FC2ブログ

【シルク】見事なる10日競馬

戻ってきました!コルネットの近況です!

コルネット[父 オルフェーヴル : 母 ラッドルチェンド]
 藤 懸 2/21(木)CW重 85.0- 69.0- 53.6- 40.0- 12.5[7]馬なり余力
  レイズアフラッグ(三未勝)馬なりの内1.7秒追走同入

2/20
コルネット[父 オルフェーヴル : 母 ラッドルチェンド]
在厩場所:19日に栗東トレセンへ帰厩
調教内容:坂路コースでキャンター
次走予定:小倉3月2日 芝2,000m(牝)〔荻野極〕

平田修調教師「19日の検疫でトレセンに帰厩し、20日から坂路で調教をスタートしています。放牧先ではじっくり長めに乗り込んで鍛えてもらっていましたが、フレッシュな状態でこちらに戻ってきていますし、仕上げに入ればすぐ態勢が整うと思います。あまり時間を掛け過ぎるよりはサッと仕上げて競馬に向かう方が良いと思うので、3月2日の小倉・芝2,000mを目標に進めていきたいと思います。ジョッキーは荻野極騎手に依頼しています」

最新情報
コルネット[父 オルフェーヴル : 母 ラッドルチェンド]
 19日(火)に栗東トレセンへ帰厩しています。

2/15
コルネット[父 オルフェーヴル : 母 ラッドルチェンド]
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター
次走予定:未定

厩舎長「馬体重の変動はないものの、この中間も飼い葉食いが良い方ではないので、強めの調教は控えて周回コースでじっくり長めに距離を乗っています。状態そのものは悪くありませんし、体調も安定しているので、これから更に状態を上げてトレセンへ送り出せるように努めていきたいと思います。来週の検疫で帰厩させる予定になっています。馬体重は410kgです」


一昨日帰ってきましたが、速攻でレースが決まりましたというか、レースに合わせて帰ってきたという方が正確ですね先週の更新までは「もう小倉での復帰はあきらめたのだな…」と思ってたら、こういうことだったんですねこれぞ「ザ・10日競馬」(笑)確かに先週でも410キロしかありませんし、追い切れば、すぐに仕上がると思いますホントはもっと馬体が増えてきてから復帰してもらいたいんですけどねぇとりあえず調整が上手く行って、前走より成長したところを見せてもらいたいと思います

190201cornet.jpg
小倉への輸送で減りすぎませんように



スポンサーサイト

【シルク】出資者総ツッコミの駄騎乗

期待は大きかったのですが、ダイアトニックとは対照的な結果となってしまいました、インヘリットデールの近況です!

2/20
インヘリットデール[父 ルーラーシップ : 母 フサイチエアデール]
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:軽めの運動
次走予定:未定

高野友和調教師「トレセンに戻って状態を確認いたしましたが、レースに出走したなりの疲れが見られるものの、脚元など大きなダメージはありませんでした。今週いっぱい馬の状態を確認させていただき、それでも変わりないようであればこのまま続戦させたいと考えています」

レース結果
インヘリットデール[父 ルーラーシップ : 母 フサイチエアデール]
 2/17(日)京都9R 春日特別〔芝1,800m・8頭〕3着[2人気]

まずまずのスタートから2番手に取り付けていきます。持ったままの手応えで先頭に並び掛け、直線で満を持して追い上げにかかりますが、思いのほか伸び切れず3着でレースを終えています。

北村友一騎手「スッと良いポジションに取り付けることが出来ましたし、その後もリラックスして走ってくれました。レース内容としては悪くありませんでしたが、ペースが落ち着いたところでフッと気を抜いたりして、集中力が持続出来ないところが気になりました。勝負どころでも耳をギュッと絞って変なところを見せていたので、最後の直線ではワンテンポ追い出しを待って仕掛けて行きましたが、反応良く伸びてくれたものの、使える脚は一瞬だけでした。距離はもう少し短い方が集中力が持続すると思いますし、ペースが落ち着く外回りコースよりは、ペースが緩まないようなコース形態の方がこの馬には向いているかもしれません」

高野友和調教師「スタートからジョッキーがそれほど促さなくてもスッと好位をキープ出来ましたし、レースの進め方は良かったと思います。追い出しを待っていましたが、恐らく追ってからもそれほど脚を使える感じではなかったのでしょうね。勝った馬は確かに強かったと思いますが、2着馬にも1馬身以上の差を付けられて完敗でした。ここ数戦の内容からゴール前で使える脚が短くなっていますし、スタートからの行きっぷりを見ると、今はもう少し短い距離の方が合っているのかもしれません。次走に関してはマイルか、それよりも短い距離でも考えてみたいと思います」


復帰後、一番いい状態でレースを迎え、スタートも良く道中は「よしよし、これなら…」と内心ほくそ笑んでましたところが、直線を向いて先頭に立ったところでも追い出さず、北村騎手は持ったまま。それで勝てるんなら、それに越したことはないんですが、そうは問屋が卸さない
一番人気のフランツが外から襲い掛かり、真後ろからトーセンスーリヤが交わしに来る実況でも、「持ったまま!」と言われていたように、手応えには余裕があったように見えたので北村騎手もそれに騙されたのかもしれませんが、これまでのレースぶりや調教で跨って感じなかったのか?溜めてもフランツのようにキレるタイプではないということを
前に付けられたのなら、そのまま早めに追って、セーフティリードを保って凌ぎきるのがこの馬のパターンですからねクリスチャンが乗った500万勝ちのレースがお手本ですだから元々直線の長い外回りのコースは向いてないんですよねあの位置から34秒台の脚を使えれば問題ないんですけど、上がり勝負になるから。その辺を調教師がわかってないといけない中央の1600~1800はほぼそんなコースですから、僕は1800より2000のほうがいいと言ってたんですが、今度は距離のせいにし出しました
僕は短距離がいいとは思わないんですが、続戦ということでマイル以下になりそうですねスタミナ切れを起こしたわけではなく、「コースが合ってない上に脚の使いどころを間違えたがために、他馬との比較で瞬発力勝負で分が悪かった」ということだと思うんですけど
僕の予想では、3/10の中京・賢島特別(芝1400)ではないかと思いますが、中山マイルに向かうかもしれませんね。どんなジャッジをするか注目しています

190217inheritdale.jpg
高野厩舎はシャイニングレイの例(notダジャレ、笑)もあるからなぁ…



【シルク】春の福島で

暖かくなるまで我慢我慢、エレンボーゲンの近況です!

2/15
エレンボーゲン[父 ブラックタイド : 母 ショアー]
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週1回坂路コースで14-13、週2回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定

天栄担当者「今週は週3回坂路入りしています。コンスタントに調教をこなしていますが、脚元に疲れが出ることはありませんし、馬体重が先週よりも少し増えていることからも分かるように、飼い葉もしっかりと食べてくれています。馬体重は458㎏です」

2/8
エレンボーゲン[父 ブラックタイド : 母 ショアー]
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週1回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定

天栄担当者「引き続き坂路コースでの調教を中心に進めていますが、良い意味で変わらずに調整できています。まだ具体的な予定は決まっていませんが、このまま進められれば中山、もしくは福島開催での出走が一つの目標になってくるでしょう。馬体重は450㎏です」


なんとなくぼんやりと目標が出ましたね4月の福島開催を目指すようですが、まだまだ流動的でしょうね馬体も増えつつありますので、厩舎に戻ってそれをキープしつつ、強い負荷を掛けられたら言うことありません小柄な馬で、しっかりしていないとスタートで後手に回って、結局後方ママみたいなことが多いので、後ろがしっかりしてきてもらいたいと思いますあと1か月半ぐらいは天栄でしょうから、今は成長してくれることを願うばかりです

190214ellenbogen.jpg
3歳牝馬3頭はいずれも未勝利。この馬が最初に勝ち上がるか?



【シルク】次こそラストメロディ

前走は惜しい惜しい2着でした…これで終わりかと思ってたら、次が引退レースとなりそうですしがらきに放牧中のタイムレスメロディの近況です

2/15
タイムレスメロディ[父 ディープインパクト : 母 アコースティクス]
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コース・坂路コースで軽めのキャンター
次走予定:第2回中京開催

厩舎長「先週こちらに戻ってきましたが、レースの疲れは感じませんし、飼い葉もよく食べて良い状態を保っていると思います。3月一杯で引退期限を迎えますが、もう少し早い段階で今の状態を維持できていれば、もっと成績を残せていたかもしれませんね。このまま無事にトレセンに送り出せるようにしっかり調整していきたいと思います。馬体重は447kgです」

最新情報
タイムレスメロディ[父 ディープインパクト : 母 アコースティクス]
 7日(木)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。

2/6
タイムレスメロディ[父 ディープインパクト : 母 アコースティクス]
在厩場所:栗東トレセン/7日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧予定
調教内容:軽めの運動
次走予定:第2回中京開催

高野友和調教師「トレセンに戻って状態を確認させていただきましたが、レースに出走したなりの疲れがある以外は特に大きなダメージはありませんでした。この後は一旦牧場へ戻させていただき、馬体のケアを行ってもらいます。放牧先でも問題がないようであれば、予定通り3月の中京開催を目標に調整してもらいます」

レース結果
タイムレスメロディ[父 ディープインパクト : 母 アコースティクス]
 2/2(土)中京3R 4歳上500万下〔D1,200m・15頭〕2着[4人気]

ブリンカー着用。スッと行き脚を付けて、道中は好位の2番手を追走、残り400mを切ったあたりで先頭に立ち追い出されると、そのまま粘り込みを図りましたが、ゴール直前で勝ち馬に捉えられてしまい、惜しい2着でゴールしています。

城戸義政騎手「初めて乗せていただいたので比較は出来ませんが、馬には余裕がありましたし、状態は良かったと思います。道中は良い位置でリズム良く運べましたし、直線に向く時の手応えもとても良かったです。ギリギリまで我慢して追い出すとしっかりと脚を使ってくれましたし、最後まで止まってはいないのですが、勝ち馬の決め手にやられてしまいました。結果を残したかっただけに、2着というのは本当に残念ですし、勝ち切ることが出来ず申し訳ありませんでした」

高野友和調教師「理想的な形で進めることが出来たと思いますし、人馬ともよく頑張ってくれたと思いますが、あれで差されてしまうのですから勝った馬の決め手が一枚上だったということでしょう。着差が着差だけに本当に残念ですが、引退までに一花咲かせられるように気持ちを切り替えていきたいと思います。この後は馬の状態次第にはなりますが、次の中京開催での出走を目標にしたいと考えており、いったんリフレッシュのためにノーザンファームしがらきへ放牧に出させていただきたいと思います」


7日にいったん放牧に出ましたが、おそらく来週中に戻ってくるのではないかと思いますラストメロディとなるのはズバリ、3/17のダート1200(牝)ではないかと思いますなので、ホントにギリギリまで走ることになります出資者としては一戦でも多く見られるのは嬉しいですが、次の仕事が待ってますので、ちょっとでもいい状態で牧場に戻ってもらいたいとも思います
気になる次走の鞍上は、恐らく前走上手く乗ってくれた城戸騎手でしょうラストまであと1か月、ここまで来たら現役生活を全うしてもらいたいので、無事にその時を迎えられるよう願っています!

190202timelessmelody.jpg

_20190218_211823.jpg
今月のキャロ会報にはソニンク系が特集されてました
この牝系を伸ばしていってほしい



【シルク】準OPは一発回答!黄金世代に仲間入り

斑鳩Sで一発回答!OP入りを決めてくれました!ダイアトニックのレース結果です

ダイアトニック
京都10R 斑鳩ステークス・芝1,400m 優勝

北村友一騎手は「少し煩いところを見せていましたが、なんとか遅れずにスタートを決めることが出来ました。前走より行きっぷりが良くなっていましたし、勝負どころもしっかり反応して伸びてくれましたよ」と話していました。


前走から-8キロで増えた分はキッチリ絞れてました叩き2走目でガス抜きができてるかと思いましたが、北村騎手曰く、返し馬やゲート裏ではうるさかったようです

190217diatonic_start.jpg
そのせいか、スタートは大きく煽ってしまいました

190217diatonic_二の脚
その割にスムーズにポジションを取ることができ、4番手の外目を追走

190217diatonic_3ハロン
3ハロンは36秒3とかなりスロー。でも掛かりませんでしたね

190217diatonic_4角
4角手前。この辺で北村騎手が上手くレッドアンシェルに蓋をしてますね

190217diatonic_直線
いざ、直線!進路はしっかり確保してますあとは伸びるだけ!

190217diatonic_直線2
残り200!意外と前がしぶといし、後ろからも4番が来た!

190217diatonic_goal.jpg
勝負根性を見せた!鋭く迫る4番に最後まで交わされることなく、ゴール!

いや~毎度際どいゴール前ばかりで、ドキドキさせてくれますそれでも、今日もしっかり勝ち切ってくれたところに価値があります相手は3番とばかり思ってたら、意外な4番がグングン迫ってきたので、ちょっと焦りましたね
前走で負かしたトゥザクラウンは次走であっさり勝ちましたし、今日のレッドアンシェルは準OPだけでなく、重賞でも結果を残してきた馬そんな相手に連勝するわけですから、この馬もかなり力はあるのだと思います
これで晴れてOP入りを果たすことができました今後は最強世代の一員として、少しでも上の馬たちに近づいてもらいたいとりあえず在厩による連戦をこなしましたので、ここはひとつ放牧でリフレッシュして、また次のことを考えてもらえればと思います明日のコメントも楽しみにしています

190217diatonic.jpg
春の古馬短距離路線は、なかなかいいOP戦がないのが悩みの種です