FC2ブログ
2021年02月12日 - The favorites in my life
01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. // 03

【キャロット】負けはしたものの及第点 

想像以上のパフォーマンスでデビュー戦を乗り切ってくれました、フォルトゥナータの近況です!

21/2/9 NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「動かし出してもガクッと来るようなことはなく、体に大きな傷みはなさそうですが、気になることを強いて挙げれば脚元です。スッキリと見せるタイプではなく、今も球節周りは少し浮腫みやすいので慎重に対応していかなければいけないと考えています。おそらくふた開催ある中山開催時期の出走は可能になると思いますが、慌てずに進めていきます」(天栄担当者)

21/2/2 NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。「先週帰ってきて数日は軽めで様子を見ていましたが、概ね問題はなさそうでしたので早速乗り出しています。今朝は軽く坂路にも入ることができているので、この後ガクッと来るようなことがなければこのままコンスタントに乗っていきたいですね」(天栄担当者)

21/1/28 NF天栄
28日にNF天栄へ放牧に出ました。
21/1/27 小西厩舎
27日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は悔しい結果でしたけど、前を向いていければと考えています。一度競馬を使ったことでストレスからイライラ度合いが増さなければとは思っていますが、ここまでのところわりと落ち着いているように見えます。普段は大人しいほうなので、馬場入りし出したりするとどうかなと思うところはありますが、このまま安定してくれるといいですね。体質面や精神面を考えると続戦が得策とは言えないかなと感じましたので、牧場とも相談して、いったん放牧に出すことにしました。リフレッシュを図ってもらってから次走を考えていきますが、いいイメージを持てた中山の舞台を第一候補にし、現地での体調や調整の進み具合で目標を定めていければと考えています」(小西師)

21/1/23 小西厩舎
23日の中山競馬では押して中団外のポジションにつける。促しながら追走して勝負どころから直線へ向くと良く伸びたが、さらに外をのびてきた勝ち馬にわずかに屈して2着。「勝ったかなと思いましたけれどね…。悔しいです。それでもメドは立てられたのかなと思いますし、今後が楽しみになりました。走らせるとなるとどうしても気持ちがカリカリしてしまうところがあるので初めての環境である競馬場へ連れていってどういう変化を見せるか用心して見ていたのですが、やはり最初はイライラした感じがあったんです。ただ、時間の経過とともに少しずつ順応してくれ、パドックもわりと落ち着いて歩くことができていました。ジョッキーも同様に思ったようで、レースへ行けばしっかりと走ってくれたと言っていました。体は増えこそしなかったものの減りもせずに調整できましたし、馬に合わせてじっくりやってあげられればいいという点も収穫になりましたね。夏場に比べればいいものの、腰など体には弱さがありますし、脚元もパンとしているわけではありません。気持ちの面だけでなく体の面でも成長を図れればもっと走れるようになるはずなので、焦らず接していきます」(小西師)気負いやすいことからスクミの症状を出しがちな馬ですが、慌てさせずにじっくりと調整してきたことで除外で2週予定が延びた中でも悪くない形でレースへ向かうことができました。スタートはそこまで速くはなく、不慣れなこともあって終始鞍上に促される必要はありましたが、それでいて最後まで勢いが衰えることなく走ることができていました。最後は勝ち馬にとって格好の目標となってしまったこともあり遅れを取ってしまいましたが、それでもよく頑張ってくれましたし、悔しい敗戦ではありましたけれど今後が楽しみになるとも思える初戦だったのではないでしょうか。肝心なのはこの後になるかと思います。一度競馬を覚えたことでより気持ち面で苦しくなる可能性もありますから、この後については慎重に判断していければと考えています。


調教をつけてくれていた丸山騎手が残念ながら(?)騎乗停止になってしまい、戸崎騎手になった時点で運が向いていたのかもしれませんヴァンデスプワール同様、‟泣き”の入ったデビュー前のコメントでしたが、それをいい意味で裏切ってくれました
スタートこそダッシュがつかなかったものの、二の脚で中団につけ、道中はスムーズに外に持ち出すことができたおかげでいい感じで、スーっと4角上がっていけましたしかし、誤算だったのはその直後。直線を向いてすぐ、マークしてきた11番が体をぶつけてきたせいで、一瞬バランスを崩し、トモが横に流れるような状態に「あっ!」と思ったものの、気持ちは切れておらず、体勢を立て直して伸びてきます。しかし結局、先ほどぶつけてきた11番に差し切られてアタマ差2着負けた直後は悔しかったですが、臨戦過程を考えれば十分及第点を与えられます牡馬相手でしたしね
優先権を獲ったものの、現時点では続戦をするのは厳しいというのは誰の目にも明らかそれでも小西先生は何日か様子を見てくれました。次戦は中山と明言されましたので、順調に行けば来月か再来月の復帰を目指すことになると思いますただ、やはり浮腫みやすいタイプですので、しっかり天栄でケアをしてもらいながら、備えてもらいたいと思います

210123fortunata.jpg
ダ1200ならレースは多いし、仕上がりと相手関係を見てじっくり行きましょう



スポンサーサイト



[edit]

にほんブログ村&人気ブログランキング

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

日本ブログ村

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ