FC2ブログ
2020年08月07日 - The favorites in my life
07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

【シルク】ラストレースに懸ける馬Part1 

募集馬の記事ばかりで、なかなか出資馬の更新ができてませんでした。明日がラストになるかもしれない、ハーモニクスの近況です!

8/6
ハーモニクス[父 キンシャサノキセキ : 母 アコースティクス]
在厩場所:札幌競馬場
調教内容:5日に札幌ダートコースで時計
次走予定:8月8日の札幌・D1,700m〔吉田隼人〕

武市康男調教師「先週末に札幌ダートコースで単走で追い切りを行いました。馬場が硬いことから無理をさせていませんから、時計的にはそれほど速くはないものの、まずまず動けていたと思います。5日にも札幌ダートコースで併せて追い切りを行いましたが、2歳未勝利馬の外目を追走する形から、最後は1馬身ほど先着しています。今は状態がとても良いですから背中をしっかり使って走れていますし、タイム以上に好内容の調教を消化出来ました。今週の芝1,500m(牝)を吉田隼人騎手で予定していましたが、想定を見ると除外の可能性がありましたので、同日のD1,700m戦に吉田隼人騎手で出馬投票させていただきました。改めて芝での走りを見てみたかったですが、今の状態が良い内に出走させたかったことから、最終的にはD1,700m戦に投票したものの、元々ダートでは大きく崩れてはいませんし、今の雰囲気でどれだけやれるか楽しみです。芝1,200mからの距離延長と言うことでポジションはある程度取れるでしょうから、そこから粘り込むような競馬をしてもらいたいと思います」

出走情報(確定)
ハーモニクス[父 キンシャサノキセキ : 母 アコースティクス]
 8/8(土)札幌3R 3歳未勝利〔D1,700m・14頭〕54 吉田隼人 発走10:55

ハーモニクス[父 キンシャサノキセキ : 母 アコースティクス]
 助 手 8/5(水)札ダ重 73.1- 57.0- 42.7- 12.8[8]馬なり余力
  マイスクワッド(二未勝)馬なりの外0.2秒先着
ハーモニクス[父 キンシャサノキセキ : 母 アコースティクス]
 助 手 8/2(日)札ダ良 56.8- 42.1- 13.1[9]馬なり余力

7/29
ハーモニクス[父 キンシャサノキセキ : 母 アコースティクス]
在厩場所:札幌競馬場
調教内容:29日に札幌ダートコースで時計
次走予定:8月8日の札幌・芝1,500m(牝)

武市康男調教師「29日に札幌ダートコースで併せて追い切りを行いました。直線に入って同じ3歳未勝利馬を突き放して、最後は1馬身半ほど先着して終えています。乗り手には終いだけしっかり動かすよう指示していましたが、その通り乗ってくれて、全体時計も66秒台でまとめられましたから、とても良い調教内容だったと思います。何より背腰を使えるようになったことで、自分からハミを取ってグングン加速してくれますし、この感じであればブリンカーを着用するとかえってハミに乗っかるような走りになりそうですから、必要なさそうですね。また、息遣いも前回より一段階良くなってきていますよ。番組についてですが、来週は牝馬限定の芝1,500m戦が組まれておりますので、そこを目標に進めていきます」

ハーモニクス[父 キンシャサノキセキ : 母 アコースティクス]
 助 手 7/29(水)札ダ良 66.5- 52.0- 39.2- 13.7[8]一杯に追う
  セイカタチバナ(三未勝)一杯の外0.2秒先着
ハーモニクス[父 キンシャサノキセキ : 母 アコースティクス]
 助 手 7/26(日)札ダ良 41.4- 13.3[7]馬なり余力

7/23
ハーモニクス[父 キンシャサノキセキ : 母 アコースティクス]
在厩場所:札幌競馬場
調教内容:22日に函館Wコースで時計
次走予定:第1回札幌開催

武市康男調教師「22日に函館Wコースで単走で追い切りを行いました。函館で1度使ったことから上手く背腰が使えるようになり、推進力のある走りを見せていましたね。また、滞在している効果からか飼い葉食いはとても良好で、気持ちにも余裕はありますが、体つきを見るともうひと絞りできそうですね。また、調教の動きを見ると、距離は前走より少し有った方が良いのではないかと言う印象を受けますし、乗り手もそのようなコメントをしていました。勝ちきる為には中途半端な状態で出走させたくないですから、今後も想定を確認しつつ更に状態が上がってきたタイミングで出走させたいと考えています。なお、本日札幌競馬場へ移動しています」

ハーモニクス[父 キンシャサノキセキ : 母 アコースティクス]
 助 手 7/22(水)函W稍 55.1- 39.8- 12.9[5]馬なり余力

7/15
ハーモニクス[父 キンシャサノキセキ : 母 アコースティクス]
在厩場所:函館競馬場
調教内容:軽めの調整
次走予定:第1回札幌開催

武市康男調教師「レース後は厩舎で馬体を確認させていただきましたが、脚元を含めて問題はありませんでした。元気があって非常に良い状態ですから、このまま在厩して続戦させていただきます。優先出走権を持っていませんから、想定を見ながらにはなるものの、武史(横山武史騎手)は芝の適性は問題ないと言っていましたので、芝1,200mもしくは芝1,500m戦での出走を考えています。また、行きっぷりが良くなる効果を期待して、次の追い切りではブリンカーを着用してみたいと思っており、その効果次第ではレースでも着用を検討しています」

レース結果
ハーモニクス[父 キンシャサノキセキ : 母 アコースティクス]
 7/11(土)函館3R 3歳未勝利〔芝1,200m・16頭〕16着[4人気]

芝替わり。互角のスタートから、中団で脚を溜めます。3コーナー過ぎから鞍上の手が動き、直線では大外へ持ち出されるも、伸びを欠いて後方でゴールしています。

武市康男調教師「上位とはそれほど差があるわけでは無いですし、外を回った分が着順に影響していたと思いますから、それほど悲観する内容ではないと思います。ここを叩いて、次はもっと良くなるでしょう。騎乗した武史(横山武史騎手)は『芝コース自体は全く問題ありませんでした。ただ、息が重い感じで、直線で外に出してからフラフラするところがありました。能力的にはもう少しやれる馬ですし、ひと叩きしてどう変わってくるかですね』とコメントされていました。調教でも新馬を相手に遅れているように、もう少しピリッとしてきて欲しいところはありますので、何か馬具を着けてみるのも手だと思います。以前に骨折経験のある馬ですから、まずは厩舎で脚元を中心に馬体を確認させていただき、それから今後の予定を決めさせていただきます」


本来は次の4R芝の1500に出走予定でしたが、僕のもう1頭の出資馬フレジエも出走予定だったため、どうなるだろう?と思ってたら、こちらがダートに再び矛先を向けてきたため、出資馬未勝利対決はお預けとなりましたいえ、ホッとしたのですがもうこの時期の3歳未勝利は、胃が痛くなるようなキリキリする日々が続きますね
そんなわけで、吉田隼人騎手を捕まえての出走になりました今の北海道では上位の鞍上ですし、この厩舎は巷ではかなり不評ですが、この馬に関してはかなり良いジョッキーを迎えてくれているように感じるのは自分だけでしょうか?
距離が初めてとなる1700ですが、前走で短距離を経験してるのでスタートダッシュを決められそうですし、前回より調子は断然上向きでしょうから、その上昇度に懸けたいと思いますラストになるかもしれませんし、悔いのないレースをお願いします頼んだ、隼人!

200711harmonics.jpg
最後に美しいハーモニーを奏でておくれ



スポンサーサイト



[edit]

にほんブログ村&人気ブログランキング

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

日本ブログ村

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ