fc2ブログ
2023年10月18日 - The favorites in my life
09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

【シルク】まだダートだけども… 

昨日、来年の競馬番組が発表になり、今度は京都が終わったと思ったら、阪神がスタンド改修に入るそうで、またまた変則日程になるようです

【JRA】2024年は1月6日の東西金杯からスタート 宝塚記念&朝日杯FSは京都施行 暑熱対策で2回新潟は最終レースが18時30分ごろに

阪神は春の開催までで、その後は西日本の開催は京都中京で賄っていくということで、去年まで阪神がやっていたことが京都に置き換わる感じですね。ただし、夏の中京は小倉と順番を入れ替えて、7月小倉→8月中京になるそう9月の阪神は今年久々だったのに、また中京です
そして、最大の変更が夏の暑熱対策の一環として、ピーク時に競馬を休止すること。具体的には11時半~15時までみたいですが、朝を9時半に繰り上げ、夕方を18時半まで行うことになります。それに伴い、レース番号も変わり、7レースがメインレースになるとのことで、しばらくは慣れなさそうです
あと、ダービーの装鞍所集合が70分前になることや、パドック周回時間や23分から18分に短縮されることも暑熱対策の一環だそうですが、これはダービーに限らず、全部そうすればいいのにと思います。特にパドック周回は日本は長すぎだと思いますからね。
あと、ユニコーンSが5月の京都1900に変更も大きなニュースですが、これは個人的には出資馬が出れば気にしますが、あまり今のところ「へー」って感じかな(笑)
とりあえず、来年はまたこれまでと違う感覚で、競馬を見ることを余儀なくされそうです


さて、夏に北海道に持っていって1戦だけして戻ってきた、テキサスフィズの近況です!

2023.10.18 WED
近況
在厩場所:栗東トレセン
西園正都調教師「18日に坂路コースで追い切りを行いました。全体が51.0秒で、ラスト1ハロン12.1秒と、走り易い馬場だったとはいえ、全体終い共に好タイムをマークしてくれました。真面目に走ればこれだけの走りを見せてくれますし、レースでも最後まで気持ちが切れなければこのクラスでも通用して良い馬だと思っています。自分のペースで走っている分には問題ないですが、他馬に交わされるとあからさまに突っ張って止めてしまうところがあるので、今回は集中力を高める為にチークピーシズを着けてみようと思います。和田竜二騎手にはこの馬の癖は伝えていますが、最後までしっかり追ってくれるジョッキーですので、この馬の良いところを引き出してくれることを期待しています

2023.10.18 WED
助 手 栗東坂良 51.0 - 36.9 - 24.2 - 12.1 一杯
2023.10.15 SUN
助 手 栗東坂不 60.1 - 42.8 - 26.9 - 12.8 馬ナリ

2023.10.12 THU
近況
在厩場所:栗東トレセン
西園正都調教師「帰厩後も順調に進めることが出来ていましたので、9日に坂路コースで軽く時計を出しましたが、問題なく登坂することが出来ていましたので、12日に坂路コースで負荷を掛けて追い切りを行っています。全体が53.2秒で、ラスト1ハロン12.1秒と、仕掛けてからの反応・動きは良かったですし、強め1本目としては上々だと思います。精神面を考慮すると、あまり時間を掛けるよりも、サッと仕上げて使う方がフレッシュな状態でレースに臨めると思います。なお、来週の京都・D1,200m戦の鞍上は、最後まで諦めずに騎乗してくれる和田竜二騎手に依頼しています

2023.10.12 THU
助 手 栗東坂良 53.2 - 38.3 - 24.8 - 12.1 一杯
2023.10.09 MON
助 手 栗東坂重 57.8 - 41.8 - 27.7 - 14.2 馬ナリ

2023.10.05 THU
近況
在厩場所:栗東トレセン
西園正都調教師「5日の検疫でトレセンへ帰厩させていただきました。まずはよく脚元を含めて馬体を確認しまして、問題無ければ明日から乗り出しを開始いたします。前走は1,700m戦で距離が長い印象でしたし、今回は再度短距離戦を使おうと考えており、第2回京都開催の3週目にありますD1,200m戦へ向かいたいと思います

2023.10.05 THU
近況
在厩場所:栗東トレセン
5日(木)に栗東トレセンへ帰厩しています。

2023.10.04 WED
近況
在厩場所:ノーザンファームしがらき
5日(木)に栗東トレセンへ帰厩する予定です。

2023.09.29 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファームしがらき
調教主任「レースでは揉まれる形となると嫌気を差してしまいますが、普段の様子や調教ではそこまで気難しいところは見せていません。この中間は坂路コースにて14-14ペースで登坂していますが、しっかりとした脚取りで走ることが出来ています。近日中には帰厩することになっていますが、馬体に張りがあって雰囲気は良いですし、良い状態で送り出すことが出来そうです。馬体重は503kgです」


ホントに夏は無駄な時間を過ごしてしまいましたね2歳戦に夢中になって全方位見られない調教師ってどうなの?と思うのですが、今月のキャロ会報に載っているのを見て、イラっとしてしまいました(笑)
何か考えて使ってくれているのなら理解できます。でも、この厩舎の場合、こちらが思ってる方向には行かず、「なぜ?」という方向ばかりに行くので、出資者のイライラも募ってるんですよね。
幸い、今回は割とすぐに戻ってきたので、今週出走となりますが、今度もダート…砂のキックバックを嫌がるというのなら、もう一度芝を試すのもアリだと思うのですが、新馬戦以来走ってません頑なにダート一択。芝の1200、1400。1400ならダートでも良いような気がしますが、とりあえず最近は1000、1200では短い印象を受けるので、芝かダートなら1400を使ってほしいのが本音です。先週、追い切りでは好時計を出してますので、調子は悪くなさそう。それだけにそれを生かせる舞台を用意してもらいたいと思います
幸いにして、追い切りの感じから調子は良さそうですし、チークピーシズを着用ということで、なるべくマイペースで最後まで集中して走れれば、ダートとはいえ、やれそうな手応えですので、頑張ってもらいたいと思います

230929texasfizz.jpg
和田騎手なので、諦めさせないように追ってほしいですね



スポンサーサイト



[edit]

にほんブログ村&人気ブログランキング

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

日本ブログ村

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ