fc2ブログ
ストーリア - The favorites in my life
03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

【ロード】天国から地獄 

ロードヴェスパーの勝利の余韻に浸りながら、ストーリアが出走するメインの府中牝馬Sまで待ちましたさすが重賞ともなれば、パドックもかなり多く、なかなか良い写真が撮れませんでした

20231014_151912.jpg
20231014_152729.jpg

これが最後の雄姿になろうとは…
パドックではキビキビと歩いてましたし、これは好勝負になる!と確信めいたものを感じました。パドックを後にして、ロードスタッフによる口取り当選者の確認も終えて、ゴール前でスタンバイ。スタートを普通に決めたものの、中団のインを追走するストーリア。
ところが3角にかかったあたりから、ズルズル後退…。この時点で「あっ、なんかやっちまったな」とは感じました後からレースを見返すと、47秒付近でガクンとなっているように見えましたので、その時に起こったのかもしれませんただ、現地ではゴール前からは一番遠い位置だったので、どんな風になったのかまったくわかりませんでした

2023.10.14
ストーリアは、10月14日(土)東京11R・府中牝馬S(GⅡ)・国際・牝馬限定・芝1800mに菅原明良騎手55kgで出走。
13頭立て6番人気で4枠4番からスローペースの道中を7、7、8番手と進み、競走中に左第1指関節脱臼を発症し、4コーナーで競走中止となりました。馬場は良。馬体重は2kg減少の494kgでした。なお、予後不良の診断が下されました
・杉山調教師 「4コーナーで『前走に比べると硬い』とジョッキーが感じた直後に左前脚を故障。せめて繁殖の道を・・・と助かる方法を獣医師と話し合ったものの、既に手の施しようのない状態でした。関係する皆様には申し訳なく、私自身も本当に無念。可哀想なことになってしまいましたが、ここまで頑張ってくれたストーリアには感謝しかありません」


まさか、こんなことになろうとは思いもよりませんでした。レース後の談話が聞けるということで、出資者の皆さん、口取りに当たっていた会員の方がパドックの安田伊左衛門像前に集合していました。当初は「まだ詳細がわからない」とのことでしたが、しばらく待っていると別のスタッフの方(ヴェスパーの口取りで誘導してくださった)がやってきて、「左前の故障により安楽死になった」と聞かされ、思わず声を出してしまいましたその時は「繋靭帯断裂」と聞いたと思いましたが、正式には「第一指関節脱臼」だったようです(Xで間違って症名をポストしてしまい、申し訳ありませんでした)。すでに助かる見込みはなく、安楽死の処分が取られたとのことでしたもう絶句するしかありませんでした…
ここまで若駒の時から無理せず、ほぼ2か月以上空けて使われてきて、ようやくここで完成か?というところまで来ており、左回りの重賞に初挑戦というタイミングでしたから、自分を含めて期待値はMAXだったと思います
杉山厩舎が「ストーリアに感謝しかありません」とコメントされているように、自分もストーリアには「夢を見させてくれてありがとう」と感謝の気持ちでいっぱいですし、やりきれない気持ちが拭いきれませんが、今は安らかに眠ってほしいと思います。合掌

220313storia.jpg

220521-1928N1.jpg

220814-1928N1.jpg

230729-1928N1.jpg

全4勝はすべて左回りでした引退後は繁殖としても期待していただけに、なんとか命だけはと思いましたが、競馬とはいえ、神様は残酷なことをするものです午前中ロードヴェスパーで喜んだのも束の間、まさに天国から地獄へ突き落された1日となってしまいました。今日のことは一生忘れることはないでしょう




スポンサーサイト



[edit]

【ロード】淡々と予定通りに 

ロードの募集馬、ついに価格が発表になりました

1 イトワズマジック’22 牡 ロードカナロア
(War Front) 3月30日 鹿毛 栗東・友道 康夫 6,600万円 132,000円
2 ナチュラルスタイル’22 牡 ロードカナロア
(ディープインパクト) 3月5日 鹿毛 栗東・牧浦 充徳 2,000万円 40,000円
3 パステラリア’22 牡 ロードカナロア
(エンパイアメーカー) 5月12日 鹿毛 美浦・蛯名 正義 3,300万円 66,000円
4 プレミアムギフト’22 牡 ロードカナロア
(オルフェーヴル) 3月25日 鹿毛 栗東・清水 久詞 3,000万円 60,000円
5 メイズオブオナー’22 牡 ロードカナロア
(ハーツクライ) 4月9日 鹿毛 栗東・四位 洋文 3,000万円 60,000円
6 レディルージュ’22 牡 ロードカナロア
(ブライアンズタイム) 2月23日 鹿毛 栗東・中村 直也 3,000万円 60,000円
7 ワイルドココ’22 牡 ロードカナロア
(Shirocco) 3月18日 鹿毛 栗東・吉岡 辰弥 5,500万円 110,000円
8 スピニングワイルドキャット’22 牝 ロードカナロア
(ハードスパン) 2月22日 黒鹿毛 栗東・長谷川浩大 4,500万円 90,000円
9 プリメラビスタ’22 牝 ロードカナロア
(オルフェーヴル) 2月28日 鹿毛 栗東・高野 友和 2,800万円 56,000円
10 メヌエット’22 牝 ロードカナロア
(Tapit) 5月13日 鹿毛 美浦・久保田貴士 2,500万円 50,000円
11 ワンダーガドット’22 牝 ロードカナロア
(Medaglia d’Oro) 3月6日 鹿毛 栗東・友道 康夫 5,000万円 100,000円
12 ゼスト’22 牝 City of Light
(Tapit) 2月18日 鹿毛 栗東・吉岡 辰弥 2,500万円 50,000円
13 フライングティパット’22 牝 Authentic
(Tapit) 3月16日 鹿毛 栗東・長谷川浩大 3,000万円 60,000円
14 ウィンディスペル’22 牡 エピファネイア
(ディープインパクト) 2月10日 鹿毛 栗東・安田 翔伍 3,800万円 76,000円
15 オールフォーラヴ’22 牝 エピファネイア
(ディープインパクト) 3月8日 鹿毛 栗東・中内田充正 3,800万円 76,000円
16 キャトルフィーユ’22 牝 エピファネイア
(ディープインパクト) 5月15日 鹿毛 栗東・杉山 晴紀 4,500万円 90,000円
17 エンジェルフェイス’22 牝 キズナ
(キングカメハメハ) 2月19日 青栗毛 栗東・中内田充正 4,500万円 90,000円
18 パノラマウェイ’22 牡 キタサンブラック
(ロードカナロア) 2月20日 青鹿毛 栗東・奥村  豊 3,200万円 64,000円
19 リラコサージュ’22 牝 キタサンブラック
(ブライアンズタイム) 2月23日 青鹿毛 美浦・和田 勇介 2,500万円 50,000円
20 アドマイヤシャイ’22 牡 ドゥラメンテ
(キンシャサノキセキ) 3月6日 青鹿毛 栗東・小栗  実 3,200万円 64,000円
21 デルフィーノ’22 牡 ドゥラメンテ
(ハーツクライ) 2月16日 黒鹿毛 栗東・杉山 晴紀 6,600万円 132,000円
22 ブリュネット’22 牡 サートゥルナーリア
(ダイワメジャー) 5月3日 栗毛 美浦・斎藤  誠 3,000万円 60,000円
23 パラダイスリッジ’22 牝 サートゥルナーリア
(ディープインパクト) 5月13日 鹿毛 栗東・松下 武士 2,300万円 46,000円
24 ヴィーヴル’22 牡 ブリックスアンドモルタル
(ディープインパクト) 2月12日 鹿毛 栗東・辻野 泰之 3,000万円 60,000円
25 ベイコート’22 牡 ミッキーアイル
(ロードカナロア) 2月6日 鹿毛 栗東・松下 武士 2,000万円 40,000円
26 ポプラ’22 牝 スワーヴリチャード
(Frankel) 4月8日 栗毛 栗東・小栗  実 2,200万円 44,000円
27 エンジェリックレイ’22 牡 リオンディーズ
(ダイワメジャー) 2月8日 鹿毛 美浦・稲垣 幸雄 2,200万円 44,000円
28 エトワールブリエ’22 牡 フィエールマン
(ロードカナロア) 2月27日 黒鹿毛 栗東・藤岡 健一 2,200万円 44,000円
29 タカミツサクラ’22 牡 フィエールマン
(ヨハネスブルグ) 2月18日 鹿毛 ※関西入厩予定
2,700万円 54,000円
30 レディシアトル’22 牡 ダノンバラード
(エンパイアメーカー) 1月31日 鹿毛 美浦・尾形 和幸 2,000万円 40,000円
31 クライフターン’22 牡 ビッグアーサー
(バンブーエール) 2月9日 栗毛 栗東・茶木 太樹 2,000万円 40,000円
32 ブーケドロゼブルー’22 牡 ウインブライト
(ロージズインメイ) 3月8日 芦毛 美浦・和田 勇介 1,800万円 36,000円
33 ラクテウスオルビス’22 牡 サトノアラジン
(ホワイトマズル) 3月12日 鹿毛 栗東・坂口 智康 2,000万円 40,000円
34 アンダルシア’22 牡 シュヴァルグラン
(アルカセット) 3月22日 鹿毛 栗東・森田 直行 2,400万円 48,000円


やはり、ドゥラメンテ、キタサン、エピファネイアは高いですねキャロットでだいぶ使ってしまったので、なるべくお買い得な馬を見つけたいところですが、あとは馬体を見て判断です


さぁ、いよいよ左回りの重賞へ。狙いを定めて、ストーリアの近況です!

2023.10.12
ストーリアは、10月14日(土)東京11R・府中牝馬S(GⅡ)・国際・牝馬限定・芝1800mに菅原明良騎手55kgで出走します。10月11日(水)栗東・坂路コースで調教時計を記録しています。発走は15時45分です。

2023.10.11
ストーリアは、10月14日(土)東京・府中牝馬S(GⅡ)・国際・牝馬限定・芝1800mに菅原明良騎手55kgで予定しています。同レースはフルゲート18頭。現段階では出走可能です。10月11日(水)栗東・坂路コースで調教時計を記録しています。
・杉山調教師 「先週の段階でデキていた為、10月11日(水)は坂路で54秒3、12秒5の馬なり。とても良いムードが漂っており、理想的な状態で本番を迎えられそうです。軽いハンデだったとは言え、春には重賞でも2着。関越S(OP)の走りからも十分に通用すると思います
≪調教時計≫
2023 10 8 助 手 栗東坂 良 1回 60.6 44.2 28.3 14.0 馬ナリ余力
2023 10 11 助 手 栗東坂 良 1回 54.3 39.6 25.6 12.5 馬ナリ余力

2023.10.10
ストーリアは、10月14日(土)東京・府中牝馬S(GⅡ)・国際・牝馬限定・芝1800mに特別登録を行っています。

2023.10.05
ストーリアは、10月5日(木)栗東・Cウッドチップコースで調教時計を記録しています。10月14日(土)東京・府中牝馬S(GⅡ)・国際・牝馬限定・芝1800mに菅原明良騎手で予定しています。
・杉山調教師 「10月5日(木)はCウッドで余裕の残しの内容でした。『馬自身の雰囲気は良好。道中にムキになる面を見せず、促しただけでスッと伸びた』と調教を手伝ってくれている高倉騎手はコメント。脚元にも気になる点が認められず、この調子を保って進めましょう
≪調教時計≫
2023 10 2 助 手 栗東坂 良 1回 58.8 43.2 27.9 13.7 馬ナリ余力
2023 10 5 高 倉 栗東CW 良 82.9 67.5 52.6 37.8 11.7 (7) 馬ナリ余力

2023.09.27
ストーリアは、9月27日(水)栗東・坂路コースで調教時計を記録しています。10月14日(土)東京・府中牝馬S(GⅡ)・国際・牝馬限定・芝1800mに菅原明良騎手で予定しています。
・杉山調教師 「定期的に現地で様子を確かめ、9月22日(金)に戻す形。帰厩後も計画通りに運んでいます。1本目の27日(水)は単走で馬なりの追い切りを行い、全体55秒9、ラスト13秒0のタイムを記録。菅原明良騎手とのコンビ継続で府中牝馬S(GⅡ)を目指す方針です
≪調教時計≫
2023 9 27 助 手 栗東坂 良 1回 55.9 40.7 26.2 13.0 馬ナリ余力

2023.09.26
ストーリアは、9月22日(金)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行い、10月14日(土)東京・府中牝馬S(GⅡ)・国際・牝馬限定・芝1800mに予定しています。
・当地スタッフ 「ラストに13秒台を記録しても安定感に富んだフットワーク。負荷を高めた後にダメージが生じなかったのは何よりでしょう。杉山調教師との打ち合わせを済ませた上で、9月22日(金)に馬運車へ乗り込む流れ。無事に送り出せてホッとしました」

2023.09.25
ストーリアは、9月22日(金)に栗東トレセンへ帰厩しました。

2023.09.19
ストーリアは、滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・キャンター2000m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「9月12日(火)にハロン15秒のラップを刻んだ際も問題が無し。そして、16日(土)には終いをスーッと伸ばしました。緩さの感じられる身体については、イメージ通りに変わり始めた印象。早ければ今週のどこかへトレセンへ向かう模様です


現在、リーディング独走中の杉山晴厩舎。先週も毎日王冠で3歳馬エルトンバローズで見事勝利。それ以外にも2歳馬もかなりの数勝ってると思います。厩舎の勢いを感じますね今週はストーリアの番。この勢いに乗って、重賞初勝利を目指して頑張ってもらいたいところです
先月22日に帰厩して以降、順調に来れて、良い雰囲気が漂っているとのことホントに、この馬は大事に使われてきたこともありますが、ここ!というレースに目標を定めると、それを守れなかったことがない。ひ弱なイメージが先行してましたが、いつの間にか完成の域に近づいているのかもしれません
ここも前走後、すぐに決まったローテですから、デキも申し分ないでしょうあとは相手関係ですが、13頭ながらなかなかの相手が揃ったと思います。ただ、ストーリアも前走で負かしたアドマイヤハダルが毎日王冠僅差の4着。ご存じ、中山牝馬S勝ちのスルーセブンシーズは凱旋門賞4着ですから、その通り走れば、この馬の実力も推して知るべしでしょう
当日は現地観戦口取りも申し込みましたし、当たると嬉しいです。まずは無事にゲートインして、しっかり力を発揮してきてほしいと思います!

230729-1928N1.jpg
この雄姿を土曜日にも見せておくれ




[edit]

【ロード】今はしっかり立ち上げて 

キャロットのドラフトが終わって気が抜けている時に、ロードの募集馬の厩舎が発表になっていました

アドマイヤシャイ’22 牡 ドゥラメンテ キンシャサノキセキ 3月6日 青鹿毛 栗東・小栗  実
アンダルシア’22 牡 シュヴァルグラン アルカセット 3月22日 鹿毛 栗東・森田 直行
イトワズマジック’22 牡 ロードカナロア War Front 3月30日 鹿毛 栗東・友道 康夫
ウィンディスペル’22 牡 エピファネイア ディープインパクト 2月10日 鹿毛 栗東・安田 翔伍
ヴィーヴル’22 牡 ブリックスアンドモルタル ディープインパクト 2月12日 鹿毛 栗東・辻野 泰之
エトワールブリエ’22 牡 フィエールマン ロードカナロア 2月27日 黒鹿毛 栗東・藤岡 健一
エンジェリックレイ’22 牡 リオンディーズ ダイワメジャー 2月8日 鹿毛 美浦・稲垣 幸雄
クライフターン’22 牡 ビッグアーサー バンブーエール 2月9日 栗毛 栗東・茶木 太樹
タカミツサクラ’22 牡 フィエールマン ヨハネスブルグ 2月18日 鹿毛 ※関西入厩予定
デルフィーノ’22 牡 ドゥラメンテ ハーツクライ 2月16日 黒鹿毛 栗東・杉山 晴紀
ナチュラルスタイル’22 牡 ロードカナロア ディープインパクト 3月5日 鹿毛 栗東・牧浦 充徳
パステラリア’22 牡 ロードカナロア エンパイアメーカー 5月12日 鹿毛 美浦・蛯名 正義
パノラマウェイ’22 牡 キタサンブラック ロードカナロア 2月20日 青鹿毛 栗東・奥村  豊
ブリュネット’22 牡 サートゥルナーリア ダイワメジャー 5月3日 栗毛 美浦・斎藤  誠
ブーケドロゼブルー’22 牡 ウインブライト ロージズインメイ 3月8日 芦毛 美浦・和田 勇介
プレミアムギフト’22 牡 ロードカナロア オルフェーヴル 3月25日 鹿毛 栗東・清水 久詞
ベイコート’22 牡 ミッキーアイル ロードカナロア 2月6日 鹿毛 栗東・松下 武士
メイズオブオナー’22 牡 ロードカナロア ハーツクライ 4月9日 鹿毛 栗東・四位 洋文
ラクテウスオルビス’22 牡 サトノアラジン ホワイトマズル 3月12日 鹿毛 栗東・坂口 智康
レディシアトル’22 牡 ダノンバラード エンパイアメーカー 1月31日 鹿毛 美浦・尾形 和幸
レディルージュ’22 牡 ロードカナロア ブライアンズタイム 2月23日 鹿毛 栗東・中村 直也
ワイルドココ’22 牡 ロードカナロア Shirocco 3月18日 鹿毛 栗東・吉岡 辰弥
エンジェルフェイス’22 牝 キズナ キングカメハメハ 2月19日 青鹿毛 栗東・中内田充正
オールフォーラヴ’22 牝 エピファネイア ディープインパクト 3月8日 鹿毛 栗東・中内田充
キャトルフィーユ’22 牝 エピファネイア ディープインパクト 5月15日 鹿毛 栗東・杉山 晴紀
スピニングワイルドキャット’22 牝 ロードカナロア ハードスパン 2月22日 黒鹿毛 栗東・長谷川浩大
ゼスト’22 牝 City of Light Tapit 2月18日 鹿毛 栗東・吉岡 辰弥
パラダイスリッジ’22 牝 サートゥルナーリア ディープインパクト 5月13日 鹿毛 栗東・松下 武士
フライングティパット’22 牝 Authentic Tapit 3月16日 鹿毛 栗東・長谷川浩大
プリメラビスタ’22 牝 ロードカナロア オルフェーヴル 2月28日 鹿毛 栗東・高野 友和
ポプラ’22 牝 スワーヴリチャード Frankel 4月8日 栗毛 栗東・小栗  実
メヌエット’22 牝 ロードカナロア Tapit 5月13日 鹿毛 美浦・久保田貴士
リラコサージュ’22 牝 キタサンブラック ブライアンズタイム 2月23日 青鹿毛 美浦・和田 勇介
ワンダーガドット’22 牝 ロードカナロア Medaglia d’Oro 3月6日 鹿毛 栗東・友道 康夫


その前にキャロット絶賛検討中に募集馬が発表になっており、それに続く発表でした。先週の土曜日に募集馬ツアーも行われており、今年はプレミアム募集がない旨もアナウンスがあったようです個人的にはなくてもいいかな、と思ってたので特に感想はありません。
太字は現時点での注目馬。すでにサマーセール購入馬も入ってきてますし、あとは価格だけでしょうか


さて、久々の勝利からひと月半。すでに次の目標に向けて頑張っています、ストーリアの近況です!

2023.09.12
ストーリアは、滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・キャンター2000m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。9月11日(月)測定の馬体重は516kg。
・当地スタッフ 「9月9日(土)に15-15を交えると、最後までスムーズなフットワークで頂上へ到達しました。小休止を与えていた間にやや緩んだだけに、速いところをこなしながら徐々に馬体を引き締めて行く予定。ここまでは概ねイメージ通りに運んでいます」

2023.09.05
ストーリアは、滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・キャンター2000m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン17~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「ここに来てトレーニング内容をアップデート。調教パターンを変更しても良い意味でテンションが変わらない他、飼い葉もキチンと平らげています。少しずつピッチを上げる方針。杉山調教師のアドバイスを参考に、丁寧に準備を進めるのみです」

2023.08.29
ストーリアは、滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・キャンター2000m(1ハロン17~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「この中間も周回コースのみで淡々と走らせるパターン。厩舎サイドと意見を交わしながらメニューを組んでおり、そろそろ坂路へ連れ出す計画を立てています。目標に掲げられている府中牝馬S(GⅡ)から逆算しつつ、徐々にネジを巻きましょう」

2023.08.22
ストーリアは、滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン18~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「楽をさせた分だけ結構な緩みが生じた印象。その点を取り返しながら丹念に乗っています。今のところはトラックでハロン18秒程度のキャンターを消化する形。もうしばらくはリラックスに重点を置き、具合に応じて坂路も併用するプランニングです」

2023.08.15
ストーリアは、滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・キャンター2000m(1ハロン20~22秒ペース)。
・当地スタッフ 「休ませたことでレースのダメージが払拭された感じ。こちらでの獣医師のチェックでも不安な点が浮かばなかった為、8月14日(月)より騎乗トレーニングに着手しました。ひとまずは周回コースを楽走するメニュー。同様のパターンを続けましょう」

2023.08.08
ストーリアは、滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン60分。8月7日(月)測定の馬体重は512kg。
・当地スタッフ 「8月3日(木)に管理を任されてからも心配事は皆無。『1週間はウォーキングマシンで休ませて欲しい』との杉山調教師の指示に従い、健康運動のみにセーブしています。府中牝馬S(GⅡ)から逆算。しっかりとメンテナンスを施したいです」

2023.08.02
ストーリアは、レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。今後は8月3日(木)に滋賀・グリーンウッドトレーニングへ移動して10月14日(土)東京・府中牝馬S(GⅡ)・国際・牝馬限定・芝1800mへ向けて態勢を整えます。
・杉山調教師 「トレセンへ戻ってからも大丈夫。一通りのチェックを済ませた上で、8月3日(木)にグリーンウッドトレーニングへ移動させる方針です。左回りの芝1800mが現状のベスト。狙い通りに賞金を加算できただけに、府中牝馬S(GⅡ)へ向けてリフレッシュを図ります」

2023.07.31
ストーリアは、7月29日(土)新潟11R・関越S(OP)・国際・芝1800mに菅原明良騎手55kgで出走。18頭立て4番人気で7枠13番から平均ペースの道中を11、11、10番手と進み、4コーナーでは中央を通って0秒1差で優勝。4勝目を飾りました。馬場は良。タイム1分44秒4、上がり33秒1。馬体重は4kg増加の496kgでした。
※優勝記念プレゼント写真(2L版)は約2週間後に出資会員様へ送付いたします。

2023.07.29
ストーリアは、7月29日(土)新潟11R・関越S(OP)・国際・芝1800mに菅原明良騎手55kgで出走。1着でした。
・杉山調教師 「『とても乗り易く、イメージ通りに長く脚を使えた。良いタイミングで声を掛けてもらった』とのジョッキーの言葉。小回りの牝馬重賞で経験を積んだ分も勝利に繋がりました。18番目でゲートインが叶い、賞金を加算できたのは何より。厳しい暑さの中で頑張っただけに、秋へ向けて一息を入れようと思います」


前走後はすぐにGWに放牧に出て、順調に来ています府中牝馬Sまで2か月以上あったため、一度緩めて今立て直してるところです今年の夏は暑かったので(今もまだ)、無理せずじっくりとペースアップ中。恐らく20日過ぎぐらいにトレセンに帰厩することになるでしょうあともうしばらくありますので、暑さには十分気をつけて、無事に戻ってきてくれることを願っています

230729-1928N2.jpg
次は現地観戦をしたいと思います!




[edit]

【ロード】やはり長い直線でこそ 

ストーリアがやってくれました!1年ぶりの勝利はその時と同じ新潟外回りでした
思えば三面川特別に勝ってから、重賞をメインに戦うようになり、左回りは今年の2月に府中で走りましたが、あの時はよくわからない外国人にクソ騎乗をされましたのでノーカンとすると、それ以来の条件となりました

230729storia_1.jpg

スタートは普通に出ましたが、周りが速いということもあり、やはり最近は前に行けないのが癖になってますね

230729storia_2.jpg

あっという間に置かれてしまいました。ただ、今日はペースが速くなりそうな予感がしましたね。戦前は全然思いませんでしたが、あのみんなの行きっぷりを見ると、開幕週ということもあり、そんな予感がしました

230729storia_3.jpg

次にその姿が映し出されたのが30秒過ぎ。この時にはすでに10番手あたりを追走してました。おそらく菅原騎手もペースが速いと踏んで、追っかけずこの位置取りになったのだと思います

230729storia_4.jpg

予感はピタリ。1000m通過は58秒5。開幕週ということもありますが、それでも速いように感じましたので、シメシメと思いました

230729storia_5.jpg

そのまま4角を迎えて、さぁいよいよ直線。周り切った時にはストーリアは良いポジションを確保し、あとは追い出すのみ!残り400の地点で、アドマイヤハダルに食らいついていきます

230729storia_6.jpg

残り200でも、まだアドマイヤの抵抗は続いてましたが、こちらは持続力勝負は持ってこいなので、こうなると負けません!

230729storia_7.jpg

交わしたのはゴール寸前でしたが、着差以上に完勝の印象を受けました。やはりこの馬は、エンジンが掛かるまでに時間を要するので、長い直線向きです

230729storia_8.jpg

菅原騎手も嬉しそうで、控えめにガッツポーズをしてましたありがとう、菅原騎手!

久々の勝利は長い直線を目一杯に使って、きっちり差すというエキサイティングな展開でしたここまで鬱憤の溜まるレースを繰り返してきましたが、牡馬相手でもやれることを証明しましたもしかして牝馬限定戦よりも締まったペースになる混合戦のほうが良いのかもしれません
夏はこのまま放牧に出て、秋に始動ということになると思いますが、おそらく府中牝馬Sからエリザベス女王杯が秋の目標になるでしょうかホントは天皇賞・秋がベストなのかもしれませんが、さすがにそこには向かわないだろうし、直行するには賞金が足りないかな
今回は18番目でゲートインができて運もありましたまずは暑い中走りましたから、しっかり疲れを取って、また無事に戻ってきてもらいたいと思います!




[edit]

【ロード】1年前の競馬を思い出して 

灼熱の1週間が終わりました
今日は家に帰ってきて鏡を見たら、顔が赤くなってましたこれは日焼けではなく、やけどです(笑)
明日から競馬は開催が替わり、東は福島から新潟になりますが、西は中京から小倉になるのですが、2週間は暑熱対策でお休みということで、今週、来週は札幌、新潟の2場開催になります
正直、3歳未勝利が切羽詰まってきている中、ひとつ開催が減るのは厳しいです小倉が始まれば、そちらにも我が厩舎の未勝利馬が出てくると思いますが、小倉は2回使うことが難しくなってきますね
あとひと月、生き残りを懸けた戦いが始まります


さぁ、重賞挑戦の経験が生きるか?今回はOP特別に臨むストーリアの近況です!

2023.07.27
ストーリアは、7月29日(土)新潟11R・関越S(OP)・国際・芝1800mに菅原明良騎手55kgで出走します。7月26日(水)栗東・坂路コースで調教時計を記録しています。発走は15時45分です。

2023.07.26
ストーリアは、7月29日(土)新潟・関越S(OP)・国際・芝1800mに菅原明良騎手55kgで予定しています。同レースはフルゲート18頭。現段階では優先順位18番目、同順位1頭で出走可能です。7月26日(水)栗東・坂路コースで調教時計を記録しています。
・杉山調教師 「先週の追い切りを終えてから良化を辿る印象。それなりの状態で本番を迎えられそうです。心配だったゲートインについては、ギリギリの18番目でも出走枠に潜り込めるのは何より。7月26日(水)は最後だけ少し伸ばし、56秒7、終い11秒9の時計を出しました」
≪調教時計≫
2023 7 26 助 手 栗東坂 良 1回 56.7 40.3 24.3 11.9 末強め追う

2023.07.24
ストーリアは、7月29日(土)新潟・関越S(OP)・国際・芝1800mに特別登録を行っています。

2023.07.20
ストーリアは、7月20日(木)栗東・Cウッドチップコースで調教時計を記録しています。7月29日(土)新潟・関越S(OP)・国際・芝1800mに菅原明良騎手で予定しています。
・杉山調教師 「7月20日(木)は高倉騎手を背にCウッドへ入れ、6ハロンから単走のシチュエーション。本当の馬なりで楽に駆け抜けました。暑さについては特に問題が無く、来週のレースへ向けてスムーズに進行。ただ、最新の情報では、節が足りずに除外対象かも知れません
≪調教時計≫
2023 7 16 助 手 栗東坂 良 1回 63.8 46.8 29.8 14.4 馬ナリ余力
2023 7 20 高 倉 栗東CW 良 82.3 67.0 52.7 37.6 11.9 (8) 馬ナリ余力

2023.07.19
ストーリアは、栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。レース出走へ向けて態勢は段々と整っており、この調子を維持しながら更に調整を進めます。7月20日(木)に追い切りを行い、7月29日(土)新潟・関越S(OP)・国際・芝1800mに菅原明良騎手で予定しています。
※厩舎関係者の談話は7月20日(木)にお伝えします。


古馬になり、体質がしっかりしてきたこともあって、今年は去年以上に順調に使われていますこれで今年5戦目。残念ながら悲願の重賞勝利には手が届いてませんが、歯が立たないわけではない。ここまで来ると運も必要になってきますから、上手くかみ合えば…と思っています
今回は勝ち癖をつけるためということもあると思いますが、得意条件である左回りの大箱に狙いを定めて、昨年末以来の混合戦に登場です前走から中5週ですが、調子はキープできているようですし、650メートルの直線を目一杯生かした競馬をしてもらいたいものです
開幕週の外枠はちょっと気になりますが、今回こそスタートを決めて初騎乗の菅原騎手には好位で脚を溜める競馬をしてもらいたいと思っています!1年前の勝利が理想的ですね

230618-1928A.jpg
戸崎騎手には負けるな!




[edit]

にほんブログ村&人気ブログランキング

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

日本ブログ村

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ