~馬と日常と音楽と~
東サラ | シルク | レッドラウディー | レッドオーディン | ローブデソワ | ブラックバゴ | ブライトエンブレム | コンフェッシオン | タイムレスメロディ | ディライトクライ | カラル | インヘリットデール | インハーフェイバー | ダイアトニック | キープシークレット | モノドラマ | 一口馬主 | POG | 音楽 | ピー助 | 日常 | 競馬 | 未分類 | レッドスピリッツ | レッドレジーナ | レッドアーヴェ | 雑感 | 競馬&音楽 | レッドフィアレス | 
一口馬主DB
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FCブログランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
53位
アクセスランキングを見る>>
日本ブログ村
The favorites in my life
≪2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06≫
にほんブログ村&人気ブログランキング
↓↓よろしければクリックお願いします にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村 競馬ブログへ
プロフィール

レプティリア

Author:レプティリア
いつもご訪問ありがとうございます。東京サラブレッドクラブで一口馬主になったことをきっかけにブログを始めました!
現在はシルクホースクラブの会員でもあります。

コメント及び画像は、東京サラブレッドクラブの許可を得て掲載しています。

さらに2013年4月よりシルクホースクラブ会員になりました!お仲間の皆様、よろしくお願いします!コメント及び画像は、シルクホースクラブの許可を得て掲載しています。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
出資馬 シルク

【引退馬】


【東サラ】

レッドフィアレス 牡

レッドレジーナ 牝

レッドスピリッツ 牝

レッドオーディン 牡

レッドアーヴェ 牝

レッドラウディー 牡


【シルク】

コンフェッシオン 牝

ローブデソワ 牝

ディライトクライ 牡

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
「一口馬主 」 の記事一覧
2017.03.20 Mon
【今年の方針】オーロラエンブレムを見て想う
昨日、今やシルク御用達の血統となっているオーロラエンブレム(ディープインパクト×ブラックエンブレム)(牝・小島茂)が3戦目のレースを迎えました
結果は7着。デビュー戦こそ2着に来ましたが、その後14、7着と奮いません兄たちは皆勝ち上がり活躍しているのに、なぜか?
それは配合がハマってないからだと思います上には3頭の兄がいますが、実は長兄のテスタメントも父はディープインパクト。この馬も期待以上の成績は収められているとは言えません(現1000万下)
二男ブライトエンブレムはネオユニヴァース、三男アストラエンブレムはダイワメジャーと異なる父を持ちますが、ディープと決定的に違うのはパワー型の種牡馬だということ。亀谷敬正氏の論によれば、ネオはDサンデー=ダート寄りのサンデー、メジャーはPサンデー=スピード型のサンデーという風に分類されるように、どちらもガッチリした産駒を出します
テスタメントとオーロラエンブレムはどちらも小柄で非力なタイプ。これは種牡馬ディープとして最大の弱点だと思いますが、これが伝わる仔が多いことタイムレスメロディもこれに苦しめられてますから
それはG1を制したブラックエンブレムのような優秀な馬であっても同様です。ブラックエンブレムはフラワーCと秋華賞を制した名牝ですが、柔らかい中距離馬でした。種牡馬ディープインパクトとマッチするのはこういうタイプの繁殖ではなく、スプリントを走ってきたようなガッチリした短距離馬なのです。なぜならディープ自身も非常に柔らかいタイプの種牡馬だから。
思えばエアグルーヴのディープ産駒2頭、グルヴェイグラストグルーヴも期待ほどの戦績を残すことはできませんでした。グルヴェイグは一応重賞制覇しましたが、古馬になってからですし、やはり完成するまでに時間が掛かるわけです。しかもその後走れませんでしたからね。
ここまで長くなりましたが、つまり何が言いたいかというと、名牝に一流種牡馬を掛けても、その配合がマッチしないとこちらの期待通りのサラブレッドに成長することは難しいということです
だからネオ→メジャーで走ったから「ディープならもっと走るだろう」という単純な論法は通用しないんですね。ブラックエンブレムの場合は「柔らかい中距離馬」なわけですから、パワータイプの種牡馬をつけるのが妥当で、どうしてもディープの血統をつけたいというのなら、ブラックタイドの方が良いと思います。
今年はキャンセル募集がまだですが、シルクの2017年度募集が10月→7月へと早まります。もう4か月後にはやってくるんですから早いですねシルクは「高額馬より残り物がよく走る」などと言われますが、募集時期が早くなることによって、例年より成長していない状態の1歳馬を見ないといけないわけですから、その「玉石混交」感は強まるでしょう
なので、今年は見た目の血統の派手さや価格に惑わされず、しっかりその配合のマッチングを吟味して出資馬を検討していきたいと思います

パーフェクト種牡馬辞典2017-2018
2017-18perfect種牡馬辞典
配合のジャッジの参考にしたいならこれ!
スポンサーサイト

一口馬主    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2017.03.02 Thu
【新クラブ】突然、笑う門には福来る
昨日突然に発表された新クラブ→パカパカファーム母体の新クラブ「ワラウカド」が誕生
以前からずっと噂されていたので、当初は「今か今か」と待っていたのですが、すっかり忘れていた今頃になって発表されましたねさらに僕が気づいたのは今日でした(笑)
しかもクラブの名前がワラウカドって(笑)愛馬会法人が「ワラウカド」でクラブ法人が「フクキタル」という、これだけ聞いてるとあまりそそられるネーミングではありませんねぇ(笑)
しかし、大事なのは募集馬、そして会費等々…

◎入会金10800円→3/15の17時までの申し込みで無料!
◎月会費2160円
◎維持会費 実質預託料
◎口数 500口

募集馬
1.ラヴアンドバブルズ15(父ディープインパクト) 牡 栗・矢作 9000万円…一口180000円
2.タイキクラリティ15(父オルフェーヴル) 牝 栗・友道 3500万円…一口70000円
3.バブルドリーム15(キングズベスト) 牡 美・加藤征 1200万円…一口24000円

わずか3頭!しかし、パカパカファームが誇る名牝の子たちですので、聞いたことのある牝馬ばかりです特にディープブリランテの全弟は魅力的ですね。厩舎も同じですし。シルクでいえば、モーリスの下みたいなものでしょうが、その分お値段も張りますね…
タイキクラリティ15はクラリティスカイの妹ですが、父がオルフェーヴルということで、サンデーの3×3になります。オルフェの父でこのクロスはなかなか強烈ですねぇしかも牝馬ですから、気性が激しかったらなかなか大変そう。血統配合には怖いもの見たさはありますけどね。できれば様子見したいところです
バブルドリーム15だけかなりリーズナブルですね。こちらもバブルガムフェローやディープブリランテ、マニックサンデーなどが近親ですので、活気ある牝系ですが、さすがに母が22歳時の仔ですから、とりあえずクラブに入るというきっかけとして考えるならありかもしれませんね。
トータル的に考えると、もし自分が行くなら怖いもの見たさも含めて、クラリティスカイですかね
果たしてこのクラブがこの後、どんな展開を見せていくのか?注目していきたいと思います

170301loveandbubbles15.png
ラヴアンドバブルズ15

170301claritysky15.png
クラリティスカイ15

170301bubbledream15.png
バブルドリーム15

一口馬主    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2017.01.01 Sun
【謹賀新年】今年の目標
あけましておめでとうございます!2017年が始まりましたね!
久々の登場、ピー助も酉年を喜んでおります

20170101pea-niwatori.png

年明けしばらく暖かいそうなので、穏やかで落ち着いた正月を過ごせそうですそんな中で、一口における今年の目標を立てたいと思います
ずばり今年は7勝!現在の3歳以上は6頭(5歳2頭、4歳1頭、3歳3頭)、これに2歳馬が3頭おりますので、合計9頭です引退や故障で減ったりもしますが、基本的に新たな世代が加わるので年々増えていってはいます。これまでの最高は2014年の5勝なので、これを上回る意味でも7勝としたいと思います
おそらくブライトエンブレムは今年復帰できるかは微妙なところなので、実質8頭かもしれませんが、この布陣で30戦はしたいと思っています(2016年は24戦)当然、全馬に勝利を期待しているわけですが、特にプッシュしたいのはタイムレスメロディでしょうかまだ2勝目を挙げられてませんが、徐々にしっかりしてきてますし、今年もコンスタントに走れるようならトントンと行けないかな~と淡い期待しておりますあとは来週復帰するブラックバゴと3歳馬インヘリットデールにも頑張ってもらいたいところです2歳はまずデビューすることが目標です
以上、毎年少ないながらも出資してきたおかげで、去年も10月以外は出走がありましたいろいろと数字を挙げましたが、なんだかんだで今年は毎月出走を達成しつつ、全馬が年間を通して無事に走り抜けてくれることが一番ですので、結局それが目標ですかね(笑)

2017年賀状画像

そんな感じで、今年も一口のことを中心にブログを続けていきますので、皆さま何卒よろしくお願いします!

一口馬主    Comment(14)   TrackBack(0)   Top↑

2016.12.31 Sat
【2016一口成績】最多出走も…
今年も残すところあとわずか。今年の一口成績を振り返りたいのですが、お世辞にも「良かった!」と言える1年ではありませんでした

全24戦【1.1.2.0.3.17】

わずか1勝…しかも未勝利戦。やはり1年稼働できたはずの古馬勢、ブライトエンブレムブラックバゴが途中でリタイアしたことが大きかったでしょうね
内訳はこちらです

ブライトエンブレム 3戦【0.0.0.0.0.3】
ブラックバゴ 6戦【0.0.0.0.0.6】
タイムレスメロディ 7戦【1.0.1.0.2.3】
ディライトクライ 5戦【0.1.1.0.0.3】
カラル 2戦【0.0.0.0.0.2】
インハーフェイバー 1戦【0.0.0.0.1.0】

ブライトエンブレムは屈腱炎ですから、来年も戻ってこれるかわかりません。この馬が今年もリードホースになってくれことを期待してたのですが…逆に夏以降、休養に入っていたブラックバゴは年明け早々戻ってきてくれるので楽しみです
3歳馬はディライトクライが勝ち上がれなかったのが想定外でした姉の活躍に惑わされず、もっと芝の長距離等、別路線を試していてくれたら…などと思いますし、厩舎の重要度を確認しましたね
タイムレスメロディはこの中にあって、我が出資馬のMVPですね体質の弱さを危惧してましたが、怪我せずに年間通して走ってくれましたので、勝利は1つですが嬉しかったです
2歳勢はインヘリットデールがデビューできなかったのが誤算でしたが、2頭はデビュー。カラルの気の悪さは予想外でしたが、こちらも年明け3戦目を迎えますので、なんとか早めに勝ち上がってくれたらと思います
インハーフェイバーは想像以上に良く走ってくれて、よくわからない診断のまま北海道まで連れていかれましたが、戻ってきてくれたらいいレースをしてくれると期待してます
というわけで、全体的に奮わなかった2016年でしたが、強いて言えば2015年に比べて出走数と8着以内数と以内率が上回った点は良かったと思います逆に重賞での活躍は前年のほうが良かったです。
現在の出走可能出資馬は全部で7頭(走ったのは6頭)。これに1歳馬が3頭加わって、来年は9頭(1頭引退)になりますので、出走数、勝利数等、すべてにおいて今年を上回る戦績を上げてくれることを期待して年を越したいと思います
これで今年のブログ納めとさせていただきます!今年1年、たくさんの方にご訪問&コメントをいただき、ありがとうございました!また来年も変わらず、続けていければ良いなと思いますので、よろしくお願いします!
皆さんも良い年をお迎えください!

161222inheritdale.jpg
来年は未デビューのこの馬に期待!

一口馬主    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2016.09.24 Sat
【一口必勝ミーティング】今年のイチオシ募集馬
昨日、前に言っていたnetkeiba主催のシルク&キャロのイベントに行ってきました!

一口必勝ミーティング2016

出演者は以下の通り

出演者:小堺翔太 岡部玲子
阿部幸也(シルクホースクラブ)  永島一樹(キャロットクラブ)
古谷剛彦(競馬評論家)  木實谷雄太(ノーザンファーム天栄・場長)

司会はGCでもおなじみのお二人。ゲストは今度シルクの検討会がありますが、そこでもよく見かける方々です(笑)ただ、キャロの永島営業部長で、お名前は知ってましたが、お話されるのを聞くのは初めてでした
金曜の夜、仕事帰りということで気楽な感じで行ったのですが、それが気の緩みにつながったのか、はたまた映画館の椅子の座り心地が良かったからか、途中すんごい睡魔に襲われて、途中の何分か寝てしまいました(爆)
とはいえ肝心なところはちゃんと聞いてましたよ(笑)。内容はというと、トークテーマを4つ挙げて、それぞれクラブ代表がプレゼンするという内容でした。カメラも入ってましたし、具体的な内容はまた僕が公開すると怒られそうなので、割愛しますが、テーマは4つで、事前に参加者から募ったものから質問する形式でした
すでにキャロは1.5次がこの日終わり、残り募集馬は23頭永島さんはそれぞれのテーマに1頭ずつ挙げてたのですが、シルクは対照的にこの日から募集が始まったばかりということで、阿部社長は3頭ずつピックアップしてました。はっきり言ってプレゼン力は永島さんの圧勝でしたね(笑)キャロに入りたいと思いましたもん(笑)
最後に総括があったのですが、その時にボソっと木實谷さんが挙げていたイチオシ馬が妙に印象的なイベントでした気になる方はまたnetkeibaでアップされると思うので、チェックしてみてください

一口馬主    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑