fc2ブログ
テキサスフィズ - The favorites in my life
03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

【シルク】ソフト仕上げで 

昨日で東日本大震災から13年を迎えました今年は年明け初日に能登半島地震が起こり、最近は千葉近郊で群発地震も発生していることから、にわかに地震への意識が高まっているのではないでしょうか?
日ごろから備えはしっかりしておかないといけないと思うようになります。ライフラインが止まらないなら非常食を用意しておけばなんとかなるかもしれませんが、電気がガスが水道が止まってしまうと、ホントに困ってしまうと思います
そうならないことが一番ですが、そうなってしまった時のことを、常に考えるのはしんどいかもしれませんから、折に触れ、意識することがいざという時に役立つはずです。
自分は阪神淡路大震災も経験してますから、今の家を選ぶ時もそういう観点から立地を意識しました。ホントは横浜への憧れがあるのですが、それを考慮して泣く泣く諦めました(笑)


さて、新厩舎に移籍してなんとか立ち直ってほしい、テキサスフィズの近況です!

2024.03.08 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファームしがらき
調教主任「その後も順調に進めることが出来ていましたので、この中間はより負荷を強めて坂路コースで15-15ペースから、終いハロン14秒まで脚を伸ばしています。ここまでじっくり立ち上げていることもあって、心身ともにフレッシュさが窺えますし、この馬にとって良い傾向ですね。この調子で動きの質を高めていければと思っています。馬体重は494kgです」

2024.03.01 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファームしがらき
調教主任「今週は周回コースでの乗り込みに加えて、週2回坂路コースを15-15ペースで登坂しています。こちらで進めている分には調教に対して嫌気が差すこともありませんし、馬の雰囲気は良いですよ。飼い葉をよく食べて高いレベルで状態は維持していますし、今の雰囲気を大事にしながら進めていければと思っています。馬体重は490kgです」

2024.02.23 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファームしがらき
調教主任「この中間も坂路と周回コースでの調教を行っており、順調に進めることが出来ています。時計を出そうと思えば出せる馬ではあるものの、気持ちの面を考えてソフトに乗っており、今後もあまり急かさずに進めていきたいと考えています。馬体重は491kgです」


放牧に出てから、ひと月以上経過してますが、気性的な面を考慮してじっくりとソフトな調整が続いています。とはいえ、3月になってきて、現在は14秒台の時計も出し始めてますから、4月には戻ってきそう
調教だけなら全然問題ないですし、この馬の場合はこれをいかにレースに行って発揮できるかに懸ってますねそこが一番難しいと思いますが、なんとか工夫して復活できるように持っていってほしいこれまで馬具は使ったことあったかな?そういう点も含めて、期待しています!

240210texasfizz.jpg
気分良さそうに走ってます




スポンサーサイト



[edit]

【シルク】復活の道はあるのか? 

昨日に続き、Gallopからのネタをもう1本。
フェブラリーSを11番人気で制したペプチドナイル。個人的に「ペプチド」の冠でいえばペプチドアマゾンが思い浮かびますが、この冠のオーナーは沼川一彦氏。約半世紀の馬主歴にして、初重賞が初G1制覇だったというなかなかドラスティックな今回のレースでした
おそらく今回も人気薄でしたし、重賞を勝ったことのない馬でしたから、オーナーも「期待に胸を昂らせて」ということもなかったと思います。それだけにゴールした瞬間は足の震えが止まらなかったと言います。その気持ちはよくわかりますよね。これだけ長い間、競走馬を持ってきて、初めての重賞。ましてやそれがG1だったわけですから
最近は一口が普及して、ウマ娘の影響もあり、バブルみたいになって誰しも「馬主気分」を味わえるようになりました。勝利はもちろん、重賞やG1を勝つことが当たり前みたいに思う風潮があるように見受けられ、ちょっと勝てなかったりすると、馬や騎手に対する罵詈雑言が飛び交うネットの掲示板には辟易します。
角居元調教師をはじめ、競走馬を引退したサラブレッドのセカンドライフを支える活動も出てきたように、競走馬の大半はG1はひとつも勝てずに引退していくわけです。その中で、ライトな感覚になりがちですが、馬を持つ、ということは手間も時間もお金もかかるということだと改めて感じました。無事に出走すること、ひとつ勝つこと、現役を全うして終えること、このことを忘れずにこれからどれだけ続けられるかわかりませんが、やっていきたいと思います

171120blackbago.jpg
ブラックバゴも引退馬支援に支えられて第二の馬生を歩み始めました!


さて、今回の放牧は長くなりそうな雰囲気、テキサスフィズの近況です!

2024.02.16 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファームしがらき
調教主任「この中間は坂路コースで終いハロン15秒まで脚を伸ばしています。これぐらいなら余裕を持って駆け上がることが出来ていますし、最後まで集中して走ることが出来ています。ここまで嫌気が差すこともないですから、今の雰囲気を維持しながら更なるペースアップに備えていきたいと思います。馬体重は493kgです」

2024.02.09 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファームしがらき
調教主任「この中間は週3回の内の1回は坂路コースを16-16ペースで登坂しています。これぐらいなら最後まで軽快に走ることが出来ていますし、気難しいところは見せていないですよ。次走まで少し間隔を空けるということなので、もう暫くの間は無理をしない程度に進めていきたいと思います。馬体重は489kgです」

2024.02.02 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファームしがらき
調教主任「この中間も同様のメニューで乗り込みを進めています。今のペースなら集中力を欠くこともないですし、前向きに取り組むことが出来ています。飼い葉をよく食べて馬体はふっくらしてきましたし、気持ちにもゆとりがあるので、今の雰囲気を維持しながら進めていきたいと思います。馬体重は484kgです」


前走後、放牧に出てひと月半ほど経過しましたが、まだ戻ってくる気配はありません一部では次は新潟千直を目指すのではないか?と言われていますし、ひょっとしたら春の新潟開催まで待機する予定なのかもしれませんねここまで短距離中距離芝ダートと、いろいろと試行錯誤してきましたが、個人的には馬自身に気持ちの面で走る方向に向いていないのであれば、引退でも良いのかなと思っていますあとは小林調教師がどこまで気持ちをもって接してくださるかに掛かっているような感じです
3歳時はあれだけ良いパフォーマンスをしてくれていましたから、もう一度復活してほしいという思いはありますが、牝馬ですし、その先もありますからね。とりあえず今は放牧から無事に戻ってくるのを待ちたいと思います

240107texasfizz.jpg
確かに気が強そうな目になってる!




[edit]

【シルク】ここからの立て直しは可能か? 

昨日、ここで取り上げたシークレットキーが見事1勝クラスのくすのき賞を勝利し、2勝目を挙げましたどちらも前途洋々。シルクもキャロも「シークレット」系の馬は新馬勝ちをしており、シークレットのつく母は縁起が良いのかもしれません(笑)
シークレットキーは父がドレフォンですからダートが合うのは当然のように思いますが、1400で負けて1700で勝ちました。母が1700で2勝してますから、その影響もあるのかもしれません母系はリアルスティールやラヴズオンリーユーと同じ牝系ですから、バックボーンはしっかりしてますちなみにクラッシファイドの父はリアルスティールですから、特に血のつながりはありませんが、何か感じるものがありますね(笑)クラッシファイドも次走は来週、ゆりかもめ賞を予定してますので、注目したいと思います


さて、転厩して2戦。結果は出ませんでしたが、まだ現役続行してもらえるようで、次はどこに向かおうか?テキサスフィズの近況です!

2024.01.26 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファームしがらき
厩舎長「この中間は周回コースでの乗り込みに加えて、坂路コースを17-17ペースで登坂しています。こちらで進めている分には気持ちが後ろ向きになることはないですし、普段の様子を見ていても雰囲気は悪くありません。レースを見る限り、気持ちが後ろ向きになっている感じなので、その辺りを良い方に導いていけるように調整していきたいと思います。馬体重は478kgです」

2024.01.19 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファームしがらき
調教主任「こちらに移動後は特に気になるところは見られなかったので、トレッドミルでの運動に加えて、周回コースで乗り出しています。こちらでは特に周りに気を遣うようなところはないですし、前向きに調教に取り組むことが出来ています。次は少し間隔を空ける方向で小林真也調教師と打ち合わせていますので、こちらでも調教メニューに変化をつけるなどして良化を図っていきたいと思います。馬体重は475kgです」

2024.01.12 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファームしがらき
12日(金)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。

2024.01.10 WED
近況
在厩場所:栗東トレセン
小林真也調教師「前走は中京競馬場へ到着してから馬が体を震わせていたのですが、今回はそのような仕草は見られませんでしたし、パドックこそチャカついていたものの、メンタル面は良化していました。それに外枠を引くことが出来て、道中も砂を被ることなく良い雰囲気で追走していましたし、4コーナーの感じから一瞬勝てるかもと思ったくらいだったものの、直線へ向いてからは息が持たずに止まってしまいました。角田大和騎手はこの馬の特性を理解して非常に上手くエスコートしてくれましたし、力を出し切ってくれての結果ですから、次は再び条件を変えてみることも検討しています。レース後は走ったなりの疲労に加えて、精神的にイラつきも見られますので、この後はノーザンファームしがらきへ戻して心身共にリフレッシュさせる予定です」

2024.01.10 WED
近況
在厩場所:栗東トレセン
12日(金)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出る予定です。
2024.01.07 SUN
レースレポート
1月7日(日) 京都8R 4歳以上2勝クラス (混) ダート1400m 角田大和(55.0kg) 15着 14人気
角田大和騎手「外枠を引けたことで道中は砂を被ることなく、良いポジションで運ぶことが出来ました。ただ、ペース自体はそれほど速く無かったものの、抱えるところが無くて追い通しでしたね。距離はこれくらいかもっと短い方が良さそうなのですが、馬がなかなか進んで行こうとしませんでしたし、レースに対する気持ちが入っていないようですから、そこが解消されないと同じような競馬になってしまうでしょう」


やはり気持ちの面が大きくて、もうレースと牧場での態度が違いますから、馬もわかってるのかもしれませんこれを矯正できるのかわかりませんが、中村師はまだあきらめていないようで、次は条件を変えるとおっしゃってるので、2か月ぐらいはしがらきにいると思いますが、次の一手を待ちたいと思いますしばらくはリラックスして、リフレッシュしてもらいたいところですね

240107texasfizz.jpg
心なしか気が強い顔になってるような…




[edit]

【シルク】今年の初陣は進退懸かる一戦 

今日から今年の中央競馬が始まりましたが、いきなり東西金杯的中!例年になく、幸先良いスタートが切れました

Screenshot_20240106_193827.jpg
Screenshot_20240106_193427.jpg

どちらも馬連とワイドを買って、同じような払い戻しでしたたいした金額買ってませんからアレですが、まずは今年最初の重賞を的中させたことに満足しています実は昨年末、12/28の中山の最終レースを的中しており、これで購入機会3連勝(笑)今年は今のところ、的中率100%(笑)一口もこの調子で行けばいいのですが…今年も無理せず、マイペースで馬券とは付き合っていきたいと思います


さて、昨年最終の出走から今年最初の出走もこの馬になりました、テキサスフィズの近況です!

2024.01.04 THU
近況
在厩場所:栗東トレセン
小林真也調教師「想定を見て番組を検討した結果、1月7日の京都・D1,400mに角田大和騎手で出馬投票させていただきました。除外の可能性があったことから、追い切りは4日に坂路コースで行いましたが、全体が57.1秒でラスト1ハロン14.0秒のタイムを馬なりでマークしています。時計は目立たないものの、いつでも使えるように普段から時間を掛けて乗るようにしていましたし、一度使ったことによって動きに素軽さが出てきました。ただ、ウッドチップを被せると少し嫌がっていたようですし、レースではそれ以上にキックバックを受けることも考えられますから、ストレスが掛からないように何かしら馬具は着けた方が良さそうです。前回はブリンカーを着けさせていただきましたが、あまり効果は感じられなかったので、今回はメンコとシャドーロールを着用するつもりです。それに、明日か明後日の調教でホライゾネットを着けてみて、効果がありそうならレースでも着用することも考えています。調教では抜群の動きを見せてくれるだけに、何かきっかけがあれば一変してくれると思っていますので、良い走りを期待したいところです

2024.01.04 THU
出走情報
1月7日(日) 京都8R 4歳以上2勝クラス (混) ダート1400m 16頭 角田大和(55.0kg) 発走13:50

2024.01.04 THU
大久保 栗東坂稍 57.1 - 41.8 - 27.6 - 14.0 馬ナリ

2023.12.20 WED
近況
在厩場所:栗東トレセン
小林真也調教師「私は阪神競馬場に臨場していたことから、直接馬の様子を見ることは出来なかったものの、担当者から、『中京競馬場に到着後は少し臆病なところを見せていましたが、それ以外に気になるところはありませんでした』と報告を受けていました。外枠に入ったことですし、ジョッキーには出たなりの位置でリズムよく進めて欲しいと伝えていたものの、五分にゲートを出た割には流れに乗り切れず、追走に余裕がなかったですね。ジョッキーの話によると、『追い切りの時と違って走る方に気持ちが向いていなかった』とのことでしたから、芝のスピードに対応できない部分と、前と離れてしまったことによって気持ちが切れてしまったのかもしれません。競馬に対して気持ちが後ろ向きになっている部分があるので、そこを解消しないことには良い結果へ繋がらないでしょうし、条件を見直すのは勿論のことですが、転厩後は手探りなところに加えて、精神面を考慮してソフトに仕上げたこともあるので、次は調教でも変化をつけるなどして、前向きさを引き出したいと思います。レース後は脚元含めて気になるところは見られないので、このまま在厩させて次走に向けて進めていきます


転厩後初戦でしたが、前走もやる気を失って…という点は変わらずシンガリ負けを喫してしまいましたですが、小林調教師はこれに懲りず、続戦してくれることになりました今回は中2週ということ、除外の可能性もあったということから、中間の時計は軽め1本だけですが、ふだんからじっくり乗り込んでいるとのことで、一度叩いたこともあり、調子は上向いている模様。
ただ、この馬は調教が結びつかないのが難しいところ前走時に着用したブリンカーは効果が薄かったとのことで、今回はシャドーロールとメンコの着けるようです。加えて、ホライゾネットも試してみるとのことで、明日は着けている可能性はありますね。個人的にはホライゾネットが一番良いのではないかと思っていたので歓迎です
とにもかくにも、距離延長になりましたがダートなので、馬具効果も期待して、最後まで集中して走ってくれれば、と思います。正直、今回の結果如何では進退に関する話が出てくると思いますので、祈るような気持ちで見守りたいと思います!

231217texasfizz.jpg
果たして明日、「ザ・フライ」みたいな姿で登場するか?(笑)




[edit]

【シルク】今年最後の出走 

いやぁ、昨日は暖かかった!いや、暑かったですね気温が上がるとは聞いていたので、昼過ぎにスウェットにウインドブレーカーを羽織って出たら、しばらく歩くと「暑っ!」と思いました戻って着替えるのも面倒だったので、そのまま出かけましたが、歩けば歩くほど脱ぎたくなりました(笑)全然風もなかったですしね。その後、夜は外食をして帰ってきましたが、昼より多少風は出てきたものの、依然として気温は高めのようで、そのカッコでちょうどいい感じでした
金曜は結構寒かったと思いますし、今日はまた14℃、明日は11℃、火曜は9℃ということで、「ナメとんか、ワレ!」という感じ(笑)毎週この繰り返しのような気が…どうせ今後寒くなっていくのなら、暖かくならないでほしいですもう来週は冬至だし、2か月ぐらい我慢するから寒くいてくれ…と思っています(笑)


さぁ、というわけで(笑)、この馬が今年最後の出走になります…。一番不運だったこの馬、テキサスフィズの近況です!

2023.12.14 THU
出走情報
12月17日(日) 中京10R 桑名特別 (混) 芝1200m 16頭 角田大和(52.0kg) 発走14:40

2023.12.13 WED
近況
在厩場所:栗東トレセン
小林真也調教師「13日に坂路コースで追い切りを行いました。レースに騎乗予定の角田大和騎手に騎乗してもらい、負荷を掛け過ぎずに54秒ぐらいで上がってくるように指示を出していましたが、全体が52.7秒で、ラスト1ハロン12.0秒のタイムをマークしました。想定より時計が速くなってしまいましたが、スタンドから見ている限り、ガムシャラに走っていたわけではないですし、ジョッキーも宥める感じではありませんでした。ジョッキーは『体感的には想定通りの時計だと思っていましたが、まさか52秒台で上がっているとは思いませんでした。ムキになって走っていたわけではないですし、馬のリズムに合わせての結果ですから、それだけ調子が良いのだと思います。また、併走馬が横にいても気にせず走っていましたし、精神的な不安は一切感じなかったです。調教の動きから、もっとやれて良い馬だと思いますので、良いところを引き出せるように頑張りたいと思います』とのことでした。これまでの経緯を聞いて、慎重に立ち上げてきましたが、調教では気難しいところは見せていないですし、良い状態でレースに向かえそうです。これまでと一新して芝を試させていただきますが、これが良いきっかけになってくれることを期待しています」

2023.12.13 WED
角田和 栗東坂良 52.7 - 38.3 - 24.3 - 12.0 馬ナリ
サザーランド(古馬1勝)馬ナリに0.2秒先行0.1秒遅れ


この馬にとってはかわいそうな1年でしたが、最後に救いの神が現れて、出資者の総意と言っていい転厩の願いが叶いましたさっそく入厩して、レースを迎えることになりましたが、デビュー戦以来の芝を使うことになりました出資者的にはもう少し距離が長くても良いという希望はあるものの、一歩前進ということで、ひとまず様子を見てみたいと思います。
追い切りも想定より速くなってしまうほど、調子が良いようですし、枠順も大外になりましたが、スタートを決めるには好枠に入ったと思いますし、ブリンカーも着用するので集中力を持続して最後まで走りきって、元の厩舎を見返してもらいたいと思います

231021texasfizz.jpg
この○サいメンコともお別れだ!




[edit]

にほんブログ村&人気ブログランキング

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

日本ブログ村

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ