FC2ブログ
2012年10月 - The favorites in my life
09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

はぁ~まだか~ 

1歳馬も気になるけど、移動間近のレッドオーディンも目を離せない!近況です

12.10.31 
(ノーザンファーム早来)
週3回周回2400m(ハロン18秒)、週3回坂路(ハロン15秒)。馬体重454キロ。
担当スタッフ「週3回の坂路で変わりなく乗り込んでいます。先週、大竹先生が実馬を確認して、10月中の移動プランも浮上しましたが、先生と牧場長の話し合いの下、もう少し早来で乗り込んで万全の態勢にしてから移動させようということになりました。若干始動が遅れた馬ですからその分もあるのでしょうね。現状、不安点はないので、引き続き乗り込みを重ね、さらに土台をしっかりさせたいと思います」


はぁ~今か今かと待っていましたが、結局10月の移動はなくなりましたでも大竹先生も実際に馬を見ての判断ですし、将来的に「あの時我慢して良かった」と思えるような結果となってほしいですねそんなわけで、もうワンランクアップしてもらいましょう

しかし、東サラHPのトップページに「満口御礼」と見えた時は「ドキッ!」としたなぁ詳しくはまた次のエントリで

org_kinkyo_LinguaFranca10_21.jpg
もう20キロぐらい増えるといいんだけどなぁ

スポンサーサイト



カテゴリ: レッドオーディン

テーマ: 一口馬主 - ジャンル: ギャンブル

[edit]

どうする俺!? 

先週のレッドセシリアが新馬勝ちをしたことによって、昨日東サラHPでは「満口間近」から「残口わずか」に変わってましたやはり近親の中でも、直近の兄姉の勝利は一番の宣伝になりますね今月末に1歳馬の更新があると思いますが、そこで順調さが報告されれば、きっと満口になってしまうでしょうねいや、残口わずかになったことでその前に売れ切れてしまうかもしれませんこれまでの経過を振り返ってみると…

12.09.28 
(ノーザンファーム空港)
ブレーキング(初期馴致)を経てフラットワークの調整。馬体重460キロ。
担当スタッフ「ここまで問題なく来ています。今のところ手も掛からず良い子ですね。体の張り艶なども素晴らしく、体調面も良さそうです」

12.08.31 
(ノーザンファーム空港)
【2012.8測尺】
馬体重455 体高157.5 胸囲178 管囲20.4

12.08.23 
(ノーザンファーム空港)
ノーザンファーム空港に移動しました。

12.07.23 
【2012.7測尺】
馬体重455 体高156.5 胸囲172.5 管囲20.5


まさに順調そのものですね最初の測尺発表時は大きめだなと思いましたが、1月生まれということが大きかったようで、その後は微増になっています。昨年のレッドオーディンもそうでしたが、早生まれの馬はそれほど増えないことが多そうなので、この仔も今後こういう増え方をするでしょう。その分、NF空港に移動するのも早く、9月の更新でも順調に調教が進んでることを窺わせてますね牧場見学された方のレポートでも一番早く進んでる組だということですので、これは非常に魅力的な要素だと思いますキャロに比べのんびりしている東サラですが、馬によっては急に決断を迫られることがあります
さぁ、どうする俺!?

sasetthi11201208.jpg
SS系をつけるために導入されたサセッティ。そろそろブレイクしても良い頃ですね。

カテゴリ: 東サラ

テーマ: 一口馬主 - ジャンル: ギャンブル

[edit]

様子見馬近親 

先週は様子見しているサセッティ11スタイルリスティック11の近親が日本で世界で大挙出走していました。その結果は…

サセッティ11
レッドセシリア(父ハーツクライ)牝 美・鹿戸雄 
10月20日 東京 新馬戦芝1600m 1着
スタイルリスティック11
Nathaniel(父Galileo)牡
10月20日 英国 チャンピオンS(G1) 3着
Great Heavens(父Galileo)牝
10月20日 英国 フィリーズ&メアS(G2)4着
レッドジゼル(父アグネスタキオン)牝
10月21日 京都 新馬戦芝1800m 2着

以上です。勝ったのはレッドセシリアだけでしたが、どの馬も善戦しましたね
世界最強のFrankelと対戦したNathanielやシーザリオの仔、エピファネイアと激突したレッドジゼルなどは相手が悪かったとしか言いようがない感じでした
特にジゼルは気性の悪さを言われることが多かったですが、レースはなんとも優等生好位から一旦は抜け出す競馬で、毎回ああいう風ならすぐに勝ち上がれると思います
セシリアはハーツクライでも牝馬だからか、レース振りもスムーズで快勝でした。あれならじきにサセッティ11は満口になってしまいそう
しかし、これだけ近親が同じ週に出走することもなかなかないので、貴重な週末でしたね
いずれにせよ、出資馬はどちらを選ぶかまだ決めかねてる状況なので、引っ張れるだけ引っ張って年内には決めたいと思います

カテゴリ: 東サラ

テーマ: 一口馬主 - ジャンル: ギャンブル

[edit]

イマシュンな一族 

今夜0時過ぎに英チャンピオンSが行われます
ここでの注目は何と言っても前走で2000も克服し、最新レーティングでも140を付けた現役最強馬Frankelが出走すること。そして彼にとって、引退レースであることがより注目度を高めてます
しかしながら僕はこのレースで別の馬に注目してますその名はNathaniel
そう、スタイルリスティック11の叔父に当たります。
日本でもだいぶ知名度は高いと思います。ディープブリランテが出走した今年のDane Dreamのキングジョージで2着でしたからね。そして、オルフェーヴルで悔しい思いをした凱旋門賞は残念ながら直前で熱発により回避しました幸い、たいしたことはなかったようでここに照準を絞ってきました
Frankelを破るようなことがあれば、大金星情報によれば、道悪必至だそうです。なんでもFrankelは不良馬場の経験があまりないようなので、夢物語ではなさそう
もう1頭、ペリエ騎乗、仏のCirrus Des Aiglesも道悪は得意らしく、こちらのほうが強力なライバルとなるかもしれませんNathanielは先行力と根性があるので、前で踏ん張る展開になればいいですね。アスコットは去年、キングジョージを勝ってるし、縁起の競馬場です
その他にも今日はチャンピオンズデーとして多くの重賞レースが行われ、凱旋門賞6着のNathanielの全妹Great Heavensも牝馬G2フィリーズ&メアズに出走予定
さらに明日、ここ日本ではスタイルリスティック11の半姉、レッドジゼルもデビュー予定!とまさに今が旬な血統、Magnificient Style一族に注目です!

org_kinkyo_Stylelistick11_4.jpg
一族はブレイク中!スタイルリスティック11も順調です!

12.09.28 
(ノーザンファーム空港)
ブレーキング(初期馴致)を経てフラットワークの調整。馬体重477キロ。
担当スタッフ「かん性の強そうな顔付きをしていますが、ここまでは順調に来ています。パワーありますよ


カテゴリ: 一口馬主

テーマ: 一口馬主 - ジャンル: ギャンブル

[edit]

朗報間近? 

他の早来組は続々と移動。次はこの馬…レッドオーディンの近況です

12.10.15 
(ノーザンファーム早来)
週3回周回2400m(ハロン18秒)、週3回坂路(ハロン15秒)。馬体重451キロ。
担当スタッフ「周回と坂路での乗り込みを続けていますが、順調に鍛え込むことができています。現状、特に不安材料もないですしね。先生も近々の移動をイメージしているようですし、いい形で送り出せるよう、しっかりと準備していきたいと思っています。順調に夏を越してくれましたし、まだ変わってきそうな雰囲気も持っている馬。じっくりと馬に合わせて進めてきた効果は大きいと思います。楽しみな一頭ですね」


遂に移動の二文字が出てきましたね~
まだ具体的に決定したわけではありませんが、大竹先生がそのように考えてらっしゃるのならその日も近そうですね年明け早々頓挫し、これまでコツコツやってきましたから、ここでまた後戻りしないように、無事に入厩の日を迎えてもらいたいですね
厩舎も好調、先週もタイダルベイスンが新馬戦を圧勝しましたし、この勢いにあやかって、デビューを迎えたいですねしばらくはソワソワする日が続きそうです(笑)

org_kinkyo_LinguaFranca10_21.jpg


カテゴリ: レッドオーディン

テーマ: 競馬 - ジャンル: ギャンブル

[edit]

先週&今週の競馬 

今日の秋華賞は熱かったですね
ジェンティルドンナの圧倒的な人気でスタートしましたが、
終わってみれば、その通りジェンティルドンナ勝利でした
しかし、ヴィルシーナの根性もたいしたものでした
結局、牝馬3冠はすべてジェンティル-ヴィルシーナのワンツー
まるでオペラオー-ドトウの対戦を見てるようです
久しぶりに馬券云々ではない競馬の名勝負を見た気がします
これからもライバルとして対戦することもあるでしょうが、
まずはここまで頑張った2頭に拍手を送りたいですね




そして先週の凱旋門賞、リアルタイム観戦して以降、Youtubeで
ニュースで何度となくレース映像を観ました
そのたびに思ったのは「こんなにロンシャンの馬場でキレる馬はいない」と
いうことでした。よくダンシングブレーヴの凱旋門賞が後方から一気に
ごぼう抜きしたと伝説が語られますが、あれより断然です。
むしろあれはHペースの前崩れでキレたように見えるけど、オルフェと
比べれば、ジリジリとした伸びですね
今回の競馬で後方から伸びたのはオルフェだけ。
勝ち馬は先行、3着馬もその直後にいた馬ですからね
勝ったソレミアもオルフェが抜け出した時、まだ追い出してなかったわけではなく、
単にジリジリとした伸びなかっただけだと思うんです。
ゴール前でようやくエンジンが掛かったという。
そういう意味で、オルフェに騎乗したスミヨンは欧州馬のような感覚で
乗っていたのではないかと思います

そして、フォワ賞では最内を伸びてきてわからなかった内に切れ込むクセを
スミヨンは知らなかったのではないかと思いました。その証拠として、
「内に刺さり始めてから右ムチに持ち替えた」と言ってましたからね。
そのあたりは池江調教師から聞いてなかったのかな?と疑問に思うところではあります
それを考えるとやはりオルフェをよく知る池添Jのほうが良かったのでは?
と思わなくもないですね。でもロンシャンの経験値と他ジョッキーからのマークを
天秤に掛けると、スミヨンのほうがより良いという判断になったのですから、仕方ないですね。
結果論に過ぎないかもしれません。いずれにせよ、結果は悔しいですが、今までで
一番日本馬が堂々と凱旋門の主役を張れたという誇らしい
気持ちはありますし
、来年また目指すと池江調教師は明言してましたから、
それを目標に頑張ってもらいたいと思います
純国産の池江ブランド、ステイ×マックという配合馬でここまでやれたことが嬉しい
凱旋門の借りは昨日のザックJAPANが晴らしてくれたので、溜飲を下げた思いです(笑)
オルフェにはまず、JCで復帰して日本代表であることを証明してもらいたいです

カテゴリ: 競馬

テーマ: 競馬 - ジャンル: ギャンブル

[edit]

オルフェ2着惜敗! 

チクショー、悔しいです!
勝ったと思って声張り上げちゃった

カテゴリ: 競馬

テーマ: 競馬 - ジャンル: ギャンブル

[edit]

にほんブログ村&人気ブログランキング

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

日本ブログ村

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ