~馬と日常と音楽と~
シルク | ブラックバゴ | ブライトエンブレム | タイムレスメロディ | カラル | インヘリットデール | インハーフェイバー | ダイアトニック | キープシークレット | モノドラマ | ショアー16 | バラダセール16 | ラッドルチェンド16 | ラフアップ16 | 一口馬主 | POG | 音楽 | ピー助 | ローブデソワ | 東サラ | レッドラウディー | レッドオーディン | 日常 | コンフェッシオン | 競馬 | ディライトクライ | 未分類 | レッドスピリッツ | レッドレジーナ | レッドアーヴェ | 雑感 | 競馬&音楽 | レッドフィアレス | 
一口馬主DB
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FCブログランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
60位
アクセスランキングを見る>>
日本ブログ村
The favorites in my life
≪2017.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.12≫
にほんブログ村&人気ブログランキング
↓↓よろしければクリックお願いします にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 競馬ブログへ
プロフィール

レプティリア

Author:レプティリア
いつもご訪問ありがとうございます。東京サラブレッドクラブで一口馬主になったことをきっかけにブログを始めました!
現在はシルクホースクラブの会員でもあります。

コメント及び画像は、東京サラブレッドクラブの許可を得て掲載しています。

さらに2013年4月よりシルクホースクラブ会員になりました!お仲間の皆様、よろしくお願いします!コメント及び画像は、シルクホースクラブの許可を得て掲載しています。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
出資馬 シルク

【引退馬】


【東サラ】

レッドフィアレス 牡

レッドレジーナ 牝

レッドスピリッツ 牝

レッドオーディン 牡

レッドアーヴェ 牝

レッドラウディー 牡


【シルク】

コンフェッシオン 牝

ローブデソワ 牝

ディライトクライ 牡

インハーフェイバー 牝

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
「POG 」 の記事一覧
2017.10.16 Mon
【POG】シルクの進撃を阻む、あの大オーナー
昨日の記事で「シルクの快進撃が続いているものの、なぜか関西馬はあまり勝てていない」と書きましたが、例に挙げたレーヴドリーヴピボットポイントは同じオーナーの馬に負けました。その名は金子真人HD。そして、その勝ち馬2頭は僕がPOGで指名している馬です(笑)

【オハナ】ディープインパクト×ハウオリ(キングカメハメハ) 牝 美・堀


まず、レーヴドリーヴに勝った馬はオハナですハワイ語で「家族」を意味する名前は兄キロハナ、姉ハナレイムーンに続く、ハワイ系ワード。金子さんらしいネーミングですこの兄弟には血統・配合に惚れており、全きょうだいPOG指名していますハナレイムーンも小柄でしたが、この馬も412キロしかない小さい馬です。ですので、昨日のような道悪では厳しいかと思いましたが、好スタートから道中は行きたい馬を行かせて、折り合いに専念。直線満を持して追い出されると、1番人気のレーヴドリーヴを上手く内に閉じ込めて、楽に前を行く2着馬をゴール寸前測ったかのように差し切ってゴール。なんとも大人びた競馬でした。これが血の成せる業だと思いました

【フォックスクリーク】ディープインパクト×クロウキャニオン(フレンチデピュティ) 牡 栗・中内田


一方、京都の新馬戦でピボットポイントに勝ったのはフォックスクリーク言わずと知れた、ボレアス、マウントシャスタ、カミノタサハラ、ベルキャニオン等を兄にもつ良血の一族ですこちらもすごく好きな血統で、兄のクリアザトラックなどは指名しておりました。オハナのおばあさんはノースフライトですが、こちらのおばあさんはクロカミというカーリアン産駒のマル外です。余談ですが、僕が競馬を初めて間もないころ、このクロカミが府中牝馬Sを制したのですが、翌日のGallopに出たカラーグラビアの見出しが未だに忘れられません。「クロカミ、伸び放題」(笑)当時、『リング』を読んでいたころだったので、貞子を思い出して仕方なかったです(笑)
さて、昨日のレースですが、こちらも大人びたレースぶりで安心して見ていられましたね大外枠にもかかわらず、スタートから好位につけ、直線向くまで、ずっとその位置をキープ。そして直線を向くと、追い出して外からくる2着馬に迫られるんですが、来れば来る分だけ伸びる感じで、交わされる気はしませんでした。いわゆる「おいでおいで」。なにがすごいって、最近の新馬戦ではなかなか見られない前半61秒7というラップ。これを良馬場ではなく、やや重で計時したから通常であれば、終い苦しくなるはず。それが2着馬をおいでおいでする、この馬の走りに驚いてしまいました
兄たちは重賞戦線で頑張るものの、G1ではあと一歩足りませんでしたが、この馬はその上を行きそうな予感がします

シルクの2騎はこの両馬に負けてしまったわけですが、この2頭なら相手が悪かった、と納得してもらえるのではないかと思いますこれを糧に次、また頑張ってもらいたいですね


スポンサーサイト

POG    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2017.05.01 Mon
【POG】トーセン復活!?
POG本を見てふと思ったことです
今年の2歳馬から島川隆哉オーナーの所有馬に「トーセン」が復活してません?
せっかく最近は冠がなく、しかも結構シャレた名前が多かったので、「おっいいじゃん」と思ってただけに残念です
もうネタが尽きたんでしょうか?

競馬王POG本2017-18
やっぱNFの中尾さんは面白いですね

POG    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2017.04.24 Mon
【POG2017-2018】POG本続々、今週がピーク
いよいよPOG2016-2017シーズンも桜花賞、皐月賞を終え、佳境を迎えてますが、GWを前にして次シーズンのPOG本が今週発売のピークを迎えます下記の通り、発売順にまとめてみましたが、25日から28日に掛けて怒涛の発売ラッシュです

『丹下日出夫と鈴木淑子 POGの王道2017-2018年度板』(双葉社)…4/25発売(通称:黄本)1728円
『馬トクPOG』(報知新聞社)…4/26発売(通称:緑本)1500円
『競馬王のPOG本2017-2018』(ガイドワークス)…4/27発売(通称:茶本)1728円
『2017~2018年 最強のPOG青本』(ベストセラーズ)…4/27発売(通称:青本)1680円
『丸ごとPOG2017-2018』(サンケイスポーツ)…4/27発売(通称:?)1650円
『POGの達人 完全攻略ガイド2017~2018年版』(光文社)…4/28発売(通称:赤本)1650円

以上、6種類が連日発売になります今年新たに「現場発!POGブログ」でおなじみの報知新聞社がPOG本に参入してきました!ヤマタケ氏や牧野氏による対談など、他社とは違う本に仕上がってる可能性もあり、早く見てみたいところです
しかし、さすがにこれだけ出ると全部買うわけにも行かず、立ち読みでだいたい済ますと思いますが、そんな中、僕が発売以来、毎年買い続けてるのは『競馬王のPOG本』ですこちらは栗山求氏の種牡馬別オススメ産駒が紹介されているのが個人的にはツボですね
去年まではGW後半に出てたものが多かったですが、今年は早いので、GWはPOG本でじっくり指名馬を吟味したいと思います

170401keepsecret.jpg
今年は我が愛馬で掲載の期待ができるのはこの馬かな?

POG    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2016.06.05 Sun
【初参戦のPOG】指名馬理由
最近僕がよくチェックするブログの管理者でありますdskさん主催のPOGに参加することになりました!
ルールはひとり10頭持ち以外の縛りはありません。一応便宜上、1~10までナンバーは振ってありますが、ドラフト制のPOGではありませんので、特にそこに深い意味はないですでは行ってみよう!

1.カラル(父ルーラーシップ×母ナスカ)牡 栗・佐々木
【指名理由】1~3までは、簡単です。出資馬だからです。特にカラルは配合が素晴らしいと思いますので、期待は大きいです。不安点としては、遅生まれなことでしたが、募集時420キロだったのが今では506キロとGW明けに移動の話が出るぐらい(結局秋移動になりましたが)順調に成長してくれましたダイナカール≒アンデスレディー3×2のニアリークロスがどう出るか楽しみです

2.インヘリットデール(父ルーラーシップ×フサイチエアデール)牝 栗・高野
【指名理由】こちらも出資馬だからです。おそらく1よりも世間的な知名度は高いでしょうね母はフサイチエアデールで、すでにG1馬を輩出してますからねただ、母も高齢になりましたが、デキは良さそうです。もしかしたら母の最高傑作になるかも?という期待を抱いていますこれはカラルより早くからマークしていて、抽選になったものの無事に突破した時はすごく嬉しかったですね

3.インハーフェイバー(父ワークフォース×母シーズインクルーデッド)牝 栗・須貝
【指名理由】これも出資馬です。1と2は先行募集で抽選で出資確定した馬ですが、この馬は様子見をして2月ぐらいに出資しました。一番大きな理由は須貝厩舎だからかもしれません(笑)。ワークフォースは2年目で去年の傾向を見てると、牝馬のほうが走ってるので、お手頃だったし行きました。この馬がワークフォースの代表産駒となるような活躍してくれることを願ってます

4.ハナレイムーン(父ディープインパクト×ハウオリ)牝 美・堀
【指名理由】ここからが本番でしょうか(笑)。僕は元々母系にトニービンが入ってる馬が好きで、かつディープ×キンカメはデニムアンドルビーなどで有名なニックスなので、一昨年全兄のキロハナも指名してました。キロハナがデビューから連勝してくれた時はニンマリしましたが、その後故障でガッカリ。この馬も堀厩舎ということで、遅めの可能性はありますが、そのポテンシャルに賭けて。あとはdskさんのブログが背中を押してくれました(笑)。

5.クリアザトラック(父ディープインパクト×クロウキャニオン)牡 栗・角居
【指名理由】この馬はずっと長男のキラウェアを除いて、ずっとディープを付けられてます。そしてそのすべてが重賞級。ここ2年は牝馬が続いてましたが、今年は待望の牡馬。この血統は牡馬のほうが走る配合をしてると思います。そして、なんといってもダービー4頭出しでもわかるように、金子真人オーナーの馬力(うまりょく)はハンパなく(上の4も同様)、さらに初めての角居厩舎、これも見逃せないポイントですG1級であってほしい

6.マイティドリーム(父ディープインパクト×ラグジャリー)牡 栗・梅田
【指名理由】社台G以外の生産馬でディープ産駒を探したいと思い、目に留まった1頭ですショウナンマイティの半弟ですので、母はそれなりに有名だと思いますが、今年は初めてのディープ産駒。そうすると、ディープ×Storm Catとなり、一層眩く見えるはずここで肝心なのは、この配合の牡馬は母母の部分が大事だということ。ここにパワー&底力の血があると、大レースでのひと踏ん張りに繋がります。この馬はAlleged×Affirmedで重厚そのものでグー。すでに入厩し、ゲート試験合格ということで始動が早そうなのも◎です

7.トゥザクラウン(父キングカメハメハ×トゥザヴィクトリー)牡 栗・池江
【指名理由】今回イチのミーハー指名です(笑)以前、全兄のトゥザグローリーを指名したことがありますが、この血統も堅実でG1こそ手に届かないものの、重賞戦線には必ず顔を出す優秀な一族です配合もさることながら、キャロのカタログは毎年取り寄せチェックしてますが、当時から馬体がすごかった胸前といい盛り上がったトモといい、素晴らしい。なので馬体に惚れての指名です

8.ヴァナヘイム(父キングカメハメハ×グルヴェイグ)牡 栗・角居
【指名理由】これも4と同様、母系にトニービンを持っていることから、かなり前から注目してました。ハナレイムーンとは逆パターンでキンカメ×ディープでもあり、これも今後増えてくるでしょうね母はマーメイドSを制しましたが、もっと丈夫なら大きいところを勝てた馬だと思いますので、繁殖としてのポテンシャルも高いでしょう。ドゥラメンテと7/8同血でもありますし。母と同じ角居厩舎なのも心強いです。体さえ丈夫ならといったところですね

9.馬名未定(父マルカシェンク×ヘヴンリーソング)牡 美・国枝
【指名理由】これは穴っぽいところをと思いましたが、5/16に行われた千葉サラブレッドセールで5000万円で落札されました。マルカシェンクでこの価格ですから目立ちますし、しかも社台産ですから、意外と人気しそうですね馬体を見ましたが、確かによく見えました落札者は「マツリダ」でおなじみ高橋文枝氏。国枝厩舎でセール馬ですし、早めにデビューできそうなのもポイントだと思います

10.スピリットソウル(父ハーツクライ×ハイドバウンド)牡 栗・大久保
【指名理由】これはもうひとえにdskさんのブログにやられた、一言です(笑)他にも何頭か、そのプロフィールにやられた馬がいたのですが、さすがにdskさんの手前、何頭も選ぶのも見透かされて恥ずかしいので(笑)、この1頭に絞らせていただきましたこの馬ももう入厩して時計を出しており、NFの早生まれのプロフィールを存分に生かしてる感じですねハーツでこの時期に動けるのは良い傾向だと思います

以上、10頭の指名理由を述べましたが、今年は指名したい馬が多くて、10頭に絞るのが大変でしたね早めにデビューできそうな馬も何頭かいますので、できれば全頭デビュー&勝ち上がりを達成して、できるだけ上位に食い込みたいと思います!

160605mightydream.jpg
この馬に期待!

POG    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2016.05.05 Thu
【JRA-VAN主催】POGドラフト会議結果
5/3にGCで早くもPOGのドラフト会議が開催されました!

2016-17jra-van pogドラフト会議結果

その名も「JRA-VAN POGドラフト会議」。
5名のパネラーを迎えて行われたのですが、今回の目玉はなんといっても池江泰郎元調教師でしょう今は馬主でもあるので、他の方とは一線を画す存在でした
ちなみに他の参加者はご存じ須田鷹雄氏、血統評論家・栗山求氏、調教Gメン・井内利彰氏、馬三郎・木村拓人氏です。
ルールは普通のPOGとそう変わりませんが、3巡目は新種牡馬、10巡目は大穴枠が設けられ、後は1~2巡目と4~7巡目が牡馬、8~9巡目は牝馬2頭という流れで進められました。
さすが池江先生はディープ産駒が多かったです(笑)6頭ですか。とはいえ、皆さん3~5頭は指名されており、やはりディープは外せませんそんな中、木村さんだけはディープ1頭!男らしいです。木村さんは関東のトラックマンですので、関東馬中心ですね。
この中で一番嬉しかったのは新種牡馬枠で、栗山さんがナスカ14(カラル)を指名してくれたこと。皆さんルーラー産駒を指名されるかと思ったら、意外にもタートルボウルが2人もいましたから、かなりバラける結果の中、栗山さんが新種牡馬の中でも一番多い131頭からナスカを選んでくださったことでテンション上がりましたね~
意外なことに被りが少なく、抽選は2回のみでした。皆さん周りの様子を窺いながら、指名馬を選択されていたのかもしれません(特に須田さん、笑)。
そんなこんなで本年最初のPOGドラフトを拝見しましたが、まだまだ始まったばかり!しばらくは頭を悩ませながら、楽しむ季節が続きそうです

160406caral.jpg
無事にGW明けに移動できますように!

POG    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑