fc2ブログ
2023年10月01日 - The favorites in my life
09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

【キャロット2歳】グランルフレの分まで 

今日はスプリンターズSが行われ、地方では盛岡でダービーグランプリがあって、そして夜は凱旋門賞という、競馬ファンとしては盛りだくさんな一日です先週今週と出資馬の出走がなかったので、いまいち競馬に熱が入りませんが、こうして大きなレースが行われると否が応でも盛り上がってきますね
日本にとって悲願の凱旋門賞には今年は1頭のみ。しかもスルーセブンシーズという5歳牝馬なので、例年とは違う感じの馬を送り込むことになります外国人にとっては疑問に思う向きがあるようですが、ノーザンとしてはこれまでの経験を踏まえて、この馬の参戦を決めたのでしょう。その魅力は、なんといってもドリームジャーニー産駒だということ。この20年で凱旋門に一番近づいたのは、間違いなくステゴ系。こちらの思惑を超えた力を発揮する点を考えると、どんな競馬をしてくれるかワクワクしてきます
今年は去年のような極悪馬場にはならなさそう去年は日本馬に対して嫌がらせのように、レース直前での大雨がありましたから、あれがなければ、もう少し良いレースができただろうという馬もいましたから、天気が良く馬場が硬ければ硬いほど良いでしょうでも、フランスはボタン一つで、雨を降らせる装置でも持ってるのではないかと思うほどですから油断できません(笑)
日本では中山牝馬Sのタイトルしかないスルーセブンシーズですが、なんといってもストーリアを負かした馬ですから、頑張ってもらいたいと思います!


さて、前回更新後、すぐに移動してデビューに向けて調整中、同じリアパク産駒グランルフレの分まで頑張ってほしい、ウィンターガーデンの近況です!

23/9/28  武幸厩舎
27日は栗東坂路で追い切りました(55秒8-40秒9-26秒8-13秒5)。28日は軽めの調整を行いました。「水曜日は坂路でサッと時計を出してみました。先週よりも少しペースを上げてみましたが、今のところは気持ちも昂ぶりすぎず対応してくれています。ただ、引き続き紙一重でピリッとしすぎてしまいそうな危うさはあるので、そのあたりは慎重に状況を見極めながら進めていこうと思います」(武幸師)

23/9/21  武幸厩舎
20日は軽めの調整を行いました。21日は栗東CWコースで15-15程度の調教を行いました。「ゲート試験合格後は、土曜日に坂路で4ハロン60秒4、今朝は鮫島駿騎手に乗ってもらってCWコースで15-15を行いました。今朝は3頭で行ったのですが、コースに下ろすときにちょっとバタバタしていたんです。走り出してしまえば問題ないのですが、気性的に急にスイッチが入るんですね。来週からはもう少しペースを上げていくつもりなので、そのときの反応などを見て今後のプランを考えていきます」(武幸師)

23/9/13  武幸厩舎
13日はゲート試験を受け、無事合格しました。「ここまでゲート練習中心に進めてきて、ところどころ万全とは言えないところはあるもののひと通りこなせるようになってきていますので、今朝試験を受けてみました。藤岡康騎手に手伝ってもらったのですが、ちょっと寄り付きが悪くゴネていたんです。ゲートに入ってしまえばおとなしく、発馬の反応も良かったのでどうかと思いましたが、なんとか合格することができました。枠入りについては引き続き練習が必要そうですし、この後については馬の状態を見て決めていきます」(武幸師)

23/9/6  武幸厩舎
6日はゲート練習中心の調教を行いました。「先週無事入厩し、順調に乗り出しています。週明けから本格的にゲート練習を開始していますが、素直で特に気になるところはありません。少し前向きすぎるところはありますが、藤沢和厩舎で研修していた時にこのきょうだいは見させていただいていて、なんとなく血統的な特徴は理解しているのでやりやすいですね。来週ぐらいには試験を受けるメドは立つと思います」(武幸師)

23/8/31  武幸厩舎
31日に栗東トレセン・武幸四郎厩舎に入厩しました。

23/8/29  NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間は坂路でハロン17~16秒程度のキャンター調教を行っています。2本登坂も取り入れてしっかり乗り込んでいますが、体調面も含めて特に気になるところはありません。厩舎サイドとは今週中にも一度入厩させる方向で話をしています。馬体重は467キロです」(NFしがらき担当者)

23/8/22  NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「日曜日にこちらへ移動してきて、馬体に異常がないことを確認してから坂路で軽く乗り出しています。普通キャンター程度まで進めていますが、特に問題なく対応しています。体調の変化もないので、このまま緩めず乗りながら移動に備えていきます」(NFしがらき担当者)

23/8/19  NFしがらき
19日にNFしがらきへ向けて移動しました。

23/8/18  NF天栄
18日にNF天栄へ向けて移動しました。「順調に速めの調教を重ねられている現状を踏まえ、このタイミングでの本州移動が決まりました。NF天栄を経由してNFしがらきへ移し、現地で入厩態勢を整えていく予定です」(早来担当者)


前回更新後すぐに本州に移動してきて、8月末に入厩。ゲート試験もちょっと課題はありつつも、一発合格で放牧になるかな?と思ってたのですが、夏の入厩と違って、在厩のままデビューに向けて調整していくことになったようですまだこれといった時計は出てませんので、デビュー予定も決まりませんが、おそらくこのまま行けば10/21の芝1400ではないかな?と思います。牝馬限定戦ですし、ローテ的にも現況から無理のない選択だと思います重賞の裏なので、鞍上がどうなるかですが、来週には予定が出そうですし、早めに押さえてもらえればと思いますまずは順調にペースアップしていってください!

230822wintergarden.jpg
武幸四郎厩舎には期待しています




スポンサーサイト



[edit]

【キャロット2歳】ここからリスタート 

9月も今日で終わりですが、9月開始とともに始まった2023のキャロット募集はひと月持たずに終わってしまいました…

2023年度1歳募集馬は全頭満口となりました (23/9/29)
出資を募ってまいりました2023年度1歳馬募集ですが、9月25日から27日に実施しました第2次募集をもちまして全頭満口となりました。
このたびは多数の出資お申込みをいただき、誠にありがとうございました。

全頭満口に伴い、10月2日から予定しておりました通常募集の実施はございません。

入会時に1口以上の出資が必要となることから、新規ご入会の受付も休止とさせていただき、ご入会をご希望の方は、2024年9月より開始予定の2024年度1歳馬募集にてご検討いただければ幸いです。
※2024年8月より2024年度1歳馬募集の資料請求受付を開始する予定となっております。


2次募集は既存会員と新規会員の受付となり、どれだけ新規の人が入ってきたかわかりませんが、3頭100口余りに殺到したのでしょうか?もはや通常募集などという言葉は死語ですね
新規の方にとっては1年後、会員にとっても、来春に行われるキャンセル募集と追加募集(あるかわかりませんが)まで何もありませんので、出資できたことを喜びつつ、成長を見届けることに一喜一憂したいと思います
昨日、更新されましたが、どの馬も順調に行ってもらいたいですね


さて、久々キャロット2歳馬の更新ですが、キャロット募集してる間にウィンターガーデンは脱北、グランルフレは無念の引退ということで、北海道組はこの馬だけになってしまいました、パステルツェの近況です!

23/9/28  NF空港
この中間は週1日、屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本登坂しています。また、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。「様子を見た上で乗り出しをスタートしましたが、歩様に問題はありません。しばらくは無理なく動かしていき、変化を見極めていきたいと思います」(空港担当者)

23/9/21  NF空港
この中間はトレッドミルでのキャンター、もしくはウォーキングマシンでの調整を行っています。「引き続き、変わりない内容でメニューを進めています。回復具合を見つつ騎乗運動へ移行していく時期を検討していければと考えています」(空港担当者)

23/9/13  NF空港
この中間はトレッドミルでのキャンター、もしくはウォーキングマシンでの調整を行っています。「この中間もトレッドミルを中心とした内容でメニューを消化しています。引き続き、経過を見ながらペースを上げていく時期を見定めていきたいと思います」(空港担当者)

23/9/6  NF空港
この中間はトレッドミルでのキャンター、もしくはウォーキングマシンでの調整を行っています。「この中間、左トモをエコーで確認していますが、所見は見られませんでした。順次、負荷を高めることができているので、このまま様子を見ながら動かしていきたいところです。馬体重は470キロです」(空港担当者)

23/8/30  NF空港
現在はウォーキングマシンでの調整を行っています。この中間、獣医師による馬体のチェックを行っていますが、中殿筋や半腱半膜様筋に張りがあるとのことで、ショックウェーブ等の治療の指示が出ています。後肢の引き上げもあまり良いものとは言えないので、しっかり治療を施すことで良化に努めていければと考えています


前回の更新で、移動間近に左トモのハ行により、計画が頓挫してしまいましたあれからひと月半。今週から坂路入りを再開することができました結局、原因がよくわかりませんが、ここまでウォーキングマシン等で様子を見た上で、ゴーサインが出たので、少しずつではありますが、ペースアップしていければいいな、と思います
元々母高齢の馬でしたし、馬格からも早い時期から動ける馬ではないと思ってましたので、ゆっくりなのは覚悟していましたこの調子で行けば、年内入厩が目標になるでしょうかそして、新馬戦のある内にデビューできれば御の字と言えるか?ん、新馬戦て3歳はなくなるんでしたっけ?よくわかりませんが、来年も3歳新馬戦があるならば、それがある時に下ろせることを願っています

230928pastertwe.jpg
今月中旬に公開された動画では舎飼でしたし、次回は走ってる動画を!





[edit]

にほんブログ村&人気ブログランキング

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

日本ブログ村

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ