~馬と日常と音楽と~
東サラ | シルク | レッドラウディー | レッドオーディン | ローブデソワ | ブラックバゴ | ブライトエンブレム | コンフェッシオン | タイムレスメロディ | ディライトクライ | カラル | インヘリットデール | インハーフェイバー | ダイアトニック | キープシークレット | モノドラマ | 一口馬主 | POG | 音楽 | ピー助 | 日常 | 競馬 | 未分類 | レッドスピリッツ | レッドレジーナ | レッドアーヴェ | 雑感 | 競馬&音楽 | レッドフィアレス | 
一口馬主DB
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FCブログランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
93位
アクセスランキングを見る>>
日本ブログ村
The favorites in my life
≪2017.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.08≫
にほんブログ村&人気ブログランキング
↓↓よろしければクリックお願いします にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 競馬ブログへ
プロフィール

レプティリア

Author:レプティリア
いつもご訪問ありがとうございます。東京サラブレッドクラブで一口馬主になったことをきっかけにブログを始めました!
現在はシルクホースクラブの会員でもあります。

コメント及び画像は、東京サラブレッドクラブの許可を得て掲載しています。

さらに2013年4月よりシルクホースクラブ会員になりました!お仲間の皆様、よろしくお願いします!コメント及び画像は、シルクホースクラブの許可を得て掲載しています。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
出資馬 シルク

【引退馬】


【東サラ】

レッドフィアレス 牡

レッドレジーナ 牝

レッドスピリッツ 牝

レッドオーディン 牡

レッドアーヴェ 牝

レッドラウディー 牡


【シルク】

コンフェッシオン 牝

ローブデソワ 牝

ディライトクライ 牡

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
「シルク 」 の記事一覧
2017.07.24 Mon
【2017シルク募集馬】急上昇な1頭
シルクはカタログ発送、そして測尺&動画公開により、あとはツアー以外新たな情報は出てこない段階です。今年は、去年のように目移りするようなラインナップではありませんので、当初「これなら無風で行けるかな~」と狙っていた馬たちも、他の方のブログや先日のシルクのイベントなどを見てると、大半が一次満口必至の人気馬になりそうですそれでもそれらの馬たちは、意思表明をしないと抽選にも引っかかりませんから、その中から何頭かは申し込むと思います
そんな中、これまであまり興味のなかった種牡馬の仔だったので気にしてなかったのですが、配合をよく見ると、「いいんでないの?」と思うようになり、馬体や測尺もいいではありませんか!
ただ一点、厩舎だけが気掛かりなんですが、若手でまだこれからで可能性に賭けられる価格でもあるので、締切直前まで様子を見て、満口にならなさそうでしたら、そのまま様子見したいと思います!

7月19日より出資お申し込みの受付を開始させていただきました、「2017年度1歳募集馬 第1次募集」のお申し込み状況(出資申し込み口数)につきましては、以下の4回ご案内させていただきます。

7月26日(水)、27日(木)、31日(月)、8月1日(火)・募集馬検討会内


170718luffup16.jpg
中間発表は4回と発表されましたね!まずは明後日、26日ですね


スポンサーサイト

シルク    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2017.07.22 Sat
【2017シルク募集馬】なるほど納得な馬
いよいよシルクの募集が始まりました!
その時、まだ会員にはカタログが届いてなかったんですけどね(笑)
今年もカタログの到着について、どこで届いた、ここは届いてないと掲示板では報告が飛び交ってます
自分のところにも昨日届きました。メール便なので19日発送ならそのぐらいだろうなと思ってましたから、イライラせずに済みました。
まぁ実はnetkeibaのイベントに参加したので、そこでカタログをもらえたんですけどね(笑)

2017年度募集馬 第1次募集出資お申し込み受付開始のお知らせ
7月19日(水)より2017年度募集馬 第1次募集の出資お申し込み受付を開始させていただきました。

出資お申し込み受付締切日は以下のとおりです。

 【郵送お申し込み】:8月1日(火)書類必着 
  ※消印有効ではございません!また、返信用封筒は通常郵便よりも配達に日数がかかる場合がございますので、なるべくお早めにご投函くださいますようお願い申し上げます。期日間際の場合は配達日指定できる手段のご利用をおすすめいたします。

 【インターネットお申し込み】:8月2日(水) 午後5時まで
インターネットお申し込みはこちら(募集馬リスト)→
https://www.silkhorseclub.jp/system/xb/silk_home.manage.BosyuInfoScrnList
※お申し込みされる場合は、ログインした状態でお申し込みください。

募集馬の各種情報はこちらのサイトからご確認いただけます→http://bosyu.silkhorseclub.jp/list2017Rx8GFT5A/

会員の皆様からのお申し込みをお待ちしております。


しかし、一次の開始から終了まで、いつもこんなにタイトでしたっけ?
ツアーが7/28~30で、募集馬検討会が8/1。それで8/2〆切ですからね。あまり考える暇もありません。
だいたいの人はそれまでに絞り込んでるから、最終ジャッジにそれを使えということなんでしょう
一応カタログと動画は一通り見ました。でも、動画を見ても、僕はいまいちポイントがわかりません。
ただ、写真を見た第一印象で「これは安い理由がわかる」と思った馬がいました。

14.ブラックエンブレム16
20.メジロフランシス16

ブラックエンブレムは明らかに繋ぎが立ち過ぎですね。馬体を見る前から安いとは思ってましたが
メジロフランシスも遅生まれとはいえ、華奢すぎますね。管囲が18.4cmは募集馬中最小です縁の血統とは別の意味で堀厩舎に入るのが納得な感じです
「これはいい!」って馬もこれぐらい簡単にわかればいいんですけどね~(爆)

170718blackemblem16.jpg

170718mejirofrancis16.jpg



シルク    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2017.07.18 Tue
【2017シルク募集馬】カタログ公開!測尺の基準がわからない
本日、待ちに待ったシルクのカタログがWebで先行公開されました!
しかし、一緒に測尺も公開されたわけですが、昨年より2か月ほど公開時期が早いので、判断する基準がわからない!
1月生まれから6月生まれまでいるので、成長期の今、その差は大きいと思いますし、9月になったとき、どのくらい成長するのかわかりません。来年になれば、今年がモデルになるので、ある程度指標ができると思いますが、初年度の今は比較するものがありません
というわけで、何かとっかかりがないかと、一応全募集馬の測尺の平均値を出してみました

         体高   胸囲   管囲   体重    
平均牡馬   155cm  172.5cm 20.7cm  443kg   
平均牝馬   152.9cm 172.8cm 19.5cm  421kg
最高値     162cm  181cm  21.8cm  496kg…牡馬
       160.5cm 183.5cm 20.5cm  491kg…牝馬
最低値    150cm  161.5cm 19.6cm  373kg…牡馬
       147cm  162cm  18.4cm  365kg…牝馬

ついでに最高と最低も調べてみましたが、やはり最高値は1~2月生まれ、最低値は4~5月生まれが多かったので、この時期は誕生時期の差は大きいと言えそうです。なので、早生まれを見るときは少し割り引いて、遅生まれの馬を見るときは、成長することを加味して考えたほうが良さそうです。
ちなみにネットで調べたところ、今の時期から2~3か月の間に管囲以外の部分は結構成長するので、誕生日と照らし合わせて、よっぽど大きい、小さいが極端でない限りは気にせずに良さそう。そういう意味では、やはり昨年までの募集時期のほうが直観的に判断しやすかったと思います
この平均を参考にしていけばいいかなぁと思いますが、最高と最低の差、特に馬体重の差に関しては、300キロ台の馬が多いので目立ちますね
とりあえず、数字は出しましたので、これから写真と動画を見て、チェックしていきたいと思います!

170718sheistoshow.jpg
いきなりこの馬は頓挫!でも、募集はそのまま


シルク    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2017.07.16 Sun
【2017シルク募集】何者?
シルクが7月に入り、突如好調になったことはちょっと前にアップしましたが、今週もなんと5勝!7月通算12勝になりました特に今回は2歳新馬が勝ったのが大きかったですね。先週まで未勝利だったので、どうなることかと思いましたが、ディロスが強い勝ち方をしてくれました募集を前にこの調子上昇は計ったかのようですね(笑)

さて、その2017募集はいよいよ来週にはカタログが発送になりますが、募集馬の詳細PDFが週明けにもHPにアップされるのではないかと思うのですが、募集馬が発表になってからだいぶ経つので間延びしてしまいますねあらかた、字面でできることはやってしまったので、待つしかないかと思ってたのですが、ひとつ忘れてました
毎年、募集馬はたくさんの厩舎に預けられますが、その中で僕は
1.「複数預かる厩舎は期待されている」
       or
2.「NF御用達厩舎」
のどちらかではないかと思ってます

今年の募集馬では…

【木村哲也】…シルキーラグーン、モシーン、フサイチパンドラ
【国枝栄】…ミュージカルロマンス、ロジャーズスー
【藤沢和雄】…スイープトウショウ、サマーハ
【萩原清】…シーイズトウショウ、ケアレスウィスパー
【手塚貴久】…ウルトラブレンド、シルクユニバーサル

【池添学】…サロミナ、アーデルハイト
【高野友和】…キューティゴールド、スカイクレイバー
【池江泰寿】…ヒッピー、トップライナーⅡ
【石坂正】…バラダガール、シェアザストーリー



おなじみのラインナップという感じですが、上記厩舎を上の1と2に分けるなら
1は国枝、藤沢、萩原、手塚、池江、石坂
2は木村、池添、高野
という風に解釈しています。

ところがもう一人いました。「おやっ?」あまり聞き覚えのない人が…斉藤崇史?

【斉藤崇史】…レーヴドスカー、マハーバーラタ

JRAのHPで調べてみましたカチャカチャ(キーボードを押す音、笑)…

わ、若いまだ34歳。厩務員→調教助手を経て、2015年に厩舎を開業してまだ3年目ですね。シルクの馬も5頭ぐらいいますが、4歳以上は転厩馬でしょう。去年2頭(1頭は追加募集)、一昨年1頭が募集されまして、ついに今年2頭募集!(最初から)。しかもレーヴドスカーはもう高齢馬だけど、有名繁殖です。去年は高野厩舎でしたからね。この厩舎も御用達厩舎となっていくのでしょう。リーディングは202位→174位→78位と年々上昇してますから、まさにこれからの厩舎です。気に入った馬がいたら行ってみてもいいかも!?今のところ、預託される馬は池添、高野から下がってきた馬ばかりなので、斉藤師とすれば、ここで結果を出して、次のステップに上がりたいと思ってるでしょうね
これまで募集がありながら、そこまで気にしたことがなかったのに、なぜ今回気になり始めたのかというと、今年の募集馬2頭とも、注目してるから。特にマハーバーラタのほうが気になってるんですよね~レーヴドスカーも安くなってるので、デキが良ければ検討したいと思います。いずれにせよ、西の斉藤厩舎の動向に注目していきたいと思います!

1404blackbago.jpg
第二のブラックバゴを探せ!


シルク    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2017.07.10 Mon
【2017セレクトセール】シルクは落札したのか?
今日と明日はセレクトセールですが、本日は1歳セッションが終了しました
最高落札馬はリッスン16だそうで、ご存じ里見オーナーが購入されたみたいです詳しくはこちらで
1億円超え15頭! 最高落札額は2億7000万円
リッスンもそうですが、最近サンデーRで募集されていた母の仔がセレクトに出されるケースが増えている気がしますね
さて、それはさておきシルクの募集馬はすでに65頭発表されているわけですが、追加募集がいつもあるので「今年も何か落札するのかな?」と思って注目してました
するとやはり1頭いました!

170710silk-hanmarprice.png
落札価格800万円(税抜)

ヴィクトワールピサ産駒の牝馬です。すでに今年は4頭の募集馬、しかも牝馬は3頭いますから、もうお腹いっぱい感はぬぐえませんが、恐らく12月ぐらいに募集されるでしょうね価格は1200~1400万円かな?手ごろなのは良さそうですが、果たしてどんな反応が出るのか?今後、他にもセールはあるので、そこでも落札されれば一緒に募集ということになるのでしょう
明日もセールは続きます。当歳馬ですので、来年の募集候補は落札されるでしょうか?

mejiroforna16.png
血統的にはディクタス4*5があり、気性面が気になりますね
動画を見る限りは普通でしたが。NDがもっと欲しかったかな


シルク    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑