるな、と思ったら、シルクでもその産駒(つまりきょうだい)が募集されていたことがありましたね。しかし、ディープ産駒ながら未勝利引退でしたジャスティンパレスなども出してますから、そのへんのノーザンの出し入れはすごいものがあります
パレスマリス自身は2歳時に勝ち上がっているようですが、G1はベルモントS(2400m)と4歳時のマイルG1メトロポリタンHを買っていることから、アメリカンにありがちな早熟ではなく、むしろ成長力を感じさせます。距離の融通性もありそうですから、繁殖によってこれからいろんな産駒を出してきそう。すでに種牡馬としても2歳G1本国でも制し、昨日日本でも勝ったたことからも、単なる晩成ではないことは証明済みですし、第2のサンデーになる日が来るかも?社台ではなくダーレーなのがどう出るかですが
個人的にも出資してみたいですが、なかなかその機会はなさそうそれにこれから出てくる仔はもう高いでしょうしね。その推移を見守っていきたいと思います


さて、大事な時期に骨折して勝ち上がりができるか心配になってきましたが…術後の経過はどうか?ベリークの近況です!

2023.12.15 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファーム空港
担当者「引き続き曳き運動を行っていますが、この中間は運動時間を少し延ばしました。先週よりも良い形で歩けるようになってきていますし、気配は順調に良化していますね。更に負荷を掛けていけそうではあるものの、無理はさせずに段階を追って進めていきます。馬体重は480kgです」

2023.12.08 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファーム空港
担当者「この中間も曳き運動を行っています。まだシャキッと歩くことは出来ないですが、先週よりも歩様は良くなってきましたね。この感じであれば徐々に運動時間も増やしていけそうですが、まだオペを行ってから日が浅いですし、慎重に進めていきます。馬体重は485kgです」

2023.12.01 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファーム空港
担当者「先週と同様に曳き運動を行っていますが、運動時間を少し増やしました。患部の状態は良い意味で平行線ですし、動かせるようになったことで気持ちの方もリフレッシュ出来ているようですね。もう暫くはこのメニューで進めていきますが、体が増え過ぎないように注意しておきます。馬体重は482kgです」

2023.11.24 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファーム空港
担当者「先日、獣医師に患部の経過を確認してもらいましたが、『順調に回復している』との事でしたから、抜糸を行いました。そして、週半ばから曳き運動を開始しており、来月からは少しずつ運動時間を増やしていきたいと思います。馬体重は474kgです」

2023.11.17 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファーム空港
担当者「先週の月曜日に左前膝の手術を行いましたが、その後も熱発等はなく体調は安定しています。現在は舎飼で様子を見ているものの、飼い葉食いは安定していますし、精神状態もこの馬なりには良いですね。獣医師から運動開始の許可が下りるまでは、このまま安静に過ごすこととなっています。馬体重は471kgです」


無事に手術も終わり、あまり毎週変わらない近況のように思いますが、徐々に運動する時間も増えてきてるようですので、この調子で進んでいってほしい。ひとまず、乗り運動を再開できるようになったら、だいぶ前進したと思えるでしょうから、そこを目標にしてもらいたいですね
思ったより早く復帰できそう!となれば嬉しいですが、夏競馬が始まるころには…と思ってますので、晩成の血の成長を含めて、この休養が吉と出るものであってほしいですね

231115beleek.jpg
なんだか走れなくて寂しそう(笑)




[edit]

【シルク】今年最後の出走 

いやぁ、昨日は暖かかった!いや、暑かったですね気温が上がるとは聞いていたので、昼過ぎにスウェットにウインドブレーカーを羽織って出たら、しばらく歩くと「暑っ!」と思いました戻って着替えるのも面倒だったので、そのまま出かけましたが、歩けば歩くほど脱ぎたくなりました(笑)全然風もなかったですしね。その後、夜は外食をして帰ってきましたが、昼より多少風は出てきたものの、依然として気温は高めのようで、そのカッコでちょうどいい感じでした
金曜は結構寒かったと思いますし、今日はまた14℃、明日は11℃、火曜は9℃ということで、「ナメとんか、ワレ!」という感じ(笑)毎週この繰り返しのような気が…どうせ今後寒くなっていくのなら、暖かくならないでほしいですもう来週は冬至だし、2か月ぐらい我慢するから寒くいてくれ…と思っています(笑)


さぁ、というわけで(笑)、この馬が今年最後の出走になります…。一番不運だったこの馬、テキサスフィズの近況です!

2023.12.14 THU
出走情報
12月17日(日) 中京10R 桑名特別 (混) 芝1200m 16頭 角田大和(52.0kg) 発走14:40

2023.12.13 WED
近況
在厩場所:栗東トレセン
小林真也調教師「13日に坂路コースで追い切りを行いました。レースに騎乗予定の角田大和騎手に騎乗してもらい、負荷を掛け過ぎずに54秒ぐらいで上がってくるように指示を出していましたが、全体が52.7秒で、ラスト1ハロン12.0秒のタイムをマークしました。想定より時計が速くなってしまいましたが、スタンドから見ている限り、ガムシャラに走っていたわけではないですし、ジョッキーも宥める感じではありませんでした。ジョッキーは『体感的には想定通りの時計だと思っていましたが、まさか52秒台で上がっているとは思いませんでした。ムキになって走っていたわけではないですし、馬のリズムに合わせての結果ですから、それだけ調子が良いのだと思います。また、併走馬が横にいても気にせず走っていましたし、精神的な不安は一切感じなかったです。調教の動きから、もっとやれて良い馬だと思いますので、良いところを引き出せるように頑張りたいと思います』とのことでした。これまでの経緯を聞いて、慎重に立ち上げてきましたが、調教では気難しいところは見せていないですし、良い状態でレースに向かえそうです。これまでと一新して芝を試させていただきますが、これが良いきっかけになってくれることを期待しています」

2023.12.13 WED
角田和 栗東坂良 52.7 - 38.3 - 24.3 - 12.0 馬ナリ
サザーランド(古馬1勝)馬ナリに0.2秒先行0.1秒遅れ


この馬にとってはかわいそうな1年でしたが、最後に救いの神が現れて、出資者の総意と言っていい転厩の願いが叶いましたさっそく入厩して、レースを迎えることになりましたが、デビュー戦以来の芝を使うことになりました出資者的にはもう少し距離が長くても良いという希望はあるものの、一歩前進ということで、ひとまず様子を見てみたいと思います。
追い切りも想定より速くなってしまうほど、調子が良いようですし、枠順も大外になりましたが、スタートを決めるには好枠に入ったと思いますし、ブリンカーも着用するので集中力を持続して最後まで走りきって、元の厩舎を見返してもらいたいと思います

231021texasfizz.jpg
この○サいメンコともお別れだ!




[edit]

【キャロット】先週の姉に続け 

先日、14日に6時間限定で行われたロードの1.5次の受付今年はかなりの落選者がいたようなので、再び満口馬続出かと思いましたが…

2023年新規募集【限定受付】は締切となりました
2023年新規募集【限定受付】は2023年12月14日(木)午後6時を以って受付終了とさせて頂きました。
たくさんのお申し込みを下さいまして誠に有り難うございました。
今後は2023年12月18日(月)正午より先着順で電話、オフィシャルサイトにて受付を行います。

限定受付のお申し込みを反映させた募集状況は、下記の通りとなります。

【募集締切】No.1 イトワズマジック’22、No.15 オールフォーラヴ’22、No.16 キャトルフィーユ’22、No.17 エンジェルフェイス’22、No.18 パノラマウェイ’22、No.21 デルフィーノ’22、No.24 ヴィーヴル’22、No.26 ポプラ’22、No.28 エトワールブリエ’22
【残り口数僅か】No.32 ブーケドロゼブルー’22
【残り 50口未満】No.9 プリメラビスタ’22、No.29 タカミツサクラ’22
【残り100口未満】No.11 ワンダーガドット’22
【残り150口未満】No.4 プレミアムギフト’22、No.20 アドマイヤシャイ’22、No.22 ブリュネット’22
【残り200口未満】No.2 ナチュラルスタイル’22、No.7 ワイルドココ’22、No.25 ベイコート’22、No.27 エンジェリックレイ’22

2023年募集馬の情報及び坂路調教動画は2023年12月18日(月)に更新を予定しております。


なんと、1頭も満口馬が増えず!これはまさかでしたね…。ブーケドロゼブルー22はさすがに「残口僅か」でしたから、満口確実と思っていたのですが…。ランクが上がったのが2頭のみ。いつものロードに戻ってしまったようです(笑)まるで魔法が解けたシンデレラのよう
これを見るに、さすがに1.5次の受付時間が短かったかな…と思いますが、それより欲しい馬は全部満口になっちゃった!という会員の意思表示だった可能性もありますね自分も1頭様子見してますが、この状況でしたら通常受付が始まって1、2頭は満口になると思いますが、ほとんどの馬はじっくり成長を見守ることができそうです
それより個人的には最後の一文、1歳馬の近況更新日がわかったのが収穫でした(笑)


さて、こちらは待望の3勝目を目指すアレマーナの近況です!

23/12/13  松下厩舎
13日は栗東坂路で追い切りました(51秒6-37秒3-24秒4-12秒3)。「今朝は坂路で追い切りました。見た目に太いようには感じないのですが、馬体重が516キロほどあって数字的には増えている状況ですから、今週もしっかりめに負荷をかけていきました。スピード感のある走りでしたし、これできっちり態勢は整ったと思います。調教の動き、そして馬体からもっとやれるはずですから、再度1400mで次に繋がる競馬を見せてほしいですね」(松下師)17日の阪神競馬(3歳上2勝クラス・牝馬限定・ダ1400m)にムルザバエフ騎手で出走を予定しています。

23/12/13(水)
助手 栗東坂・良 51.6 - 37.3 - 24.4 - 12.3 一杯に追う(-)
23/12/10(日)
助手 栗東坂・良 57.2 - 41.1 - 27.0 - 13.1 馬ナリ余力(-)

23/12/6  松下厩舎
6日は栗東坂路で追い切りました(51秒6-37秒4-24秒8-12秒7)。「今朝は坂路で追い切りました。レース1週前ということで一杯に追ってしっかり負荷をかけていきました。終いは12秒7と少し時計を要していますが、全体51秒6なら十分だと思いますし、これでまたさらに動けるようになってくると思います。ここまで変わらず順調に来ていますし、このままあと1週仕上げていきます。なお、今回の鞍上はムルザバエフ騎手に依頼をしています」(松下師)17日の阪神競馬(3歳上2勝クラス・牝馬限定・ダ1400m)にムルザバエフ騎手で出走を予定しています。

23/12/6(水)
助手 栗東坂・良 51.6 - 37.4 - 24.8 - 12.7 一杯に追う(-)
23/12/3(日)
助手 栗東坂・良 59.3 - 43.3 - 28.6 - 14.3 馬ナリ余力(-)

23/11/29  松下厩舎
29日は栗東坂路で追い切りました(52秒5-38秒1-24秒7-12秒3)。「先週の帰厩後は金曜日に56秒2-12秒4という時計を馬なりでマークしています。今朝は坂路で追い切りを行いました。2週前なのでまだ強め程度ですが、余裕のある手応えで動くことができていました。来週からしっかりやっていきたいと思います。いい体つきをしていてこのクラスでもやれるはずですから、なんとか巻き返せるようにしたいですね」(松下師)12月17日の阪神競馬(3歳上2勝クラス・牝馬限定・ダ1400m)に出走を予定しています。

23/11/29(水)
平沢健 栗東坂・良 52.5 - 38.1 - 24.7 - 12.3 一杯に追う(-)
23/11/24(金)
助手 栗東坂・良 56.2 - 40.9 - 26.2 - 12.4 馬ナリ余力(-)


帰厩からここまで余裕のあるスケジュールだったので、6本の追い切りを消化。この時期ですから、さすがに馬体が立派になってきて、3週連続で一杯に追って態勢を整えてきましたこれで絞れて500を切ってくればいいですが、果たしてどうなるか?ダ1400は前走に続いて2戦目。ここで良い結果が出なければ、さらなる距離短縮になるか、あるいは2歳時以来の芝への路線変更になるか?この馬は逃げたほうがいいのか?追い込んだ方がいいのか?難しいところですが、今回は内枠3枠3番に入りましたので、好位のインで収まって、抜け出してくるという2勝目を挙げた時のような競馬が理想です。あの時も道悪でしたが、今回も道悪の可能性はありそうですので、スタートを決めて良い位置を取ってもらいたいです
鞍上はムルザバエフ騎手。初めてかと思ったら、一度乗ってくれてましたね。全然記憶にないですが(笑)前回はダ1700で逃げて6着という結果でした。その時は不良馬場だったので覚えてくれていれば、今回はよりこの馬を掴んで乗ってくれるのではないかと期待しています

8ca5e2242023320d8922841bbf75c47.jpg
先週の半姉ラヴォルタに続け!





[edit]

【キャロット2歳】新人調教師が驚いた 

今年の競馬はホープフルの1日があるものの、残すところ2週。11月から出資馬の故障や引退で出走数が極端に減ってしまい、12月もここまでゼロでしたしかし、今週は満載(笑)

20231215_073959.jpg

いや、ここまで集中しなくても…(笑)在厩中の馬すべてが今週の出走となってしまいましたロードヴェスパーは戻ってきましたが、来年の一発目の出走となりそうというわけで、自分の今年の一口生活は今週で一足早く終了。過去最多の出走数は更新できましたが、成績は去年が良かっただけに今年は厳しかったです。せめてストーリアが残ってくれていたら…また、総括は別の機会に設けたいと思います


さて、その一発目となるのがこの馬。意外にも早い復帰で2戦目を迎える、ウィンターガーデンの近況です!

23/12/14  武幸厩舎
13日は栗東CWコースで追い切りました。14日は軽めの調整を行いました。「水曜日はCWコースで3頭併せを行いました。相手を追走する形から、直線強めに追って6ハロン84秒0、ラスト1ハロン12秒2という計測です。騎乗してもらった秋山騎手はデビュー前もよく調教に乗ってくれていたのですが、“以前に比べるとビックリするぐらい動くようになっている”と驚いていました。距離延長もプラスになると思いますし、変わり身は見込める状況なのでここは期待しています」(武幸師)16日の阪神競馬(2歳未勝利・牝馬限定・ダ1400m)に坂井騎手で出走いたします。

23/12/13(水)
秋山真 栗東CW・良 84.0 - 68.1 - 54.2 - 39.4 - 12.2
クールブロン(古馬1勝)強めの内1.1秒追走クビ遅れ 強めに追う(6)
23/12/10(日)
助手 栗東坂・良 59.8 - 43.6 - 28.1 - 14.0 馬ナリ余力(-)


前走から2か月経たずにここを迎えることになりました。前走の経験から1ハロン延長して1400でのレースになりますが、そのほうが良いでしょう。前走はスタートこそ決めたものの、追走に一杯な感じで4角の手応えは悪かったですから。それでいて4着に踏ん張ってましたから、ここは前走のスタートを決めつつ、距離延長でというところ
今回の追い切りは4本ですが、いずれも本追い切りはCWで行なっており、調教師試験に合格した秋山騎手が手綱を採ってくれました併せ馬でいずれもクビほど遅れてますが、秋山騎手の感触はすごく良かったようで、「以前よりビックリするぐらい動くようになっている」とコメントをくれていますし、これが本当ならスタートさえ決めてくれれば…という気持ちでいます
今回は坂井瑠星騎手を鞍上に迎えますし、坂井騎手は先行競馬が得意な騎手ですから、やはりまずはスタートに全力集中でしょう。相手関係は前走2、3着の馬が3頭いますが、いずれも勝ち馬から離された馬たち。この馬も前走は4着ですが、そこまで構える必要はなさそう。冷静に周ってきてもらいたいと思います

231107wintergarden.jpg
今日明日と阪神は雨模様で道悪確定でしょうから、ポンと行ってそのまま!が理想的です




[edit]

【シルク】急遽、レースを変更! 

まだまだ、チバロスが止まらない…



昨日、NHKでミッシェルが「トップランナー」に出た時の再放送があったのですが、見逃したーというわけで、またyoutubeで探っていたら、この動画に当たりました。これはめちゃめちゃ良い動画ですねこの時期のミッシェルが一番好きちょうど「Chicken Zombies」が出たころだと思いますが、どこのライヴでしょうね?ライヴハウスで距離は近いし、キャパも小さいので、ギューギューで、このころ観に来ていた女の子なんかは大変だったと思いますチバの髪は短いし、キューちゃんもモヒカンじゃないから若い
そして何よりこの選曲が素晴らしい。「ハイ!チャイナ」「ロシアンハスキー」、そして「深く潜れ」に「バードメン」で、最後は自分も大好きな「キャンディハウス」で締めて。まだライヴ続いてるけど、たぶんこれ、ホントにライヴの頭からの動画でしょうね。そうすると、いきなりテンションMaxにもってける選曲です
前に「頭3曲がいいのは良いアルバムだ」と言いましたが、これは頭5曲がいいので、これだけで満足できるライヴなのは間違いないです(笑)
今、イヤホンが壊れてて、ウォークマンを聞けないのがつらい(笑)


さて、中2週でレースに臨みますが、距離短縮でどうなるか?クラシックステップの近況です!

2023.12.13 WED
近況
在厩場所:栗東トレセン
安田隆行調教師「13日に坂路コースで追い切りを行いました。前走から間隔が詰まっていますので、負荷を掛け過ぎない程度に時計を出しましたが、全体が55.4秒で、ラスト1ハロン12.8秒のタイムを馬なりでマークしています。前日の雨の影響で馬場が悪かった割には、最後まで軽快に駆け上がることが出来ていましたし、追い切り後も硬さは見られなかったですから、使った上積みは見込めそうです。前走は良い状態で臨めましたし、ここ最近の中でもゲートの出が良かっただけに、もっと良い走りを見せて欲しかったというのが本音です。ただ、友一(北村友一騎手)は、『これまでゲートの出が不安定だったことから、少しでもゆったりとした距離を使ってきましたが、前回ぐらい良いスタートを決められるなら、距離は1,600m~1,800mの方が終いはもっと良い脚を使ってくれそうな気がします』とのことでしたから、今回は1,800m戦を試させていただくことにしました。確かに勝負どころの手応えは抜群に良かった割には、直線ではダラッと走っていたことを考えると、ジョッキーが話しているように、距離は幾らか長いのかもしれません。引き続き、友一が騎乗してくれるので、前走との比較をつけ易いですし、この条件で良い走りを見せて欲しいところです」

2023.12.07 THU
近況
在厩場所:栗東トレセン
安田隆行調教師「先週一杯は疲労回復に専念していましたが、その後も反動が出ることはなく、元気いっぱいの様子でしたので、現在は普通キャンターでの調整を行っています。前走は久々とは言え、最後の直線では手応えほど伸び切れなかったことを考えると、距離は幾らか長いように感じました。1,600m~1,800mぐらいの距離なら、最後までしっかり走ってくれそうですし、このまま問題なければ、来週の阪神・芝1,800mを視野に入れて調整していきたいと思います」

2023.11.29 WED
近況
在厩場所:栗東トレセン
安田隆行調教師「9月の札幌以来の競馬でしたが、体重は14kg増えていたものの、馬体に重苦しさはなく、心身ともにフレッシュな状態でレースに向かうことが出来ました。ゲートの出が不安定なところがあるので、五分に出ることが出来るかがカギになると思っていましたが、これまでになく好スタートを決めてくれて、良いポジションでレースを進めることが出来ましたね。勝負どころの手応えも良かったですし、これならあっさり勝ち上がってくれるのではないかと期待したものの、直線でいざ追い出しに掛かるとダラッとしか脚を使ってくれなかったですね。北村友一騎手は『調教の感じでは、もっと良い脚で伸びてくれそうですし、この距離だと苦しくなって同じ脚しか使えないのかもしれません。スタートが決まればマイルぐらいの方が良いかもしれません』とのことでした。今回のようにゲートが良ければ、ジョッキーの話にもあったように、距離をもう少し短くしてみるのも手かもしれません。レース後は脚元含めて目立ったダメージは見られませんので、今週いっぱい様子を見させていただいて、それでも問題なければ続戦させる方向で考えています」

2023.11.26 SUN
レースレポート
11月26日(日) 京都5R 3歳以上1勝クラス 芝2000m 北村友一(58.0kg) 7着 9人気
北村友一騎手「追い切りに乗せていただいた際、夏よりも状態が良いのは感じていました。ゲート内では大人しく駐立出来ていましたし、これまでになく好スタートを決めてくれました。道中はムキになって走ることはなかったですし、良い手応えで直線に向くことが出来ましたが、追い出しに掛かるとダラッとしか脚を使えなかったですね。調教の感じでは、もっといい脚を使ってくれそうなのですが、距離が少し長いのかもしれません」
前走は久々に好スタートを決めたものの、外枠だったこともあり、枠なりにずっと外を回る形になり、4角では上がってきていたのですが、そこから伸びず…レース後の鞍上のコメントでは、若干距離が長かったと言ってましたが、あれだけ外枠から先行してたので、その分ではないかな…という気がしています。4角での手応えがどれだけだったかわかりませんが、そこまで良いようには見えなかったですけどね

というわけで、今回は中2週で阪神1800のレースに出る予定でしたが、相手関係を見て急遽、中京の1600に変更になりましたできれば中京で2着したことあるから、そっちで見たいと思ってましたので、中京はマイルは歓迎です!
というわけで、鞍上も変更。阪神で騎乗する北村友一ではなく、三浦皇成騎手になりましたうーむ、微妙…まぁ直前になっての変更ですし、仕方ありません。このまま無事に行ってもらいたいですね

231126classicstep.jpg
マイル戦は未勝利戦以来になります




[edit]

【キャロット】初まなみん! 

先日、2024年度の種付料が発表になったばかりで、こちらでも紹介しましたが、そこに追加でイクイノックスが2000万!という父キタサンブラックと同じ、初年度としては破格の金額を発表しました
またまたぐりぐり君からのブログの引用で恐縮ですが、それがすでに満口というニュースが!

2024年シーズン種付け満口種牡馬 現時点で16頭

キタサンブラックとイクイノックスの最高種付料の2頭に加え、16頭がすでにBookfullになったということです。この2頭は異常な人気ですが、他はリーズナブルな馬が多くて、現実的な感じ。シニスターミニスターやヘニーヒューズがそれぞれ700万、500万と上がってるのに驚きましたが、ダート種牡馬として確固たる地位を築いてますし、またダート路線の充実というのもありますから需要も高まっているのでしょう地味にリオンディーズも400万と上げてきており、満口になったのも産駒の活躍があったからこそでしょうし、また機会があったら出資してみたいと思っています


さて、前走も不完全燃焼に終わったリゴレットの近況です!

23/12/13  羽月厩舎
13日は栗東坂路で追い切りました(55秒8-40秒4-26秒7-13秒4)。「今朝は坂路で追い切りました。単走、ほぼ馬なりで時計はあまり目立ちませんが、終いまでしっかりとした脚取りでしたし、このひと追いできっちり仕上がったと思います。前走は展開が厳しくなってしまいましたから、今回も流れひとつでしょう。差しが利くような流れになってほしいので、週末の雨予報で時計が掛かるといいかもしれません」(羽月師)16日の中京競馬(3歳上1勝クラス・芝1400m)に永島騎手で出走を予定しています

23/12/7  羽月厩舎
6日は軽めの調整を行いました。7日は栗東坂路で追い切りました(53秒6-38秒4-24秒7-12秒4)。「今朝は坂路で追い切りました。単走、馬なりで目一杯というわけではありませんでしたが、最後まで手応えには余裕があっていい動きでした。今回戻ってきてからもトモに反動が出るようなことはなく、調教ではしっかり集中して走れていて順調ですね。来週あと1本追い切ってきっちり仕上がると思います」(羽月師)16日の中京競馬(3歳上1勝クラス・芝1400m)に出走を予定しています。

23/12/7(木)
川端 栗東坂・良 53.6 - 38.4 - 24.7 - 12.4 馬ナリ余力(-)

23/11/30  羽月厩舎
29日は軽めの調整を行いました。30日は栗東坂路で追い切りました(51秒4-37秒0-24秒2―12秒3)。「牧場でしっかりとリフレッシュして状態も上がってきていたようなので、中京最終週に向けて先週帰厩させました。今朝は坂路で追い切りを行っています。レースまではまだ2週あるので併せて馬なり程度でしたが、最後はクビくらい遅れたものの、いい手応えでしっかり動けていました。ここからさらにピッチを上げていきます」(羽月師)12月16日の中京競馬(3歳上1勝クラス・芝1400m)に出走を予定しています。

23/11/30(木)
調教師 栗東坂・良 51.4 - 37.0 - 24.2 - 12.3
サンライズジャスト(古馬2勝)一杯を0.6秒追走0.1秒遅れ 末強め追う(-)

23/11/25  羽月厩舎
25日に栗東トレセンへ帰厩しました。

23/11/21  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も坂路ではコンスタントに速めを取り入れており、日によってハロン14秒まで脚を伸ばしています。しっかり動かしながら硬さも解消されてきており、順調にここまで来ることができていますね。そう遠くなく移動になると思いますから、こちらではいつでも対応できるようにしていきます」(NFしがらき担当者)

23/11/14  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間から坂路ではハロン15秒ペースも取り入れて調教を行っています。まだ硬さは若干残っているものの、乗り込みを重ねてだいぶ動けるようになっていますし、徐々に態勢は整ってきました。中京開催を目標にそろそろ移動を考えていくことなりそうです」(NFしがらき担当者)


前走は京都開幕週ということもあり、後方ママという感じで、17番手から最後は伸びてきているものの、他の馬も伸びてるので33秒5の脚を使っても、届かない、そんな展開でした。春は同じように17番手から3着に突っ込んできましたが、あの時は京都も久々の開催で馬場の状態が普通ではなかったのではないかと思います。
今回は坂のある中京に替わりますし、デビュー戦で2着した舞台。もう少し前で競馬ができるならしてほしいと思いますし、外枠から馬群に突っ込まずに気分良く走らせてもらえればと思います。1週前の時点でジョッキーが決まっておらず、なかなか厳しいとは思いましたが、なんと初の永島まなみ騎手に決まりました今年の女性騎手の中で一番乗れてますし、平場のレースなので53キロ?ぐらいで乗れるでしょうから、それを生かして頑張ってほしいです

231008rigoletto.jpg
金、土は雨模様のようなので、上がりの掛かる展開になればいいですね




[edit]

【キャロット2歳】最後の移動 

今年は、というか歳を取れば取るほど、1年があっという間に過ぎ去っていきます。あの阪神Cから早1年が経とうとしています
そう、ダイアトニックの引退レースから1年。今年から新たな道に進み、オーストラリアで種牡馬生活を送っていますが、どうやら順調に行っているようです聞けば、180頭近く種付けしたとか!?種付料は13750豪ドル(日本円で135万円)ほどということで、非常につけやすい価格に設定されてますし、これから生まれてくる産駒たちが楽しみですその中で何頭か日本にやってくればいいなと思いますし、シルクで募集にかかる馬が出てきてほしいです
そして、日本産の第一号となりそうな馬が輸入されたようです!

Diatonic×Very Likely_blood

これはまだ産まれてきていないので、架空血統表になりますが、Very Likelyという牝馬がダイアトニックを受胎した状態で日本に持ち込まれたようですすでにJBISで「ベリーライクリー」と日本語表記で見ることができます母は競走成績などはよくわかりませんが、父Pierroは豪州の三冠馬だそうで(豪州の三冠は2歳に1200~1600で行なわれる)、そんな種馬をつけられるところを見ると、母自身のポテンシャルを期待されていると思って良さそう母は2本サドラーを持ってるので、Specialのクロスは継続できますし、父も母父も短距離馬なので、その仔も短距離馬になるでしょうけど、ホント待ちきれませんね


さて、頓挫があったため遅れていましたが、ようやく脱北できたパステルツェの近況です!

23/12/12  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンタ―調整を行っています。「すでに周回コースと坂路での騎乗調教を開始しており、坂路では15-15くらいまでペースを上げて乗り込みを行っています。乗り出してからも反動はなく、ここまで体調面も安定しています。この調子で動かしながら態勢を整えていきます」(NFしがらき担当者)

23/12/5  NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週末にこちらへと移動してきました。北海道からの長距離輸送後ということもありますので、今は立ち上げを慎重に行っているところです。動かした感触を見ながら厩舎サイドとも話をしていければと思います」(NFしがらき担当者)

23/12/2  NFしがらき
2日にNFしがらきへ移動しました。

23/11/30  NF天栄
30日にNF天栄へ向けて移動しました。タイミングを見てNFしがらきへ移動する予定です。「順調に乗り込みを進めることができていましたので、このタイミングで一先ずNFしがらきまで移動させることになりました。当地での動きを見た上で、どのあたりで入厩できるかを判断してもらうつもりです」(空港担当者)

23/11/21  NF空港
この中間は週2日、屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター2本登坂しています。また、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。「少しずつ移動を意識して動かすようにしています。調教の動きなどから、上積みが見込めると考えているので、じっくり乗り込んでいければと考えています」(空港担当者)

23/11/16  NF空港
この中間は週2日、屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター2本登坂しています。また、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。「この中間も速めのペースを取り入れて動かしていますが、大きく変化を見せることはありません。今後も着実に本数をこなしていくことで、中身からしっかりさせていきたいと思います。馬体重は458キロです」(空港担当者)


ここのところ、コンスタントに速い時計を出していたので、そろそろかな…と思ってましたが、無事に11月末に北海道を出て、12/2にしがらきに到着しています。今は10日ぐらい経ったところで、少しは新しい環境に慣れてきたころかと思いますまだ移動の気配は感じられませんが、まずはここまで来れましたので、このまま入厩してゲート試験を順調にパスしてもらって、そのあとは様子を見ながら…と思います元々体質が強い方ではないので、放牧を挟んでデビューという可能性も十分考えられます
いずれにしても、ここまで来れば春のクラシック云々ではないので、じっくり万全の態勢でデビューを迎えられる方でお願いしたいと思います

231109pasterze.jpg
牝馬だけど、2000ぐらいでデビューしてもらいたいところです




[edit]

【キャロット2歳】距離延長に期待! 

ついに日米で注目されていた問題に決着の時が来ました!

大谷翔平、ドジャースと10年総額1014億円で契約合意 メジャー史上最高額、本人発表

球団に関しては大本命かと言われていたドジャースだったので驚きはないですが、問題はその金額。7億ドル(1014億円)と破格の契約となりましたこれはメジャー史上最高額だけでなく、北米スポーツ史上最高だそうでです。それどころか、メッシがバルサと契約した時よりも上だということで、いやはや同じ日本人として誇らしいとともに、金額が大きすぎてピンとこない異次元の契約となりました
ドジャースもエンゼルスと同じロサンゼルスにあって、大きく環境が変わらないことは良いでしょうね。また、11年連続ポストシーズンへ進出しており、優勝を目指すことに飢える大谷さんにはモチベーション的にも「自分の力であと一押し」と思える環境が整ったでしょう来年はとりあえずバッターに専念するので、HRを量産して優勝に導いてもらいたいと思います

そして、もうひとつは日本の話題。本日行われた阪神JFはアスコリピチェーノが見事3連勝で優勝しました!この馬はダイワメジャー産駒の黄金配合馬で勝って納得というところ。ネット系のPOGでほぼ指名しています。JRA-VANのPOGで9位まで行けたのもこの馬のおかげこれでまた少し浮上できそうですし、来春にも期待したいと思います
それ以外にも2着に入ったステレンボッシュにも注目していましたなぜなら、今年のキャロで最優先で出資したビートマッチ22と同じエピ✕ルーラー配合馬だからステレンはウインドインハーヘア系なので、筋も通ってますね常々BMSキンカメ系に注目している自分としては最近はその仔世代に移ってきており、母の父ルーラーやカナロアに積極的に出資しています。今年も結局3頭行ってますし、来年を楽しみにしています
しかし、阪神競馬場が今のコースになってから阪神JFで関東馬がワンツースリーしたのは初めて。最近は関東の逆襲が目立ってきているように思います。特に大きなレースですね。坂路が新たになって、これからさらに伸びてくるかもしれません…と思ってたら、GCで美浦坂路の番組が始まりました。なんてタイムリー(笑)


さて、10月のデビュー後、放牧に出てましたが、早々に戻ってきてくれました、ウィンターガーデンの近況です!

23/12/7  武幸厩舎
6日は栗東CWコースで追い切りました。7日は軽めの調整を行いました。「水曜日は秋山騎手に手伝ってもらってCWコースで併せて追い切りました。相手を大きく追走する形から、直線クビ差まで迫ってゴール、しっかり目に追って6ハロン83秒7、ラスト1ハロン11秒6という計測でした。デビュー戦に向かう過程では、特に力のいるウッドチップではなかなか動ききれなかったのですが、やはり一度実戦を経験した上積みでしょうか、今回はいきなりから思っていたよりも動けます。この感じならあと1本しっかりやれば仕上がりそうです。今のところ来週の牝馬限定のダート1400m戦を目指しています。鞍上は坂井騎手に声をかけました」(武幸師)16日の阪神競馬(2歳未勝利・牝馬限定・ダ1400m)に坂井騎手で出走を予定しています。

23/12/6(水)
秋山真 栗東CW・良 83.7 - 67.9 - 52.6 - 37.5 - 11.6
グーヴェルナイユ(新馬)馬ナリの内1.0秒追走クビ遅れ 一杯に追う(5)
23/12/2(土)
助手 栗東坂・良 59.8 - 43.3 - 28.2 - 14.0 馬ナリ余力(-)

23/11/30  武幸厩舎
29日に栗東トレセンへ帰厩しました。30日は軽めの調整を行いました。「NFしがらきでも順調に乗れていましたので、昨日帰厩させています。番組については追い切りを取り入れてその状態を見ながら決めていければと思っています。今朝から軽く動かしていますが、特に問題なく進めて行けそうです」(武幸師)

23/11/28  NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間は先週とほぼ同じメニューで乗り込みを続けています。2本登坂の回数も増やして徐々にピッチを上げてきているところです。厩舎サイドともそう遠くない段階で移動させようという話はしており、こちらもいつ声がかかってもいいように進めていきます。馬体重は478キロです」(NFしがらき担当者)

23/11/21  NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間は坂路では15-15に近い調教も取り入れてじっくり乗り込みを進めています。少しペースを上げたところですが、今のところは問題なく対応してくれていますね。馬体重も増加傾向にあり、ここまでは順調に来ています」(NFしがらき担当者)

23/11/14  NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間は坂路をメインに2本登坂も取り入れながら、16-16ぐらいペースで乗り込んでいます。トレッドミルを併用し攻め込みすぎないように注意していますが、今のところは問題なく順調に動かすことができています。厩舎サイドともどのあたりで戻すかなど相談しながら進めていきます」(NFしがらき担当者)


デビュー戦を迎えるにあたっては、入厩からゲート試験後、リフレッシュを挟まずレースに向かいましたから、相当疲労も溜まっていたのではないかな…と心配していましたが、意外と早く戻ってきてくれました前走は結果的に1200という距離が短かったということで、今度は1400を目指すことになりました前走はいろいろと調教コースを試してみて、CWはあまり走れてなかったのですが、今回は一度レースを使って体力がついたか、いきなり走れたと武幸先生も驚いてました次は坂井騎手に乗ってもらうことになりましたので、ダートですし彼が得意とする先行策から押し切る競馬を期待していますまずは来週を無事に迎えてもらいたいと思います

231022wintergarden.jpg
距離が伸びて追走が楽になるはず!




[edit]

【ロード】復帰が見えてきた 

チバユウスケが亡くなってから数日経ちましたが、思っている以上にいろんな人が追悼していたり、ニュースで取り上げられていて驚きましたそこまでメディア的にポピュラーな人だとは思ってなかったから…ただ、ミッシェルが現役だった時から、とにかく業界受けするタイプでしたそれだけに今回も同業者からのレスポンスが多かったのだと思います。そんな中、自分も改めてミッシェルの音源を聴いていたのですが、ふとYouTubeで上がってきたのがこの曲。



ミッシェル解散前にポッと出てきたROSSO。ブランキ―ジェットシティを解散したベースの照井利幸がチバを誘って結成したバンドですが、当時はミッシェルがあったので期間限定だと思ってました。その1stシングル(ではないが、最初の曲)がこれいやーやっぱいい曲。これをサブバンドで出すのだから、カッコよすぎる。イントロのギターから持ってかれて、シンコペーションしまくりのリズムが心地よく、チバのガナリ声がハマってくる。結局、ミッシェル解散後もROSSOをやるのですが、その時の「1000のタンバリン」も良かったし、もう1回アルバムを漁ってみようと思います


さて、休養に入って早5か月。そろそろ進展が欲しい、ロードオルデンの近況です!

2023.12.05
ロードオルデンは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン17~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「ハロン17、18秒ペースのキャンターを無難に消化。引き続き、脚元に関するネガティブなニュースは何も飛び込んでいません。休養中に身体が大きくなるなど、成長が感じられるのは確か。今週のどこかで次のステップへ踏み込もうと考えています

2023.11.28
ロードオルデンは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「この中間にワンランク上のトレーニングへシフト。蹄の状態に全く異変が認められないのは好材料でしょう。また、調教量に比例して段々と気持ちが乗り始めたのも何より。もうしばらくは同様のパターンを繰り返し、土台作りに専念する方針です」

2023.11.21
ロードオルデンは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。
・当地スタッフ 「広いトラックでのハロン約20秒のキャンターがメイン。引き続き、蹄を含めた脚元等は心配が要りません。元々はカッカしたタイプですが、今はまだ馬自身が後ろ向きな様子。少しずつピッチを速め、本来のエネルギッシュな姿へ近付けましょう」

2023.11.14
ロードオルデンは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング1500mもしくはトレッドミル・ダク700m→ハッキング1000m→キャンター2500m。
・当地スタッフ 「トレッドミルでのスピードや傾斜を変更して負荷を高めても大丈夫。そして、11月10日(金)に騎乗トレーニングの再開に至り、角馬場でダクとハッキングを行いました。引き続き、歩様に違和感を覚えず、蹄も変わり無し。流れを掴んでいます」


7月に発症して以降、順調に回復を見せており、いよいよこの中間から騎乗トレーニングを開始しました当初は後ろ向きだったとのことですが、慣れてくるに従い徐々に前向きさも出てきたとのことですまだ、しばらくは掛かるとは思いますが、この調子なら来年の2月ぐらいには復帰できるかもしれませんやはりこの故障は半年ぐらいは掛かってしまいますね
冬の時期であればダートのレースは豊富ですし、馬の状態に合わせて戻ってきてもらいたいと思います

230513-1927B.jpg
ストR-リア亡き今、同期のオルデンには長く頑張ってほしい




[edit]

【シルク】待望の転厩 

昨日、発表されたJRAの調教師試験合格のニュース。昨年は福永調教師一辺倒でしたが、今年は現役ジョッキー2人に女性助手からの転身を含む9名と、なかなか話題性に富んだラインナップです。そんな中でも女性調教師は驚きましたが、今の時代ですからもっとこういう人材が出てきてほしいと思いますし、ジョッキーも含めてもっと当たり前になっていってほしいです
個人的にカッチーこと、田中勝春騎手の転身が意外でした

田中勝春「ルドルフのような馬を」 調教師転身の理由は照れ隠し?「だんだん下手になってきて…」

会見ではカッチー節で話していたようですが、50を過ぎての挑戦で、最近は若い調教師も増えてきてますので、蛯名調教師もそうですが、先は長くはないものの、どんな調教師スタイルを見せてくれるか楽しみにしています


さて、皆の声が届いたのか?待望の転厩で新展開を迎える、テキサスフィズの近況です!

2023.12.07 THU
近況
在厩場所:栗東トレセン
小林真也調教師「入厩後は馬の様子を見ながら進めていましたが、普段の調教では特に気難しいところを見せることはありませんでした。そこで、7日の追い切りは坂路コースで前に馬を置いてチップを被せてみたところ、特に嫌がったり怯むこともなく、最後まで集中して走ることが出来ていました。時計としては、全体が54.9秒で、ラスト1ハロン12.8秒のタイムをマークしたのですが、聞いていたほどの気難しさは感じませんでした。また、念のために、浅めのブリンカーを着けてみましたが、特に大きな変化はありませんでした。ダート戦だと苦しくなったところで砂を被って、余計に嫌気が差してしまっていることも考えられますから、芝で新たな一面を引き出せれば良いですね。調教を進めていくにつれて、飼い葉を少し残すようになってきているので、来週の競馬まで薬を投与するなどして体調を整えたいと思います

2023.12.07 THU
荻野琢 栗東坂良 54.9 - 39.8 - 25.9 - 12.8 末強め
2023.12.03 SUN
助 手 栗東坂良 57.4 - 41.6 - 27.3 - 13.9 馬ナリ

2023.11.30 THU
近況
在厩場所:栗東トレセン
小林真也調教師「転厩の話をいただいてすぐ牧場で馬を見させていただきましたが、放牧後は順調に進められていたようですので、本日の検疫で入厩させています。普段の調教では気難しいところを見せないようですが、レースでは自分の形でないとあからさまに突っ張って止めてしまうようなので、何かしら馬具を試すか、条件を変えるなど対策を練らないといけませんね。これまでダート主体で使ってきたようですが、揉まれたところで砂を被って嫌がっていることも考えられるので、次走は芝を試してみたいと思います。また、最後まで集中力を切らさないように、ブリンカーを試してみたい気持ちがあるので、普段の調教で着けて感触を確かめてみようと思います。候補といたしましては、12月17日の中京に桑名特別という芝1,200mのハンデ戦があり、条件としては良いと思うので、順調に仕上がるようならそこに向かいたい気持ちがあります

2023.11.30 THU
近況
在厩場所:栗東トレセン
30日(木)に栗東・小林真也厩舎へ入厩しています。

2023.11.24 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファームしがらき
調教主任「この中間は坂路コースを15-15ペースで登坂しています。負荷を強めた後も心身ともに問題ないですし、この調子で本数を重ねていきながら動きの質を高めていきたいですね。次走の予定につきましては、小林真也調教師と相談しながら検討していくことになっています。馬体重は486kgです」

2023.11.22 WED
近況
在厩場所:ノーザンファームしがらき
22日(水)に栗東・小林真也厩舎へ転厩の手続きが取られています。

2023.11.17 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファームしがらき
調教主任「この中間は坂路コースを17-17ペースから、終いハロン15秒まで脚を伸ばしています。調教を進めている中でも気持ちが逸れることはないですし、こちらでは真面目に取り組むことが出来ています。この感じであれば更に負荷を強めていけそうですから、年内のレースを視野に進めていきたいと思います。馬体重は483kgです」

この中間も順調に調教が進められていますが、近走の成績が低迷していることから、心機一転、他の厩舎へ転厩して新天地での飛躍を目指すこととなりました。そこで、小林真也調教師に打診したところ、快諾を得られた為、近日中に転厩手続を行わせていただく予定です。ご出資会員の皆様には何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

2023.11.10 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファームしがらき
調教主任「その後も体調に変化はなく、飼い葉食い含めてコンディションは良かったので、この中間から坂路コースで乗り出しています。調教では良い走りを見せますが、レースでは気難しいところが出ていますから、その点を修正できるように調教に取り組んでいきたいと思います。馬体重は483kgです」


ホントに今年1年何をしてたのだろう?と思うぐらい、この馬に関しては虚しさしかなかったですね適当に使っては放牧の繰り返しで、一番大事な年を故障もないのに棒に振った感じです
そういう意味で、今回の転厩は待望です。若手の小林真也厩舎ということで、新たな風を吹かせてくれるのではないかと期待しています。そんな中で、新厩舎に入って一発目となるレースが決まりました12/17の中京芝1200です。距離延長はなりませんでしたが、久々に芝を使ってくれるので、楽しみです
馬具の使用も試してみたようで、ブリンカーは浅めのものをつけてみたようですが、あまり変化はなかったようなので、チークピーシズとかも試してくれないかなと思っています
ここに来て飼い葉食いがイマイチになってきているのが心配ですが、薬などで促進してなんとか持ち直してもらいたいと思いますあとはG1開催の裏なので、鞍上の選定が気になるところですこのまま無事に行ってください

231109texasfizz.jpg
そのつぶらな瞳で素直に走れば、結果はついてくるはず!




[edit]

【シルク1歳】最初からやり直し 

Youtubeをチェックしていたら出てきました



12/20に発売されるもののPVのようです。懐かしい映像満載ですね1990年代半ば以降、ほとんどライヴに行ってませんでしたが、メモリアルなものには参加してました。「BOOWY vs HIMURO」とか東日本大震災のチャリティライヴとか。引退宣言後のハマスタとか。特に最後の東京ドームは大阪ドームと東京ドームの2回参加して。今回リリースされるものはその初日の分が収録されているようで、自分が行った日のやつなので嬉しいですね特に最後は「SUMMER GAME」ということで、自分がリアルタイムで聞き出した一発目のシングルだったので、胸アツでした。ヒムロックも感極まって歌えなくなっているところがいくつもあり、今回見て泣きそうになりました
ミュージシャンが続々と亡くなる今年、少しでいいから元気な姿や声を聞かせてくれると嬉しいのですが、ロスでどうしてるのでしょうか?


さて、キャロットが終わったので次はシルク。1頭しかいませんが、アピールⅡ22の近況です!

2023.12.01 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファーム早来
担当者「こちらに入場後は体調に関して特に気になるところはなかったものの、環境の変化に戸惑いを見せて、何事に対しても過敏に反応するところがありました。先月中旬に状態を確かめる為に一度跨ってみたのですが、反抗して人を振り落とすぐらいでしたので、初期馴致からやり直して、現在はロンギ場での運動に加えて、トレッドミルでも動かしています。徐々に人に対して慣れてきたものの、跨ろうとすると力みが見られます。基本的に大人しい性格ですが、パニックになりやすいことを考えると、じっくり時間を掛けてあげる方が馬の為には良いでしょうから、焦らず進めていきたいと思います」馬体重437kg


馬格に問題は少しずつ解消されてきてると安堵していたところ、今度は環境の変化に戸惑いですか…しかも、人を乗せようとしないというのは根本的な問題ですね初期馴致からやり直しとは…少しずつ慣れてきたとはいえ、人が乗ると緊張するようではまだまだ先は長そうです元々骨折したこともあり、そこまで早くないだろうと思ってましたが、じっくりと根気強く取り組んでいかないといけなさそうです来月以降の更新もハラハラしそうですが、少しずつ理解していってもらいたいと思います
そしてこの馬の名前ですが、シルクはキャロと違って募集期間が1週間しかなく、少し考えましたが、深く考えずにアピールを生かした名前で申し込みました。あんまり発想としては良いとは思えませんが、響きとしては悪くないと思いますので、あとは運を天に任せて待ちたいと思います

231114appeal2_22.jpg
競走馬としての基礎を疎かにすると、後で大変なことになりますからね




[edit]

【キャロット1歳】今は大きくなることが課題 

チバユウスケが亡くなりました…享年55歳。これで今年何人目だろう…?
今年の春に食道がんを患っているとのニュースは聞いていたので、それが原因ということもわかるのですが、「えっ?あのチバが?」という思いで、にわかには信じられず
90年代後半、自分はミッシェルの音楽一色でした。J-POP花盛りで出せばCDが売れるレコード業界の中で、真にカッコいいロックバンドということで、自分も業界の端くれにいた身としては、その業界内の評価の高さを肌で感じ、いつもライヴに行っていたような気がします「今日ミッシェルのチケットあるけど、行く?」「行く行く」みたいなノリで(笑)ホントに歌って踊って楽しかったなぁ
タイアップありきのビジネスミュージックが当たり前になっていた当時、オーセンティックというか本物の音、パフォーマンスを見せてくれていたと思いますし、小さいライヴハウスから大阪城ホールのオールスタンディングライヴまで駆け上がっていく様はホントに誇らしかったです
自分が聴いてきたアルバムで印象的なのは「チキンゾンビーズ」と「ロデオタンデムビートスペクター」ですこれをみてもらえればわかる通り、意味のわからない単語の組み合わせというか、チバユウスケは、「歌詞に意味なんていらない。声は楽器の一部だ」ということを感じさせてくれるボーカリストでした

「チキンゾンビーズ」は当時の勢いそのままに、パッケージングしたようなタイトルが詰まっており、自分の中で「頭3曲がイケてる=良いアルバム」という法則があり、これはまさにそれ。「ロシアンハスキー」「ハイ!チャイナ」「マングース」と来て、「ゲットアップルーシー」「バードメン」ですから最強でしょう。

chickenzombies.jpg

一方、「ロデオタンデムビートスペクター」のほうは自分がちょうど上京した時と重なっているため、非常に思い出深いですね

rodeotandembeatspector.jpg

リリース当日に「YOYOGI RIOT」と称したフリーライヴを代々木公園でやったりしてました。自分はその時、90年代の勢いはなく、それにも参加してなかったんですけどね(笑)「シトロエンの孤独」や「暴かれた世界」「ゴッドジャズタイム」など90年代のパブロックとは違う表情を見せてくれていました。その中で「ブレーキはずれた俺の心臓」は好きでしたが、ホントにチバさん、ブレーキ外れちゃったね…いつまでも自分の心の中に残る人物です。今は安らかに。向こうでアベさんとセッションしていてほしいです。合掌


さて、ムリヤリ気持ちを切り替えますが、キャロット1歳、最後はこの馬、エールデュレーヴ22の近況です!

23/11/30  NF空港
【馬体重:410キロ】この中間、馬房内でぶつけた際に右トモを傷めてしまったのか、ハ行を呈したため、様子を見ながらメニューを進めるようにしています。現在は坂路でのメニューを再開しており、週2日、900m屋内坂路コースをハロン18~20秒のキャンター2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。徐々にメニューを強化していますが、歩様に違和感は見られません。ただ、経緯を踏まえ、しばらくは軽めの内容で動かしながら経過を見ていこうと思います


この中間、原因は不明ながらハ行したために、ペースを落として調教していますが、それでも坂路では乗られていますので、ホッとしました遅生まれながら、なかなか思うように食べたものが身になりにくいタイプなのか、馬体が増えてこないため、その点が今は心配です。これからペースを上げていかないといけないのに、大丈夫かな…ただ他のレイデオロ産駒も見ましたが、総じて小さいですね。ほとんど変わらずどっこいどっこいです(笑)シルクの栗田厩舎に行くレイデオロはデカかったのになぁ…
今はとにかく、ハ行が再発しないように慎重に乗って鍛えてもらい、少しずつでも体重が増えますように、と願うばかりですせめて430ぐらいにはなってほしいところです
この馬の名前は、お約束というか、この一族ならではの、「あの単語」を生かしてつけてみましたおそらく多くの方がそれを使った名前にしてくるのではないかと思いますが、意味も含めて意外なほどスムーズにそこに至ることができましただから競争率は激しいと思いますが、納得のいく名前で応募できたので満足です(笑)

231130aledureve22.jpg
写真を見る限り、馬体のバランスはすごく良くて、小さくも見えません





[edit]

【2023ロード募集馬】無事に2頭当選 

昨日、仕事で新しくオープンした麻布台ヒルズに行ってきました

20231204_143010.jpg

なんかドラマ「ホテル」とか「只野仁」のオープニングで使われそうな画像ですが(笑)
六本木一丁目からの道すがら、周りは高層ビルばかりでしたが、その多くは工事中でした麻布台ヒルズも例にもれず、まだできあがってないところが多いとのことでした。多目的ビルなので、お店だけでなく、オフィスや住居もあるのですが、全貌が完成するまでにはまだまだ掛かるようです
その割に店舗エリアにいるスタッフにいる数は多かったように思います(笑)特にエスカレーターの乗り口にたくさんいました。オープン感を出すためでしょうか(笑)
聞くところによると、あべのハルカスを抜いて、国内で最も高いビルになるのだとか?完成した暁にはどれだけ華やかになるのか、仕事でしか行かないと思いますが、気長に待っています


さて、先週末に郵送されたロードの結果通知昨日自分のところにも届きました

20231205_073504.jpg

231101-2218.jpg
18.パノラマウェイ22 キタサンブラック(ロードカナロア) 牡 栗・奥村豊 3200万

231101-2228.jpg
28.エトワールブリエ22 フィエールマン(ロードカナロア) 牡 栗・藤岡 2200万

申し込んだのは2頭でしたが、無事に2頭とも抽選突破しました!エトワールブリエはそこまで激しくなかったと思いますが、パノラマウェイは新規枠でも抽選になるぐらいだったので、自分の抽選運を考えると落選の可能性もあったかな、と覚悟してましたXなどを見てると、ほぼ当選報告なので、もしかしてこの馬も厳しいものではなかったのかもしれませんが
ロードも今年は例年以上に申し込みが多くて、これ以外に候補としていた馬たちは軒並み満口になっています個人的には1、2頭様子見候補がいますが、1歳馬は7頭に出資が叶ったので、とりあえずドラフトはこれで終了のつもりですあとはキャンセル募集と、キャロシルクで追加募集があれば検討しようかなというところです。
今年は全部違う種牡馬の仔に出資できました

エピファネイア
キズナ
ルーラーシップ
レイデオロ
ダイワメジャー
キタサンブラック
フィエールマン

かなり楽しみなラインナップになったと思いますので、どの馬も順調に行ってほしいと思います




[edit]

【キャロット1歳】母よりもしっかりとして 

今から25年前というと、皆さんは何をされてたでしょうか?自分は大阪で働き出して、しばらく経ったころでしたそんな時、心斎橋の古着屋で1枚のスウェットを購入しました。それがこちら

20231129_220447.jpg

袖のあたりに穴が開いてますこう見えても、自分は物持ちが良い方だと思います自分は昔からスヌーピーが好きで、特にグッズを集めるとかいうことはなかったのですが、これに関しては間違いなく、スヌーピーのイラストが入っていたから買いましたあくびをするスヌーピー。かわいくないですか?
当時は今と違ってスヌーピーがここまで日本で一般的ではなく、千葉にある夢の国、某ネズミが圧倒的にキャラグッズと言えば、幅を利かせていた時代でだからこれを見つけた時は「レアだ!」と思って、すぐに買ったと思います特に古着ですから、数があるわけではなかったので。
裏地は起毛ではなく、暑がりの自分にはサラッとしていて着やすかったので。以来ヘビロテアイテムとなっていきました。最初は出掛ける時に、そして年月を経てからは部屋着として、着続けました
しかし、近年は劣化が激しく、そろそろ買い替えないと…と思いながら、これに変わる品を見つけるのは結構難しいかも…とも思っていたので、なかなか後継がないので、ボロボロになりながらも着ていました
しかし、ついに写真ではわかりづらいのですが、右の袖(写真では左側)が二の腕あたりから手首のところまで裂けてしまい、着ていても着ていないような状態に…(笑)
そんな時、スヌーピーのトレーナーをユニクロで見つけ、それが期間限定価格になっていたので「これしかない!」と思って買いました(笑)そこまでスヌーピーにこだわる必要もないのですが、ちょうど良いタイミングで見つかったので、仕方ないですね(笑)ちなみにこれは最初から部屋着専用ですが、これ以外にもスヌーピーのスウェットは2枚、Tシャツ1枚持っています。ついでに言うと、トムとジェリーも好きですTシャツ持ってます


さて、キャロット1歳、3頭目はこちら。コンダクトレス22の近況です!

23/11/30  NF早来
【馬体重:459キロ】現在は週3日、坂路でハロン16~17秒のキャンター調整を行い、それ以外の日は周回コースでのキャンター1800~2400mやウォーキングマシン調整を取り入れています。母の産駒らしく坂路調教を進める中で、幾分捌きや背中の硬さを感じることはありますが、母の同時期よりも体はしっかりしており、獣医師が触診したところ、まだ背中に余裕を感じられる状態とのことでした。今後も坂路3ハロン48秒程度をジックリ乗り込んでいくことで、ペースアップへ向けた体力強化を図っていきます。


この馬が我が厩舎の中で一番早く移動したので、先月の更新でも期待してたのですが、意外にもそれほど進んでなかったので、「あれ?」と思いましたしかし、今月はそれらしい進み具合を見せてくれました母同様に硬さを感じさせるようですが、母よりも体はしっかりしてるとのことで、この調子で順調に行けば、デビューが大きく遅れることはなさそう
写真を見ると、冬毛が出てきており、あまり見栄えがしませんが、この時期なので仕方のないところ今はしっかり下地作りをして、来たるべき移動時期に備えてもらいたいと思います
そしてこの馬の名前についてですが、比較的簡単に思いつきました父と母、両方からの連想ですスポっとハマった感じで、もうそれ以上深追いせずに10月中には応募完了しました結果的に一番最初にエントリーしたことになります。これまでもワンワードの馬名に憧れていたのですが、今回は上手く行った感じですあとは運を天に任せます

231130conductress22.jpg
今は冬毛がボーボーですが、またガラッと変わってくるはず




[edit]

【キャロット1歳】ここからは順調に 

今週から12月になり、開催替わり。中山、阪神、中京と3場バラバラですが、揃って「晴れの芝ダート良馬場」で行われました
今日は午後から外に出ましたが、やはり先週までとは違う空気を感じました。「冬の好天」という感じ。基本、寒いのは嫌いですが、冬の空は澄んでいて、夜空もそうですが、見上げるのが好きです
今年は暖冬と聞いていたように思いますが、これから3か月は寒い日が続くでしょうけど、春を心待ちにしながらまずは冬至が早く来て日が伸びていくのを楽しみに日々過ごしていきたいと思います(笑)


さて、キャロットの1歳2頭目、先月軽く頓挫のあったミスティークⅡ22の近況です!

23/11/30  NF空港
【馬体重:432キロ】現在は週2日、900m屋内坂路コースをハロン18~20秒のキャンター2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。背中などに皮膚病の名残はまだあるものの、乗る分には問題ないと判断して、坂路調教を開始しました。体の使い方が上手く、調教では良い動きを披露しているので、このまま状態を見ながらペースアップを図っていければと考えています。


皮膚病は完全には治っていないものの前進可能ということで、騎乗運動が開始され、さっそく坂路で18秒ほどで乗られています体の使い方が上手とのことで、今後につながってきそうなコメントをいただきましたねこれからはこの調子で少しずつペースアップを果たしつつ、馬体も増やしていってもらいたいと思います!
そして、馬名についてですが、一番難航したのは実はこの馬トータル3つ目の案で、申し込みましたそのあたりがキャロットの良いところで、書き換え可能なのを最大限生かした感じですこの馬も母の名を生かしたくて考えてましたが、父もキズナなので、それも絡めて行けないかな?とあれこれ思案してみたのですが、なかなか名案には至らず。ドツボにハマってしまったので、父を絡ませるのはあきらめて、母一本に絞って考えました納得度で言えば70%ぐらいですが、この馬が一番遅くなってしまったので、仕方ありません。きっと決まった名前を見れば「なるほど!」と思うことになるでしょう

231130mystique22.jpg
馬体重以上に見せますね。この形のまま、これから増えていってほしい




[edit]

【キャロット1歳】テンションさえクリアできれば 

昨日の正午でキャロットの馬名募集が締め切られました

【馬名応募をいただき、ありがとうございました。】 (23/11/30)
このたびは馬名応募をいただき、ありがとうございました。
11月30日(木)の正午をもちまして締切とさせていただきました。

決定した馬名の発表につきましては2024年2月下旬にクラブホームページにてご案内させていただく予定となっておりますので、今しばらくお待ち下さい。


例年より早く、そして募集期間が長かった馬名受付。自分は4頭出資していますが、すんなり決まった馬もいれば、なかなか難産で何度も書き換えた馬もいます
早く受付したので、発表も早いのかと思いきや、今年も2月末!おそらく去年のあの事件が効いてますねそこまで慎重にならなくても、とも思いますが、万全を期したいのだと思いますざっくり3か月ほど先になりますが、気長に待つしかないですね
昨日1歳馬の更新があったので、近況アップとともに、それぞれどういう馬名を応募したのか、具体的な名前は挙げませんが(挙げへんのかい!笑)、どういう思考でたどり着いたのかのプロセスもちょこっと書いてみたいと思います


そんなわけで、1頭目。まずはこの馬、ビートマッチ22の近況です!

23/11/30  NF空港
【馬体重:484キロ】現在は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は900m屋内坂路コースでハロン17~18秒のキャンター2本登坂しています。順調に乗り進めることはできていますが、この中間も気持ちの高揚には十分注意を払い、オン・オフを上手く切り替えられるように意識しながら日々のメニューを進めるようにしています。精神状況の良し悪しは、競馬での結果を左右するだけに、今後も慎重に接していきます


この中間に牧場見学に行かれた方のXを拝見しまして、非常に良いレポートをアップされていたため、順調なことはもちろん、良いコメントが聞けるのではないかと思いましたが、今回はそこまで特筆すべき点はなかったように思いますスタッフの方はエピ産駒ということ、姉が気性面で苦労したことなどから、そこを常に気にされているようで、逆に言えばそこさえ上手く行けば、万事ことはスムーズに運べる、という風に感じてるのかな、と思いましたこの調子で気持ちのコントロールを覚えて、ペースアップを果たしていってもらいたいと思います!
そして、この馬の名前について。最優先の馬だっただけに、また非常にキーとなるワードが含まれる母系だっただけに、そっち方面からアプローチしていきました。かなり初期の段階で申し込んだのですが、これは和製英語ではないか…という不安があったため、締め切り1週間前に変更しました。そちらも元々考えていた名前を少しアレンジしたものです。自分は「こうでないと」と思ってたんですが、「これでもいいんだ」とわかって、すんなり変更できました

231130beatmatch22.jpg
冬毛が出ておらず、毛艶が良いのは代謝の良い証拠ですね




[edit]

にほんブログ村&人気ブログランキング

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

日本ブログ村

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ