~馬と日常と音楽と~
シルク | ブラックバゴ | ブライトエンブレム | タイムレスメロディ | カラル | インヘリットデール | インハーフェイバー | ダイアトニック | キープシークレット | モノドラマ | ショアー16 | バラダセール16 | ラッドルチェンド16 | ラフアップ16 | 一口馬主 | POG | 音楽 | ピー助 | ローブデソワ | 東サラ | レッドラウディー | レッドオーディン | 日常 | コンフェッシオン | 競馬 | ディライトクライ | 未分類 | レッドスピリッツ | レッドレジーナ | レッドアーヴェ | 雑感 | 競馬&音楽 | レッドフィアレス | 
一口馬主DB
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FCブログランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
84位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
47位
アクセスランキングを見る>>
日本ブログ村
The favorites in my life
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
にほんブログ村&人気ブログランキング
↓↓よろしければクリックお願いします にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 競馬ブログへ
プロフィール

レプティリア

Author:レプティリア
いつもご訪問ありがとうございます。東京サラブレッドクラブで一口馬主になったことをきっかけにブログを始めました!
現在はシルクホースクラブの会員でもあります。

コメント及び画像は、東京サラブレッドクラブの許可を得て掲載しています。

さらに2013年4月よりシルクホースクラブ会員になりました!お仲間の皆様、よろしくお願いします!コメント及び画像は、シルクホースクラブの許可を得て掲載しています。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
出資馬 シルク

【引退馬】


【東サラ】

レッドフィアレス 牡

レッドレジーナ 牝

レッドスピリッツ 牝

レッドオーディン 牡

レッドアーヴェ 牝

レッドラウディー 牡


【シルク】

コンフェッシオン 牝

ローブデソワ 牝

ディライトクライ 牡

インハーフェイバー 牝

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
「 2017年08月 」 の記事一覧
2017.08.03 Thu
【2017シルク募集馬】一次あきらめ~馬
同日に締め切った東サラは本日、満口馬の発表があったようですね。明日には抽選結果が判明するとか?
シルクも見習えや!なんで1週間も掛かるねん、だからいろいろ勘ぐられるんやろが!
以上、ちょっと関西弁で愚痴ってみました(笑)

さて、僕は一次募集で結局6頭にポチリましたこれは過去最高ですでも、これだけの頭数に出資したいと思って申し込んだわけではなく、絶対抽選で当たらない馬がいるだろうから行ったまでです
抽選組の4頭で言えば、バラダセールプリモスターのどちらか当たってほしいと願っています追加した2頭はショアーは9割方、ラフアップは100%獲れると思ってますこういう時は無風当選の馬がいるので、抽選組は外される可能性が高いんですよね~
過去2年は何かしら抽選組が当たりましたが、それは抽選組しか申し込んでなかったから今年は検討会でラフアップの名前が出たので、警報が出た状態で1.5次を迎えるとネットが繋がらない可能性があると思い、我慢できず行っちゃいました
そんな中、今回一次であきらめた馬がいます。それがこちら

170718rogerssue16.jpg
ロジャーズスー16 父ハーツクライ 牡 美・国枝

まず、募集馬として発表された時から血統的に注目しておりましたカタログを見たときにも第一印象が全馬の中で一番良かったです測尺も悪くなかったです。にもかかわらず、なぜあきらめ~馬になってしまったのか?

×父の産駒はディライトクライで失敗してること
×馬体が緩そうなこと
×国枝厩舎だったこと

この3つですねまず、当時4500万円でローブデソワの弟として出資したディライトクライには大きな期待をしたのですが、調教師のまずさもあって、未勝利引退でした。これは未だに引きずるぐらい痛かった牡馬のほうが完成に時間が掛かる感じがしましたね
それからそのディライトクライにも通じるのですが、パッと見の馬体はいいのですが、トニービン系に言える馬体の緩さが気になりましたもしかして成長するにつれ解消されるかもしれませんが、ディライトクライのように終わってしまう可能性もあるな、と思いました。
そして、まだ東サラ会員だったときに、レッドラウディーというマンカフェ産駒に出資しており、その所属が国枝厩舎だったのですご存じ藤沢厩舎と並んで関東の有力厩舎のひとつですが、いまいちクラブ馬の扱いが良くない。ラウディーもデビューこそ6月で2着したのですが、その後の扱いはのらりくらりしてるうちに、まだ故障しての繰り返しで嫌になりました
そんなこんなでロジャーズスーは見送りました。最終中間で270口を超えていたので満口になるでしょうが、僕の予想を裏切る活躍を期待しています


スポンサーサイト

シルク    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑