fc2ブログ
The favorites in my life
01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. // 03

【シルク3歳】坂路入り再開! 

今日で2月も終わり。競馬界にとって、別れの季節ですが、今年はなんか特に引退したジョッキーが多かったように思います調教師転身の秋山騎手はわかりますが、それ以外にもたくさん辞めていく騎手が多くて、やはり厳しい世界だなぁと思いました。騎乗依頼がないと続けられない世界ですからネ。
調教師に関しては、特例で今週いっぱいで引退のようです。今年はなんといっても安田隆行調教師。騎手としてトウカイテイオーで名を馳せ、調教師となってからは1000勝近く挙げられて、リーディングトレーナーとなったこともありました。
個人的にはダイアトニッククラシックステップでお世話になり、出資する前から思ってましたが、クラブ馬、個人馬分け隔てなく扱ってくださるイメージそのままでしたそれでいて数も結構使ってくださるので、非常に一口ライフを楽しめる厩舎だっただけに引退は残念ですが、定年ですから仕方ありません
これは自分の持論ですが、調教師は「騎手上がりでないか、騎手上がりなら騎手時代それほど大活躍していないほうが良い」と思っていますそれは人の苦労がわかるから。だから安田先生はジョッキーも何人か預かって育てましたよね。川田騎手や斎藤新騎手など。それに息子さんは上が調教助手を、下は調教師になられたわけですから人を育てることにも尽力されましたね。ご本人はそんなたいそうに考えてらっしゃらないかもしれませんが、すごい大変なことだと思います。そういう意味で福永調教師には注目してるのですが、弱者の気持ちがわかるかは大事なことだと思います。
そんなわけで安田先生にはお世話になりました。先週も阪急杯とサウジで1351スプリントがあったこともあり、一昨年末の阪神C時にダイアトニックに種牡馬オファーがなかったら、どうしてたか聞いてみたい気持ちです
ご本人が走るわけじゃないですが(笑)、今週末の雄姿をしっかり見届けたいと思います。長い間お疲れ様でした

221224diatonic_win10.jpg
重賞59勝中29勝はカナロア自身とカナロア産駒だったという「カナロアマイスター」


さて、シルク唯一の3歳、ベリークの近況です!

2024.02.23 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファーム空港
担当者「先日の定期的なレントゲン検査の後、獣医師より騎乗運動再開の許可がおりましたので、今週から坂路コースにも入れています。今週の登坂回数は2回で、1回目にハロン18秒で登坂したところ感触は悪くなかったので、2回目はハロン17秒を行いました。運動量が増えた影響か体重が落ちてきましたし、この調子で進めていきたいところです。馬体重は482kgです」

2024.02.16 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファーム空港
担当者「この中間は週4回トレッドミルでキャンターを行っています。その内、週3回は先週よりも少しペースを上げましたが、若干動きの重たさは感じられるものの、捌きの硬さは気になりません。あとはもう少し体が絞れてくると良いですね。馬体重は492kgです」

2024.02.09 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファーム空港
担当者「この中間も週3回トレッドミルでキャンターを行っています。ペースを上げていないこともあり、歩様は先週と変わらず安定していますね。乗っていないため毛艶はひと息ではあるものの、体調はここまで問題なく進められています。馬体重は486kgです」

2024.02.02 FRI
近況
在厩場所:ノーザンファーム空港
担当者「先週と同様に週3回トレッドミルでキャンターを行っていますが、少しペースを上げました。難なく対応することが出来ており、患部の状態にも良い意味で変化はありません。また、腹回りを中心に体の緩さも解消してきていますので、この調子で進めていきたいところです。馬体重は486kgです」


ずっとトレッドミルでキャンターを続けてきましたが、ここに来てついに坂路入りの許可が下りました!ここから本格的に調教を積み重ねていって、いつごろ復帰できるか?春競馬の内に戻ってこれたら最高ですが、あまり時間は残されてませんから、なるべく早く戻ってきてくれるに越したことはないですね
そして、一方で気になるのは種牡馬シュヴァルグランの評価。同じハーツ産駒のスワーヴリチャードとは対照的に中央馬48頭デビューで、わずか2頭しか勝ち上がってませんまぁ年明けてから止まってますから、単に母系の差による成長度の違いと捉えるなら、今後に望みがないわけではありませんが、時間が限られてるので、とりあえず勝ち上がってほしいところ
もしかして、洋芝の2600とかが合うのかなぁ。まずは帰厩の目途が早く立つことを願っています

240221beleek.jpg
この休養が成長を促してますように!



スポンサーサイト



[edit]

【2023キャロット募集馬】長かった…馬名決定! 

ついに2023年度キャロット募集馬の名前が決定しました!
今回は昨年の失態を重んじてか、馬名募集開始は1ヶ月早かったにもかかわらず、発表は例年並みということで、1ヶ月長く待たされたので、会員の飢餓感が強かったように思います(笑)。とはいえ、クラブ側は当初から「発表は2月下旬」と発表していたので、問題はなかったのですが。
本来なら各馬の更新に合わせてアップできれば良かったのですが、昨日全馬終えたので、単独記事として取り上げたいと思います
※これから書くことは個人的に感じたことですので、気分を害されたらごめんなさい。名付け親の方は特に申し訳ない。自分が感じたことを素直に書いていますので、ご容赦ください

【ビートマッチ22】→バズアップビート
Buzz up Beat…人々の鼓動を震わせるような活躍を期待して。母名より連想
240131beatmatch22.jpg

はい、最優先のこの馬はバズアップビートに決まりましたまぁ「ビート」も「マッチ」もどちらもキーワードとなりやすい単語だったので、いろいろ考えられたと思います。自分はこのブログでもこの馬の記事のタイトルにした「リヴェンジマッチ」で最初応募しようと思ってましたが、これ自体和製英語だとわかったので、最後のほうで変えました。「リヴェンジマッチ」自体はシルベスタースタローンの映画であるのですが、原題ではなく邦題がそうだったのでね。あとはリヴェンジ自体、松坂大輔が広めたようなもので、本来の意味とずれる部分もあったのも引っ掛かりました。
結局、変えたほうはビートもマッチもつかない言葉だったのですが、これも元々考えていたのを少しいじって申し込みました。また使う可能性もあるので明かしませんが、祖母や曾祖母からの連想と言えるもので、ちょっと捻っていたため、結構自信あったんだけどなぁ
バズアップビートは良いと思いますが、個人的にはどうしても後ろ半分のアップビートに目が行ってしまいます(笑)特に好きなわけではなかったのですが、バンドブームど真ん中世代なので(笑)

【ミスティークⅡ22】→ミスティカルボンド
Mystical Bond…神秘的な絆。父名、母名より連想
240131mysthicⅡ22

こちらは今年の4頭の中で一番難しかったミスティーク自体がドイツ語で神秘的という意味ですが、ドイツ牝系ということで「M」を継いでいったほうがいいかとも思いましたが、3代母からしかMラインが繋がってないので、こだわらなくてもいいか、と最後の最後に応募しました。自分の送った名前はMから始まらないけど、響きは似ていて惜しい(笑)。ボンドはつけてませんが。そう、ホントは父のキズナを生かしたいところではありますが、なかなか難しいですね。自分がキャロ初年度で出資したタイズオブハートはキズナの名を上手く使った名前だったと思いますが、それ以降すでにたくさん絆関連馬名は出てきたので、躊躇しましたねこの馬に関しては自分の中でこうでないと…とか縛りを取っ払って考えれば良かったかな、と思いました。

【コンダクトレス22】→コンアフェット
Con Affetto(伊語)…愛情を込めて(音楽用語)。母名より連想
240131conductress22.jpg

これは意外とスコーンと思いついたというか、父からも母からの連想もできたので、迷わず応募できましたそれだけに「コン」から始まる名前になったか、とちょっと意外な思いをしました。でも、指揮者から来る音楽用語だったので、納得です。すぐ決めてしまったので、自分には思いつかない言葉でしたでも、今年というかここ数年、キャロの名前って意味だけで由来が省略されていることが多いように思いませんか?ここって結構重要だと思うのですが、どうなんでしょう?

【エールデュレーヴ22】→アーラグラシア
Ala Gracia(西語)…翼(西)+優雅さ(西)
240131ailedureve22.jpg

これはこの一族の定冠詞のようになっている「レーヴ」が付く名前になると思って、自分もレーヴ絡みの名前にしましたが、外してきましたね。とはいえ、個人的には違う名前にしようと思ってたら、意外にも上手くハマる名前が思いついたので、こちらも早めに応募しました感じでした。よほどレーヴ関連の名前が多くてうんざりしましたかね。でも、この馬も由来がなく、父からの連想で「優雅さ」というのはちょっと無理があるかな、と思います(笑)単なるイメージに過ぎないし、説得力に欠けます。単語をつなげただけなので、それなら「女王の翼」とかちゃんとした言葉になっていてほしかったな、と。個人的には一番腑に落ちませんでした

【まとめ】
そんなわけで、ホント好き勝手に書いてごめんなさい名付け親の方、すいませんこれは応募した方ではなくて、選ぶほうの問題です。年々キャロの馬名選びにレベルが下がってきてる気がします。ネットでは担当者が変わったのではないか?とささやかれてますが、どうなんでしょう?実際、本文でも書きましたように「由来」の省略されている馬が多くて、単なる「父、母からの由来」だけだと安直なネーミングが増えてしまいます。バズアップビートのように「~を期待して」とか「~を願って」とかそういうものがあってこそ。母からの連想は年に1頭ですから、最も妥当な名づけだと思いますから、それは当然ですが、そこを省略して単なる意味と連想だけじゃ情緒というか、味気ないものになってしまいますよね。面倒なら会員で選びますから、言ってください(笑)。またアンケートがあれば書きたいところです。

ここからは個人的に「なるほど!」と思った名前を挙げたいと思います

【意味がいいなと思った名前】
ピースエンブレム22ウィッシュツリー(Wish Tree)…願いを叶える木。母名より連想
これは自分がエールデュレーヴに送った名前に近いです。母が「平和の象徴」からの「願いを叶える木」は良い流れだと思います。
ボールドアテンプト22ステイクオール(Stake All)…乾坤一擲。全てを賭ける。母名より連想。
これも母の「果敢な試み」からの連想がスムーズです。四文字熟語を英語とかで表現すると長くなりがちなんですが、これは上手く行った例でしょう。

【名前の響きが良い馬】
ビットレート22トータルクラリティ(Total Clarity)…完全な鮮明さ。ビットレートを上げて得られる高画質。母名より連想
これは連想の流れも良いですが、音の響きが良いですね。「クラリティ」という言葉を使って馬名申し込んだことがあります(笑)

【発想がオシャレな名前】
シェイリーンⅡ22セラトーン(Celatone)…木星の衛星の観測装置。Galileoのクロスを持つ本馬より連想
これはなかなか思いつかないでしょうね。「目のつけどころがシャープだね」という感じ。母からの連想がしづらかったのかもしれませんね。

こんなところでしょうか。全部英語になりました。やはり馴染みのある言葉のほうがストレートに伝わってくる率は高いでしょう。まだまだ馴染みがないですが、徐々に覚えていきたいと思います




[edit]

【キャロット2歳】馬体が増えない! 

ここのところ、ミッシェル絡みで吉川晃司の動画をよく観ている最中、心配なニュースが入ってきました

吉川晃司 外傷性白内障で両目手術しシンバルキック封印危機 人工レンズ移植で激しい運動ストップに

白内障はわかりますが、外傷性って何?と思って記事を見てみると、パンチを食らうボクサーなどに多いようですが、いくら昔からやんちゃをしてきた吉川さんといえど、そこまで殴られることはなかったでしょうし、本人も「わからない」と言っている模様。
昨年9月の武道館ライヴでの映像を見ると、終始右目が開いていない状況だったことから、その異変に気づいたとありますが、その時本人は左目が見えてるから両方見えてると思ってたのでしょうか?
自身が出演した「チームバチスタ」の監修医から紹介された名医に診てもらい、今年1月にようやく両目に人工レンズを入れる手術を受けたとのこと。でも症状のあった右目より左目の方が深刻で、レンズを支える筋力がいくつか損傷していることから、激しい動きをすると、レンズが目の奥に行ってしまう可能性があるそうで。えー恐ろしい
そうなると、日本で数人しか手術をできる人はいないという難しい事態になってしまうことから、激しい運動は控えるように強く言われているそうです今年はデビュー40周年のツアーが予定されているそうですが、名物のシンバルキックはできなさそうです
でもライヴ自体はできそうなので何よりです。自分も観に行ってみようかな、なんて思ってます。そう、youtubeを見ていて思い出したのですが、「BOY'S LIFE」という曲を改めて聴いて「良いな~」と思ってしまいました


紙飛行機が舞う中、最後のリフレインがジワジワ来ます。ラストにシンバルキックあります


さて、キャロットの馬名も決まったようですが、とりあえずそれは置いといて2歳馬最後はエールデュレーヴ22の近況です!

【馬体重:402キロ】現在は週3日、900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンター2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。普段からピリピリした雰囲気がある馬ではありますが、調教に支障をきたすほどのレベルではありません。血統的に距離はあった方が良いタイプと思えるだけに、レースに行ってうまくコントロールができるように意識しながら進めていきたいところです

近況自体は毎回悪くないのですが、なんせ一番懸念の馬体重が増えてこないやはりウインドインハーヘアのクロスの弊害でしょうか先日、レイデオロ牝馬が初勝利を挙げましたし、牡馬も特別戦を勝ちましたので、徐々にではありますが、レイデオロも存在感を示しつつありますから、2年目産駒はさらに頑張ってほしいところ。
牝馬初勝利となったサツキノジョウもインハークロスはないものの、438キロと小柄ですからそれでも走れるということを示してくれると勇気づけられます
距離は長い方が良いと言われているのはインハークロスの利点でもあるでしょうし、とりあえず、そのくらいまで増えることを願っています

240131ailedureve22.jpg
せめて、あと30キロ増えてくれたら




[edit]

【キャロット2歳】早期移動も見込めるか? 

今週はずっと雨でしたが、昨日は久々に気温も上がり、良い天気でした出先からの帰り、17時ごろでしたが、電車から降りて家への道すがら、日が高かったので思わず「あかる!」と言ってしまいました(笑)
今日はまた5℃と極寒ですが、冬至から2か月経ってだいぶ日は伸びており、春はもうそこまで来ていることを実感しました
来週からはクラシックのTRも始まりますし、来週からしばらく出資馬の出走はなさそうですし、春を感じながら純粋に楽しみたいと思います


さて、キャロットの2歳馬、3頭目はもっとも進むこの馬、コンダクトレス22の近況です!

24/2/15  NF早来
【馬体重:448キロ】現在は週3日、坂路でハロン15~17秒のキャンターと周回コースでのキャンター1800mの調整を行い、それ以外の日は周回コースでのキャンターのみかウォーキングマシン調整を取り入れています。調教を進める中で首に若干の硬さを見せることはあるものの、身のこなしや脚捌きに影響を及ぼすことはなく、むしろ以前よりも軽さが出て、良く見せるようになってきました調教が進んでいる組に属することができており、このまま坂路での15-15の開始に備えていきたいです


コメントにもあるように調教が進んだ組にいるとのことで、ルーラー産駒ながら早期の移動の可能性もあるかもしれませんちょっと首に硬さがあるものの、素軽さが出てきた点は良い傾向と言えるでしょうこの調子で何事もなく、調教が進んでいくことを願うのみです
そういえば、キャロットの2歳もこうして母名+22と呼ぶのも今回で終わりになるかと思いますが、自分の出資馬ではこの馬が一番進んだ組にいますから、これから行われるPOG本の撮影会にも、もしかしたら登場するかもしれません
もうそういう季節が近づいてきましたね。あと2か月もすれば発売になってGWを迎えます。楽しみだなぁ

240131conductress22.jpg
今は冬毛が出てますが、これから変わってくるでしょう




[edit]

【キャロット2歳】キレを身上に 

今日のパステルツェは連闘という積極策が完全に裏目。何度か出資しては取り下げでようやくたどり着いた清水久厩舎でしたが、いきなりその「らしさ」に遭遇したものの、ほろ苦い結果となってしまいました
入厩からゲート試験を挟んで、ずっと2か月間在厩でしたから、ここで放牧でしょうけど、そうなるとここから夏競馬まで戻ってこなそうで怖いです
中1週でも良かったと思いますし、小倉にこだわらなくても、逆にこのくらいの距離なら中央場所のほうが頭数も少なく出られたかもしれない。おそらく長く厩舎にいたから、早く馬房を空けたかったのかもしれませんが、ちょっと残念なオペレーションでした
いきなり決まったから騎手も急遽でしたし、もう少し鞍上を選んでほしかったので、優先権がある間はそれも込みでローテを決めてほしかったです
これで2か月経過して、毎週出走こそあるものの、未だに未勝利…。早く初日を出したいと思いますが、来週は今度こそ出走なしだと思います


さて、飛びましたがキャロットの2歳馬、次はミスティックⅡ22の近況です!

24/2/15  NF空港
【馬体重:437キロ】現在は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は900m屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター2本登坂しています。これまでは全体的に幼さが目立っていましたが、ここ最近は上背が伸びてくるなど、徐々に成長の兆しが見られるようになってきました。調教時の動きから一瞬のキレを武器とする競走馬になりそうな印象を受けるので、今後はその良い部分に磨きをかけていきたいところです。


皮膚病などで少々遅れていましたが、ここにきて成長が見られるとのことで、徐々に馬体も増えていってほしいところそして、今回は「キレを身上とするタイプになりそう」とのコメントをいただきまして、これは牝馬としては楽しみがふくらみますねキズナ牝馬ですから、当然芝のマイル以上で見たいとの願望はありますからこの馬に関しては母系もドイツ血統で、Monsunにサドラー持ちですからスタミナやパワーがある可能性も感じてますし、加えて前回も書きましたが、Storm Birdのクロスも持ってるので、スピードの強化もできてると思いますスタミナに裏打ちされたスピードを持ってキレを引き出せたら最高ですが(笑)
どちらか体現されてるのか?デビューまで多少時間は掛かるかもしれませんが、その成長を楽しみにしています!

240215mystiqueⅡ22
相変わらず、オシャレさんです




[edit]

にほんブログ村&人気ブログランキング

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

日本ブログ村

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ