FC2ブログ
2016年10月13日 - The favorites in my life
09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

【シルク】一発リベンジ!このままデビューへ 

一度目のゲート試験に落ちたカラルの近況です!

カラル[父 ルーラーシップ : 母 ナスカ]
カラル
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:角馬場でハッキング、坂路でキャンター 13日に坂路で追い切り
次走予定:未定

佐々木晶三調教師「7日にゲート試験を受けたところ、一発で合格することが出来ました。普段は気の幼い一面を見せつつも、調教では集中して走るようになってきましたから、今の2歳馬にはありがちなことなので特に心配していません。素質の高さは十分感じている1頭ですから、何とか来年のクラシックに出走させたいですね。13日に坂路で追い切りを行いましたが、後半の馬場が悪い時間帯でしたから、時計は目立つものではなかったものの、初めてにしてはまずまず動いてくれたと思います。このままデビューに向けて仕上げていきたいと思います」

カラル
 助 手 10.13栗坂良 55.8- 41.5- 27.4- 14.0 末強目追う
  シャイニーホーム(新馬)一杯に0.2秒先行1.0秒先着
カラル
 助 手 10.10栗坂重 56.9- 41.5- 27.3- 13.7 馬なり余力
  スランジバール(古1000万)馬なりに0.1秒先行同入
カラル
 助 手 9.18栗坂重 57.8- 41.8- 27.3- 13.3 馬なり余力
  キョウワベルナルド(新馬)馬なりに同入
 助 手 9.26栗坂重 57.7- 43.3- 28.5- 14.0 馬なり余力
 鮫島駿 10. 7栗E良 14.3- 15.7 ゲート強目

カラル
 7日(金)にゲート試験を受けて合格しています。


2回目はすぐ翌々日で合格!一発リベンジを果たしましたそれ以来、デビューへ向け、軽めではありますが、坂路で調教を積んでます佐々木師の「クラシックへ出走させたい」というコメントにテンションが上がりますね~今年の佐々木厩舎のエース級であることは間違いないでしょうし、師も素質に期待してるようですから、大事に扱ってくれるのではないかと思いますこのままデビューに向けて鍛えていくということで、できればデビュー戦は現地観戦したいと考えています!

160928caral.jpg
予想としては11/6の京都芝2000か11/13の芝1800かな~?
スポンサーサイト



[edit]

【トゥハーモニー15】いきなり訪れた試練 

昨日は出資が確定した2頭を紹介しましたが、改めまして個々の馬について書いていきたいと思います
まずはトゥハーモニー15から

160916toharmony15.jpg
ロードカナロア×トゥハーモニー(byサンデーサイレンス) 牡 栗・安田 4000万円
体高152cm 胸囲174cm 管囲20cm 馬体重442kg


2016/10/12 <所有馬情報>

トゥハーモニーの15

在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling

Yearling担当者「朝馬房から出そうとした時に歩様に違和感があったためレントゲン検査を行ったところ、右後膝に小さな骨片が見つかりました。今後の事を考えると取り除いた方が良さそうなので、近日中に手術を行うことになりました。他の馬に比べると育成のスタートは遅くなってしまいますが、競走能力に与える影響は現時点ではないと考えていますし、早く回復してセレクションセールで披露してくれた素晴らしい馬体と動きを取り戻して欲しいと思います」

このような本馬の現状と第1次募集の出資契約成立前であることを踏まえ、会員規約9(2)「愛馬会法人がやむを得ないと判断した場合は当該契約の解除を認める場合」であると判断し、特例として本馬のクーリングオフを受け付けることといたしました。出資会員の皆様には14日(金曜日)に発送いたします「結果通知書」に同封して、詳しいご案内をお送りさせていただきますのでご一読の上、クーリングオフを希望されるお客様は書面記載の方法でご対応いただきますようお願い申し上げます。

2016/10/07 <所有馬情報>

トゥハーモニーの15

在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling

Yearling担当者「5月生まれの本馬は、ここへ来て成長著しいところを見せており、特に首から肩周りにかけての筋肉の発達が著しく、全体的にボリュームが増しました。カイバ食いも良く、放牧地でも他馬をリードするかのように元気いっぱいに走り回っています。これから馴致を始めていくことになりますが、素直で物覚えも良いのでスムーズに進められることでしょう」馬体重458㎏


去年からキングマンボづいてますが、今年も1頭決まりました新種牡馬のロードカナロア産駒ですこれは正直、字面で見たときにはそれほど魅力的だとは思ってませんでしたでも、正直他のブロガーさんの馬体評価が良かったこともあり、注目。
配合に目を向けると、キンカメもそうですが、カナロアもND過多の種牡馬なので、母系にはNDのクロスがない方がいい。その点、本馬は母父サンデーなので、3/4ND、1/4サンデーというメリハリの効いた配合が○。しかもよく見ると、Storm Bird、ボルキロ(Secretariat≒アレミロード)、Ribotが共通するレディブラッサム≒エアレジェーロ2×2とも言えなくもないですねStorm Bird=スピード、ボルキロ=しなやかさ、Ribot=底力とバランスが良いと思います
体型は父譲りの胴が短めで、まず短距離路線で早い時期から頑張ってもらいたいと思ってました。そんな期待を胸に鼻息荒くこの紹介をしたかったのですが、昨日もお伝えした通り、なんと後ろ脚を剥離骨折さすがにこのバッドタイミングでの骨折発覚に、シルクも特例としてクーリングオフを適用してくれました。でも、周りの方の意見を参考に僕はこのままで行こうと思ってます育成が遅れるのは正直痛いですが、完治すれば素質は高いはずですので、きっと活躍してくれると期待しています!

[edit]

にほんブログ村&人気ブログランキング

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

日本ブログ村

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ