fc2ブログ
パステルツェ - The favorites in my life
03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

【キャロット3歳】次はきれいな馬場で 

一昨日からCOMPLEXのチケットが一般抽選になり、今しがた申し込みました。かなりの競争率になると思いますが、両日申し込んだので、なんとかどちらか当たってほしいと願っています

日本一心
抽選運がないことは重々承知…


さて、連闘策も実らず…。しがらきに放牧に出たパステルツェの近況です!

24/3/19  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も順調に乗り込みが続けられています。坂路では15-15くらいまで脚を伸ばしていますが、ここまでは特に問題なくペースアップすることができています。トレッドミルも併用しながら本数を重ねていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

24/3/12  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「馬体には特に異常を認めませんでしたので、この中間から周回コースと坂路での騎乗調教を開始しました。乗り出してからも目立った疲れはなく、軽めとはいえ順調に動かすことができていますね。このまま本数を増やしながらリフレッシュさせていきます」(NFしがらき担当者)


24/3/5  NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週こちらへ到着しており、現在はウォーキングマシン中心の調整で馬体チェックを行っています。今のところ特に傷んだ感じもありませんので、近いうちに軽く乗り出していく予定です」(NFしがらき担当者)

24/2/29  NFしがらき
29日にNFしがらきへ放牧に出ました。「小倉競馬場で連闘した後、栗東トレセンに戻して入念に馬体をチェックしましたが、傷んだ箇所や特に疲れた様子はありませんでした。ただ、入厩からずっと在厩で調整で続けていますから、このタイミングでリフレッシュ放牧に出させていただくことにします」(清水久師)

24/2/28  清水久厩舎
28日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は申し訳ありませんでした。初戦の後、滞在で臨むことになりましたが、カイバもしっかり食べてくれていましたし、落ち着きも出て上積みが見込める状態なので楽しみにしていました。力を出し切れず終わってしまいましたが、今回は窮屈な場面や馬場が堪えたところもありましたので、次はできるだけきれいな馬場で走らせてあげたいですね。まだ放牧かどうかは聞いていませんが、レース後も今のところ特に馬体の傷みなどは見られません」(山田助手)

24/2/24  小倉競馬場
24日の小倉競馬ではまずまずのスタートから道中は中団でレースを進める。勝負どころから早めに仕掛けていくが、直線で脚を使うことはできず9着。「ゲートで少しソワソワする感じはありましたが、基本的には大人しく、連闘自体は問題ありませんでした。前回のように右にモタれることはなかったのですが、少し馬場を気にしていましたね。ただ、これはレースを覚えている段階でもあるので、致し方ない部分でしょう。それ以上に1コーナーや3コーナーでプレッシャーをかけられたり、窮屈になる形になってしまったのが経験不足のこの馬には堪えました。まだ2戦目の馬ですから、また次回以降に期待したいです」(斎藤騎手)連闘で同条件のレースへ臨みましたが、内々で包まれる形になってしまい、経験不足の本馬には堪える展開になってしまいました。デビュー戦の内容から、力は持っている馬ですから、経験を重ねて、今後の活躍に期待したいです。連闘でレースを使っているので、今後については状態をよく確認した上で判断していければと考えています。


てっきり中1週で使うと思っていたら、まさかの連闘になり、初戦よりパフォーマンスを落としましたそうは上手くは行きませんね入厩からデビューまでずっと在厩で来たので、現在は放牧に出ています特に悪いところもなく、順調に立ち上げることができたようですので、この調子でペースアップして、できれば次は京都開幕週あたりで戻ってきてくれると嬉しいかな。なぜなら、きれいな馬場のほうが良い、と言われたのでね。もしくは今年初となる新潟でも良いですね。出走馬のレベル的にも。鞍上には期待できませんが、こちらのほうがまさにパンパンの良馬場で走ることができると思いますしね。まずはそのあたりに向けて、無事に戻ってきてもらいたいと思います

240319pastelze.jpg
兄も新潟が得意でしたね




スポンサーサイト



[edit]

【キャロット3歳】まさかの続戦!まさかの連闘! 

米津玄師の「Lemon」が主題歌だったTBSのドラマ「アンナチュラル」。当時は観てなかったのですが、youtubeで「Lemon」に合わせた「アンナチュラル」の映像を見て興味を持ったため、Amazonプライムで1話だけ観てみました。
驚いたことに、コロナを予知させるようなストーリーで、コロナ後に作られたのかと見まがうほど調べてみたら、当時話題になっていたようです

新型コロナウイルスを予言? 石原さとみ主演「アンナチュラル」を今観るべき理由

コロナという言葉は固有名詞かと思ってたのですが、そういう呼吸器系の感染症に使われる名前だったのですねドラマでは、まさに「名もなき毒」ということで、この原因の特定をする…という展開になっていきます。これが放送されたのが2018年でしたから、コロナ1年ちょっと前。すごい予言する内容を知らずに見た自分は、ホントにあとから制作されたやつかな?と疑ってしまいました(笑)
5類になってほとんど報道されなくなりましたが、まだコロナが終息したわけではありません。咳をするくせにマスクも何もしないやつとかが近くにいると腹が立って仕方ないです。こういうことを気にしなくて良い時代が戻ってきてほしいと思います


さて、まさかの連闘することになったパステルツェの近況です!

24/2/22  小倉競馬場
24日の小倉競馬(3歳未勝利・芝2000m)に斎藤騎手で出走いたします。

24/2/21  小倉競馬場
21日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は申し訳ありませんでした。1頭だけ未出走という立場ではありましたが、既走馬を相手に僅差の4着と、初戦としてはいい内容のレースをしてくれました。芝の中距離くらいが合うなと思っていましたが、これなら次の走りも楽しみですから、今度はさらに前進をを期待したいですね。レース後はそのまま小倉競馬場へ滞在させていますが、今のところ特に目立った疲労などはないという報告を受けています。動かした感触と、想定次第では連闘で今週使っていくことも考えています」(清水久師)24日の小倉競馬(3歳未勝利・芝2000m)もしくは25日の小倉競馬(3歳未勝利・芝1800m)に出走を予定しています。

24/2/17  清水久厩舎
17日の小倉競馬では五分のスタートから出たなりで中団を追走。道中はラチ沿いを進み、勝負どころからスッとポジションを上げると、4コーナーでも内に進路を取って直線はしっかり脚を使ったが4着。「道中はちょっと右に張り気味に走っていたので、それならばラチを頼って走らせようと思い内に入って進めました。4コーナーでは内が開きそうだったのでそのまま最内を狙ったのですが、結果的にワンテンポ待つ形になり追い出しが遅れてしまいました。申し訳ありません。それでも初出走で荒れた馬場を苦にせずこの走りができたのは収穫です。今日はベストの結果を出すことができず申し訳なく思いますが、落ち着きがあり、それでいてレースは真面目に走ってくれて、次に繋がるレースはできたと思います」(北村友騎手)既走馬相手のデビュー戦とあって不安も大きい一戦でしたが、道中もスムーズに追走し直線しぶとく脚を使って次に繋がるレースはしてくれました。この後については、小倉に滞在して次走を目指すことも検討しています


今年に入ってずっと出資馬の出走が続いてましたが、「今週で途切れるなぁ」と思っていた矢先決まったパステルツェの連闘
デビュー戦は芝の新馬戦に間に合わなかったため、1頭だけ未出走の身で未勝利戦に向かいました。陣営が言っていたように、芝の中距離というのは我々出資者の思いと同じでしたから、まったく自然でしたし、あとは経験値の差だけ。能力は全兄で証明されていますし、どこまでやれるかと思って観ていました
ゲートこそ普通に出たものの、横の馬と接触したため、後ろを追走することに。北村友騎手によれば「右に張っていた」ということで、荒れていましたが、ラチ沿いを走らせることにしたそうです。全体的に内を開けて走っていたこともあり、向こう正面で楽に馬群を押し上げることができました
そのまま上がっていき、4角では2番手で「ここで外に持ち出せれば」と思っていたら、勝ち馬と前にいた馬に蓋をされてしまったことで、内に切り替えて伸びてきます。一瞬先頭に立ちかけましたが、外から2、3着馬が併せて伸びてきたため、惜しくも4着
それでも0秒2差でしたから、内外の馬場差だったと思いますし、次が楽しみになる結果となりました。レース後すぐに続戦の可能性を示唆されましたが、中1週だと思ってましたので、水曜の更新で「連闘」の文字を見て、驚きましたと同時に清水久厩舎の恐ろしさ(誉め言葉)を実感しました
ここで「勝てれば神、負ければ鬼」という策になるでしょうねノーザンに飼い慣らされてしまった我々出資者からすると、心配が先に立ちますが、無闇に連闘をするわけではないと思いますし、それなりの勝算があってのことだと思いますので、なんとか結果を出してほしいところ先週より緊張すること間違いなしでしょう
今週は全国的にずっと雨で小倉も例外ではありません。明日は晴れますが、23日正午現在、芝は「不良」となっていますし、今は雨が降っていないようですが、良くて「重」まででしょうから、道悪適性が問われることになります先週の荒馬場はこなしましたが、道悪はどうでしょうね?
枠も2枠4番に入りましたし、それをこなせれば、逆に有利なところに入ったと言えますが、なんとか踏ん張ってほしいと願うのみですね鞍上はこのコースでの勝利がない斎藤新騎手。ここがポイントになりそうです能力で彼を導くぐらいの走りを見せてくれることを期待しています!

240217pastelze.jpg
レースではメンコを外してましたね

240214pastelze.jpg
馬房で一心不乱にニンジンを食べるパステルツェ。かわいいですね




[edit]

【キャロット3歳】既走馬相手のデビューで 

昨日は暖かく東京では最高気温が20℃を超えました。2月に20℃超えするのは8年ぶりだそうです風が強かったですが、これは南風だったので春一番ということになりましたしかし、一転今日は朝から北風ピープーで昨日以上に強い風で、ちょっと油断すると体が持ってかれそうになるぐらいで危険な感じでした。何か飛んできたらどうしよう?と思いました
でも、やはり今年は暖かい冬だと思いますが、それでも春がそこまで来てるかと思うと気持ちも上がってきますね


さて、3歳馬最後のデビューは残念ながら新馬戦ではありませんが、最も期待の1頭、パステルツェの近況です!

24/2/15  清水久厩舎
17日の小倉競馬(3歳未勝利・牝馬限定・芝2000m)に北村友騎手で出走いたします。

24/2/14  清水久厩舎
14日は栗東坂路で追い切りました(56秒1-40秒8-26秒2-12秒7)。「今週の小倉に芝中距離戦がいくつかあるので、そのいずれかへ向かうつもりで今朝坂路で追い切りました。併せ馬で後ろの馬が来たらしっかり反応していましたし、余裕ある手応えで動くことができていましたね。テンションもこちらが思っていたより上がらず、中間のゲート確認でも寄り、駐立ともに問題ありません。この感じなら輸送もこなしてくれそうですから、初戦でどんな走りを見せてくれるか楽しみにしたいです。どの番組にするかは想定などを見て最終的に判断することになると思いますが、土曜日なら北村友騎手、日曜日なら幸騎手で調整していると聞いています」(山田助手)17日の小倉競馬(3歳未勝利・牝馬限定・芝2000m)もしくは18日の小倉競馬(3歳未勝利・芝2000m)、同日の小倉競馬(3歳未勝利・芝1800m)に出走を予定しています。

24/2/14(水)
助手 栗東坂・良 56.1 - 40.8 - 26.2 - 12.7
ドルフィンスクエア(三未勝)馬ナリに1.0秒先行アタマ先着 馬ナリ余力(-)
24/2/10(土)
助手 栗東CW・良 86.6 - 70.3 - 54.8 - 38.9 - 11.9
オーバーザドリーム(古馬1勝)馬ナリの内0.6秒追走0.1秒遅れ 馬ナリ余力(6)

24/2/8  清水久厩舎
7日は栗東CWコースで追い切りました。8日は軽めの調整を行いました。「先週末にコースで楽に動けていてそのままダメージもなかったので、水曜日に少し強めの追い切りを行っています。全体が81秒3、ラスト1ハロン12秒3という計測で、最後まで止まってはいないものの、併走相手の方が手応えは良く、まだ切れるというような感じではありませんでした。ただ、後半で馬場の荒れた時間帯だったこともありますし、やればもっと時計は詰まりそうな印象を受けました。トモをしっかり使えてフォームも安定しており、そろそろメドを立てられそうです」(山田助手)

24/2/7(水)
助手 栗東CW・重 81.3 - 66.8 - 52.5 - 38.2 - 12.3
ベイステート(三未勝)馬ナリの外0.2秒先行0.1秒遅れ 強め余力(9)
24/2/3(土)
助手 栗東CW・良 69.9 - 53.9 - 38.1 - 11.8
コントディヴェール(古馬1勝)馬ナリの内1.2秒先行同入 馬ナリ余力(6)

24/1/31  清水久厩舎
31日は栗東坂路で追い切りました(53秒6-38秒4-24秒6-12秒1)。「今朝は坂路で追い切りました。そろそろコース追いを取り入れる予定なので、そこに向けて今日は終いは軽くステッキを入れて、少し負荷を上げてみることにしました。まだ走り切れていない感じはするものの、それでも手応えが一杯というわけではありませんし、ここからまた良くなってきてくれそうですね。負荷をかけたことでテンションが上がる可能性もあるので、そのあたりにも気を配りながら調整を進めていきます。おそらくデビューに向けてこのまま調整を続けていくことになりそうです」(山田助手)

24/1/31(水)
助手 栗東坂・良 53.6 - 38.4 - 24.6 - 12.1
ルーフ(古馬2勝)馬ナリに0.9秒先行0.2秒遅れ 末強め追う(-)
24/1/28(日)
助手 栗東坂・良 55.6 - 39.9 - 26.0 - 12.7
ドルフィンスクエア(三未勝)馬ナリを1.6秒追走0.2秒先着 馬ナリ余力(-)



メールドグラースの全妹になります。本来であれば、夏頃に移動する予定でしたが、直前にアクシデントがあり、ここまで延びてしまいました元々晩成だとは思ってたので早くないとは思ってましたし、そこまで焦りはなかったですが、やはり新馬戦のあるうちに見たかったとは思いますまだ新馬戦は今週までありますが、すべてダートなので未勝利戦デビューが濃厚だと思ってました。まぁこればっかりは馬次第なので仕方ありません
しかし、来週かと思ってたので、いきなり今週に決まってびっくり。今週はロードオルデンだけだと思ってましたからね入厩後、放牧を挟まずここまで8本の追い切りを消化しましたから、結果はどうあれ、小倉で17頭立てで楽な条件ではありませんが、ここは全力で頑張ってもらいたいところ
自分の中では上にも出てきたインヘリットデールと被るところがあって、彼女も3月の未勝利戦デビュー。16頭立てにもかかわらず、いきなり2着に好走。この馬もルーラー×サンデーで母系がしっかりしてるので、いきなりから走れないか?と秘かに期待していますただ、デールは阪神で川田騎手だったのに対し、こちらは小倉で北村友騎手ですから、ここが大きな違いと言えます逆に言えば、ここで好走できたら本物かもしれませんので、祈るような気持ちで応援したいと思います

231219pastelze.jpg
希望通りの2000で、まず無事に、そして掲示板を目指してほしいと思います




[edit]

【キャロット3歳】このままデビュー戦を迎えられるか? 

昨日のシルクの馬名の話、もう少し思い出したというか、いい例があったので、書きたいと思います。
前にも去年のキャロの馬名が決まった時に言ったのですが、現在3歳のシルクのキープシークレット21(どれフォン)とキャロットのシークレットスパイス21(リアルスティール)。どちらも「シークレット」というワードがあります
結果、どんな名前になったかというと、

【シルク】
キープシークレット21→シークレットキー(Secret Key)…秘密の鍵。母名より連想
【キャロット】
シークレットスパイス→クラッシファイド(Classified)…国家機密、極秘の。母名より連想

どちらもシークレットをキーワードにした、いわゆる母名由来の名前になっていますが、明らかにそのスタンスは違います直接言うのがシルクで、ホントに連想するのがキャロット。おそらくシルクは『「キープ」と「シークレット」をひっくり返して、「プ」だけ取ったら、新しい言葉ができた!こりゃおもしろい』となったと思うんです(笑)
自分はシークレットキーに申し込んで外れたので申し込む権利はなかったのですが、一口仲間で獲れた人に頼まれて考えたのがキャロットの「クラッシファイド」でした。正確には小さい「ッ」を入れない「クラシファイド」という名前を伝えました。響きも上品で結構良い名前だと思っていたので、ひそかに期待していたのですが、シルクはそういうのを望んでないんですよね
だからキャロで選ばれてたを見て、複雑な思いでした(笑)


さて、3歳馬最後の1頭。ようやく入厩できました、パステルツェの近況です!

24/1/24  清水久厩舎
24日は栗東坂路で追い切りました(54秒0-39秒2-25秒3-12秒5)。「ここまで14-14程度をところを乗りながら反動もなかったので、今朝坂路で追い切りを行ってみることにしました。前の馬を見るような感じで、少し促していくくらいの負荷でしたが、これが実質1本目ということもあってか、息の入りはまだ良化の余地がありそうです。今後の具体的な話は特に聞いていませんが、調教後も馬房でずっと前掻きをしてカイバを催促するくらいで、体調自体はここまで特に問題ありません」(山田助手)

24/1/18  清水久厩舎
17日はゲート練習中心の調教を行いました。18日はゲート試験を受け、無事合格しました。「ここまでゲートの入りを中心にじっくり進めてきましたが、水曜日の練習でも徐々に入るようになってきていましたし、スタートも他の馬についていくような感じで一緒に出てはくれたので、今朝さっそく試験を受けてみることにしました。やはり寄り付く時にためらうところはあったものの、すぐに納得して入ってくれて、そのまま駐立、発馬と問題なく無事に合格することができましたよ。今後についてはもう少し様子を見ながら考えていくことになると思います」(山田助手)

24/1/11  清水久厩舎
10日、11日はゲート練習中心の調教を行いました。「先週入厩しており、すでにゲート練習を開始しています。入厩当初はカイバ食いが良くなく、テンションも高めでしたが、環境に慣れることでだいぶ落ち着いてきました。ゲートに関しては前扉が閉じているとなかなか入ろうとしないなど我の強いところがあるのですが、駐立は大人しくしてくれていますから、この後も追い込みすぎないよう気をつけながら少しずつ進めていきます。それ以外では特に手のかからない可愛い女の子ですよ」(山田助手)

24/1/4  清水久厩舎
4日に栗東トレセン・清水久詞厩舎に入厩しました。


ようやく正月に入厩することができましたゲート試験合格の報がなかなか来なかったので焦っていたのですが、やはりちょっと手間取っていたようですゲートの入りに多少問題がありそうで、もしかしてデビューを迎える時にもゲートが閉じられていると入らなくて前扉を開けて入る…なんてことになるかもしれません
疲れが気になるところで放牧になるかと思いきや、1本坂路で追い切ったところ、まだまだ良化の余地は残すということですが、馬なりで54秒-12秒5ならまずまずといえるかと思いますちょっとコメントからはこのままデビューに向けていくのか測りかねますが、できれば2月中に見られたら嬉しいな、というところ。決して無理しないでほしいですが、個人的な希望としてはそう思っています
ちなみに、このグレイシアブルーの一族もキャロでもシルクでも募集されており、シルクのシルブロンはその特徴から「白いまつげ」(アーモンドアイ以降、シルクが得意とするパターンのひとつ)。キャロはメールドグレース以来、氷河の名前になっています。これに関しては「氷河の響きの良い名前大喜利」みたいになっているので、ここはキャロにも考え直してほしいと思うところではあります(笑)

231219pastelze.jpg
芝1800か2000、もしくは牝馬だしマイル戦の可能性もあるかな




[edit]

【キャロット2歳】年明けの吉報を待つ 

明後日、本年の中央競馬のラストデイ、1日限りの開催があり、ホープフルSが行われますが、有馬記念で武豊ドウデュースが勝ったことで、大団円でフィナーレを迎えた気がしますそして、そのジョッキーカメラが公開されましたが、これがまた美しいこんなにブレのない見やすい映像があるのかと思うぐらい。これ、逆に競馬を知らない人に見てもらいたいと思いました



澄み切った青空の元、冬の西日に照らされた優駿たちは美しく、その中でドウデュースはヒートオンビートを前に置いて、ゆっくり後ろを追走します。馬の後ろに入れているものの、外はオープンになっていて、いつでも動ける態勢。そして白眉は、3角手前。スッと音もなく上がっていって、あっという間に外から馬群を交わし去った後、画面に見えるのはタイトルホルダーだけになる時は、鳥肌ものです
直線もタイトルホルダーに寄せていけば、スターズオンアースの進路を蓋することができたはずですが、きちんとまっすぐ走らせてルメールとの併せ馬を制するところがカッコイイ。なのでルメールも素直に「スバラシー」と言えたと思います
ホントにおめでとうございます来年リベンジを果たすため、また頑張ってもらいたいと思います


さて、年末も押し迫ってきまして、年内入厩は無理か?パステルツェの近況です!

23/12/26  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンタ―調整を行っています。「この中間も坂路では15-15を乗っており、日によっては引き続きハロン14秒ペースも取り入れて調教を行っています。継続して動かすことで徐々に状態も上がってきている感じがしますし、ここまで体調面も良好ですね。あとはいつ声がかかっても対応できるようにしていきます。馬体重は473キロです」(NFしがらき担当者)

23/12/19  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンタ―調整を行っています。「この中間も坂路では15-15を取り入れて調教を行っています。日によって終いを14秒まで伸ばしていますが、ここまで体調面も問題なく、順調に進めることができていますね。厩舎サイドとも入厩に向けた話をしているので、移動に向けてしっかり動かしていきます」(NFしがらき担当者)


しがらきに移動してから、すでに3週間以上経過。まだ入厩できませんおそらくこの時期になって、まだ十分とは言えないものの、後ろも詰まってきてるし、GOサインを出したというところが正解かなと思います。なので、しばらくはしがらきで鍛えてからの入厩になるのでしょう。
先週今週とほぼコピペみたいな前半のレポートでしたが、順調に進行してるようなので、もう間もなくなのかな…と思いつつ、早く移動の報を聞きたいので、どうしても気持ちが逸ってしまいます11月中旬のレポートでは458キロでしたが、今日の更新では473キロと増えてきました!これは鍛えながらの増量なので、素直に嬉しいですね。
思えば自分はホントによく母の父サンデーに出資してきました。その中でもこの馬が最後になると思いますし、長く走ってもらいたいと思っています

231219pastelze.jpg
欧米の外国人が乗ってる!年明け早々の吉報お待ちしています!




[edit]

にほんブログ村&人気ブログランキング

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

日本ブログ村

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ