FC2ブログ
2019年07月03日 - The favorites in my life
06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

【シルク】ついにこの時が!親子タッグ 

来週のレースに向け、函館競馬場に入厩したブラックバゴの近況です!

7/3
ブラックバゴ[父 バゴ : 母 ステイウィズユー]
在厩場所:3日に函館競馬場へ帰厩
調教内容:
次走予定:7月14日の函館・函館記念(GⅢ)〔斎藤新〕

斎藤誠調教師「予定している函館記念が近づいてきましたので、3日の検疫で函館競馬場へ移動させていただきました。10日競馬にはなりますが、ノーザンファーム空港でも速いペースでコンスタントに乗り込んでもらっていましたし、良い状態で挑めるようこちらでもしっかりと調整していきたいと思います。鞍上は斎藤新騎手でいかせていただければと思います

最新情報
ブラックバゴ[父 バゴ : 母 ステイウィズユー]
 3日(水)に函館競馬場へ帰厩しています。

6/28
ブラックバゴ[父 バゴ : 母 ステイウィズユー]
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン13~16秒のキャンター1本、残りの日は軽めの調整
次走予定:7月14日の函館・函館記念(GⅢ)

担当者「引き続きハロン13秒ペースでの調教を行っています。この中間は単走でもやや力んだ走りになっていますが、終いまで良い手応えで上がってきており、さすがOP勝ち馬だなと感じます。調教を重ねても体重が増えている通り、とても良い状態を保てていると思います。斎藤誠調教師より、来週帰厩させたいと聞いていますので、それまでに更に状態を上げていきたいと思います。馬体重は533kgです」

6/21
ブラックバゴ[父 バゴ : 母 ステイウィズユー]
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン13~16秒のキャンター1本、残りの日は軽めの調整
次走予定:7月14日の函館・函館記念(GⅢ)

担当者「引き続きハロン13秒ペースで乗り込みを重ねています。単走での走りだと自分のペースを守れるのですが、併せ馬ですと少し力んでしまうところがありますね。こちらに来てからも飼い葉は残さず食べてくれており、体調面は今のところ問題ありません。予定している函館記念までに課題を解消し、更に良い状態で送り出してあげたいですね。馬体重は530kgです」


どうしても力みがちな走りになってしまうようで、これがこれまでのジョッキーをビビらせる要因になっていたのでしょうねそんなわけで、次走の鞍上が決まりましたなんと、斎藤師のご子息で今年デビューしたばかりの斎藤新騎手です!これまで僕が知る限りはこのコンビはなかったように思うのですが、少なくとも重賞では初めてでしょうしかも斎藤師のなんとも遠慮がちな物言いが微笑ましく、「いかせていただければと思います」というのが親心を表しているように感じられますね
そもそもなぜ関東出身の新くんが栗東の安田隆行厩舎所属になったのか?そのあたりも気になるところですが、リーディング厩舎に所属できたことは恵まれてますね。新人ながら、すでに19勝を挙げ31位につけてます聞いたところによると、競馬学校の生徒時代にパドックでバゴを曳いたことがあるらしく、その馬に自分が乗ることになるとは本人はどういう気持ちでしょうか?騎手冥利に尽きると思いますので、先入観なく思い切って乗ってもらいたいと思います

190601blackbago_2.jpg
これで勝てたら最高だなぁ





スポンサーサイト



[edit]

【2019東サラ募集馬】外野から見たらこれ一択 

ここに来て東サラも募集馬が発表されましたね僕はもう5年前に辞めたので、今さら戻るつもりはないんですが、今回は強烈に気になる馬がいます

【スタイルリスティック18】
1907stylelistic18_bl.jpg
リアルインパクト×スタイルリスティック 牡 1800万 栗・音無

そう、先週のCBC賞を制したレッドアンシェルの半弟、スタイルリスティック18ですなぜかというと、僕が東サラ会員だったときに、最後に出資したレッドラウディ―の弟だからで、この血統にはそれ以降ずっと注目してきました
なんか今年の東サラはNFの馬が多い気がしますが、僕がいた当時はもっと社台産が中心でしたから、NF出身のスタイルリスティックは珍しく、しかも超良血!

1907stylelistic18_近親

母の弟妹はいずれも海外G1馬。Nathanielはキング&ジョージ、グレートヘヴンズは愛オークス、Playful Actはフィーリーズマイルの勝ち馬ということで、当時から良血で僕は「この馬(レッドラウディー)でダメなら東サラを辞める!」という覚悟で出資しました国枝厩舎所属で、2歳戦開幕週にデビューして2着!この時は期待満開でしたが、その後故障等もあり、結局未勝利引退でした…それだけに全弟のレッドアンシェルの重賞制覇は嬉しかったし、この血の優秀さをようやく証明できてホッとした部分もありました
もうお母さんも19歳になりましたが、リアルインパクトの牡馬で1800万、音無厩舎なら文句なし!だからカタログを見る前は馬体に異常があるんじゃないか?と勘ぐってたんですが、胴は詰まっているものの特におかしな点はなさそう東サラに戻る気はありませんが、この馬のことは今後も注目していきたいと思います



[edit]

にほんブログ村&人気ブログランキング

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

日本ブログ村

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ