fc2ブログ
ロードディフィート - The favorites in my life
02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 04

【ロード】DOWの初ダートで 

今期のドラマは「正直不動産2」以外、正直これというのがないかなと思ってましたが(笑)、昨日放送されたTBSの「不適切にもほどがある」はなかなかおもしろいようです。1986年から現代にタイムトリップしてくる熱血中学教師がそのギャップに戸惑う、というかなりざっくり言えば、そういうストーリーのようですが、これがなかなかハマるようで

「不適切にもほどがある」葛飾の元野球部にコンプラない→お断り表示なしに爆笑「正解w」「風評被害w」 壮絶ケツバット「押忍!あぁー!」

38年前と今では全然違いますね。こうしてドラマで見せられると当時は当たり前だと思ってたことも全然違うことを改めて実感します今、会社では自分の部下にいわゆるZ世代がいますが、なかなかその処し方に戸惑っておりますこっちが思ってるのと全然違うリアクションだったりすると、考えてしまいますね(笑)向こうは当然とばかりに、平然としてるのですが、「いや、先輩に対する接し方ってこんなんだったっけ?」と思うことしばしば。だから、こちらの対応も自然と慎重なものになりますまさか自分にもこういう感覚が来るようになるとは思ってもみませんでした(苦笑)


さて、明日は1頭出資馬が出走します、初ダートに臨むロードディフィートの近況です!

2024.02.08
ロードディフィートは、2月11日(日)東京12R・4歳上2勝クラス・混合・ダート1400mにキングスコート騎手58kgで出走します。2月7日(水)美浦・ウッドチップコースで調教時計を記録しています。発走は16時25分です。

2024.02.07
ロードディフィートは、2月11日(日)東京・4歳上2勝クラス・混合・ダート1400mにキングスコート騎手58kgで予定しています。同レースはフルゲート16頭。現段階では優先順位5番目、同順位1頭で出走可能です。2月7日(水)美浦・ウッドチップコースで調教時計を記録しています。
・和田調教師 「2月7日(水)は全体86秒4、終い12秒1の時計を馬なりでマーク。一追い毎に動きは良くなっている感触です。こちらへ帰った段階で結構ふっくらしていた通り、本番も相応のプラスで送り込めそう。兎にも角にも、ダート適性の有無が重要なポイントでしょう」
≪調教時計≫
2024 2 4 助 手 美南坂 稍 1回 54.8 40.0 26.4 13.3 馬ナリ余力
2024 2 7 助 手 美南W 稍 86.4 70.2 54.9 39.6 12.1 (9) 馬ナリ余力 コルヴィル(新馬)強めの外0.4秒先行0.2秒先着

2024.01.31
ロードディフィートは、1月31日(水)美浦・ウッドチップコースで調教時計を記録しています。2月11日(日)東京・4歳上2勝クラス・混合・ダート1400mにキングスコート騎手で予定しています。
・和田調教師 「1月31日(水)は6ハロン83秒7、ラスト12秒0のタイムを記録。ゴーサインを送った際に反応しているものの、現状はまだ身体が重い印象を受けます。レースまで時間が残されるだけに、少しでも状態を上げたいところ。飼い葉食い等は特に問題がありません」
≪調教時計≫
2024 1 28 助 手 美南W 良 71.0 54.5 38.7 12.1 (7) 馬ナリ余力 ファミリークレスト(古馬1勝)馬ナリの外0.7秒先行同入
2024 1 31 助 手 美南W 良 83.7 68.1 53.0 38.3 12.0 (7) 強めに追う カールスモーキー(古馬2勝)強めの内0.9秒追走0.2秒先着

2024.01.24
ロードディフィートは、1月24日(水)美浦・ウッドチップコースで調教時計を記録しています。2月11日(日)東京・4歳上2勝クラス・混合・ダート1400mにキングスコート騎手で予定しています。
・和田調教師 「ケイアイファームの担当者と情報を交換。検疫馬房を確保できた1月20日(土)に戻しました。21日(日)に跨り始めてからも気になる点が認められず、24日(水)に全体86秒5、終い12秒9の追い切りを消化。キングスコート騎手とのコンビが決まっています」
≪調教時計≫
2024 1 24 助 手 美南W 稍 86.5 70.7 56.0 41.2 12.9 (7) 馬ナリ余力

2024.01.23
ロードディフィートは、1月20日(土)に美浦トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行い、1回東京を視野に体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。
・当地スタッフ 「1月16日(火)に単走で15-15を交えた際もスムーズなフットワーク。厩舎サイドと情報交換を行い、20日(土)にトレセンへ向かいました。思うように身体が増えなかった馬が、ここに来てボリュームアップ。レース本番を楽しみにしています」

2024.01.22
ロードディフィートは、1月20日(土)に美浦トレセンへ帰厩しました。

2024.01.16
ロードディフィートは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン17~20秒ペース)。1月11日(木)測定の馬体重は485kg。
・当地スタッフ 「改めてハロン15秒レベルを刻もうと考えていたものの、気温の低下でコース状態が今一つなタイミング。帰厩を控える段階でのアクシデントを避ける為、先週は普通キャンターにセーブしました。馬自身はエネルギッシュ。近日中に出発の予定です」


1/20に美浦に戻ってきて早々に明日のレースに照準を定めて調整してきました今回は初ダートとなりますが、デクラレーションオブウォー産駒ですし、楽しみのほうが大きいです。1400という距離がどうか?と思いますが、デビューから2戦は1400でしたし、対応してくれないかなと期待していますそのためにまずは流れに乗ってほしいので、スタートに注意してもらいたいと思います!

231029-2027A.jpg
初のキングスコート騎手にも期待!




スポンサーサイト



[edit]

【ロード】そろそろ戻ってくるか? 

しばらく動きのなかったロード募集馬ですが、ここに来て1頭満口に!

2023年募集馬No.9 プリメラビスタ’22募集締切(キャンセル待ち受付中)
2023年募集馬No.9 プリメラビスタ’22は募集締切となりました。たくさんのお申し込みを下さいまして誠に有り難うございました。なお、先着順で若干数のキャンセル待ちを受けます。
※出資申込を下さいました時刻の段階で、既に募集口数を上回った方にはキャンセル待ちに関するメールを送信させて頂きます。


「残りわずか」になっていたプリメラビスタ22が満口になりました母はブエナビスタの妹ですから、超良血ですが、ブエナビスタ自身が繁殖牝馬としてイマイチですから、この満口は驚きました。
これで満口は11頭。まだまだたくさん残ってますが、例年に比べて売行きは良好です自分も1頭様子見していますが、警報になってないので、ギリギリまでじっくり見させてもらいたいと思っています


さて、こちらも10月の府中以来になります、そろそろ戻ってくるか?ロードディフィートの近況です!

2024.01.09
ロードディフィートは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「1月3日(水)に5ハロンから15-15を交えたところ、最後までスムーズなフットワークで駆け抜ける形。引き続き、順調そのものと言えるでしょう。昔と違って身体が減り辛くなったのは特に成長を感じる部分。このまま本数を積み重ねたいです」

2023.12.26
ロードディフィートは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン17~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「普通キャンターを繰り返す過程においてはネガティブな変化が何も無し。近日中に新たなステップへ踏み込もうと考えています。『東京開催の最初か最後の番組で検討中』との厩舎サイドの方針。どちらに決まっても対応できるように進めましょう」


こちらも3か月ほど経ちますから、そろそろ戻ってきてもらいたいところ。「府中の最初か最後のほう」というアバウトな目標なので、まだ戻ってきていないのかもしれませんが、再来週には開幕しますからね今度こそ距離延長で、1800か2000ぐらい使ってもらいたいですが、果たしてどうなるでしょうか?開幕週に芝2000がありますが、もうこれは無理だと思いますから、可能性としてあるのは最終週2/18の芝1800の可能性はあるでしょうか?あっ、それか次はダートを試すと言っていたように思うので、それならもっと選択肢は広がるでしょう。いずれにせよ、間もなく戻ってくると思いますので、無事に行ってもらいたいと思います

230318-2027N1.jpg
芝なら道悪のほうが良いでしょうね




[edit]

【ロード】ダートのために成長を 

ロードの通常募集が18日から始まりましたが、そこでようやく1頭満口になりました

2023年募集馬の募集状況について
2023年12月19日(火)現在の2023年募集馬(2022年産1歳馬)の募集状況をお伝えします。
※募集状況は原則的に毎週月曜日に更新します。
 
【2023年募集馬 募集状況】

【募集締切】No.1 イトワズマジック’22、No.15 オールフォーラヴ’22、No.16 キャトルフィーユ’22、No.17 エンジェルフェイス’22、No.18 パノラマウェイ’22、No.21 デルフィーノ’22、No.24 ヴィーヴル’22、No.26 ポプラ’22、No.28 エトワールブリエ’22、No.32 ブーケドロゼブルー’22
【残り口数僅か】No.9 プリメラビスタ’22
【残り 50口未満】No.29 タカミツサクラ’22
【残り100口未満】No.11 ワンダーガドット’22
【残り150口未満】No.4 プレミアムギフト’22、No.20 アドマイヤシャイ’22、No.22 ブリュネット’22
【残り200口未満】No.2 ナチュラルスタイル’22、No.7 ワイルドココ’22、No.25 ベイコート’22、No.27 エンジェリックレイ’22


やはりブーケドロゼブルー22です追って、プリメラビスタ22も残り僅かになりましたが、年内5%のポイントでどこまで売れるでしょうかね?自分も1頭様子見していますが、まだここには名前が出てこないので、じっくりチェックしたいと思います

そして、馬名募集も始まりました

2023年募集馬の競走馬名を募集します
以下の募集要項を必ずご確認の上、競走馬名募集ページよりご応募下さい。
 
【募集要項】

締切日:2024年1月22日(月)午後6時
・ご応募は出資会員の方に限らせて頂きます。
・通常受付にて出資された募集馬は、お申し込み後より馬名のご応募が可能です。
※出資申込前、やむを得ない理由により出資が無効となった場合はご応募された案を無効とさせて頂きます。
・会員番号、氏名、メールアドレス、募集馬名、冠名(牡馬のみ)を含む9文字以内の競走馬名、アルファベット表示、言語、意味、由来を記入の上ご応募下さい(複数でも可。ただし、お1人様につき1頭あたり5候補まで)
・牡馬に配されるロード:Lordとは競馬発祥の地として名高い英国の貴族に対する尊称です(牡馬で冠名がない場合は無効となります)。
・言語の選択欄に該当言語がない場合は「その他」を選択し、由来欄に言語名をご記入願います。
・由来は詳しくご記入頂けますと幸いです。意味と同じ内容の記載や未記入の場合、選定候補から外れる事もございます。
・現役の競走馬や繁殖牝馬、国際保護馬名等により名付ける事の出来ない馬名がございます。公益社団法人日本軽種馬協会が運営する「JBIS-Search」等で同一馬名でない事のご確認を推奨致します。過去に登録された事がある馬名でもご応募可能ですが、引退から一定期間(概ね10年程度)が経過するまで使用できません。
2024年3月に馬名申請を行う予定です。採用された方には記念品を贈呈します。
・発表時期に関するお問い合わせはご遠慮下さい。決まり次第のご案内とさせて頂きます。
・電話、メールでのお申し込みは受付致しません。


こちらは締め切りが1/22。ノーザン系と違い、1頭につき5案も応募できるということで、かなりの余裕があります。特に自分は牡馬なので、「ロード~」という馬名にしないといけないので限定されますし、考え甲斐はありませんが、深く考えずに響き重視で考えてみたいと思っています


さて、まだまだ戻ってこない!?すっかり冬休みモードのロードディフィートの近況です!

2023.12.19
ロードディフィートは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン17~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「この中間もハロン17、18秒ペースまでのパターン。今後の予定がまだ白紙なだけに、もうしばらくは同じパターンを続けようと考えています。馬房内の様子を含め、気になる点が浮かばないまま。しっかりと充電を図り、巻き返しを図りたいです」

2023.12.12
ロードディフィートは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン17~20秒ペース)。12月7日(木)測定の馬体重は465kg。
・当地スタッフ 「引き続き、普通のところをコンスタントにこなす内容です。与えた分の餌を残さずに食べている他、獣医師の定期チェックにおいても指摘を受ける箇所が無し。この先も和田調教師と密に意見を交わし、大まかな目標が決まってからピッチを上げます

2023.12.05
ロードディフィートは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン17~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「この中間もトラブルとは無縁で、ハロン17、18秒レベルのキャンターを消化。兎にも角にも元気一杯です。とは言え、煩い感じとは異なり、トラックでも乗り手の指示に的確に反応。厩舎側と情報交換を行い、負荷を高めるタイミングを考えましょう」

2023.11.28
ロードディフィートは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「11月21日(火)にトレッドミルで動かし、22日(水)は人間を背に迎えて角馬場へ。23日(木)から広いダートで乗り出しています。今はハロン18秒程度まで進行。活気に溢れていて具合が良いだけに、様子を見ながら次のステップへ移る方針です


結局、秋は不完全燃焼のまま、わずか2戦で終わってしまいました中1週で2戦したので、一瞬で終わってしまった感じがしますし、前から「距離延長してもいいのでは?」と言われたり、もう少しいろんな条件を使ってもらいたいと思うので、次はとりあえず1800ぐらいで見たいところです
前走後にジョッキーにダートもあり、と進言されましたが、この馬は馬格がないんですよねずっともう少し大きくなってきてほしいと思ってるのですが、なかなか増えてこない。この休養で少しでも成長してくれればと思います

231029-2027B.jpg
芝か?ダートか?ダートなら府中のほうがいいな




[edit]

【ロード】次はダートになりそう 

この前スピッツのライヴで行ったKアリーナ横浜。そこで昨日、とんでもない事件が起きてしまいました

Kアリーナ横浜で女性刺される 傷害疑いで逃げた人物の行方捜査

Kアリーナ自体9月終わりにオープンしたばかりだったんですね。それも今回初めて知りましたが、そんなできたばかりの会場で、女性が刺されるなんて…昨日はMTVのアワードイベントが行われていたようで、山Pなどが出演していたようです。事件はそれが終わって、間もない時間に起きたということで、さぞかし目撃者がたくさんいそうなものですが、不審者の目撃情報は少ないようです被害者の女性も「気がついたら包丁が刺さっていた」と答えているぐらいですから、違和感のない犯行だったのかもしれません
それにしても、こないだ体験しましたが、この会場はやはり帰りの退場ルートが問題になっているようで、正直規制退場させられている時に、通り魔などが現れたら、パニック間違いなしですし、それに伴って将棋倒しなども起こりそうですから、2万人の収容は結構ですが、集まった人を一斉に帰す方策も真剣に練らないといけませんね。自分はそこまで感じませんでしたが、「横浜駅まで2時間かかった」人もいたようなので、なかなか厳しいです。会場に直結するデッキができるそうですが、それも1年ぐらいはかかりそうとのことで、しばらくはここから帰るときは覚悟が必要ですまずは女性が早く回復し、犯人が捕まることを願います


さて、どうやら年内はこのまま終了となりそう、ロードディフィートの近況です!

2023.11.21
ロードディフィートは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。
・当地スタッフ 「この中間も疝痛予防を兼ねたメニューのみ。時間の経過と共にレースの疲労は和らぎ、本来の姿へ戻り始めた印象です。ネガティブな部分さえ顔を覗かせなければ、今週中に軽く跨り始めるプランを検討。来年の飛躍へ繋がるように英気を養います

2023.11.14
ロードディフィートは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。
・当地スタッフ 「引き続き、ウォーキングマシン内の歩行運動を続けるパターン。11月11日(土)にメンテナンスの一環として、背腰へのショックウェーブ治療を行っています。次の番組については現段階で白紙。馬自身の具合に応じて少しずつ進めるべきでしょう

2023.11.07
ロードディフィートは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。11月4日(土)に美浦トレセンより移動しました。
・当地スタッフ 「和田調教師との細かな打ち合わせを済ませた上で、11月4日(土)にバトンタッチ。こちらで管理を任されてからも脚元や背腰等は大丈夫です。身体の細化はいつものレース後と同じ。タイミングを見計らって跨り始め、ボリュームも戻します」

2023.11.01
ロードディフィートは、レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。今後は近日中に千葉・ケイアイファームへ移動して冬の戦列復帰へ向けて心身の立て直しを図ります。
・和田調教師 「脚元に関する大きな問題は無し。ただ、間隔を詰めて使った分だけ身体が減り、外見的にも寂しい感じに変わりました。一旦、千葉のケイアイファームへ移し、ボリュームの回復に努める方針。今後の様子次第ながら、年末年始あたりの復帰を考えて行きたいです

2023.10.30
ロードディフィートは、10月29日(日)東京9R・国立特別・混合・芝1600mに西村淳也騎手56kgで出走。7頭立て7番人気で5枠5番からスローペースの道中を4、4、4番手と進み、4コーナーでは外を通って0秒9差の6着でした。馬場は良。タイム1分34秒6、上がり34秒6。馬体重は2kg減少の428kgでした。
・和田調教師 「前が残る競馬だったとは言え、しっかり伸びて欲しい展開。早々に脚色が鈍り、故障した8番に寄られた点はあまり関係が無いと思います。『帰りの砂の走りが結構良く、ダートを試すのも面白そう。もう少し身体は欲しい』とのジョッキーのコメント。適性を試す意味でも、路線変更を検討しましょう


前走は1頭は取り消し、もう1頭が競走中止ということで、6着もシンガリ負けでした着差も前々走よりも開いてしまって、叩き2走目とは言えない結果となってしまいました結局、秋2戦もマイル戦で「もう少し長い距離」にはいつになったら使ってくれるのか?と常々悶々としています。近況を見てると年内はこのまま休養になってしまいそうなので、復帰戦は年明けの中山になりそうですし、次こそ1800を試してもらいたいと思いますが、西村騎手の助言により芝ではなくダートの可能性が高そうです
しかし、現在絶賛募集中のロードですが、この和田勇厩舎。今年も2頭預託されることになっています他に2頭預託されるのは7人いますが、すべて栗東の調教師。美浦には7頭しか行かないのに2頭も預託。これは期待されてるのでしょうか?自分もこれまで2頭出資していますが、両方とも勝ち上がりですし、ジョッキーの選択も結構良いと思います。ただ、レース選択は上記のように、微妙なところもあるので全面の信頼を置いているわけではなく、今年も1頭狙っていますが、特に意識してるわけではありません(笑)。ただ、ロードとしては意図的に充ててきてるのかもしれませんね。

231029-2027A.jpg
また、西村騎手乗ってね




[edit]

【ロード】1800にはいつ出るの? 

早いもので、10月も最終週。天皇賞ウィークです
今年は元々登録がフルゲートに満たないことは知っていたのですが、スターズオンアースが回避して、最終的に11頭立てになったそうでG1でここまで少ないのは珍しいですね。確かディープのJCが11頭立てだったと思いますが、あれはディープの強さがあったから、降参の表れだったと思います。今回もイクイノックスという強い馬がいますが、ライバルも多士済々ですし、楽しみです。
この時期、日が傾くのが早くなって、メインレースの時間には西日が差してくると、「あぁ、秋だな」と思います。日本の競馬は年がら年中やっているので、季節の移ろいを感じやすいですよねその中でこの時期というのは、寒くなる前の、一番良い季節で好きです
こんな時、どんな音楽を思い浮かべるでしょうか?競馬ファンなら、レミオロメンの「茜空」でしょうか?自分はこれです

james iha
James Iha Let It Come Down


James Iha 「Be Strong Now」

アメリカのSmashing Pumpkinsのギタリスト、James Ihaの1stソロアルバムからの1曲「Let It Come Down」というアルバムなのですが、とにかくこのアルバムは全曲通して良くて、秋に聴きたいと思わせてくれますその中で、この曲は10月の、まだ暖かいけれど、日が短くなってきているこの時期にふさわしい感じ。元々、スマパンがハードなサウンドを奏でるバンドだったので、ソロになってこんなに繊細なアルバムを作るのか、という驚きがありましたし、どの曲もオーガニックな印象ですアメリカのカラッとした気候の感じが、日本の10月とマッチするのか、ホントに良いアルバムです
このジェイムスイハ。アメリカ生まれですが、れっきとした日本人です。日本名は伊波吉伸。ただ、向こう生まれ、向こう育ちなので日本語は話せず。これを出したのが1998年で、自分は最初中古で手に入れましたが、後年になって再発売されたので買い直したほど。秋の夜長に読書をしながら、このアルバムを聴くのも一興。皆さんもいかがでしょうか?


さて、半年ぶりの実戦はやはり回ってきただけ!叩いて中1週、良化してるでしょうか?ロードディフィートの近況です!

2023.10.26
ロードディフィートは、10月29日(日)東京9R・国立特別・混合・芝1600mに西村淳也騎手56kgで出走します。10月25日(水)美浦・ウッドチップコースで調教時計を記録しています。発走は14時25分です。

2023.10.25
ロードディフィートは、10月29日(日)東京・国立特別・混合・芝1600mに西村淳也騎手56kgで予定しています。同レースはフルゲート18頭。現段階では優先順位10番目、同順位1頭で出走可能です。10月25日(水)美浦・ウッドチップコースで調教時計を記録しています。
・和田調教師 「特別登録の段階でフルゲートに満たない頭数。早々にジョッキーを探し、西村淳也騎手との初コンビが決まっています。10月25日(水)はウッドで5ハロン67秒9、ラスト11秒9のタイムを馬なりでマーク。一叩きを経て、イメージ通りに中身がデキた状態です」
≪調教時計≫
2023 10 25 助 手 美南W 良 67.9 52.7 37.9 11.9 (6) 馬ナリ余力 ライトスタッフ(二未勝)一杯の内0.5秒追走0.1秒先着

2023.10.23
ロードディフィートは、10月29日(日)東京・国立特別・混合・芝1600mに特別登録を行っています。

2023.10.18
ロードディフィートは、レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行い、10月29日(日)東京・国立特別・混合・芝1600mに予定しています。
・和田調教師 「10月18日(水)の段階では歩行運動のみに止めているものの、レース前との比較で特に変わった印象が無し。跨り始めてからも不具合が認められなければ、中1週の同条件へ向かおうと思います。節の関係で入るかが不透明。ジョッキーについては決められません

2023.10.16
ロードディフィートは、10月15日(日)東京12R・鷹巣山特別・混合・芝1600mに田辺騎手54kgで出走。14頭立て8番人気で6枠10番から平均ペースの道中を14、13、14番手と進み、4コーナーでは中央を通って0秒7差の11着でした。スタートで煽って1馬身の不利を受けました。馬場は重。タイム1分33秒9、上がり34秒3。馬体重は10kg増加の430kgでした。
・和田調教師 「ゲートで下を向き、前掻きが止まらなくなって出遅れました。『一瞬は脚を使えたが、勝ち馬に交わされると後退。次は良くなると思う』との鞍上の話。久々の影響でガス切れを起こしています。可能な限りは続戦の予定。今日の感じであれば、1800mでも対応できそうです


前走の調整過程でなかなか良くなってくる感じがなかったので、まずは一度使ってからという印象でしたが、やはりそんな感じの走りでした。スタートからしてそうで、出遅れた瞬間「あぁ…」という感じ(笑)
まぁジョッキーもガシガシ追うタイプでもないし、この時点で厳しいな…と思いました。そのままポジションで4角を迎えると、そのまま外へ持ち出したときに、内からニシノライコウがビュンと来て、その鞭が当たってしまったようで、怯んでしまったのも響いたでしょうか。何か馬体が接触したように画面越しには見えましたが、鞭が当たっていたとはね。結局ニシノは勝ったので、勢いの差は歴然だったので、仕方ない部分もありますが、ジョッキーにはしっかりと乗ってもらいたいと思います。外からではなく、内から抜かれているわけですから道悪で、この馬が良いところがあるかと淡い期待をしましたが、ダメでしたね。
これまで何度も1800でも行けそう、と言いながら、結局マイル戦なのはなぜ?と思いますが、今回は前走よりさらに少ない9頭立てということで、レースはしやすくなりますね。ただ、ペースが落ち着きそうなので、その点がどうか?歓迎すべき点は鞍上が交替したこと。西村淳騎手になりましたどうも田辺騎手はガッツが足りない。これは関東の中堅騎手の多くに言えますが、その点関西の若手、西村騎手で新味を出してくれることを期待しています

231015-2027A.jpg
今回はもう少しスタート決めてほしいですね




[edit]

にほんブログ村&人気ブログランキング

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

日本ブログ村

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ