FC2ブログ
フォルトゥナータ - The favorites in my life
03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

【キャロット】競走馬はアスリート 

シルクの募集馬情報も公開されましたが、去年はちょっと捻ったVSレビューをやりました今年もやるならそのパターンで行こうかと思いますが、見たい方はいらっしゃいますかね?一次募集の時は多いのでやりませんが、追加ならということで去年やってみました。今年はキャロットもあるのでどうしようかな?と思うこの頃見たいと思う方は拍手でお知らせください検討します

さて、無念の出走回避から天栄では順調に回復してるでしょうか?フォルトゥナータの近況です!

21/4/13 NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「スクミの症状を見せることはないものの硬さは見られますので、獣医師に診てもらったところ、首、肩、膝に反応が出ているので、腕を中心にしっかりとケアするようにと指示を受けました。そのことを踏まえながら接しつつ調教のほうは緩めずに行っていますので、何とかいい状態でまた送り出せるようにしていければと考えています。馬体重は441キロです」(天栄担当者)

21/4/6 NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15~16秒のキャンター調整を取り入れています。「先週の後半あたりから無理のないように乗り出しました。硬さはあるけれどもスクミの症状が再発することないので、経過はいいのかな…と思えます。まだ軽めの部類の調教ですから、これから少しずつ上げていってどうかをよく確認しておきます」(天栄担当者)

21/3/30 NF天栄
軽めの調整を行っています。「残念ながら競馬まで行けずに帰ってくることになりました。ルメールジョッキーを確保できていたということでなおさら楽しみにしていただけにショックは大きいですが、無理を強いてガクッと来てしまうと未勝利期限が迫ってきて焦ることにもなりかねなかったでしょうから、切り替えたこと自体は英断だと思いますし、我々も気持ちを切り替えるほかないと思っています。帰ってきてからの様子を見ていると、心身ともにちょっとしんどそうで、首周りを中心に皮膚病がドッと出ている状態です。今週中から軽く乗っていけるかなとは思っていますが、あくまでも馬の様子をもとに柔軟に判断していくつもりです」(天栄担当者)


やはり回避するだけあって、天栄に戻った直後はかなり疲れていたようですただ、そこから2週間経ってだいぶ回復してきたようです。時計は出しています。
ただ、まだまだ各パーツに反応が出ているとのことで、入念なケアは欠かせませんそれを施しながら、調教で負荷もかけていかないといけませんから、天栄のスタッフさんのさじ加減が重要になってくるでしょうつくづく競走馬はギリギリのところで頑張るアスリートだなぁと思いますあと、ひと月ぐらいで目途が立ってくれば良いかなと思っています

210223fortunata.jpg
次は府中の1400で見てみたいですね



スポンサーサイト



[edit]

【キャロット】鞍上で舞い上がらせて落とされる 

前回の記事で、鞍上が気になっていたフォルトゥナータの近況です!

21/3/27 NF天栄
26日にNF天栄へ放牧に出ました。

21/3/25 小西厩舎
25日は軽めの調整を行いました。「昨日の調教を無事に終えられたかなと思っていましたが、その後にまたスクミを見せました。これまでは動かしていけば解消して翌日まで持ち越すことはあまりなかったものの、今回は今朝まで残っています。ある程度のところまでは良くなるものの、不安のない状態というところまでには至っていないのが正直なところです。先週見せた症状が少し強めで、そのときの影響がまだ残っているのではないかと思われます。この状態なので、無理して使ってさらにダメージを蓄積させると回復するのに長引いてしまいかねません。勝てればもちろんそれでいいのですが、不安のほうが大きい状態であることから、大変申し訳ありませんが今回は見送り、立て直しを図ることにしました」(小西師)追い切り後の状態を鑑みて、28日の中山競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1200m)への出走は見送り、様子を見たうえで一度NF天栄へ放牧に出る予定です。

21/3/24 小西厩舎
24日は美浦坂路で追い切りました(54秒7-39秒8-26秒4-13秒6)。「スクミ等に気をつけながらじっくりと動かしつつ調整を進めています。大きく変わることなくここまで来ることはできているので、今週末の競馬に備えて今朝坂路で追い切りを行いました。最近は調教後にコズミの症状を見せることもあるので、当該週は特にハードになりすぎないようにと配慮してじわっと動かすものに終始しました。時計的に見てもそうですが、無理のないものだったので馬は楽に走れていましたし、印象は悪くありません。カイバ食いに関しては前走よりも良くなっているのではないかなと思え、精神的にも悪くないのではないかと感じていますから、あとは肉体的なケアをよりしっかりと行ったうえで競馬に備えていきます。新馬同士だった前回と違って今回は多くの馬が既走馬でしょうから同じようにはいかないかもしれませんけれど、無事ルメールジョッキーに乗ってもらえることになりましたし、良い走りをして、結果を残すことができればと思っています」(小西師)28日の中山競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1200m)にルメール騎手で出走を予定しています。

21/3/24(水)
助手 美南坂・稍 54.7 - 39.8 - 26.4 - 13.6 馬ナリ余力

21/3/17 小西厩舎
17日は美浦坂路で追い切りました(55秒8-40秒7-26秒6-13秒1)。「基本的には追い切りは週に1回にして、他の日はじっくりと動かすようにしていますが、概ね問題なく来ているものの時々スクミの症状を見せますね…。もちろん動けないほどの重度のものではないので、今後も気をつけながらじわりじわりと動かして状態を上げていけるようにしたいと考えています。今週の追い切りは今朝行いまして、半マイルで56秒を少し切るくらいのものです。動き、体調はいいので、何とか少しでもいい状態で来週の競馬へ向かえればと思っています。あと、来週だと前回乗ってくれた戸崎ジョッキーがドバイ遠征のため乗れません。ただし、中京でG1がある日ですがルメールジョッキーが中山に来るということなので、彼にオファーを出しています」(小西師)28日の中山競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1200m)に出走を予定しています。

21/3/17(水)
丸山 美南坂・良 55.8 - 40.7 - 26.6 - 13.1
ハイエストエンド(古馬1勝)馬ナリに1.0秒先行同入 馬ナリ余力


調教に跨ってくれている騎手になったらどうしよう?…と気をもんでいたところ、17日の更新で高松宮記念当日にもかかわらず、ルメール騎手が中山にいるということで、ベターではなく、ベストなチョイスをしてくれた!と喜んで、翌週のレースを楽しみに待っていました…そして、木曜の夕方になって、確定した出馬表を確認したら、「28日の中山1Rに名前がない!?」「ん、3Rにスライドか?」と思って見てもない…
これは嫌な予感しかしないと思い、キャロのHPを覗いたところ、幸い故障発生ではありませんでしたが、スクミの症状が戻り切らず、この状態で使ってさらにひどくなって長引いてはいけない、との判断で出馬投票をパスしました
ルメール確保ですごく楽しみでしたが、これは小西師の賢明な判断だったと思います難しいところですよねでも、この決断が後々きっと良い方に転がるだろうと思っていますし、もっと掛かると思っていた僕からすれば、1月にデビューで2着に入れただけでも良かったし、次は暖かくなる時期なので、もう少し成長して戻ってきてもらいたいところです

210223fortunata.jpg
まさに天国から地獄へ…といった感じでしたが、これが吉と出ますように



[edit]

【キャロット】鞍上問題勃発 

思っていたよりも早く戻ってきてくれました!フォルトゥナータの近況です!

21/3/10 小西厩舎
10日は美浦坂路で追い切りました(54秒0-39秒8-26秒1-13秒0)。「先週帰ってきて少しずつ動かしながらコンディションを確かめていますが、いい意味で変わりないですね。頼りなさという点ではまだ残りますし、ガラッと変わったわけではありませんけれど、問題なく進めていけると判断して今日から時計を出し始めることにしました。最初の追い切りでしたけれども問題なく、スムーズに走ることができていましたよ。気負ってスクんだりすることもあり得るでしょうし、気をつけながら少しずつ進めていきます。今の感じから最短で再来週には態勢が整うのではないかと思いますが、もう少しやってみて判断したいと思っています」(小西師)

21/3/10(水)
丸山 美南坂・良 54.0 - 39.8 - 26.1 - 13.0
ローブデソワレ(三未勝)馬ナリを0.5秒追走同入 馬ナリ余力

21/3/4 小西厩舎
4日に美浦トレセンへ帰厩しました。「前走後はいくらか疲れが見られたこともありますし、無理をせず放牧に出し現地で調整をしてもらっていました。できれば前走と同じ舞台で2戦目を考えられればと思っていて、あと開催くらいであれば向かえそうということで、このタイミングで連れてくることにしました。脚元であったり、あと皮膚病が出やすかったりと体質面でも弱さが垣間見られる馬ですから、慎重に対応していければと思っています。まずは明日から乗っていき、大丈夫そうであれば週末もしくは来週から時計を出していくつもりです」(小西師)

21/3/2 NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン13~15秒のキャンター調整を取り入れています。「疲れの見られた箇所にしっかりとケアを施しつつ、調教のほうは変わらずに行っています。小西調教師と相談した結果、早ければ今週の移動も考えるということでしたので、体調をしっかりと整えて無事に送り出すことができればと考えています」(天栄担当者)


動機のヴァンデスプワールが故障により戦線離脱したので、この馬はどうか?ハラハラしてたのですが、こちらの想定よりも早く戻ってきてくれてホッとしましたまぁ、それでもまだまだ頼りなさは抱えているものの、4日に帰厩し、慎重に進めながら10日初時計を出しました1本目としては悪くなく、このまま行けば3月最終の27、28日に復帰できそうとのことで、ここを目標に仕上げていくことになると思います
ここでひとつ懸念が…前走乗ってくれた戸崎騎手はこの時、ドバイ遠征に行くと思うので、必然的に乗り替わりになると思いますが、またしても調教をつけているのが丸山騎手なんですよねぇ…こちらの杞憂で調教だけならいいのですが、レースも乗ってもらうとなると、せっかく前走のいいイメージが台無しになりそうで怖いです…
仕上がるのであれば、戸崎騎手が乗れそうな来週復帰してくれたほうが嬉しいのですが、ダート短距離は出走ラッシュが落ち着いてきたものの、未だに除外の可能性がありますので、仕上がりとの兼ね合いで出馬投票も難しいところです
おそらく今度の更新で追い切りを見た感じで、いつになるかは決まりそうなので、ドキドキしながら待ちたいと思います

210223fortunata.jpg
元所属の田辺騎手も今日落馬して乗れなさそうだし…



[edit]

【キャロット】鞍上より馬優先 

次走も中山になりそう、天栄で英気を養っているフォルトゥナータの近況です!

21/2/23  NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「調教自体は問題なく行えていますが、この中間に北海道の獣医師に診てもらったところ、右トモを中心にケアを施しておくようにと指示を受けました。できれば次開催あたりの出走を目指して来週から再来週くらいにはトレセンへ戻せればと思っているので、この後しっかりとケアして少しでもいい状態で送り出せるようにしていきます」(天栄担当者)

21/2/16  NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「体調面、そして脚元と状態の変動に細心の注意を払いながら調整を行っていますが、今のところ大きな変化は見られず、順調に調整できています。小西調教師が状態を確認された際に、3回中山開催での出走を目指していければというお話をさせていただきましたので、この後も焦らずじっくり動かして態勢を整えていきます」(天栄担当者)


小西師は関東の調教師の中では、帰厩に先立ち目標を明確にしてくれるのがいいですね3回中山ですから、3月終わりか4月の頭ぐらいになるでしょうか?それに合わせて来週か再来週に帰厩ということで、意外と早くて嬉しい誤算です牝馬限定のダ1200は毎週のようにありますから、馬の状態に合わせて出走してくれたらと思います
このままトントン拍子に順調に進めることができたなら、フラワーカップのある3/20なら戸崎Jが再び乗ってくれる可能性もあるかなと思いますが、それはかなり順調に行った場合ですね捕らぬ狸のなんとやらはしないほうがいいですね(笑)
まずは、無事に戻ってきてもらいたいと思います

210223fortunata.jpg
これまた可愛らしい、つぶらな瞳!



[edit]

【キャロット】負けはしたものの及第点 

想像以上のパフォーマンスでデビュー戦を乗り切ってくれました、フォルトゥナータの近況です!

21/2/9 NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「動かし出してもガクッと来るようなことはなく、体に大きな傷みはなさそうですが、気になることを強いて挙げれば脚元です。スッキリと見せるタイプではなく、今も球節周りは少し浮腫みやすいので慎重に対応していかなければいけないと考えています。おそらくふた開催ある中山開催時期の出走は可能になると思いますが、慌てずに進めていきます」(天栄担当者)

21/2/2 NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。「先週帰ってきて数日は軽めで様子を見ていましたが、概ね問題はなさそうでしたので早速乗り出しています。今朝は軽く坂路にも入ることができているので、この後ガクッと来るようなことがなければこのままコンスタントに乗っていきたいですね」(天栄担当者)

21/1/28 NF天栄
28日にNF天栄へ放牧に出ました。
21/1/27 小西厩舎
27日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は悔しい結果でしたけど、前を向いていければと考えています。一度競馬を使ったことでストレスからイライラ度合いが増さなければとは思っていますが、ここまでのところわりと落ち着いているように見えます。普段は大人しいほうなので、馬場入りし出したりするとどうかなと思うところはありますが、このまま安定してくれるといいですね。体質面や精神面を考えると続戦が得策とは言えないかなと感じましたので、牧場とも相談して、いったん放牧に出すことにしました。リフレッシュを図ってもらってから次走を考えていきますが、いいイメージを持てた中山の舞台を第一候補にし、現地での体調や調整の進み具合で目標を定めていければと考えています」(小西師)

21/1/23 小西厩舎
23日の中山競馬では押して中団外のポジションにつける。促しながら追走して勝負どころから直線へ向くと良く伸びたが、さらに外をのびてきた勝ち馬にわずかに屈して2着。「勝ったかなと思いましたけれどね…。悔しいです。それでもメドは立てられたのかなと思いますし、今後が楽しみになりました。走らせるとなるとどうしても気持ちがカリカリしてしまうところがあるので初めての環境である競馬場へ連れていってどういう変化を見せるか用心して見ていたのですが、やはり最初はイライラした感じがあったんです。ただ、時間の経過とともに少しずつ順応してくれ、パドックもわりと落ち着いて歩くことができていました。ジョッキーも同様に思ったようで、レースへ行けばしっかりと走ってくれたと言っていました。体は増えこそしなかったものの減りもせずに調整できましたし、馬に合わせてじっくりやってあげられればいいという点も収穫になりましたね。夏場に比べればいいものの、腰など体には弱さがありますし、脚元もパンとしているわけではありません。気持ちの面だけでなく体の面でも成長を図れればもっと走れるようになるはずなので、焦らず接していきます」(小西師)気負いやすいことからスクミの症状を出しがちな馬ですが、慌てさせずにじっくりと調整してきたことで除外で2週予定が延びた中でも悪くない形でレースへ向かうことができました。スタートはそこまで速くはなく、不慣れなこともあって終始鞍上に促される必要はありましたが、それでいて最後まで勢いが衰えることなく走ることができていました。最後は勝ち馬にとって格好の目標となってしまったこともあり遅れを取ってしまいましたが、それでもよく頑張ってくれましたし、悔しい敗戦ではありましたけれど今後が楽しみになるとも思える初戦だったのではないでしょうか。肝心なのはこの後になるかと思います。一度競馬を覚えたことでより気持ち面で苦しくなる可能性もありますから、この後については慎重に判断していければと考えています。


調教をつけてくれていた丸山騎手が残念ながら(?)騎乗停止になってしまい、戸崎騎手になった時点で運が向いていたのかもしれませんヴァンデスプワール同様、‟泣き”の入ったデビュー前のコメントでしたが、それをいい意味で裏切ってくれました
スタートこそダッシュがつかなかったものの、二の脚で中団につけ、道中はスムーズに外に持ち出すことができたおかげでいい感じで、スーっと4角上がっていけましたしかし、誤算だったのはその直後。直線を向いてすぐ、マークしてきた11番が体をぶつけてきたせいで、一瞬バランスを崩し、トモが横に流れるような状態に「あっ!」と思ったものの、気持ちは切れておらず、体勢を立て直して伸びてきます。しかし結局、先ほどぶつけてきた11番に差し切られてアタマ差2着負けた直後は悔しかったですが、臨戦過程を考えれば十分及第点を与えられます牡馬相手でしたしね
優先権を獲ったものの、現時点では続戦をするのは厳しいというのは誰の目にも明らかそれでも小西先生は何日か様子を見てくれました。次戦は中山と明言されましたので、順調に行けば来月か再来月の復帰を目指すことになると思いますただ、やはり浮腫みやすいタイプですので、しっかり天栄でケアをしてもらいながら、備えてもらいたいと思います

210123fortunata.jpg
ダ1200ならレースは多いし、仕上がりと相手関係を見てじっくり行きましょう



[edit]

にほんブログ村&人気ブログランキング

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

日本ブログ村

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ