fc2ブログ
2023年10月08日 - The favorites in my life
09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

【キャロット】目標の3勝目を目指して 

今日は天気が下り坂ということもあり、気温以上に肌寒く感じました。昼に外出しましたが、とりあえずまだ自分はTシャツで出ました(笑)。室内の湿度は37%ということで、ついこの前まで60%台後半を示してましたから、気温は同じでも全然体感が違いますね明日はさらに天気は悪くなり、18℃との予想で秋の長雨もあるので、肌寒さは増して一気に季節が進みそうです
なんだかんだで、寂しい季節になりますね。日が暮れるのも早くなって、あと2か月半は短くなる一方で、朝晩の行き帰りも気分が沈みます


さて、3日間開催の最後に登場。今度こそ3勝目を目指してアレマーナの近況です!

23/10/5  松下厩舎
4日は軽めの調整を行いました。5日は栗東坂路で追い切りました(51秒6-37秒4-24秒5-12秒3)。「今朝は坂路で併せて追い切りました。相手を追走して最後はきっちり先着という内容で、終いも12秒3を計測していい動きでした。馬体重が506キロほどとまだ若干立派には映るものの、調教ではしっかり動けていますから、このひと追いでもうひと絞りできればと思います。2勝クラスで思うような結果が出ていませんから、この条件でなんとかきっかけを掴みたいですね」(松下師)9日の京都競馬(3歳上2勝クラス・牝馬限定・ダ1400m)に角田和騎手で出走いたします。

23/10/5(木)
助手 栗東坂・良 51.6 - 37.4 - 24.5 - 12.3
ビップジーニー(新馬)馬ナリを2.1秒追走0.1秒先着 一杯に追う(-)
23/10/2(月)
助手 栗東坂・良 56.5 - 41.1 - 26.4 - 13.0
サロニコス(新馬)馬ナリを0.1秒追走クビ先着 馬ナリ余力(-)

23/9/27  松下厩舎
27日は栗東坂路で追い切りました(52秒3-38秒5-25秒8-13秒3)。「今朝は坂路で追い切りました。1週前になるので単走で意識的にしっかりやりましたが、ラスト1ハロン13秒3と最後は少し時計を要してしまいました。ただ、きっちり負荷をかけることはできたと思いますから、このひと追いでまたさらに上向いてきてほしいですね。追い切った後の様子を見て、来週どのくらいやるかまた考えていきます」(松下師)10月9日の京都競馬(3歳上2勝クラス・牝馬限定・ダ1400m)に角田和騎手で出走を予定しています。

23/9/27(水)
平沢健 栗東坂・良52.3 - 38.5 - 25.8 - 13.3 一杯に追う(-)
23/9/22(金)
助手 栗東坂・重 54.4 - 39.2 - 25.2 - 12.6 馬ナリ余力(-)

23/9/21  松下厩舎
20日に栗東トレセンへ帰厩しました。21日は軽めの調整を行いました。「前走内容から距離を短縮してみようと思い、京都開幕週のダート1400m戦に向けて昨日帰厩させています。さっそく今日から軽く乗り出しており、様子を見て時計になるところを取り入れていきます」(松下師)10月9日の京都競馬(3歳上2勝クラス・牝馬限定・ダ1400m)を目標にしています

23/9/19  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間はハロン15秒くらいまで脚を伸ばして調教を行っています。ペースを上げても反動はなく、しっかり動かすことができています。馬は変わりなく順調に来ていることから、厩舎サイドとも相談して近々トレセンへ移動させる予定です」(NFしがらき担当者)

23/9/12  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間から周回コースと坂路で乗り出しました。現在はハロン16秒くらいで動かしていますが、引き続き疲れた様子もなく順調ですね。この感じなら長い休養は必要なさそうなので、近々に目標を定めていく方向で考えており、こちらでは緩めない程度に乗り進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

23/9/5  NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週こちらへ到着しており、ここまでウォーキングマシン中心の調整で馬体チェックを行っています。今のところ目立った疲れなどはなさそうなので、様子を見ながら軽く動かしていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

23/8/31  NFしがらき
31日にNFしがらきへ放牧に出ました。

23/8/30  松下厩舎
30日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は申し訳ありませんでした。勝った馬が強かったのは確かですが、道中はスムーズに進めることができていましたし、52キロのハンデでこの結果は正直物足りませんね…。今回は1700mを使いましたが、お伝えしたとおり次はもう少し距離を短縮してみようと思いますので、節を空けるために一度放牧に出させていただきます。レース後の馬体には特に異常ありません」(松下師)31日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

23/8/27  松下厩舎
27日の小倉競馬ではスタート良く、スッと好位の後ろで付ける。そのままスムーズに追走し、直線ではいい反応を見せたものの、最後は一杯になって8着。「今日はいい競馬ができず申し訳ありませんでした。スムーズな競馬ができたのですが、その割に最後は踏ん張りきれませんでした。勝ち馬は抜けてしまいましたが、2着からは大きな差はなく、ここでもやれる力はあると思うのですが…。ジョッキーは『52キロということもあってスッといいポジションを取れたので、正直もう少し踏ん張ってほしかったという気持ちはあります。ブリンカーからちょうど2着馬が見えるぐらいのところでグッとハミを取ってくれたのですが、最後は踏ん張りきれませんでした』と話していました。今回、小回りの小倉ということで1700mを使いましたが、距離を短縮してみたいという気持ちはありましたので、次走は改めて条件を見直してみようと思います」(松下師)52キロというハンデもあり、ここは前進を期待した一戦でしたが、スムーズな競馬はできたものの最後は一杯になってしまいました。ただ、2着から大きな差はなく、能力的には十分やれるという印象もあります。次走以降は条件を見直すということで、改めてに期待したいと思います。この後はトレセンで馬体を確認してから検討します。


今回は距離短縮してきました未勝利時代に一度、芝を合わせれば3度1400は走ったことがありますダートの時は角田和騎手だったので、今回と同じです。その時は阪神でしたが、明日は京都。アレマーナ自身初の京都です。阪神との違いは直線の坂なので、ある程度4角で位置を求めたいところです。
久々の1400なのでペースについていけるかがポイントになりそうですが、偶数枠に入りましたし頭数もそこそこなので、スタートをしっかり決めてもらいたいと思います
今回は2歳新馬を相手に調教をしてきましたが、今週の追い切りは大きく追走から一杯に追われて先着と、なかなかハードなものでしたこれでピリッとしてくるでしょうし、あの一生忘れられない、親父を弔う勝利からすでに半年以上経ちましたし、2勝クラスも4戦目になりますから、前進を期待しています

230827alemana.jpg
この馬は丈夫で順調に使えるのが強みですね




スポンサーサイト



[edit]

【キャロット】前々走にこだわらず 

1日遅れましたが、昨日はこの方のお誕生日でした

Screenshot_20231008-094916_LINE.jpg

最後の「LAST GIGS」からすでに7年。「還暦の時に何か音源を出す」とか言っていたように思いますが、結局ここまで映像作品しか出ておらず、新規音源はない模様どうしてるのか?ロスにいるので、全然わかりませんが、今回はソロデビュー35周年を記念した映像作品で、最初の東京ドームから最後の東京ドームまでいろんな映像が収められているようです
一度でいいから、現在の姿と音源を聴きたいですね


さて、3週間ぶりの出資馬の出走になります、今週は2頭。まずは距離短縮で改めて、リゴレットの近況です!

23/10/5  羽月厩舎
4日は栗東坂路で追い切りました(53秒1-38秒1-24秒9-12秒9)。5日は軽めの調整を行いました。「水曜日に坂路で併せて追い切っています。格上を相手に持ったまま先行、先着という内容で、キビキビとした非常にいい動きを見せてくれました。トモの状態も特に変わりなく、帰厩からここまで順調に調整が進められていますね。今回は輸送の短い京都で前走ほど体が減ることもないでしょうし、距離も1400mに戻して改めてという気持ちです。鞍上は藤岡康騎手に依頼をしました」(羽月師)8日の京都競馬(3歳上1勝クラス・芝1400m)に藤岡康騎手で騎手で出走いたします。

23/10/4(水)
助手 栗東坂・稍 53.1 - 38.1 - 24.9 - 12.9
サンライズジャスト(古馬2勝)一杯に0.9秒先行0.2秒先着 馬ナリ余力(-)

23/9/28  羽月厩舎
27日は軽めの調整を行いました。28日は栗東坂路で追い切りました(52秒2-37秒8-24秒8-12秒4)。「牧場では減っていた馬体が戻って調整も順調のようでしたから、先週トレセンへ帰厩させることにしました。今朝は坂路で追い切りを行っています。単走でしっかりめにやって時計、動きともに十分という内容です。ここまでトモに反動が出ることもありませんし、このまま来週の芝1400m戦を目標に進めていきます」(羽月師)10月8日の京都競馬(3歳上1勝クラス・芝1400m)に出走を予定しています。

23/9/28(木)
助手 栗東坂・良 52.2 - 37.8 - 24.8 - 12.4 一杯に追う(-)
23/9/24(日)
助手 栗東坂・良 57.7 - 41.4 - 26.8 - 12.5 馬ナリ余力(-)

23/9/21  羽月厩舎
21日に栗東トレセンへ帰厩しました。

23/9/19  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間からは坂路では終い15秒に加え、15-13の強めの調教も取り入れ始めました。坂路入り自体は週3回程度ですが、しっかりペースアップしながら馬体も増えており、順調な良化が認められる状況です。厩舎サイドともそろそろ移動させようという話をしており、こちらもそのつもりで備えていきます」(NFしがらき担当者)

23/9/12  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間からは坂路では終い15秒の調教も取り入れ始めました。こちらに到着時は寂しく見えた馬体もだいぶ回復してくれましたし、この後も様子を見ながら運動量を増やしていければと考えています。体調自体は問題ないので、しっかり動かしていきます」(NFしがらき担当者)

23/9/5  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間からは周回コースと坂路で普通キャンター程度の調教を開始しました。坂路入りはまだ週1回ほどと控えめですが、動かしつつ気になるところはなく、馬体重も少しずつですが回復してくれています。この後も馬体の回復度合いを見ながら進めていきます」(NFしがらき担当者)

23/8/29  NFしがらき
軽めの調整を行っています。「こちらに到着後は、ウォーキングマシン中心に軽い運動程度で馬体のチェックを行っています。まずは減った馬体を回復させるように心がけていますが、体調面は特に問題なくだいぶ戻ってきています。この後状態を見ながら乗り出していきます。馬体重は448キロです」(NFしがらき担当者)

23/8/23  NFしがらき
23日にNFしがらきへ放牧に出ました。「先週の競馬は申し訳ありませんでした。枠順もありましたし、馬場状態も考慮してジョッキーはある程度のポジションを取りにいく選択をしましたが、やはり現状では脚を溜める形の方が良さそうです。レース後は特に目立った傷みなどはありませんでしたが、長距離輸送で体も減っていましたし、お伝えしたとおりここでリフレッシュ放牧に出させていただきました。状態を見ながら秋の番組の相談をしていきます」(羽月師)

23/8/19  羽月厩舎
19日の小倉競馬では五分にスタートを出て道中5番手あたりにつけていく。勝負どころから鞍上の手が動き出し、直線はそのまま後退してしまい16着。「今日はこのような結果となり申し訳ありませんでした。ジョッキーは『スタートが思ったより出ましたし、ここから下げると外を回らされることになりますから、馬の後ろにつけてロスなく進めることにしました。ただ、3コーナー前から手応えがなくなり、最後まで集中力が続きませんでした。こなせる距離だと思うのですが、結果的にはもっと後ろから進めるべきでした。申し訳ありません』とのことで、好スタートと大外枠が影響してしまいましたね…。正攻法ではなく、前走のようにもっと極端な競馬をした方が良かったのかもしれません。輸送の影響でテンションが高くなり、馬体も減らしてしまいましたので、この後はいったんリフレッシュ放牧を挟むつもりです」(羽月師)久々でも調教の感触は良く、力を出せる仕上がりだと思ったのですが、予想外の形で進めることになり、集中力が続かなかったようでした。敗因ははっきりしていますし、進め方ひとつで見直しは可能でしょうから、ひと息入れてからの巻き返しに期待したいと思います。


前走は小倉ということで選択肢がなく、距離が長いながら1800を走りましたが、好スタートを切ったこともあり、好位で進めて3角から手応えがなくなりました
それを受けて今回は1400というのは想定通りですが、前走で決めたスタートを生かしてもらいたいところ。しかし、今回は前々走のように後ろから行くことを考えているようで、この開幕週で内枠に入ったのに正気ですか?という感じ。そこは枠を生かして、前走のスタートをイメージしながら好スタートを決めたなら逃げろとは言わないまでも、馬の後ろで折り合って、直線抜け出す、ぐらいのことは考えてもらいたいと思います
前に行くと保たないと思ってるようですが、距離が400も短縮されるわけですから、そこは鞍上に頑張ってほしい。幸い調子は良さそうですし、馬体も前走よりは増えてるはずですから、藤岡康騎手は馬を信じて乗ってください

230819rigoletto.jpg
なんとか今後の目途となる走りを見せてほしい!




[edit]

にほんブログ村&人気ブログランキング

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

日本ブログ村

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ