FC2ブログ
2019年07月14日 - The favorites in my life
06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

【シルク】いったいベストはどこに? 

昨日の検疫で帰ってきました、シングルアップの近況です!

7/12
シングルアップ[父 キンシャサノキセキ : 母 ラフアップ]
在厩場所:12日に栗東トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:小倉7月28日 佐世保ステークス

寺島良調教師「前走後は疲れを取る為に牧場でコンディションを整えてもらっていましたが、調教開始後も順調に進められていたことから、12日の検疫でトレセンに戻させていただきました。7月28日の小倉・佐世保ステークスで復帰させる予定ですので、来週から仕上げに入っていきたいと思います」

最新情報
シングルアップ[父 キンシャサノキセキ : 母 ラフアップ]
 12日(金)に栗東トレセンへ帰厩しています。

7/5
シングルアップ[父 キンシャサノキセキ : 母 ラフアップ]
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14秒
次走予定:小倉7月28日 佐世保ステークス

厩舎長「先日、寺島調教師と次走の予定を相談したところ、7月28日の小倉・佐世保ステークスを目標にトレセンへ戻すことになりました。来週か再来週あたりにはトレセンに戻ることになるでしょうから、それまで乗り込みながら鍛えていきたいと思います。こちらでは気難しいところは見せず、いい雰囲気で調教に取り組んでいるので、この馬なりに心身ともに成長していると思いますよ。馬体重は547kgです」

6/28
シングルアップ[父 キンシャサノキセキ : 母 ラフアップ]
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14秒
次走予定:第2回小倉開催

厩舎長「馬の様子を見ながら徐々にペースを上げてきましたが、その後も問題なく進められていましたので、この中間から坂路で14-14の調教をスタートしています。ペースを上げた後も問題なく対応していますし、飼い葉も与えた分はしっかり食べています。こちらで調教している分には、鞍上の指示にしっかり応えてくれていますし、以前より大人になってきているなと感じさせられます。今の状態をキープしながら帰厩に備えていきたいと思います。馬体重は558kgです」


結局、7/28の佐世保Sで復帰することになりました前走がダートの1800、今度は芝1200ですから全くの条件替わりとなりますとはいえ走ったことのある条件ですから、そう戸惑うことはないかと思いますが、大型馬ですし夏でもあるので、しっかり絞って走れる状態で出てきてもらいたいと思います最近はスタートで後手を踏んでますからね

190614singleup.jpg
今度は誰が乗ってくれるのだろう?



スポンサーサイト



[edit]

【シルク】新たな魅力を引き出して 

いざ、新たな挑戦!親子タッグで重賞初制覇へ!ブラックバゴの近況です!

出走情報(確定)
ブラックバゴ[父 バゴ : 母 ステイウィズユー]
 7/14(日)函館11R 函館記念(GⅢ)〔芝2,000m・16頭〕55 斎藤新 発走15:45

7/10
ブラックバゴ[父 バゴ : 母 ステイウィズユー]
在厩場所:函館競馬場
調教内容:10日に函館Wコースで時計
次走予定:7月14日の函館・函館記念(GⅢ)〔斎藤新〕

斎藤誠調教師「10日に函館Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はブラックバゴが追走し、直線に入って内に進路を取ると2馬身ほど先着しています。前半やや力む場面はありましたが、それでも直線で追い出してからは力強い動きで前を捕らえてくれて、良い内容の調教だったと思います。今週の函館のWコースは全体的に時計が掛かっているようで、ブラックバゴも全体の時計はそれほど速くありませんが、しっかり負荷は掛かっています。近走は少し消化不良のレース内容ですし、新(斎藤新騎手)にはこの馬への先入観を持たずに、思いきった競馬をしてもらいたいと考えています」

ブラックバゴ[父 バゴ : 母 ステイウィズユー]
 助 手 7/10(水)函W良 69.5- 54.8- 40.4- 12.4[3]G前一杯追
  レコンキスタ(古馬2勝)馬なりの内1.4秒追走0.4秒先着
ブラックバゴ[父 バゴ : 母 ステイウィズユー]
 助 手 7/7(日)函W良 71.5- 55.1- 40.2- 13.4[6]馬なり余力


毎度のことながら、追い切りはホントに豪快で、良いパフォーマンスを見せてくれますこれをレースで上手く発揮させるのがジョッキーの仕事だと思うのですが、これまでの鞍上は何度か乗ったことのある人は「掛かる」という先入観からビビッてスタート決めても押していけず、チグハグなレースで消化不良のまま終わることで、何度レースを無駄にしたことか
その点、経験不足は否めませんが、斎藤新騎手なら若手らしい思い切った騎乗をしてくれるのではないかと期待しています!出遅れたら捲るしかありませんが、その時は2年前のアンドロメダSをイメージして乗ってもらいたいですね巷で言われているように、先週の菊沢親子による重賞制覇に続いてくれたら最高です

171118blackbago_2.jpg
もう一度この風景が見たい!



[edit]

にほんブログ村&人気ブログランキング

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

日本ブログ村

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ