FC2ブログ
2020年11月01日 - The favorites in my life
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

【キャロット1歳】出遅れも素直さでカバー 

この秋は空前の「史上初」が続いているJRAのG1シリーズですが、今週もその記録が達成されました。アーモンドアイの天皇賞秋連覇による、G1・8勝目です
アーモンドアイがもっとも得意とする軽い芝の広いコースの2000mなら死角なし、という感じでしたが、あっさり勝ちましたJRAとしても万々歳でしょうね
僕は本格化した今ならと、クロノジェネシスを本命にしましたが、タイミング悪くスタートを切られ、隣のフィエールマンとのおしくらまんじゅうをしたせいで、ポジション争いで後手を踏んでしまったため、アーモンドより前に位置する、という僕の戦前の想定はその時点でもろくも崩れ、後方からになってしまったのが痛かった
加えて、逃げるダノンプレミアムのペースが遅くて、完全なる上がり勝負。直線を向いた時でもまだアーモンドとは3馬身ぐらいの差はあったでしょうか?そこから猛然と追い上げるも、序盤の差は埋めきれず、最後は疲れてフィエールマンにも差されてしまいましたでも、上がり32秒8でも走れることを見せられましたし、道悪ならもっと走れますから、オールラウンダーだと思います
アーモンドアイの出資者の皆さん、新記録達成おめでとうございますこの後は香港ではなく、JCで三冠馬を迎え撃ってもらいたいですね

さて、閑話休題。月イチのお楽しみ、キャロット1歳馬の近況が更新されましたまずはペルレンケッテ19の近況です

20/10/30  NF早来
馬体重:458kg 
ロンギ場での騎乗馴致ではハミ受けや手前の変換、体の使い方等を教えていましたが、大人しい性格ということもあり、手を焼くことはありませんでした。脚元やカイバ食いを含めて健康状態に問題はなかったため周回コースでのキャンターを開始し、現在は週1日ながら坂路での軽めのキャンター調整を取り入れています。ここまで順調に進めることができているので、今後は登坂ペースを速めることや週の中でも坂路調教の頻度を高めることで、徐々に運動負荷を増やしていきたいと考えています。


今年出資したキャロット4頭の中で一番遅く移動した馬ですが、馴致は素直に受け入れていたということです脚元やカイバ食いも問題なかったため、すでに週1回坂路入りしてるようで何よりです馬体重に変化はありませんが、しっかりごはんも食べているので、今後負荷を高めても乗り越えていってもらいたいと思います今年のキャロットの募集馬は募集中止や取り下げが続出、競走馬が無事に行くこと難しさを痛感してるので、時々リフレッシュを挟みながら進めていってもらいたいですね

201030perlenkette19.jpg
立ち姿の写真でないことが一部話題になってますね



スポンサーサイト



[edit]

にほんブログ村&人気ブログランキング

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

日本ブログ村

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ